プロテインダイエット  ダイエット種類

普通の食事で高タンパク質摂取を試みると、ものすごく高カロリー食品を食べる事になります。

そこでサプリメントとしてプロテインが存在します。

このプロテインというものは、たんぱく質を20g〜30g摂るのに大体100kcal程度です。

同じたんぱく質を肉から摂るとなると、200gのステーキを食べたりする訳です。

これだと凄くカロリーオーバーしてしまいますね。

何故、プロテインがダイエット食品になったかというと、筋肉が強くなり発達すると、代謝が上がり、エネルギーが筋肉へ回るようになります。

すると脂肪が付きにくくなり、結果的にダイエットが成功するのです。

この筋肉を強くするには、たんぱく質が必要になるのです。

そこで、高タンパク低カロリーなプロテインの出番という訳なんですね。

使い方は、食前に飲んで食べる量を減らしたり、間食に摂ったりします。

当然、筋肉を強くするためには、筋力トレーニングを行わなければなりません。

体の各部位を週に1〜2回で十分ですので、何日かに分けて鍛えて、プロテインを併用しましょう。
0

バナナダイエットについて  ダイエット種類

バナナダイエットという言葉は意味を知らない人でも聞いたことくらいはあると思います。

朝からバナナを食べて水をたくさん飲むというダイエット法ですが、簡単なやり方で、しかも効果が高いです。

朝ごはんがバナナだけと聞くと、物足らなそうですが、バナナはたくさん食べても問題ありません。

実は、このバナナは食べたカロリーよりも消化する時のカロリー消費の方が多いので、食べまくっても問題ないのです。

ネガティブカロリーフードと言いますが、野菜や果物の多くはこれに属しています。

ですので、リンゴダイエットなんかも理にかなっているのです。

これを応用して、おやつをフルーツに置き換えて促進するということも可能です。

これだと美味しく食べて健康的になれますね。
0

置き換えダイエットについて  ダイエット種類

置き換えダイエットとは、毎日の食事の一部をダイエット食品に置き換えて、自然に痩せる事を目指すダイエットですが、置き換える食品によっては、かなりの我慢を強いられる事もあるようですね。

よくある置き換えダイエット食品の中では、ダイエットスープやダイエットクッキー、ダイエットシェイクといったものがあります。

これらを選ぶ条件としては、カロリーが低いのは当然として、

第一に栄養価(特にタンパク質)が高い

第二に満腹感が強い

この二つが重要なのではないでしょうか。

栄養については、脂肪が落ちても、同時に筋肉が落ちたら病的な状態に陥ります。
運動と同時に痩せる事が健康的なダイエットの絶対条件です。
なぜなら筋肉の割合が増えたら脂肪が付きにくくなるからです。
意外と勘違いされている人が多いですが、ダイエットに筋トレはとても有効です。
しかも激しく行わなくても十分に結果が出るのも特徴です。
是非お試しください。
0




AutoPage最新お知らせ