スピルチュアル、精神世界に興味のある方、2012年アセンションへ向け想いを強くしている方、地球外生命体、空洞地球の存在を信じる方                 共に祈り、想いをひとつにしましょう!  晃苺

 

宇宙カレンダー  

こんばんは。晃苺です。

宇宙がどんだけ無限かに想いを馳せた後は、息子の「小学館こども百科」にて、「宇宙の歴史、137億年」を「1年」に例え、何月に何が起きたかというイベントが分かりやすい「宇宙カレンダー」を見てみましょう。

こども百科はなんて役に立つのでしょう(笑)

宇宙誕生(とは言っても最新の科学では、宇宙の始まりにビックバンは無かったかもしれない、との研究もあるようですが…)
「ビックバン」を1月1日とします。

2月…最初の「銀河」が出来ます。
3月…その銀河が合体し、大きな銀河が出来ます。
4月…私達の天の川銀河(銀河系)が誕生します。
5〜7月…銀河と銀河がぶつかりあい、星々が誕生してゆきます。
8月30日…地球が生まれます。
9月16日…海で最初の生命が誕生します。
10月21日…海で酸素を作る生物が現れました。
11月…細胞どうしが合体し、大きくなりました。
12月04日…多細胞生物が誕生し、生物の体が大きくなっていきます。
12月17日…魚の祖先など多くの生物が現れます。
12月26日…最初の恐竜が現れます。
12月31日…最初の人類が誕生します。(しかも午後8時10分だそう)

…いかがでしょうか。
人類誕生まで長ッ!という感じですね。

最初の生命が、海で生まれるまでいかに長い時間が、途方もなく長い時間が掛った事が分かります。

ちなみにこのカレンダーは、地球誕生から人類誕生までを1年、137億年とし、1ヶ月が11億4200万年、1秒が434年、という計算で出されたものです。

これをこども百科で見た時は、大いに感心いたしました(笑)

私達に繋がるまでのこの歴史は、こうして見ると、奇跡ですね。

0

 

宇宙どんだけ  スピリチュアル

こんちには。晃苺です。

今日は、何だかテンションが上がらないので
宇宙がどんだけ大きいかについて、想いを馳せようと思います。

私達の住む地球は、「太陽系」と呼ばれる天体の兄弟星の中のひとつです。
さらに太陽系が所属するのは「天の川銀河(銀河系)」と呼ばれる星の集団です。

天の川銀河は、約2000億個ほどの星の集まりで、そのうち太陽のような星は200億個くらいあると言われています。

…ケタが大きすぎて想像出来ず(笑)

さらに天の川銀河だけでも2000億星があるのに、同じような銀河がこの宇宙には数千億もあると考えられているそうです。

…宇宙どんだけ(笑)

天の川銀河の中に太陽のような星が、200億個あるなら、地球のような星も
200億個くらいあっておかしくないですよね。

これだけ計り知れないほど無限に星があるなら、私達のような知的生命体が「地球の他には居ない」という方が、ナンセンスという気がしてきます。

この宇宙、全てを創造した存在があります。

何の目的を持って、私達は創られたのでしょうか…。


と、宇宙に想いを馳せると、自分の悩みがどれほどちっぽけな事なのか
改めて思い、何かどうでもよくなって来てしまいます(笑)


2

2010/7/1

スピリチュアル〜アセンション〜  スピリチュアル

こんばんは。晃苺です。

「スピリチュアル」とは何かを、簡単に定義しましょう。

宇宙には、どんな宗教をも超えた「真理」があります。
目に見えるものだけを信じる、物理的な世界ではなく
目に見えない「精神」が全てである、こころの世界の総称です。

次に「アセンション」。聞き慣れない言葉だと思います。

私達の住む地球は現在、かつてないほどの混乱に陥っています。
「アセンション」とは「上昇」、スピリチュアル的には「次元上昇」という意味合いになります。
地球規模での「次元上昇」が、今にも行われようとしているのです。

三次元の物資界に生きる私達は、普段「次元」等は意識しません。
天才科学者であり大変な親日家であったという
アルベルト・アインシュタインがこう言いました。

「問題がつくられたのと同じ次元にいたのでは、すべての問題を解決することはできない。」

現在の地球規模での自然災害、経済崩壊、戦争、貧困…
このままでは、人類は破滅の道へ突き進んでしまいます。

古代文明の叡智、いにしえの賢者、聖者、予言者、皆がこぞって
同時期の2012年に「世界の終りが来る」と伝えてくれているのは
単なる偶然でしょうか…。

避けられない事実だとしたら、私達に成す術は無いのでしょうか…。


「スピリチュアル」という言葉は大分浸透し、市民権を得ています。とはいえ「胡散臭い」というイメージを払拭出来ない方も多いと思います。
宗教や思想や神秘家(オカルト)についても同じ事が言えます。

ですが、少しづつ、目覚め始めています。
何かが狂った世の中だと、ほとんどの方は気が付いているはずです。

私もその中の一人です。

2012年終末説を、信じる信じないはさておいても
今の世の中は「人生は苦行だ」と聖人・仏陀さえも言ったように
辛く厳しく、生きづらいことこの上ありません。

先が見えないからこそ、足元を照らす明かりが必要です。

ひとりでも多くの方の、「明かり」になれたら
それが私の生まれて来た意味となります。

どうかここを訪れてくださった皆さんの上に
豊かな恵みと平安がありますように。


神と共に。晃苺














0




AutoPage最新お知らせ