| 投稿者: ☆こころ☆

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します ☆こころ☆ 


1970年代・・・・愛知県生まれ愛知県育ちで愛知県在住
1996年・・・・・結婚
1997年・・・・・てんが生まれる
2002年・・・・・父が死去、一戸建てに引越し
2012年・・・・・同居中の母が死去

趣味・・・・・雑貨屋めぐり・PCダウンロードゲーム・音楽鑑賞
仕事・・・・・ブログライター@ A

好き・・・・・80年代&90年代のロック・わんこ
嫌い・・・・・クズ・虫



自分の本音を書くことがあり
多少言葉が乱暴な点が出てきますが、ご了承下さい。
画像を載せた場合は、無断で使用しないで下さい。





ランキング参加にさせていただいています。
よろしかったら、ポチッと押していただけるとありがたいです




にほんブログ村





2017/3/23 | 投稿者: ☆こころ☆

今日は、父の誕生日
生きていたら、80歳
どんな人生だったんだろう。
母と一緒に仲良く暮らしていたかな。
持病で入退院繰り返していたかな。
色々考えてしまいます。
私にはとても甘かった父
時には叱られたけど、すぐに仲直りしていました。
高校の時の送り迎えや結婚前の騒動や
目を閉じると、浮かんで消えます。

もう一度、会いたい。
父の娘で、もう一度会いたい
いっぱいお話がしたい。



☆こころ☆

2017/3/22 | 投稿者: ☆こころ☆

かっくんとは、友達
恋愛対象にはならないから、安心して。奥さん。
「なんで、彼でも旦那でもないのに、何でも頼むの?」と言いますが。
かっくんには、仕事としてお手伝いを頼んでいるだけです。
ええ、それ以外は何もないです。
たまに、メールで愚痴を言っているのを見ているの?
友達だから、言える事しか書いていませんよ。
「好き」とかそんな感情は、小さいころから全くありません。
この先も絶対にありません。

かっくんの奥さん、初対面から大嫌い。
苦手です。
かっくんのお母さんも言うように「冷たい物の言い方」
かっくんと再会して、仲良くやるために、奥さんとも仲良くしなきゃと
私なりに頑張って接してます。
だけど・・・。
たまに「この奥さんとは、友達にはなれないなぁ」と思う。
私の周りにいる大切な友達と全くタイプが違う。
考え方が違う。何を思っているのか表情に出ない人。

近所だから、会った時に挨拶程度はさせてもらいますね



☆こころ☆

2017/3/21 | 投稿者: ☆こころ☆

昨夜は痛みで眠れなかったので、少しゆっくり起床
・・・のはずだったけど。
走太に起こされて、いつも通りに起き上がり、準備しました。
雨降りの散歩は、楽じゃない。
傘を右手に持ち、左手に走太のリード・用足しカバンを持ちます。
あまり遠くには行きたくないので、サッサとして帰宅

玄関で、走太の体と手足を拭いて
自分のジャンバーを脱いで掛けて、台所へ直行
走太の朝ごはんとおやつの焼き芋を食べさせて、私の朝ごはんもどき。
昨日もらった、いちご&バナナ・サラダを用意しました。
サラダの中は、サニーレタス・きゅうり・コーンだけ。
トマトがあったら、彩りがきれいなのに。
トマト。高いんだもん。

それだけ食べたら、お腹いっぱい。
眠剤を飲んで、少し寝る事にしました。
起きたら、息子の晩ご飯の準備しなきゃね。

雨降りで寒い一日・・・
今夜は、少し眠れるといいな



☆こころ☆

2017/3/20 | 投稿者: ☆こころ☆

ここに帰ってきて、私自身もそれなりに年を取っているから
言ってはいけないかもしれないけど。
みんなお年寄り。
そのお年寄りの相手をする私。
日々の生活の話をする人はいい。
嫁や子供の悪口を言う人の話を毎回聞くのはちょっと疲れます。
聞き流してはいるんだけど、相手は初めて話をしたかのように続けますから。

でも、今朝は久しぶりに年の近いお姉ちゃん(6歳上)と幼なじみに会いました。
お姉ちゃんには、私と同級生の妹もいるけど遠く離れて暮らしてます。
お姉ちゃんも色々な病気と闘いながらの一人暮らしです。
お互いに最近あったことを話をしていると
「ああ、こうやって話せるっていいね」と言ってくれます。

幼なじみは、彼とかっくんの同級生
私は、小さいころよく遊んだゆうくんと言います。
ゆうくんは、お店の店長さんで私もたまにそこで買い物をします。
どっちかと言えば、ゆうくんはおとなしい子かな。

「今日はね。大阪まで出張なの」
「そうなんだ。気を付けて行って来てね。新幹線が止まらない事祈ってるよ」
「ありがとう。ここちゃんと今会えたから頑張って行けるよ」
「そう?そんな事言ってくれてありがとう」
「うん。じゃまたねー」
と笑顔で駅に歩いて行ったゆうくんでした。

たまには、年の近い人とたくさんお話がしたいと思った日でした




☆こころ☆

2017/3/19 | 投稿者: ☆こころ☆

ここに帰ってきて、丸2年になります。
変わったことと言えば、息子が通信制高校に入学してバイトしていること。
ゆずと武蔵が虹の橋へ渡ってしまったこと。
私?なにもしていません。
日に日に悪くなっているような気がする股関節の痛みと闘い
毎日、節約してやりくりしているだけ。
4月から本当に新しいこと何かしたい。
自分が役に立てるのなら、近所のお年寄りのお世話をする回数や人数を増やしたい

今日は、メモを書いておいたものを手帳に書き写しておきました。
ずいぶん充実したなぁ。

明日は、もう少し書いてみようかな



☆こころ☆

2017/3/17 | 投稿者: ☆こころ☆

息子が、元旦那の話をします。
けど、良い思い出話はなく今までされたことを言います。
一番、許せないのは、私がクモ膜下で倒れて生死を彷徨っている時
焼酎2リットルを一晩で空けて、夜中に買いに行ったこと。
それが何日も続いたと言います。
「もし、お母さんがいなくなったら二人で生きていくんでしょ」と言う息子
「お母さんが死んだら、俺も死ぬから安心しろ」と言う父親
「お母さんの分まで二人で生きていこう」と言う息子
「俺は、お母さんのやっていた事は出来ないから生きていたくない」と言う父親
それは・・・違うでしょ。

結果、私は完治ではなく軽快で日で強制退院させられ
その日から、家事をスタートさせました。
私が退院してきても、酒の量は減るどころか増える一方で
朝から次の朝まで飲み続け、仕事にもいかなくなった元旦那
私が退院した週間後、下血が酷く内科へ行き
「腹水もかなり溜まって、黄疸も出て危険な状態です。即別の病院で入院して
可能な治療してください」と言われました
それでも「家に帰って、酒が飲みたい」とその場で言いました。
私は「そんな勝手な事させないから。私だっていつどうなるか分からない
息子と生きてくれなきゃ困るでしょ」と声を荒げました。

そんな父親の話を今、息子が声を震わせて話をします。
息子は、一番の被害者です。
本当に・・・ごめんなさい



☆こころ☆




AutoPage最新お知らせ