2011/7/12 | 投稿者: 城咲仁

スプレッドが狭いと約定に時間がかかったり、滑ってしまって約定しないといった問題が取りざたされますが、

もうひとつ約定の問題が出てくるのが、1回の注文時のポジションの大きさが大きくなった気た場合です。


5万通貨単位、10万通貨単位では約定しやすさにはほとんど影響はありませんが、

100万通貨単位、200万通貨単位など、かなり大きな単位になると、さすがに約定しきれない場合が出てきます。


100万通貨単位で注文しても、全て約定せずに部分的に約定されてしまったり、

注文したレートとはずれてしまうことも発生しやすくなります。


ロットの大きさと約定しやすさの問題は、どのFX業者でも共通して抱えているもので、

抜本的な解決策としては、手数料が日本のFX業者よりもかかってしまうものの、

GFT系やSAXO系など、海外のFX業者を利用するのが一つの方法です。


もしくは、複数のFX業者に分散して注文を入れると言うのも、一つの方法となります。


DMM.com証券での最大ロット数は200万通貨単位で、やはり約定力には不安が出てきますので、

100万通貨単位を超えたあたりから、違うFX業者を併用することも考え始めたほうが良いでしょう。



0

2011/6/28 | 投稿者: 城咲仁

DMM.com証券は、クイック入金を利用すればスプレッド以外の手数料が全て無料という非常にトレードのしやすいFX業者ですが、

最初に5万円以上の入金が必要なことと、1万通貨単位以上での取引が基本となるため、はじめやすいかどうかといわれると、

ヒロセ通商やマネーパートナーズ何かと比べると、最初のハードルは若干高くなります。


初回入金が0円で開けるFX業者は数多くありますし、1万通貨単位よりも1千通貨単位の方が少ない資金でリアルトレードをすることができます。



ただし、サザインベストメントのように最初に入金しなければいけないお金が30万円以上というFX業者よりは口座を開きやすいですし、

DMM.com証券としては、FXで本当に稼ぎたいという人向けの会社という印象があります。



トレードを継続していくためにはある程度の資産を用意する必要がありますし、

それに、1千通貨単位でちまちまと取引を重ねても、得られる利益というのはたかが知れています。




DMM.com証券は、そういう点から見ると玄人受けするFX業者だと言えます。



0

2011/4/16 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ