2015/10/5

昼の相倉合掌造り集落  旅行

ライトアップをみた相倉合掌造り。

夜の風景もよかったけれどせっかくなので昼間の合掌造りも見たい!


ということで駐車場代が500円かかるけれど、次の日に再訪した。


朝は8時に朝ごはんを食べてから、民宿の2階3階部分をみたり、同じ日に泊まっていた人たちがキャンピングカーで来ていたので見せてもらったりしていたら結構いい時間になってしまった。

11時半に高岡のレンタカーを借りたところへ返却にいかないといけないので、相倉を見る時間は結構少なくなってしまった。

それでも、絶対見たいと思ったので車を走らせ相倉集落へ。



昼間に見る相倉集落は昨日と違う感じにみえた。

クリックすると元のサイズで表示します
↑みどりが美しい相倉の集落。


クリックすると元のサイズで表示します
↑撮影スポットという場所で撮影した。

クリックすると元のサイズで表示します
↑こうやってみると本当に山深い場所だ。


クリックすると元のサイズで表示します
↑上梨には田んぼはみえなかったけれどここ相倉には田んぼがたくさんあった。


クリックすると元のサイズで表示します
↑山だからかな、一つ一つの田んぼは大きくない。


クリックすると元のサイズで表示します
↑コスモスも昼間見るほうがいいね。


クリックすると元のサイズで表示します
↑現代の車と合掌造り。このコラボがよい。


クリックすると元のサイズで表示します
↑洗濯物がなびく。

クリックすると元のサイズで表示します
↑集落の中の合掌造りは民宿もあれば、レストランやお土産物屋もある。

クリックすると元のサイズで表示します
↑民宿

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
↑趣のあるお店



クリックすると元のサイズで表示します
↑のんびりと歩くの気持ちよい。

クリックすると元のサイズで表示します
↑寒い地方なのでお米の収穫はまだまだ先かな。

クリックすると元のサイズで表示します
↑日本の昔ながらの風景、という感じ。



実際の相倉集落はたくさんの観光客が訪れる場所なので、少しばかりテーマパークの様相もあった。

実際には村民が住んでいたり、民宿に宿をとっているお客さんがいたりするので騒がしい場所ではないのだけれど、山と山に囲まれた閉ざされた地形というのもあり、
山間に急に合掌造りの村がでてきてそこだけ違う空間のようになっているようにも思えた。

上梨の集落は規模が小さいのでそんな雰囲気はなかった。
相倉は世界遺産に登録されているということもあるだろう。

白川郷に行ったことのある母は、白川郷もそういう感じだといっていた。


それでも私はこの合掌造りの集落をみることができてよかったなと思う。


相倉を出発して、高岡へと移動した。
0



2015/10/7  20:04

投稿者:cinese

Hさん:
 コメントありがとうございました!
確かにライトアップされた合掌造りはあまり見る機会がないので、不思議な感覚になるかもしれませんね。
 高速道路もできて、五箇山までは金沢や富山のあたりから1時間ほどでいけるそうです。
 昔の車もなくて、渓流の船で移動していたころの生活は想像できませんが、あまりアクセスが良すぎると観光客の滞在時間が減ってしまうのかもしれませんね。
 私たちはバスと迷いましたが時間とルートの関係でレンタカーにしました。実際に車がなければライトアップをみることもできなかったので、良かったと思います。

http://happy.ap.teacup.com/cinese/

2015/10/7  1:02

投稿者:H

写真だと昼間の方が良く見れていいですけど、行くなら夜ですかね。集落がライトアップされているのは何か奇妙な別世界にいる様に感じられるでしょうか。江戸時代の人口でも珍しい集落だったのでしょうかね。話しは変わりますけど、いつの間にかレンタカーになったのですね。もし、車が無かったら、もっと人々が集まって住むようになって、色々効率的だし便利だと思うのですよね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ