土用の丑の日はやっぱりうなぎ  

ことしは土用の丑の日が2回ありますね。

土用の丑の日といえばうなぎ。

夏バテ防止にうなぎのかば焼きを食べるのが

土用の丑の日です。

うなぎを土用の丑の日に食べる習慣は、

江戸時代に始まりました。

もともとは、土用の丑の日に鰻を食べるという習慣は

なかったのです。

土用の丑の日にウナギを食べる習慣は、

平賀源内がつくった習慣です。

鰻のかば焼きが売れなくて、困った鰻屋が

平賀源内に売上を何とか上げられないかと相談したところ、

平賀源内は、土用の丑の日はうなぎを食べて夏バテを

解消しようというキャンペーンをすることを勧めました。

鰻屋は、平賀源内の言うとおりに

キャンペーンを行い、

それ以後、土用の丑の日は鰻の日ということで

定着したとのことです。

おなじような話しが、

ボージョレヌーヴォです。

ボージョレ地方の新しいワインを何とか売り出そうと、

新酒を町まで運ぶ競争をしたのが、

現在では一番乗りで、お酒を飲むという形になっています。

どちらも、売れないものを売るための

キャンペーンが定着したものですね。

バレンタインデーもそうですが。

それはともかく暑い夏の日くらいは

栄養のある美味しい鰻を食べたいですね。

天然うなぎも通販で購入できるので、

たまにはちょっとぜいたくするのもいいかもしれませんね。


>>
0

くびれたウエストを手に入れよう  ダイエット


寝ているだけでダイエットできる方法があることを知っていますか?

そんな、簡単にダイエットできたらだれも苦労はしないよと

思いますよね。

ところが、履いて、寝ているだけでやせてしまうパンツがあるのです。

そのパンツは90,000本の販売実績のある

おやすみ骨盤サポートパンツです。

このおやすみ骨盤サポートパンツは、

整体の専門家で、店舗数が140以上もあって

200万人以上の施術実績のある

カラダファクトリーの協力で作られています。

骨盤を締めつける部分のパワーネットは特許技術ですので、

締めつけもきつい締めつけでないので、履いていても、履き心地がよく、

長続きするということでも評判なんですね。

簡単で、つらくなくて、気持ちがいい履き心地だったら、

履くのがいやになりませんよね。

だから、長続きすることが出来るんですね。

カラダファクトリーには整体師、セラピスト、

トレーナー、インストラクターなどの

プロの療法を持っている専門家がたくさんいます。

その専門家2000人もが、

おやすみ骨盤サポートパンツの開発に携わっています。

いってみれば、おやすみ骨盤サポートパンツは

整体技術の結晶のようなものです。

その専門家の人達が、

実際に使用してみて満足した商品が

おやすみ骨盤サポートパンツです。


>>>おやすみ骨盤サポートパンツの詳細はここから<<<



0




AutoPage最新お知らせ