顎関節症やアゴの痛み・違和感・クリック音などの症状を自宅で根本解消するエゴスキューメソッドの効果

 

アゴの痛みや違和感、ズレやコキコキ音を自分で根本から解消する方法  顎関節症(アゴの症状)

・口が開かない・・・

・アゴがカクッと鳴る・・・

・食事の時に痛くてよく噛めない・・・

・あくびをするたびにアゴが鳴ったり、痛みが走る・・・

・硬いものが食べられない・・・

・アゴが左右でずれている・・・



こういった症状が出た場合、まずは掛かりつけの歯医者などに相談すること

が多いでしょう。



アゴの痛みを自分で治したい方はこちらへ



大抵の場合

1.マウスピースを作ってもらう。

2.就寝時にそのマウスピースを付けて寝る。


という対処法を行なうことが一般的に多いかと思います。



しかし多くの方が痛みが解消せず、アゴが「カクッ」っと鳴るのも改善せず

マウスピースを装着するのが面倒になり、そのままやめてしまう・・・

という話を伺います。



まだ痛みがあれば、何とかしようと色々な方法を試すのでしょうが

痛みがなくなった場合、口が開きにくいなどの多少の問題には目をつむり

そのまま放置する方も多いようです。



放置することで、アゴの関節部分の軟骨がすり減り、余計に悪化してしまう。

という知識が少しでもあれば、放置するなどという自分で自分の首を

絞めるようなことはしないでしょう。




調べるとわかりますが、顎関節症を専門の歯科などで治療するためには、

かなりの金額と期間が掛かります。



しかも、必ずしも治療がうまくいくとは限りません。

それは、顎関節症の根本的な原因が「アゴのズレ」だけが原因ではない

場合が多いからです。



普段の生活の中での姿勢や習慣、クセなどが原因で

首、肩、腰、背骨、骨盤、股関節、ヒザ、足首など全身の関節部分の歪みが

アゴに影響していると考えられています。



ですから、アゴが痛いからといってアゴの部分だけを診て治療を行なっても

完治しない例が多いのです。



全身の歪みをとりながら、同時にアゴの治療を進めていくことが

アゴの痛みや違和感を根本から解決するためには必要になります。



高い治療費を払う前に、まずは自分で出来ることを試してみる。

それから専門家に相談しても遅くはないと思います。



専門家の治療を受けるよりも良い結果が出ている方もいます。




【エゴスキュー 顎関節症解消法】










1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ