2009/8/21

課題レポート作成  ひとりごと

この数日、明治学院大学「ジョブサポーター養成講座」の課題レポートを作成していたが今日、郵送した

テーマは
@ジョブサポーター養成講座の感想
Aジョブサポーター養成講座で学んだことを今後どのように生かしていきますか?

文字数1200字〜1600字。
レポートの提出後に「修了証」が発行される。

改めて、2日間の講座について思い出し考えながらレポートを書いた。
ナチュラルサポーターという考え方が浸透し、ジョブサポーターが増え、共生社会が実現すれば、障がい者はもっともっと社会に出ていきやすくなるだろう。

毎年、継続して行われているこの講座。2年続けて参加している人や、ジョブサポーターからさらに進んで、ジョブコーチを将来の進路に考えている方もいた。

継続は力!




9

2009/8/8

講座2日目  就労支援

ジョブサポーター講座の2日目。

今日は実際に就労支援を行っている現場のお話を聞きます。

10:00〜地域における障がい者雇用の推進 就労支援機関の役割
11:10〜ジョブコーチ、ジョブサポーターとは?
13:00〜就労支援に関する講義
14:10〜ディスカッション
15:50〜閉校式

NPO法人みなと障がい者福祉事業団 事務局長の大森八惠子氏より、事業団の説明と多機能型事業所「はばたき」について説明。当事業団は就業機会の拡大を通じて障害者の自立を促進することを目的として平成10年4月に設立された任意団体の全事業を継承し、平成19年に設立されたNPO法人です。障害者福祉センターの清掃事業や喫茶たんぽぽの運営、大門駅構内店舗「トロア」というパン屋の運営など行っています。港区と連携して区のインターンシップ事業への協力とジョブコーチの派遣を行っているそう。

続いて社会福祉法人東京都知的障がい者育成会 東京ジョブコーチ支援室室長の藤巻鉄士氏の講義。
藤巻氏は明学の卒業生で、昨日「共生社会の理解」の講義をしてくださった社会学科の中野教授の講義を受講し現在の道に進まれたという経歴の持ち主。今回の講座終了後に実践コースで行われる実習に向け、ジョブサポーターのミッション、ジョブコーチの役割、支援のヒントなど、実際に現場で役立つお話をより具体的に、盛りだくさんでお話くださいました。

2日間のまとめとしてグループディスカッションが行われ、今回の講座で理解できたこと、質問したいことを話し合い、最後に一人ずつ「これからやってみようと思うこと」を紙に書いて黒板に貼り、発表!
8月末までに講座の感想と、学んだことを今後どのように生かしていきますか?というテーマでレポートを提出し、修了証をいただいて基礎コースは終了します。

明治学院の建学の精神「Do For Others」(他者のために)を、障がい者の就労サポートを通して企業の中で、そして社会で実践することこそ、共生社会の実現である。2日間はあっという間でしたが、良い学びの時間を過ごさせていただきました。そして何より、若い学生さんや地域の方たちが実習支援に向けて一生懸命学び、一歩踏み出そうとしている姿がとても眩しかった。私たちも横浜の地で出来ることがあるね、と話しながら帰路に着きました。


おまけ

今日もランチはおしゃれな学食で・・と楽しみにしていたら、なーんと学食は夏休みでお休み。ついでに購買部も休みで、仕方なく大学の向かいにあるローソンへ。ところがお昼を回っていたせいか、おにぎりもお弁当もすべて売り切れえ〜い仕方ない。こうなったらカップラーメンじゃ〜というわけで今日のお昼はこんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

3

2009/8/7

講座1日目  就労支援

明治学院大学 社会学部 教育プロジェクト推進室主催の、2009年度ジョブサポーター養成講座<初級・基礎コース>に参加してきました。

参加者は約30人。
社会学部、国際科などの学生さん、地域の方等々。
うちの法人からはtomoさんとT父と私の3人が参加。

9:50〜開校式
10:00〜共生社会の理解
10:30〜港区政の取組みについて
13:00〜障がい者雇用の現状と諸制度
14:00〜知的障がいのある人の実習を受け入れて・ジョブサポーターを体験して
15:00〜実践コース参加者は事前顔合わせ、他はディスカッション
16:00 終了

まずは社会学部長から、今回の講座の大きな核となる「共生社会」についての講義。

続いて、地元港区の概要と港区役所が行っている障がい者インターンシップについての報告。港区役所は年間20名ほどの障がい者の実習を受け入れているそう。
期間は3か月まで、時間は9:30〜16:30。実習生は、原則として公募(広報誌による)で
、人数に余裕があれば区外でも受け入れるそうです。
業務内容は交換便の配達、コピー用紙の補充、清掃、各課事務補助など。ジョブコーチとジョブサポーターが支援します。

ハローワークの雇用指導官の方からは、雇用を進めるために必要なこと、雇用の促進に関する法律について、雇用率制度について、納付金制度・助成金について、特例子会社について、委託訓練・トライアル雇用について、職場適応援助者(ジョブコーチ)事業について、など具体的な制度や法律についてのお話がありました。

そしていよいよ、昨年度にこの講座を受け、実際に障がい者の実習を受け入れた明学の図書館の職員の方とキャリアセンターの方からの報告。
続いてジョブサポーターとしてジョブコーチとともに障がい者のサポートを行った、現在社会福祉学部3年のHさんのお話がありました。

彼女は基礎コースで学んだことを生かすために実践コースへ。港区役所の実習を4日間サポートしました。2人の障がい者をジョブコーチと一緒にサポート。実習を通して学んだことは
・実習生の力量の違いによる仕事内容の割り振り方
・作業の工夫の仕方
・周りの理解の大切さ
だったそうです。
今年度は宅配会社での実習に参加されるとのこと。
体験し発信することの大切さを熱く語ってくださいました。

講義終了後のディスカッションでは、いろいろな立場の人が今日の感想や、参加した動機、疑問に思うことなど話し合い、1日目が終了しました。
久々のキャンパスライフはとっても楽しく、お安くて美味しい学食も利用させていただき(ひつまぶしが550円!!)、大変有意義な1日でした。
明日も楽しみ!




 
 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4

2009/8/6

明治学院へGO!  就労支援

明日から2日間、明治学院大学白金キャンパスで行われる「ジョブサポーター養成講座」に参加してきます。

この講座は、共生社会を支える「ジョブサポーター」、すなわち障がい者を理解し、市民または学生として障がいのある人の就労をサポートする人材を育成することを目的に開催されるもので、両日ともに午前10時から午後4時まで教授やハローワーク、区役所、福祉事業団、育成会などの方の講義があります。参加者同士のディスカッションもある模様。参加対象者は、学んだ知識を実社会で活かしていきたい方。

法人から3名が参加します
4

2009/7/31

講演会  情報

神奈川県中小企業家同友会 福祉部会設立1周年記念講演会「働く事から生まれる本当の幸せ〜個人の可能性を信じて、障害者と共に育つ〜」に参加してきました。

同友会福祉部会は「一社でも多くの企業に、一人でも多くの障がい者を!」の志で、
昨年7月に立ち上げ、受け入れ側の企業と送り出す側の福祉、間に入る社会労務士で構成されているそう。
今日の記念講演の講師は、日本理化学工業株式会社 取締役会長 大山泰弘氏。
先日、見学取材させていただいた川崎のチョークの会社の会長さんです。
この頃、ご縁がありますね〜
会員向けの講演会ですが、会員外もOKということで我々も参加。

マママッシュ、mocoさんと大船駅で待ち合わせ会場の鎌倉芸術館へ。会員じゃないし、端の方で・・と思ったら、テーブルごとに席が決まっていて、しかも3人別々のテーブル。
途端に心細くなってきましたが、名札を着けて腹をくくり、同じテーブルの方7人と名刺交換〜

司会は会長のT氏。
来賓は鎌倉市健康福祉局のI氏。平塚商工会議所のY氏。そして横浜市健康福祉局障害企画課のK氏。
参加者は同友会の会員さんがメイン。中小企業の社長さんたち、社会保険労務士、社会福祉法人など。ゲストは養護学校や就労支援センター、保育園、役所関係など。約140名を超える参加でした。


最初に「カンブリア宮殿」という番組で放映された理化学工業の作業映像が流れ、チョークを作る工程と障がいのある人にわかりやすい工夫、社員さんへのインタビューもあり、社長さんたち、うんうんとうなづきながら見ていらっしゃいました。

その後大山氏の講演。

禅寺のご住職に言われた『4つの幸せ』
「人間の究極の幸せは物やお金ではなく、人に愛されること、人にほめられること、人の役に立つこと、人に必要とされることだと言う。障がい者が施設で大事にされるより、企業で働きたいと願うのは、社会で必要とされて本当の幸せを求める人間の証です」

この言葉で、企業こそこの幸せを叶えることができると信じ雇用を進めることができたそうです。現在、雇用率7割、不況下にあっても新製品の開発を行う経営姿勢とノウハウは社長さんさんたちに確実に伝わっているようでした。

講演後テーブルごとにグループ討論。私のテーブルでは、自己紹介後、講演についての感想やパニック障がいの方への対応に困った話などが出て、30分という短い時間でしたが熱く話し合いが行われました。実際にこれから障がい者雇用を始める、という社長さんも!

9時過ぎに閉会。
単に講演を聴きに行ったつもりが、今までにない展開!
緊張もしましたが、3人ともそれぞれ発言したようで、いい経験になりました





クリックすると元のサイズで表示します
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ