2010/11/10 | 投稿者: CreamMushroom

オレンジ(英名:orange、学名:Citrus sinensis)はミカン科ミカン属の常緑小高木、またはその果実のこと。 (syn. C. aurantium)、柑橘類に属する。和名はアマダイダイ(甘橙、甘代々)。スイートオレンジとも呼ばれる。

広義には、ダイダイ(C. aurantium、ビターオレンジ、サワーオレンジ)のことも含んで「オレンジ」と呼ぶこともあるが、日本では、ダイダイはオレンジに含めないことが多い。

オレンジジュースなどオレンジの名を冠した食品の中には、オレンジ以外の柑橘類(特にみかん)を原材料とするものも多い。

オレンジの果実の色のことをオレンジ色という。

原産地はインドのアッサム地方。15〜16世紀に中国を経てリスボンに伝わり、世界中に伝播した。[要出典]日本に導入されたのは明治時代。現在の主産地はアメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、メキシコなど。日本での栽培はそれほど多くなく、国内流通品の大部分はアメリカのカリフォルニア産である。

果皮、果肉共にオレンジ色(橙色)で多汁質。適度な甘味・酸味をもち、香り高い。生食用のほか、ジュースの原料として利用され、またカモなどの肉の料理にソースとして用いられる。なお果皮はキュラソーの原料としても使われる。中東では、花弁を蒸留して得られる液体「オレンジフラワー(ネロリ)ウォーター」を菓子や飲み物の香りづけに用いる。

果皮と袋(じょうのう)が密着して離れにくいのが特徴。

主成分として4-6%のショ糖と0.7-1.2%のクエン酸を含む。ビタミンCを40-60mg/100g前後、ビタミンA効力を10-42IU/100g前後含む。遊離アミノ酸として、アスパラギン、アスパラギン酸、プロリン、γ-アミノ酪酸、アルギニンなどを多く含む。

<参照:wikipedia>

友人が新しくお店を出すらしいのですが、開店祝いの花は送るべきでしょうか?

開店祝い 花
0

2010/11/9 | 投稿者: CreamMushroom

キキョウ(桔梗、Platycodon grandiflorus)はキキョウ科の多年性草本植物。山野の日当たりの良い所に育つ。日本全土、朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。

万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」は本種であると言われている。絶滅危惧種である

根は太く、黄白色。高さは40-100cm程度。葉は互生で長卵形、ふちには鋸歯がある。下面はやや白みがかっている。

つぼみの状態では花びら同士が風船のようにぴたりとつながっている。そのため "balloon flower" という英名を持つ。つぼみが徐々に緑から青紫にかわり裂けて6-9月に星型の花を咲かせる。雌雄同花だが雄性先熟で、雄しべから花粉が出ているが雌しべの柱頭が閉じた雄花期、花粉が失活して柱頭が開き他の花の花粉を待ち受ける雌花期がある。花冠は広鐘形で五裂、径4-5cm、雄しべ・雌しべ・花びらはそれぞれ5本である。

なお、園芸品種には白や桃色の花をつけるものや、鉢植え向きの草丈が低いもの、二重咲きになる品種やつぼみの状態のままほとんど開かないものなどがある。

<参照:wikipedia>

先日、友人とリニューアルオープンしたレストランに行ったら、きれいな開店祝いの花が飾ってありました。

開店祝い 花
0

2010/11/8 | 投稿者: CreamMushroom

ハマナス(浜茄子、浜梨、玫瑰、学名:Rosa rugosa)は、バラ科バラ属の落葉低木。夏に赤い花(まれに白花)を咲かせる。根は染料などに、花はお茶などに、果実はローズヒップとして食用になる。皇太子妃雅子のお印でもある。晩夏の季語。

東アジアの温帯から冷帯にかけて分布する。日本では北海道に多く、南は茨城県、島根県まで分布する。主に海岸の砂地に自生する。

1-1.5mに成長する低木。5-8月に開花し、8-10月に結実する。

現在では浜に自生する野生のものは少なくなり、園芸用に品種改良されたものが育てられている。

果実は、親指ほどの大きさで赤く、弱い甘みと酸味がある。芳香は乏しい。ビタミンCが豊富に含まれることから、健康茶などの健康食品として市販される。のど飴など菓子に配合されることも多いが、どういう理由によるものかその場合、緑色の色付けがされることが多い。


<参照:wikipedia>

先日、よく行く美容室がリニューアルオープンして、きれいな開店祝いの花がたくさん飾ってありました。

開店祝い 花
0

2010/11/5 | 投稿者: CreamMushroom

オミナエシ(女郎花 Patrinia scabiosifolia)は、合弁花類オミナエシ科オミナエシ属 の多年生植物。秋の七草の一つ。チメグサ、敗醤(はいしょう)ともいう。

沖縄をのぞく日本全土および中国から東シベリアにかけて分布している。

夏までは根出葉だけを伸ばし、その後花茎を立てる。葉はやや固くてしわがある。草の丈は60-100cm程度。8-10月に黄色い花を咲かせる。

日当たりの良い草地に生える。手入れの行き届いたため池の土手などは好適な生育地であったが、現在では放棄された場所が多く、そのために自生地は非常に減少している。 日本では万葉の昔から愛されて、前栽、切花などに用いられてきた。漢方にも用いられる。

全草を乾燥させて煎じたもの(敗醤)には、解熱・解毒作用があるとされる。また、花のみを集めたものを黄屈花(おうくつか)という。これらは生薬として単味で利用されることが多く、あまり漢方薬(漢方方剤)としては使われない(漢方薬としてはヨク苡仁、附子と共に調合したヨク苡附子敗醤散が知られる)。

<参照:wikipedia>

開店祝いの花の大きいサイズは、どこで買えるんですかね?

開店祝い 花
0

2010/11/4 | 投稿者: CreamMushroom

ナツメ(棗、学名:Ziziphus jujuba)はクロウメモドキ科の落葉高木である。果実は乾燥させ(干しなつめ)たり、菓子材料として食用にされ、また生薬としても用いられる。

ナツメヤシは単子葉植物であり遠縁の別種。果実が似ていることから。

英語ではJujubeまたはChinese date(中国のナツメヤシ)という。

花は淡緑色で小さく目立たない。果実は核果で長さ2cmほどの卵型、熟すと赤黒くなり次第に乾燥してしわができる(英語名のとおりナツメヤシの果実に似る)。核には2個の種子を含む。

中国北部原産で非常に古くから栽培されてきた。庭木や街路樹としても用いる。

台湾では棗子(ザオツ、注音: ㄗㄠˇ ˙ㄗ、拼音: Zǎozi)を緑色の状態でそのまま果物として食べることが多い。味は梨のようにさっぱりとした甘さである。旬は冬から春にかけて。核には1個の大きめな種子を含んでいる。

欧米には19世紀に導入されキャンディ(当初はのど飴)の材料として使われるようになった。また葉に含まれる成分ジジフィンZiziphinは、舌で甘味を感じにくくさせる効果がある。

茶器にも「棗」があるが、これは形が棗に似るためである。

<参照:wikipedia>

先日、近所を散歩していたら開店祝いの花のでた、レストランを見つけました。
最近、散歩をしてなかったので気がつきませんでした。

開店祝い 花
0
タグ: 開店祝い  ナツメ




AutoPage最新お知らせ