現代社会で生活  

元来ヒアルロン酸は細胞間にたくさんあって、
水分の維持やクッション材のような作用で細胞を擁護していますが、
年齢を重ねるに従い体内のヒアルロン酸は日々減るのです。

医学界全般がQOL(quality of life)重視の傾向にあり、
市場経済の向上と医療市場の巨大化により、
容貌を自分好みに変化させられる美容外科は少し前から
注目を集めている医療分野だ。

日本皮膚科学会の判断基準は、
@強い痒み、
A独特の発疹とその広がり方、
B慢性・反復性の経緯3つすべてに当てはまる
病気を「アトピー性皮ふ炎」と称しています。

思春期は過ぎているのに発生する、
治りにくい“大人ニキビ”の患者さんが徐々に増えている。

10年もの間このような大人ニキビに苦しまされている
患者さんが専門の皮膚科クリニックの門をたたく。
現代社会で生活しているということで、
人間の体内には体に悪い影響をもたらすケミカルな物質が蓄えられ、
更には己の体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが
次々と生産されていると報じられているらしい。



0

メイクの長所  

メイクの長所:新製品が発売された時のドキドキ。
自分の素顔とのギャップに萌える。

様々なコスメにお金をつぎ込むことでストレスが発散される。
メイクアップ自体に楽しさを感じる。

形成外科とは異なって美容外科が欠損や損壊のない健康な身体に
施術をおこなう美意識に基づいた行為であることを差し置いても、
安全への意識があまりにも不十分だったことが一つの大きな素因と言えよう。

今を生きる私たちは、
毎日毎日体内に溜まっていく恐怖の毒をバラエティ豊かな
デトックス法の力で外に出し、
何としてでも健康な体を手に入れようと努めている。

例えば…あなたは今、
PCを眺めながら頬杖をついているかもしれませんね。

実はこの体勢は手の平からの圧力を思いっ切りほっぺたに当てて、
繊細なお肌に不必要な負担をかけることになるのです。

健やかな身体にも起こるむくみだが、これは当然のこと。
殊に女性は、脹脛のむくみを嫌がるが、
人間なら、下半身がむくんでしまうのはまっとうな状態なのだ。


0




AutoPage最新お知らせ