電験3種スピード合格術 電験3種通信講座 21年度問題  



電験3種スピード合格術

今年こそ電験3種に合格したいあなたに
他の電験3種通信講座や電験3種合格講座では教えてくれない
とっておきの勉強法をお教えます。


電験3種は、毎年、計算問題が6割、文章問題が4割の割合で出題されています。


文章問題は、試験一ヶ月前に3回ぐらい文章問題集に目を通すだけで充分です。
電験3種は択一式試験ですから、うろ覚えでも正解できます。


一方の計算問題はそうはいきません、正確に公式を覚え、それを自由自在に使い
こなさなければ正解には至りません。


ところが、初心者はこのようなコツを知らないために文章問題も計算問題も
同じ時間学習してしまっています。これでは学習効率が極めて悪いのです。

ここに電験3種の合格を難しくしている理由があります。


そして、電験3種は出題範囲が広いため、重点主義学習は必須です。

分析のない準備、準備のともなわない学習をいくらやっても合格にリーチすることはできないのです。
出題頻度の高い項目の学習をやればやるほど、合格の精度はグーンと上がってくるのです。


計算問題攻略の基本スタイル

1、電気公式の体系的理解と暗記

2、電気公式の使いこなしのコツをマスターする

3、実際に過去問で電気公式を使いこなすトレーニングをする

4、模擬テストで実力を確認する


1、2、3が、計算問題の学習時間全体の9割を占めます。
電験3種の学習時間全体で言うと、8割以上。


つまり、電験3種に際立つ早さで合格するコツは、計算問題をマスターすることです。
最も重要なのは、計算問題のマスターなのです。


計算問題をマスターすると合格率がグンと上がるのです。
そのためには、優れた電気公式集を手に入れる必要があります。


優れた電気公式集を詳しく見る
  ↓   ↓   ↓
電験3種スピード合格術




速習フォトショップ講座 イラスト講座 使い方

介護福祉士らくらく合格勉強法 通信講座 介護福祉士の勉強 予想問題

産業カウンセラー筆記試験 講座
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ