2017/9/19 | 投稿者: pdo

「打ち上げ花火 上から見るか 下から見るか」のアニメ映画版が公開中であることは知ってますよ、もちろんね。

でも僕には好きな女の子がレイプされるのを観に行く趣味はないので。

僕の中ではなずなは永遠に奥菜恵さんなので

それ以外ありえないんで。

無理っす。

申し訳ないっす。

むしろ広瀬さんに申し訳ないっす。

大根さんが悪ノリしちゃったのがいけないんスかね


クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/9/18 | 投稿者: pdo



外山恒一が「人民の敵」というサイトで東浩紀の「ゲンロン」という雑誌に掲載の「昭和批評の諸問題」という座談会に噛みつく座談会を行っているのだが、これがなかなか面白いので、「元ネタ」である「ゲンロン」の座談会も読んでみたが、これはこれでなかなか面白かった。

特に以下のくだりは共感した(外山はオカルト的な物に強いアレルギーを持っているので、中沢新一を評価しないし、ニューエイジに至ってはまったく理解の範囲外とするのはやむを得ない)。

(以下「ゲンロンT」88頁より引用はじめ)

東「ニューアカとニューエイジの距離はけっこう重要です。よく言われることですが、90年代に到来する情報技術革命は、思想的にはニューエイジと深く結びついています。ところが日本では、オウム事件をきっかけにニューエイジ的な感性が社会に認められなくなってしまった。「疑似科学」のひとことで片づけてしまっている。それが21世紀に入って以降、日本で思想を立ち上げることをひどく困難にしているように思う。ニューエイジで何が問われていたのか、正しいとかまちがっているとか以前に、思想的に検討する必要がある。その背景が共有されていないと、情報技術が社会を変えるという話も、金が儲かるというビジネスの話から外に出ないんですよね。…マルクーハンもジョブズもニューエイジと切り離せない。けれど日本ではそう考えられていない。批評周辺に話を戻しても、たとえば宮台真司なんて、吉本隆明や見田宗介の影響を強く受けていて、じつはオカルトやニューエイジに感性が近いひとなわけでしょう。それなのに、オウム事件に出会い、オウムに入るくらいなら援交少女になるほうがいいと言って、徹底した世俗主義の唯物論者に転向する。でも本来の基盤がニューエイジ的だから、いまはそちらに帰ってきている。これは宮台だけの問題ではなくて、ニューエイジへの言及が禁じられたことが、一時期の日本の言論空間に大きな負荷をかけたのはまちがいないと思う。」

(引用おわり)


この東浩紀の論旨には同感。その結果として、江原某のような人物がスピリチュアリズムの権威として日本のメジャー出版社から大量に著作を発表し、俗説の垂れ流し状態が放置される事態を招いた。

その一方で、「マインドフルネス」に代表されるような、ストレスに負けないビジネスマンのための瞑想や禅などの手法が逆輸入され、資本主義に取り込まれるという現象が起こっている。

外山恒一は「ファシスト」などといって右翼思想に接近しているようだが、本来右翼は精神主義やスピリチュアリズムとの親和性が高いので、オカルトを毛嫌いせずに、ひとつ日本の伝統的な神道思想でも本格的に学んでみてはどうだろうか(笑)。
1

2017/9/17 | 投稿者: pdo

神棚に入れて飾っておきたい、この写真。

クリックすると元のサイズで表示します


ただただありがたい、という言葉しか浮かばない。

クリックすると元のサイズで表示します

もしこの世に観音様がいるとしたらこんな感じなんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/16 | 投稿者: pdo

のんさんが大友良英さん(大友っち)のラジオに出演して、今後の演技の仕事について

秘密です。

とお答えになったとか。

ラジオ書き起こし(for Miss Brain Yearさんのページ。この人はのんさんの活動を逐一詳細な記事にしてくれていてその熱心さにはホントに頭が下がる)

秘密が公になる時を首を長くして手ぐすね引いて待っとります。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/9/9 | 投稿者: pdo



最近外山恒一氏の過去著作を集中的に読んでいるんだけど、こんなにユニークで文才のある人の本が10年も実質自費出版以外で出せない世の中はやっぱり間違ってるよなあ、と思った。

やっぱり政府転覆しかないか。

0




AutoPage最新お知らせ