2013/3/12

パターンを増やす英会話  

英語を勉強するのもそれぞれ読解や聞き取り、会話など種類がありますが英会話もその特徴をつかんで取り組むといいと思います。英会話に限らず会話は予測の連続なので純粋な語学力とともに予測能力を磨いていく必要があります。


そして、次に続ける英会話パターンを想定して頭にたたきこんで会話をつづけていくようにしてそのパターンを増やしていくようにすると一言が二言、三言になり会話が少しずつ延長されていくようになってきます。そして使う可能性が高いパターンを目的に合わせて考えるといいと思います。例えば海外旅行なら旅行先で使う会話はパターン化しやすいので覚えておいて旅行先でどんどん使うようにするといいと思います。


留学生となら時間割についてや集合場所、や課題でやっておくべきことを伝えるパターンなどがあると思います。実践で使われた英会話パターンはものになるので非常に効果的です。
0
タグ: 英語 英語教育 勉強



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ