2017/5/28  9:40

梅雨が来る前に  

雨の季節の前に行きたいところのひとつ。
私はそうめん流しがそのひとつ。
加治木町木田に、龍門の滝を間近に観られるそうめん流しがあります。
お店の名前は知らなかったけど「いち禅」というらしい
そうめんを食しながら、
この風景なのです拍手拍手

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
下から見上げても絶景ですが、
滝の上をドローンが飛んでました。
上からも観たいなぁ・・・
と、訪れていたお客さんの声。
確かに

そうそう、お客さんといえば、
「可愛い人だけ、スイカのサービスね!お客さんはギリギリセーフ」
と、スイカを付けてもらい、ギリギリでもセーフはセーフグーと喜んだ私。
見回せば、皆さんスイカ付き
・・・
滝行修行でもせんと治らないね。
ワタシ

2017/5/27  17:21

美しい星  

昨日、公開された映画です。
原作は三島由紀夫。
1962年に、文芸雑誌「新潮」に連載され、同年10月に単行本になった小説。
それを、鹿児島出身の吉田大八監督が映画化したものです。
小説が出た時代は、アメリカとソ連が対立し、日本では安保闘争。キューバ危機の緊張も高まっていた時代。三島由紀夫は、この時代に既に、世界の終末を案じていたのでしょうか。
あるいは、いつの世も、終末の不安を抱えながら生きてい行くのが地球に生きる私たちの宿命なのでしょうか。

映画は、現代のストーリーになっていますが、柱になってることは同じ。
私たちの住む地球に、平和な未来はあるのか・・・
なさそうだと思いながらも、日々の「生活」を言い訳に
現実に目を背ける私達に  、
壮絶な終末を選んだ三島由紀夫からのメッセージを託された作品なのではないかと
私は感じました。

さて、映画の話。
予報が当たらないけど人気の気象予報士大杉重一郎は、ある日突然、、自分は地球を救うためにやってきた火星人だと確信し、以来、テレビの自身のお天気コーナーで、地球滅亡の危機を訴え、社会的破綻者扱いされることになります。
が、一方で、
その父とうまくいっていないフリーターの長男は水星人
長女は金星人として覚醒し、地球の行く末を案じるのです。

父親をリリー・フランキー
長男を亀梨和也
長女を橋本愛
そして、大杉家唯一の「地球人」母親役を中嶋朋子が演じています。
さらに、影の支配者か?の役は佐々木蔵之介です。

クリックすると元のサイズで表示します
正直、わかりにくい映画なのかなぁ?とか、
コメディならコメディ、シリアスならシリアス!はっきりしてよね!
とか思いながらの鑑賞だったのですが、
いい意味で、私を裏切ってくれました。
吉田監督の作品は
「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」の二本しか観ていませんが、どちらも好きでした。
この作品は、一番好きです。
多くのかたに観ていただきたいと思います。

2017/5/27  13:17

海みたい  

にも見える?
きょうの空



クリックすると元のサイズで表示します

2017/5/26  22:32

工場見学  

今日は、
食品安全管理システム認証であるFSSC 22000(Food Safty system Certification 22000)をカットごぼうの工場として世界ではじめて取得なさった、南日本フーズさんに伺い、工場見学をさせていただきました。
小川社長(上段右)に案内していただき、完璧に行き届いた衛生管理に、
感動!
を通り越して、もはや
驚愕!
(下段左)野菜ソムリエKAORUさんも興味津々でした。
野菜ソムリエKAORUさんは、日本の野菜ソムリエ第一号!
野菜が大好き何とKAORUさん、料理のレシピは簡単に手に入るけど、
その前に、野菜のことをもっと知ってほいしと、日本全国で大活躍で、
ラジオ番組も持っていらっしゃいます。
そんなKAORUさんも、南日本フーズの切りごぼうが大のお気に入りだそうです。
(ちなみに、わが家の昨日のメニューきんぴらごぼうも、ここの切りごぼうを使いました)
「野菜の話を始めると、時間を忘れちゃうの」とおっしゃるKAORUさんと回った工場。


いい仕事は、いい環境から!
いい環境は、いい指導者から!

を実感した一日でしたよ。




クリックすると元のサイズで表示します

2017/5/24  13:07

劇団四季の!  

俳優さん
平田愛咲(あずさ)さんがゲストでしたキラキラキラキラ
クリックすると元のサイズで表示します
こないだの日曜日21日まで、「美女と野獣」京都公演で、ヒロイン ベル役!
初舞台を終えられたばかりなんですよ。
さて、その劇団四季、来月から2020年5月まで、キャナルシティ劇場で公演なさるとのこと^▽^おっは〜
まずは、6月10日からミュージカル「アンデルセン」
世界的童話作家アンデルセンが、「物語の王様」になるまでの物語。美しい音楽とクラッシックバレエにも注目!
8月11日からは、「リトルマーメイド」
海の中をどんな風に表現するのか・・・
二次元・三次元の世界が、舞台狭しと展開するんですってNo.1!
チケットは、早めにGETなさったほうがいいかも・・・
です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ