千葉のたけのこ規制値以上のセシウム

2012/4/26 
千葉のきさらずのタケノコが基準値以上のセシウムが出て出荷停止になりました。

やっぱり竹林は、いっぱい葉がおちますから、それが腐葉土になって土に染み込み、それをタケノコが吸収してしまったということでしょうか・・・

でも千葉でそれだけでるということは、関東産のほかのタケノコはどうなんでしょうか・・・他では聞かないのですが、栃木と、埼玉、群馬、茨城などは大丈夫なのでしょうか

家庭菜園でつくるようなものではありませんが、竹林がちかくにあってタケノコをもらい、タケノコご飯にするのでちょっと不安になります。
続きを読む
0
タグ: 家庭菜園

7月からの太陽光発電買い取り価格も42円維持になりそう

2012/4/26 
3月まで42円での買い取りが、買い取り価格がもめていて結局6月まで延長されましたが。

ようやく7月からも42円という案がでてきました。

ただし、これも1年ごとの見直しだそうです。

先日太陽光発電住宅とオール電化の見積もりをとりましたが・・・15年ローンで元を取る感じです。

しかし、まだわかりませんが、価格は10年しか維持されません。

つまり15年で見積もられても、意味はないのです。

42円で買い取りはいいですが、買い取り固定期間も15年ぐらいにしないと結果的に赤字になる可能性もありますから

どうなんでしょうかね〜
0

放射能不安の中今年も家庭菜園作りの準備

2012/1/17 
土壌に残る放射能はとても不安ですが、

それでも、食べないわけにはいきません。

家庭菜園で作るのはやめて、全部西日本産のものを購入していこうかとも思いました。

しかし、関東で暮らしていて、すべて、西日本産のものが手に入るということは難しいですね。

なるべくそうしようとしても、スパーに、関東産、東北産しかないものも結構あります。

給食など加工食品では、福島や、茨城、群馬のものもたくさんありますし。

外部被ばくよりも、ずっと少ない放射線量で、ダメージを与え続ける内部被ばくは、本当の意味で、どの程度の影響があるかはわかっていません。

外部被ばくでは、もともと世界には、放射線の高い場所は結構あり、それでも健康にあまり影響がないことがわかっていますが

体の中に取り込まり続け、長く生きれば生きるほど、細胞のがん化がの率が増えるなかでの体内から発せられる放射線は、外部被ばくの基準値のベクレルよりはるかに低い値でも危険だと本当の専門家は警告しています。

それでも、食べるものがなくては生きていけませんから、仕方がありません。

まだ自分で畑の放射性物質対策をして、家庭菜園で作物を作ったほうがいいのではないかという結論に達しました。

腐葉土などにする葉はことしは使わず、畑の草もそのまま放置せず、燃えるごみに出してしまい、少しでも吸い上げたり、かかった至りする可能性のものは、畑にいれないようにしてみました。

もちろんすでに土の中に落ちているものはありますが、余計に濃度を刻さない作戦です。

購入する堆肥なども産地をよく確かめて購入しようと思います。
0

畑の放射能家庭菜園ゃっているけれど大丈夫?

2011/8/22 
東京で落ち派などから作られた、腐葉土から基準値以上のセシウムが出たそうです。

すでに、牧草などから色々なところででていますから、畑の費用にする、堆肥などがとても心配です。

そもそも畑におちたセシウム、関東だったら、それなりにあるはずです。

そうでなければ、腐葉土や、下水や可燃物の焼却灰からでてきませんからね。

そこで思ったのが、家庭菜園をしていますが、畑の雑草をとって、一つにまとめておいたりしたら・・・

草が吸収したセシウムの濃度がそこに集中して濃度が高くなるのではないかという心配です。

これは家庭菜園をやっている人自身で対策をしなければならないと思います。
0

太陽光発電住宅でも蓄電池がないと夜間は役に立たない

2011/4/30 
計画停電になったから、太陽光発電住宅がとてもうらやまし限りですが・・・

初めて知ったのですが、太陽光発電住宅であっても自立運転装置がついていないと停電すると発電できないとか・・・えっそれって意味じゃんと思ったりしました。




最近はついているものが多いようですが、導入するときは注意しないとね、値段だけではわかりませんね。

またさすがに夜間は使えない訳で、それに対応するためには、蓄電池を用意して、できれば2kw分ぐらい用意しておけば、夜間の停電でも使えると思います。




0



AutoPage最新お知らせ