インフォメーション  お知らせ
クリックすると元のサイズで表示します

吉田祥吾のCD、通販限定デジタル音源、オリジナルポストカードを販売しています。

「吉田祥吾CD&GOODS 通販 本店」
「吉田祥吾CD&GOODS 通販 代引き&直接お届け支店」

ミニアルバム『スタートライン』
全5曲1800円
【収録曲】
・スタートライン ・ことばをこえて ・えんぴつノータ ・笑いながらいこう ・ガンバ

NEW  itunes販売開始しました。



【吉田祥吾 活動情報専用LINE@】
登録は簡単こちらからどうぞ♪
友だち追加数
ライブ情報 チケット予約 一般参加可能な講演会のお知らせ 等々 興味のある方は是非ご登録を♪
※QRコード IDは〖続きを読む〗からどうぞ
3

2017/4/13

日常への帰還  日常のつぶやき
気持ちが戻る日々を過ごす。

新しい日々。
そこにひたすら向かう時期にはいない。

自分を自分たらしめる時間を過ごした。
戻る場所が出来た。

戻る場所を探して彷徨った。

その時間が僕にはある。

自分を探す日々、その記憶。

自分には何が出来て何の為に生まれてきたのか。

僕は探せた。

あなたはどうですか?


もう人生が終わっても満足。
そう言える人生。

人の価値を決めるのは年齢じゃない。

勘違いだとしても、自分の役割を理解し、それに見合う能力を諦めず育て、人の持っている可能性をどんな形であれ渡し、託す。

日常への帰還

また旅立つ。

その日まで。
======================================================
- 出演依頼 or お問い合わせ −
◦ otoiawase_y12@yahoo.co.jp
◦ 09096042096(吉田) 

- 現在受け付けているご依頼 -
・講演会  ・イベント出演 ・ギターレッスン(弾き語り)
ちょくせつ相談(主に不登校 当事者 ご家族の方)
ギターレッスン、相談は⦅一時間から⦆受け付けています。
興味を持たれた方はまずはお気軽にお問い合わせください。

Facebook [吉田祥吾Facebookページ]
2

2017/4/12

曲を書く  ひとりごと
言葉 を リズムとメロディに乗せる。

それを声で表現する。

声を出す体と心。
どちらかが強すぎてもうまくはいかない。

バランスを探す。

イメージして、何度も喉を震わせて。

そして、やっと歌になる。


僕には気が遠くなるほど難しい。


妬んだり、落ち込んだり、悔しがったり。


現実を受け止めて、それでも続ける。

僕は僕がやるしかないんだから。

与えられた自分をやるしかないんだから。


「曲を書く」

そこから枝葉のように伸びる様々。

それは生きることそのもの。
======================================================
- 出演依頼 or お問い合わせ −
◦ otoiawase_y12@yahoo.co.jp
◦ 09096042096(吉田) 

- 現在受け付けているご依頼 -
・講演会  ・イベント出演 ・ギターレッスン(弾き語り)
ちょくせつ相談(主に不登校 当事者 ご家族の方)
ギターレッスン、相談は⦅一時間から⦆受け付けています。
興味を持たれた方はまずはお気軽にお問い合わせください。

Facebook [吉田祥吾Facebookページ]
2

2017/4/12

やみくも  日常のつぶやき
人に会うのはもう少し時間を置いて。


その為にひとりの時間を泳ぐ。


さっぱりとした気持ちで、人と時間を泳ぎたいからね。
1

2017/4/12

自主的な休暇  日常のつぶやき
今日からしっかり休暇の心持ち。

今までにない疲れ方、体力も精神力も。

人に合わせず行こう。

まずはゆっくり回復。


見つめる先は、今よりも素晴らしい自分。


朝起きたらゆったりとした気持ち。

お腹が鳴る。

ファスティングどうしよう。。。。

うん。

落ち着いた気持ちで食事をとろう。

体が疲れていることを音で教えてくれたんだから。


お腹がふくれてくると、罪悪感。
いつものこと。

よしよし。

今は体の声にも耳を傾けるんだよ。

一息。


次いで焦る気持ち。


何にも生み出さないでいる焦燥感。


今日のそれは良い合図。


その気持ちの動きに合わせて、新しい作品のレコーディングを始めた。

練習のような作品作りの準備運動。


たくさん唄った。


下手くその自分と久しぶりの対面。
やる気の補充が焦りと悔しさ。

仲良くしよう。

心を撫でるように時間を紡ぐ。

未来の僕の為に。


笑っている自分に会いにいこう。


======================================================
- 出演依頼 or お問い合わせ −
◦ otoiawase_y12@yahoo.co.jp
◦ 09096042096(吉田) 

- 現在受け付けているご依頼 -
・講演会  ・イベント出演 ・ギターレッスン(弾き語り)
ちょくせつ相談(主に不登校 当事者 ご家族の方)
ギターレッスン、相談は⦅一時間から⦆受け付けています。
興味を持たれた方はまずはお気軽にお問い合わせください。

Facebook [吉田祥吾Facebookページ]
2

2017/4/11

クラスメイト  活動全般
やっと心の一区切り。

そして、これからの自分の為にも、金丸での一年を振り返って書いていこうと思う。
思いついては、都度書いて行くので、時間軸はきっとバラバラだけどね。

ではでは。


去年、まるで決まっていたかのように野澤先生が臨時とはいえ“先生”に舞い戻った。
“気付いてもらえない”が積もり積もったこどもたちの心に育った大人への疑い、そして自分を守る為に他人を傷つける“荒れた”クラスへ。

野澤先生が担任を受けもつ。
そこに決意と覚悟があった。

僕はと言えば、最後になるかもしれない担任、そして授業を目と心に焼きつけようと通い始めた。

それが6年3組。

僕を見る差すような眼。
もしくはまるで僕が見えていないような眼。

“大人”と認識されたら、そこにいるだけで、見えない“圧力”がかかる場所。


僕は、はっきりあの感情を覚えている。

“怖い”



野澤先生が僕と出逢った時にはっきり言ってくれた言葉。

「学校に行けなかったのは祥吾さんのせいじゃない! 大人や教師の責任。なんで誰も見つけてやれんかったんやろうね!」

泣きながら僕にこう続けて伝えてくれた。

「祥吾さん。嫌がってもこれから関わるからね!」


金丸小学校に呼んでもらって10年。
その時初めて出逢った4年生が、成人式を迎える程の年月。

“自分以外の人を本当に大事だと思える心”と“本当にその為に人生を捧げる覚悟”

それを10年かけて僕に伝えてくれた野澤先生。


今回、野澤先生の最後になるかもしれない授業を焼きつける為だけに通い始めた。
まっすぐに受け継ぎたいと思えてもいたからこその単純明快な理由。


でも、10年かけて僕に渡されていた“心”

本当に大事にするべきものを見つける。

僕は、自然と“みんな”に会いに行く為にも通い始めた。


だからといって、ものごとは簡単には進まないわけだけど・・・・。
うん、それはまた書くとして。

一年、毎日とは行かなかったけれど、出来る限りの時間を6年3組で過ごした。
これもしっかり覚悟したうえでの決断。

取捨選択。

「誰も彼も」

本当にそれは無理なことだと理解した。
でも、その分かけがえのない出逢いになった。

それこそ“縁”だというしかない。

僕がどうしても必要としていて、そして僕じゃないとダメだった人と繋がっているんだと思う。


みんなが卒業して迎えた春休み。
それをあらためて確信させてくれた。

6の3での花見。
必然としか言いようがない流れで巻き込まれていった。

学校という枠がなくなっても、繋がっていれる程の“信頼関係”を持った“友達”になれた。

野澤先生が伝え続けている“心”を繋いでいける距離にいれる。

そして、みんなが集まるきっかけのなかに居ること。

こんな“立ち位置”に居れるのは間違いなく僕だけだろう。


最初にクラスに足を踏み入れたあの“怖さ”を覚えてる。

それと同時に、みんなが必死で変わろうとする一瞬一瞬に一緒に居れた“喜び”も忘れない。


人生で最初で最後の出逢いと時間を過ごした。


一緒に勉強して、遊んで、笑って、泣いて、怒られて。
心配して、怒って、祝って、祝ってもらえて、喜びあった。

心からのクラスメイト。

僕も入りたくて、みんなも受け入れてくれた。

6年3組。

そのひとりになれた。

卒業アルバムや文集、名簿にも載ることはない。
情報としては存在しない。

それでも、みんなの心に確かに存在させてもらえたこと。

僕はちゃんと進むよ。
いつでもみんなの友達として。

楽しかった。

みんなも、もう進んでる。

中学校入学。
これからまた新しい出逢いと生活が待ってる。


春休みも一緒に過ごした。

まさか、こんな一年後が待ってるとは思わなかった。
ちゃんと寂しくなれる時間と思い出をありがとう。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ