2010/5/28

お手軽バストアップ法  

お手軽バストアップ法

バストを支えている土台の筋肉、大胸筋。
それを鍛えることによって、豊かでハリのある胸にバストアップすることができます。

ダンベルも簡単に手に入るペットボトルで代用はできますが、
今度はもっと簡単に手に入る「本」を使ったバストアップ体操をご紹介いたします。

用意する本は、電話帳やマンガ雑誌などのような厚めの本。

その本を両手で本を挟み込むように持ちます。
その時の体勢は、背筋を伸ばしてピンと立っています。

本を持つ肘の角度は、約90度を保ったままでいましょう。

そして息を吐きながら10秒から20秒、両手を強く押しあいます。
この時にかける力は両腕とも均等でいなければいけません。

本を使わないでやる場合は、両手をあわせて均等な力で押しあいましょう。

これを5回繰り返して1セットとしましょう。
この1セットを1日に3回するのが効果的だと言われています。

ダンベル体操と同じく、毎日継続して行うことが大切です。

色々な種類のバストアップ体操がありますので、
自分にあった方法の運動でバストアップを目指しましょう!
0

2010/5/28

簡単にバストアップする方法  

簡単にバストアップする方法


ダンベル体操でも少しお話ししましたように、
背筋とバストアップにも関わりはあります。

背筋が曲がらないようにダンベル体操をするとお話ししましたが、
この背筋をのばすだけでも、バストアップに効果があるのです。

猫背や姿勢の悪さは、バストの土台として重要な背骨やあばら骨などの骨組みの
胸郭を縮めてしまいます。
その結果左右のバストのバランスもくずれてしまいますし、
バストのサイズもダウンしてしまいます。

美しい姿勢で胸郭を左右バランスよく保つことで、血流が改善されます。
血流が良くなったことで、バストへ栄養がしっかりと運ばれることにもなります。

また姿勢を矯正することだけで、呼吸が深くなり、基礎代謝が高まります。
基礎代謝とは、いわば「何もしないでいても使われるエネルギー」です。
それは年齢とともに減っていきます。
その為に、以前は消費できたカロリーも、基礎代謝量の低下によって消費できなくなり、
それが脂肪として蓄積していってしまうのです。

ダンベル体操や姿勢を正しく保つことで、バストアップと
基礎代謝量を高めることができるのなんて、一石二鳥ですね。
0

2010/5/28

ダンベルでバストアップ  

ダンベルでバストアップ

人は年齢を重ねるとバストは下に落ちてきます。

ですが、バストアップ体操をすることで、
バストの周囲の筋肉を引き締めて、バストアップすることが出来ます。

家庭で簡単にできる体操の一つに、ダンベル体操があります。
ダンベル体操自体の消費カロリーは、決して高いものではありません。
ですが、ダンベル体操を行ない、筋肉の量を増やすことで
基礎代謝をアップさせることができます。

基礎代謝が高まれば、消費するカロリーも多くなりますので、
ダイエットとしての効果も高まります。

では次に、実際にどんな体操をすればいいのかご紹介いたします。

はじめにダンベルを用意しましょう。

ダンベルがない場合は、水を入れたペットボトルで代用できます。
まず脇を占めて肘を軽く曲げます。
そしてダンベルを真っ直ぐに持ち、息をゆっくり大きく吸います。
その時、両脚は肩幅に開きましょう。

ゆっくりと息をはきながら、
腕はそのままの姿勢をキープしたままで、
バストのトップラインに、大きく弧を描くように動かします。
ダンベルの位置が下がらないようにしてください。
動かした後は、呼吸を整えゆっくり元のポジションに戻していきます。
これを10回行いましょう。

ポイントは、胸の筋肉を意識して、
背筋が曲がらないように気をつけることです。

この運動を毎日継続して行うことが大切です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ