2016/12/10 | 投稿者: pdo



こうの史代『長い道』読了。

こうの先生の絵型のファンになってしまった。はるき悦巳先生を思い出す。

『長い道』を読んで、類似の作品を探すとしたら『東京物語』(小津安二郎)だと思った。

昨日の朝日新聞に載った能年玲奈さんによる『この世界の片隅に』感想が素晴らしかったのでそのまま転載する。


映画『この世界の片隅に』。私のんが、主人公すずさんの声を務めさせていただきました。舞台は1944〜45年の広島・呉。すずさんの子供時代から始まり、18歳になる年に呉市の家へ嫁ぎ北条家で周作さん(声・細谷佳正さん)の奥さんとして暮らしていく。

 この映画を観て強く心に残るのは、生きる日々の暮らしの中に、面白い事や幸せがたくさんあるという、少し切なくあたたかい気持ちだと思うのです。

ごく普通の生活、ご飯を作ったりタンスの中の整理をしたり出かけたり話をしたり喧嘩をしたり。一緒に暮らす、通りすがりの人に親切にしてもらう、皆で助け合う…普通≠フ事が楽しくて胸に響く。

 夢なのか現実なのか、子供の頃の愛おしい記憶は心を柔らかくする。

 とてもリラックスした状態で映画に集中してしまうので、すずさんが歩き出した時にはもう、私は映画に出てくる人たちの存在や記憶、作品の中にある世界を瞬時に信じて、目に入る風景も流れる音楽も自然と、自然だと感じるまでもなく受け入れている。それがとても心地いい。

 北条家での生活は難しかったり面白かったり大変だったりする。すずさんは絵を描く才能があるけれど、家事が得意というわけではない。でも、とっても楽しそうに皆のご飯を作ります!私はこのシーンが大好きなのです。

 コトリンゴさんの軽快な音楽に乗せて、野草を切ったりそれをお鍋に入れたり。どこかワクワクしているすずさんを見ると、生活することは楽しいんだと気付かされます。

 私は小学3年生くらいの時から夕飯当番を任されて家族のご飯を作っていたのですが、中学生になってからは当時組んでいたバンドの練習時間をわざと延ばして当番から逃れていました!

なので、毎日のご飯を作ったりお掃除したりというのが窮屈で、最近は面倒だから一日くらい食べなくてもいっか〜と気ままに過ごしていました。

 ですが、この作品に出会ってからは、料理をしたり洗濯や掃除をしている時楽しい!≠ニいう感情が湧いてきて陽気になります。

 あと、お腹が減るとご飯を食べたくなる!そしてお腹がすいた時に食べるご飯は美味しい!生活の才能がないと思っていた私にも日々の暮らしを楽しめるんだ、と誇らしくなりました。すずさんのおかげだ!

そんな風にこの映画に包まれて時間を過ごしていくので画面が真っ暗になった時、より自分に引き付けて辛い気持ちが迫ってくる。すずさんの心に触れて胸が痛む。けれど、それで終わりではなく、ほっこり大慌て!でラストを迎えます。

 気持ちが満ちてきて涙が出てくるのですが、悲しいのではなく生きることの力強さに感銘を受けてこぼれてくる涙。とてもあたたかいのです。特別ではない普通の主婦≠フすずさんに感動するのです。

 更に、エンディングの最後の最後隅々まで世界の片隅にある物語が紡がれています。片渕須直監督、恐るべしのエンディング2曲分の映像も、是非お見逃しなく!です。
0

2016/12/9 | 投稿者: pdo

能年ちゃんも記者のあしらい方が上手になって来たなあ…

白雪姫のんちゃんの王子様は? との質問には

「王子様より小人たちの方に興味が行ってしまう」と答え

「視野をひろげないといけませんね」とのフォローも忘れず

理想のタイプは? との質問には

「今やっている映画でいうと周作さんみたいな人が素敵だと思います」

と映画「この世界の片隅に」の宣伝も忘れず。

「自分が王子様になりたがるタイプなので」との名言も。

「ズートピアのニック・ワイルドと結婚する」と語って記者たちがドン引きすると

「(好きな男性のタイプは)ドン引きしない人がいいです」と爆笑を誘う。

中学高校時代の恋は? との質問には

「内緒です!」と口を押えキュートさを振りまく。

見たもの全てを魅了する完璧な対応でした。


2016年12月8日 岩手生まれの究極のりんご『冬恋』首都圏エリア本格出荷スタートに先立ち岩手県知事とアーティスト・のんさんがお披露目イベントに登場しました。“りんご”ということで“白雪姫”を意識した真っ白のドレスで登場したのんさんは、イベントに来場した一般客らに“冬恋”を一つずつ手渡しました。

また冬“恋”ということで記者からは恋にまつわる質問が飛び交い、好きな男性のタイプを聞かれると「ズートピアのニック・ワイルドと結婚する」と語りました。

また中学・高校の時の恋はなかったですか?という質問には「内緒です!ミステリアスな感じ!」とのんさんワールド全開で語りました。



1

2016/12/8 | 投稿者: pdo

岩井俊二の傑作「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」、大根仁×新房昭之でアニメ映画化!

何でもかんでもアニメにしちゃうのね…

この映画(ドラマ)は奥菜恵さんの魅力がほとんどすべてといってよいので…

何でもかんでもアニメにしちゃうんだなあ…

じゃあ今から恵比寿ガーデンプレイスに行ってきます

1

2016/12/7 | 投稿者: pdo

こういうのを見ると、この映画に込められた情熱と考証の深さに圧倒される。

呉市の地理と歴史を知り尽くしている監督。原作者のこうの先生も一緒に歩いている。

こんなに作り手の思い入れの籠った作品は滅多にあるもんじゃない。

第1回この世界(セカ)探検隊 Part1
大和ミュージアム〜灰ヶ峰
開催日:2013年10月14日




第1回この世界(セカ)探検隊 Part2
西畑〜つばき会館 ※スペシャルゲスト・こうの史代さんと一緒に探険!
開催日:2013年10月14日



第1回この世界(セカ)探検隊 Part3
つばき会館〜大和ミュージアム
開催日:2013年10月14日



片渕須直監督コラム「すずさんの日々とともに」

この映画を作ろうと思ったとき、大正14年生まれのすずさんは85歳だった。86歳くらいのすずさんの存在は十分思い描くことができた。すずさんはもちろん架空の人ではあるのだが、彼女が存在しているのだという感触は大事にしたかった。

今は90歳になったはずのすずさん。ずいぶん待たせてしまってほんとうに申し訳ない。

86歳の頃、妻の父はまだまったくぴんぴんしていた。年齢の近い妻の父がベッドに横たわるのを見つめながら、この何年間かの時間をあらためて噛み締めてしまう。

施設を出ると、そこは妻たち兄妹が子ども時代を過ごした町だった。兄は、大衆食堂に入ると、おはぎを注文した。子どもの頃食べなれたおはぎだったのだろう。

今回のクラウドファンディングにはたくさんのご高齢の方、故人となってしまった方のお名前が載ることになるのだろう。そのこと自体が、映画の中で描かれた世界が、今のわれわれの世界とまったくの地続きである証拠となるはずだ。

この映画にはたくさんの方々の想いや気持ちと、時の流れが重なってしまっている。

2015年6月3日
0

2016/12/6 | 投稿者: pdo

いろんな感想がネットやラジオや紙媒体に流れているけれど、感想を読んだだけで泣けてくるのがある。

[映画批評] この世界の片隅に [物語の解釈講座・番外編](ニコニコ動画)

映画『この世界の片隅に』感想 〜誰かが誰かの居場所になること【ネタバレ】

映画『この世界の片隅に』から学ぶ「我々はなぜ生きるのか」


これらの分析や感想はそれぞれ素晴らしい。しかし、言葉だけではどうしても伝えきれないものが在る。

公式アートブックと絵コンテ集が欲しくて、あちこちの書店を彷徨ったが、入手できず。

代わりにと言っては何だが、本日発売の、こうの史代×のん特別対談収録の「漫画アクション」と、こうの史代『夕凪の街 桜の国』を買う。



アクションの対談は、読む価値あり。のんが片渕監督が変えたセリフを原作通りに戻させた(?)エピソードなど、新たな発見があった。のんが監督に送った箇条書きびっしりメールの中身が読みたい気がした(笑)

『夕凪の街 桜の国』は、ある意味『この世界の片隅に』の続きの物語としても読める。

美しくて、哀しくて、言葉にできない感情でいっぱいになる。

漫画アクションといえば『じゃりン子チエ』で、はるき悦巳を愛する自分としては、こうの史代の描く世界にも『チエ』(初期)に似た抒情性を感じる。

しかし、こうの史代作品の抒情性は、静かだが激烈である。そして深すぎる余韻を残す。

そしてそれはたとえようもなく豊潤で美しい。

『夕凪の街 桜の国』の感想は、とても書き切れない。

『この世界の片隅に』の映画を「とにかく見ろ」というしかないのと同じで、「とにかく読め」としか言えない。読まない人はその分人生を損したことになる。

『夕凪の街 桜の国』も、実写化されているようだ。この作品も片渕監督と「のん」でアニメ化してくれたらと願わずにはおれないが、原作のまま残すべき作品のような気もする。

この作品こそ、北川景子の主演でもいいと思った。
でもそれはとても残酷なことかもしれない。
彼女自身の人生を投影してしまうような作品だから。
(『この世界の片隅に』の実写ドラマ版は未見。)
1




AutoPage最新お知らせ