2010/2/10

ハッピーメールで知り合った人に勧められた運動法  

ハッピーメールで知り合った人に勧められた運動法についてです。脂肪の分解に運動はどんな役割を果たすのでしょうか。人体の生命維持に欠かせない存在である体脂肪ですが、ダイエットでは何かと目の仇にされがちだと言えるのではないでしょうか。脂肪は内臓脂肪の他にも筋肉や骨、神経、内臓などにも存在しています。どんな役割が脂肪にあるかというと、衝撃吸収、エネルギーを効率よく貯め込むこと、体温調節やたんぱく質の節約などさまざまでございます。たくさんの脂肪があるのは肥満体型の元ですが、少なすぎもだめなのでございます。体脂肪は、常に合成と分解とが行われています。合成が分解を上回ると脂肪は増加し、分解が上回ると脂肪が減少します。合成が分解を上回るようにする必要が、脂肪を効率良く減らすためにはあるのでございます。脂肪細胞内に存在するリパーゼという酵素を、合成が分解を上回るようにするには働かせる必要があるでしょう。リパーゼが体脂肪の分解を行うようし向けるには、中程度の運動を一定期間行うなどして副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促す必要があるんです。脂肪酸は分解された脂肪によって分泌されますが、二酸化炭素と水に筋肉を動かすエネルギーとして分解されるようなのです。せっかく脂肪を分解したとしても、使われなかった分は肝臓で再び中世脂肪に合成され、使用されなれければ再び脂肪に合成されてしまうということなのです。脂肪の分解でできたエネルギーを速やかに筋肉で使い切ってしまうことで、合成を食い止めることができるでしょう。
0

2010/2/10

食欲を調節してハッピーになろう  

食欲とは、空腹として感じられる食物を食べる欲望のことをいいます。多くの生き物には食欲が兼ね備えられており、栄養を取り入れ健康を保つためのファクターとして機能しています。食欲の強弱は、脳や消化器官が関わっています。体内時計が食欲と関わっているという話があったり、食欲が異常を来すことによって拒食症や肥満が誘発されるともいいます。睡眠欲やのどの渇きと同様、食欲は生命維持に関わる一次的要求となります。視床下部と呼ばれる脳の中に食欲を感じる部分があり、それには栄養状態が大きく関係しているようなのです。空腹に影響を及ぼすものとして味覚が存在しているといいます。味覚の有無だけでも、胃が同様にカラッポでも食欲の程度が変わります。何らかの理由で、食物をチューブを通して直接胃に注入すると、口を通して味わう場合よりも食欲は低下します。食欲は、普段の習慣によっても形作られているといわれております。人は1日3回または2回の食事が一般的ですが、食欲はこの習慣に影響を受けます。食欲は、人間の行動に影響を与えるということも報告されているのです。満腹の時は満足感がもたらされますが、飢餓状態が激しくなると、攻撃的になったりうつ状態になったりするといわれています。食欲は、恐怖や不安なことがあると感じにくくなります。絶食を数日続けていると食欲は上昇していきますが、ある一時期を越えると食欲がすとんとなくなります。様々な要因が食欲には密接に繋がっているといわれております。
食欲が抑えられないときはここ
ハッピーメール
ワクワクメール
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ