2016/12/6

これは英語でなんという?  英語

先日ニュージーランド人にこれをさして、これは英語でなんというか知っているか?ときかれた。

クリックすると元のサイズで表示します


ある人はHORNといい、

私はBORNといい。



どちらも違うみたい。



ヒントとして、



これは日本語でなんという?ときかれて、




KASHIMAといい、


それって鹿島アントラーズのKASHIMAだよね?


という話になると




イエース!とニュージーランド人。





つまり、これは英語で、antlerというそうだ。




知らなかった。

鹿島アントラーズって語呂とか音でつけている名前なのかと思っていた。
0

2016/12/5

父戻る  国際交流

父がカンボジアのスタディーツアーから無事帰ってきたようだ。

今回の旅は楽しかったようだ。

ご飯もおいしかったと言っていた。



いつも父は一言も二言も文句をつけたがる人なので、旅行の後もいろいろというのだけれど、

母によると今回はそういうのはなかったらしい。



スタディーツアーの内容が盛りだくさんで満足度も高かったからだろうか。

あるいはご飯がおいしくて胃袋が満たされたのが良かったのだろうか。



スタディーツアーだということもあって、普通のカンボジア旅行よりは高い金額設定。

貧乏旅行の場合に比べると倍に近いかもしれないなぁ。



でも、そのお陰で快適なホテルと料理と移動などがあったのだと思う。


満足度の高い滞在ができたというのは私としてもうれしい。

また次の機会にも参加したいと言っている。
0

2016/12/4

台湾土産メンマ  食べ物

父母からの台湾土産にお茶とパイナップルケーキだけではなくてこれももらった。




クリックすると元のサイズで表示します
↑台湾のぴりからメンマ。


最初、一袋こんなに食べられないと思ったのだけれど、生でお漬物のようにしてもおいしいと母が言っていたので一袋もらった。


確かにそのままで食べてもおいしい。


春巻きの具として春雨や豚肉、厚揚げなどをいためたものにこのメンマをいれてみたけれどそれもおいしかった。


中華風のおかずにはどれにでも合う感じがした。
0

2016/12/2

カンボジアから  旅行

カンボジアから毎日、父からのメールがくる。


ホテルはWIFIがあるので観光が終わってホテルの部屋でメッセージを書いてくれているのだろう。


観光のために毎朝4時に起こされてなんで毎日こんなに早いの?と嘆いている。

朝早く起きるのが苦でない年代の父ですらなんで?って思うくらいハードスケジュールなのかもしれない。


ホテルは良いところみたいなので、食事もおいしそうだった。

写真つきのメッセージ。


なによりも父が書くことが面白いなと思う。



人はそれぞれ感じ方は違うけれど、

なんとなく、定年退職して初めてアジアや東南アジアへ海外旅行に行き始めた男性が書くような旅行記を思い出した。


まじめに記述。

気になるポイントもまじめな視点。

でも感想や感慨はシンプルな表現で。


とてもフレッシュな感じがした。
0

2016/11/30

父カンボジアへ  国際交流

父がカンボジアのスタディーツアーに行くようだ。

父は最近カンボジアの施設にいる子供たちを支援するプログラムに参加していて、その関係のスタディーツアーのよう。


カンボジアのアンコールワット遺跡の見学と、支援している施設を訪れて交流するみたい。

その施設で父が支援している子供とも会えるのじゃないのかなと思う。

子供からもらった手紙をみせてくれた。


日本語を勉強しているようで、きちんとした日本語でかかれた文章だった。

写真があり、女の子なので手紙をかわいらしく装飾してあって、手作り感のあふれる手紙だった。



いい面会になるといいなぁ。

なんだか、そのことを考えると私までわくわくする。

言葉は通じないかもしれないし、女の子からしたらおじいさんのような年齢の人なので、何を話したらよいのかわからないだろうけれど、

違う国にいる人と目の前で面会するその不思議な感覚、

それはなんともいえない。


いいスタディーツアーになるといいね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ