2016/9/30 | 投稿者: pdo

アーニャ、ぼくが百フランを要求しているのを、狂気の沙汰だとは考えないでおくれ。ぼくはきちがいじゃない! 悪徳漢とも思わないでおくれ。ぼくは卑劣なまねはしないし、嘘もつかない。カジノにも出かけない。ぼくはただ物事をはっきりさせるために、こうして書いているのだ。
(ドストエフスキーの妻アンナへの手紙、1868年4月4日土曜日)



波の音が消えるまで(沢木耕太郎、新潮社、2014年)

以下の文章(書評?)は、ネットから適当に匿名の感想を拾ってきてつなげたもので、私個人の感想とはあまり関係ありませんことを予め断っておく。ネタバレありますので。まいど。


う〜ん。上巻を読んだとき、これは現代の麻雀放浪記だと思ったんだが。下巻は・・・つまらなくはないが。まあ考えてみればバカラの必勝法を探すというテーマから物語をどこまで拡げられるのか、大いに疑問である。あるわけないし、そこから深い哲学的思索が生まれるとも思えない。麻雀放浪記は徹底的に生に執着し、他人の生き血を吸ってでも生きようとする修羅を描くことで見事な博打小説になり得ていたけど。この主人公は、お金に執着している訳でもないしなあ。

ところで沢木耕太郎と村上春樹は同一人物である、という面妖な仮説を立てている。この小説も一人称主人公、「僕」は、やはり村上の書く多くの「僕」に似ている部分も多々ある。何しろ28歳くらいだし、教養はあまり無さそうだが、全然がっつかないのに、超モテる。キザったらしいのだがそれが嫌味にならない不思議な人格。でもやっぱりキザッタらしい。

まあこの作品、小説として見た場合には、率直に言って物足りない。主にダメな理由は、主人公が1.モテすぎ 2.カッコつけすぎ 3.清潔ぶりすぎ。バカラのホテルに連泊していたらそこの受付嬢に惚れられて、日本に戻ってから一緒に住もうとまで誘われて(でも主人公はキザッタらしく彼女を振って再びマカオへと旅立つのであった・・・)、その彼女が、無一文になって破滅した主人公を最後の最後に救いに来る白馬の王子様ならぬお姫様で、チャンチャン。ですか。ラストまで読んで、あまりに拍子抜けして、「あ〜あ、何の因果かで生まれちゃったんだよな、こんな国に」なんて思わず大声でぼやいてしまったよ。

沢木耕太郎の平板で対象との距離感のあるクールな文体は、ノンフィクションでこそ生きるもので、小説向きではないだろうどう考えても。小説を書くなら文体を変えるべきだったんだろうけど、そもそもそんなことは無理だし、本人には小説を書こうというよりも、なんか物語になりそうなプロットができたから好きに想像と実体験を織り交ぜて書いてみました、ってノリだったのかもね。途中でマカオのヤクザにボコボコにされて寝たきりになって、全身が傷んで便秘になったとかのくだりは、沢木本人が飛行機事故に遭って負傷したときの体験そのまんまだろうし。それにつけても文章平板、人物平板、濡れ場平板なのは否めなく、どっかのサイトでドストエフスキー『賭博者』に匹敵する傑作とか書いてあるのを目にしたときには目の前が真っ暗になって銀河を渡りそうになった。

一説によると沢木さんこれを原作にして高倉健に映画出演のオファーするつもりもあったみたいなことをどこかで読んだ気がするが、それは実現しなくてよかったような気が・・・

沢木がこの物語を書いたのはバカラのことが書きたかったからで、その他のことは付け足しにすぎないことは読んでいて明白だ。出目表(罫線)とはバカラの記録表のことをいうが、ギャンブルの波というものが存在し、罫線を見るとその波が分かるという。ギャンブルの波を上手に利用して賭け続けると 不思議と勝ち続けることができるらしい。これがバカラの楽しさであり、のめり込んでいく人が後を絶たない秘密。

「ツラ追い」は、連勝している方に賭け続けるやり方のこと。連勝するときは 5回、7回・・・・ 多いときは12回、13回、14回・・・・ ものすごく多いときは20回以上連勝するときがある。 このような<波>が来ているときは 連勝している方に賭け続けると勝ち続けることができる。「テレコ」は、【プレイヤー】【バンカー】が交互に勝ち続けていることで、この流れが来ているときには、交互に勝つように賭け続ける。「ニコイチ」は、プレイヤー、プレイヤー、バンカーといった2つ、1つと交互に勝っている形であり、「階段」は、バンカー、プレイヤー、プレイヤー、バンカー、バンカー、バンカーといったように階段状になったもの。バカラでは様々なギャンブルの波が発生するので、ギャンブルの波の法則を見つけると勝ちやすくなりバカラがより楽しくなる。

ギャンブルの波が発生しない場合もある。そのようなときは「違うバカラ台に移動する」ことをオススメする。オンラインカジノの場合は周りを気にせず、ゲームを中断することができるので、 違う部屋で良い出目表を気軽に探すことができるからだ。
0

2016/9/29 | 投稿者: pdo

クリックすると元のサイズで表示します
継続の前の洗脳。最悪の部分に、殺人の話は少し本当の思考だったということをインタビューで述べ、著者に、何かが、起こった。

しかし、これは深刻で、「実際に」セクションを除いて、これより低いかまたは異なっており、残酷な会話のようなものは、テキストは水と混合され、影響を受けているものは何もない。これが行われているが、それは準備ができているという事実は、通常気になるまで肖像画であること。

第一に、主要なアイデアは漫画に基づいているとは考えにくい。それは、例えば、これらのタイプの違いのために、暗闇の中で毎日金と一緒に破壊されたため、唯一の「本当の」という意味だ。振動を借りるより結果。

そして・・・とにかく、彼は前に気分ではなかった、女性が悪い違う気分であるという意味で、却って疲れて見えない不自然な嫌悪が生じた。

整合性は、他の多くの方法で動作してしまう。拾うことができるかもしれないように、それはますます困難になってきているが、完全に無駄になるために完了しなければならない農場を購入する必要があるのだ。私たちはそれを、家族へのオマージュと結論づけた。また、代わりにストーリーの詳細をフラッシュされるのは、ウィキペディアの書き込みを見ての印象を持っている。

今までが、エドを描いている漫画、今回、「カーン脳」感のあるまともな研究まで、そのような努力を経験していなかったことは確実だ。 抑圧、殺人に、指導者を投獄、それだけで下品な読者が幸せに感じている。

過去の歴史、憂鬱の歴史は、「現時点では、私たちは維持するために管理していると思うかのようにそれを何ですか?」などと救いがあるシーンがあることを願って臭い。

一定期間内の黒チキンは完了していない。 私は漫画がウィキペディアの単なるコピーではないことを願っている。そして病気。疲れていると冗談を読み取ることができないときは、良い感じ。

すべての注意の最初の「悪いイベント」―――しかし、それは意味が実際に厄介な事故が楽しみに発生していないことができた。

たとえば、最後の瞬間は、金融の嫌な話が間違って取得するまで、物語は最後の瞬間に発展させたとして、ヤミ金融の時点で、それは振る時が来たか? 終了後、ネクタイダークゴールド、唯一の点がないとして債務者は、退屈さ99パーセントで登場。

迷惑エピソードは最高潮に達した。

債務者に対する宣伝のように、目の上にあるように、彼自身が、輝きをあなたの視点を与えることができない。その後何も、身体が、このレビューための「あなたがお金を持っている場合、我々は死者を処理する」キラーを発見した。

(あなたは何でもうそをつくことができますが、あなたは何を知っていません)

外観は、担保ではなく「読みやすい」と漫画の事件が嫌だ。どのように私は当事者がスムーズに表すと思い、あえて画像の一部が少し狂っているので。私は最終的にこの漫画を試すので、それは、病気だか、傷つけるかどうかは、私の考えだった。

そのうちのいくつかはここに真実を知っていない。実際には、詐欺?で説明するのか分からないが、私は知らない。ケースの当事者のうちのいくつかは、ほとんどだと思う。

あなたが報告する接着剤のような場合、そのような手紙を送るなどの歌手と話をする不運。
ああ、また、債務問題である。あなたの訪問を取り除くと職場、さらには読者が抽選で販売されるのだが(私はまだそれを考える小学生の女の子の前でフィニッシュラインに売却ここに来てOK時間)、大きなYO!この時。無責任なホワイト。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/28 | 投稿者: pdo

NHKは9月25日、「縮小ニッポンの衝撃」と題したNHKスペシャルを放映。100年近い歴史を持つ国勢調査によって、初めて人口が減少した日本の各地で今、何が起こっているのかを紹介しました。

人口密度と地方政府がインフラサービスの性格に起因するものである前に、今後は東京の経済の崩壊よりプレゼンテーションに苦しみます。ひどいプレーヤーと彼の聴衆は、インターネット同様の失望上のいくつかを、このようなコメントの顔を務めました。

2016年1月に発表された2015年2月の調査によると、日本の人口減少は、2010年には、全国の94から170000まで多くの研究で80%以上の減少が地方政府を削減します。

1920年に日本の人口約56万人のそこから、このような都市部と農村部のGDPの高い経済成長、人口を持つものとして団塊の世代は、雇用が成長を続けました。しかし、今から、日本は、過去の経験で、「人」に対処するために作成されました。そして、抗(暴力)現象、でも東京で、ポリエンの人口が進行中で濃縮しました。

東京は2020年のオリンピック・パラリンピック年、人口は下降を開始することが期待されます。品川と東京都を推定されている渋谷支店は、領域を低減し、それが28万の損失とみなされています。

長い東京、死産数よりもちろん、通常による人口減少が、移民のための支援の減少を相殺するのに十分ではないバックグラウンドで成長してきました。

これは移民の未来に影響を与えます。このような状況は、大規模な研究が実際に考えられています。これは20歳の 最も一般的な給与所得の2.4億ユーロでした。懸念が今後の人口の割合ということで、結婚し子供の年間収入を作ることが困難であるためです。

他の情報は、公開されていません。明らかに異なる傾向が最終的に確認されました。

この現象の背景、および「東京本物」が点滅します。現在、オリンピックとパラリンピックは2020年に東京で開催と建設の需要の高まりは、セキュリティ担当者が緩んでいます。昨年の警備会社は、約60人が州の約70%を占めています。農村部で作業する場合、図に示すように、例えば、若い人たちはますますあなたの仕事を失っていることは、論外です。

2年間のセキュリティ会社が、シングルルームは、スタジオで14ポスト、6ベッド、2段ベッド増加し、一人で過ごすことが期待されます。 1日は1350円に部屋を借りるが、ますます「一時的な」その結果、時間の長い期間に変換する必要があります。彼は新潟県、2,000,000円で結婚の年収に生まれた人に頼まれました。

東京部門が人口ピラミッドを見て、20代と30代今日は国家を維持する2040年新潟30年間で30%に低下すると予想され、社会保障に表示される税収の住民が負税を減らすことができます費用は、古い時代の問題に起因して増加します。

主婦は、危機感を食べ「公共および財務指標(資金調達)が10未満億円とレースの管理に還元されます」また、近い将来に誘致するために、「東京全体の人は、タイトルです。しかし、すべて2040年に起因します。」

この番組を見た海外の反応

nettler02 人口統計を見るとわかるが「団塊ジュニア(=氷河期世代)が第三次ベビーブームを起こすだろう」という前提で組まれた制度がものすごく多い。私ら氷河期世代はまさに棄民だが、ここから地獄の釜の蓋が開いた感ある…

haha!64 なんか傍観者みたいに眺めてる人が多いけど、ここで手を打たないと我々が老いた時、若い世代に自分たちを搾取する老害と罵られるのは必須。我々も打てる手を打たなかった加害者の列に加わるんだよ。

iamasoulman そんな状況を覆い隠そうと、『東京』のメディアは『必死に』バブルの延長を求めた幻想を垂れ流しつづける。その究極が東京オリンピック。バブルと戦後成長/戦後企業の護送船団・年功序列を是とする国体護持運動

Drake 若者にどんどん負担させればいいんです。彼らは投票しませんから、どんだけ踏みつけてもオッケーです。という時代の行き着く果てが、少子化かぁ。

yaneuraking 仮に北方四島を全部返してもらっても、住む人がいないんじゃないだろうか疑惑

samode 愛国叫び続ながら、労働者から搾取して、少子化対策しなかった結果がこれ。子供居ないから、未来に希望がなくてもあんまり気にしないけど私は。

maxium00 日本社会は「緩慢な死」ってより「突然死」しちゃうんじゃないのかと思う。僕の地元(北近畿)だと、あと20年ほどで団塊世代はほぼ居なくなるので、近所はほとんど空き家になる・・・。

sorahayappariaokatta0044 いまさら衝撃を受けるなんて、ものを知らなすぎるね。

isetan100% 国民自身が約900兆(東証一部上場企業の時価総額/税収15年分以上)もの現金握っておきながら、景気(=金の循環)の停滞を嘆いているのは、もはやギャグ。(米国なんぞ資産の半分は企業などに投資し循環させているのだが)

Xexphobianist 少子化対策に失敗した日本は急速にシュリンクし、1000年後に絶滅するまでありとあらゆる苦難に晒される。これは避けられない事実であり、今はどれだけ痛みを減らせるかの撤退戦の真っ最中だ。馬鹿な日本人の自業自得

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/27 | 投稿者: pdo

将棋対局中、スマホは禁じ手? 不正行為防止へ規制検討

朝日新聞デジタルニュース 村瀬信也 2016年9月27日03時52分

将棋の公式戦で、「次の一手」を導き出すコンピューターの機能を使った不正行為を防ぐため、日本将棋連盟(会長・谷川浩司九段)は、棋士が対局室にスマートフォンなどの電子機器を持ち込むことなどを規制する方向で検討を始めた。11月にも具体策をまとめる方針だ。

 AI(人工知能)の性能向上などを背景に、近年、将棋ソフトは棋士と同等以上に強くなっている。過去の膨大な棋譜(対局記録)を基に形勢を評価し、人間が思いつかないような手を示すことも多い。公式戦で不正が確認されたことはないが、昼食休憩や中座の際にスマホを見られる環境にあることから、「不正行為につながりかねない」「対局中、相手が頻繁に席を外すと疑念がわく」といった声が複数寄せられていた。

 連盟の執行部は26日、電子機器の規制を議題に棋士らの意見を聞いた。執行部は「スマホ、携帯をロッカーに預ける」「対局中は外出禁止にする」「対局の際に金属探知機を使用する」などの案を提示。棋士からは「休憩時間中には外の空気を吸いたい」「スマホの財布機能を使っているので預けることになると困る」などの意見が出たが、何らかの規制を作ることには大半が賛同したという。


まあ仕方ないよね。でも外出禁止はきついんじゃないかなあ。スマホ持って外に食べに行ってる最中に見ることは可能だから、外出は許可して対局中は電子機器を金庫に預けるのが一番簡便なんじゃないかな。

厳密に言えば外出先で預けたのとは別の機械を使えばいいわけなんだけど、そんなことで勝てる程プロ棋士の世界は甘いものじゃない(と信じたい)。

渡辺さんは以前から「疑われるくらいなら全対局についてきちんと調べてもらいたい」と言っていた。羽生さんは移動中に携帯やスマホを持ち歩かないことで有名。

今日は羽生さんの46回目の誕生日で、王位戦最終局(第7局)。

午前中から早くも先手の羽生さん有利という声もあるようだけど、どうなんだろう。

確かにソフトだと差が出ているけどね。

木村一基さんに今回は43歳の初タイトルを取らせてあげたいという声も大きいが、そういう情けは無用の世界だから。

木村さんがんばれ。羽生さんもがんばれ。

なんて呑気なこと言っている俺がいちばんがんばれ。


(夜に追記)

羽生さんが勝った。というより木村さんが負けたというべきか。

将棋とはなんと残酷なゲームなんだろう。

羽生さんはどこまで強いのだろう。

平成元年1月、羽生と初対戦して敗れた村山聖は、深夜に感想戦を終えて羽生が対局室を去った後、一人、腰を下ろしたまま動かなかった。

「何て、強いんだ」

うめくように呟き、髪をかきむしり、両手で顔を覆い、もう一度呟いた。

「何て、強いんだ」

これは28年くらい前の話。

何て、強いんだ、羽生善治。


私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。

――羽生善治

0

2016/9/26 | 投稿者: pdo

オルダス・ハクスレイの「すばらしき新世界」(Brave New World)は、けっしてたんなるサイエンス・フィクションというような空想のものではなく、未来の設計図として世界にむかって宣言されたものと理解すべきなのだ。その点では、アイン・ランド(Ayn Rand)の「肩をすくめるアトラス」(Atlas Shrugged)と似たようなものなのだ。

人口削減の新しい段階がはじまった。病死とすら思われない日常的な死のある世界。

これは、あたらしい事態のはじまりなのだ。この状態では、老人や弱者は、ただでさえ栄養失調の状態にくわえて、全身多臓器不全の状態を示すだろう。栄養摂取は悪循環となり、坂を転がり落ちるように病状は悪化し、食欲はなくなる。このとき栄養摂取しないことが問題だとされず、臓器不全のせいにされるだろう。栄養吸収が悪いからだ、と。

食事が摂れなくなったとき、死は緩慢にやってくる。老人なら、たんに老衰とだけ診断書に書かれ、病死とすらならない。

いま、さまざまな不妊化作戦が行われている。この状態が続くと、不妊女性と無精子男性があたりまえのように人口の多数派になる。原因の議論はいつものようにポイントをはずした原因の羅列になるだけだ。

さまざまな不妊化作戦が行われているのは、真の原因にけっして到達させないためのもので、カクテルのようにさまざまな不妊化作戦が実施されているわけだ。

人類の不妊化の先を当局はどう考えているのだろうか? その答えは、すでに出ている。オルダス・ハクスレイの書いた「すばらしき新世界」である。

この本には、人類が工場から生まれてくる様子が書かれている。新世界では、出産は人工授精になる。幼児の養育は、当面は母親の手にゆだねられるが、徐々に集団保育に移っていく。

人間の精子、卵子は、人間の血液と同様にもっとも重要な機関、赤十字のような部署で管理され、定期的に集められる。

最終的には、人間の受精を人工授精でコントロールし、カプセルで胎児を養育し、あるいは、遺伝子改変した卵子、精子で人類をつくる。女性が人工授精で妊娠出産し、男性は精巣細胞から精子をつくって精子バンクに納めることが、一般的になる。許されたカップルだけが、子どもをつくる。

人間の誕生は、すべての父母の手から離れ、当局がすべてを制御することになる。肉体的、思想的な変種は、すぐ始末されるか、強制労働所送りになる。優生学は、思想的にも適用される。反権力志向は、即殺傷処分になる。

したがって、新世界では、人間の赤ちゃんの養育は産科医院の保育器のガラスケースの中になるようにする。家庭という場で子どもは育つという現実は変わる。当局も、これを意図している。

人間生産工場は、新世界での人間社会の生のコントロールの出発点であり、終着点は「日常的な死のある世界」。人はいつの間にか、なぜか死んでいるという状況になる。救急搬送されたときは病院で死んでいる。もちろん死因など問題にならない。

当局が、これらすべてをコントロールしているという視点は、誰にもまるでない。
これは、すべてのひとが奴隷となる世界だ。

そこでは、栄養摂取はあっても美食を味わうことはなく、生殖はあってもエロスはなく、エンタメはあっても心を揺さぶる感動はなく、恋愛ごっこはあっても本当の心の結びつきや絆もない。当局の創作する歴史物語、テレビドラマなどはあっても真実の歴史はどこにもなく、人々は当局の提供する日々のゴミのようなニュースに右往左往し、「いまここだけ」、「金だけ自分だけ」の生き方をつらぬく。人間は、ロボット、アンドロイドと化し、人間社会は変質する。

このような人間は、奴隷市場の商品でもある。人間は、家畜のような労働力になる。

人工授精で受精する人々が奴隷となる可能性については、世界政府と同じで、世界政府が、一夜にしてファシズム独裁に変貌するように、実験室や工場で作られた人間が、一転してテロ兵士としてわれわれを抑圧するために使われる。

過剰な人口の問題は、こういった未来を作り出すために、わざとしかけられた。過剰な人口問題がなかったとすれば、人間の出産、生育に解決ももたらされず、現状と同じままだろう。当局は、人間の出産、生育に大きな制度の変革をもたらしたかったのだ。

だが、どのようにして、人口爆発がしかけられたのか? 人口爆発がみられる地域では、子どもが労働力になり、子どもが多ければ多いほど家庭の経済が楽になる。

そして、人口削減の必要が出てきて、女性などの不妊状態と老人などの免疫低下によって、人口削減の必要を生み出す。不妊状態が続くなら、人工受精の方向に行かざるをえない。そして子どもの出産、幼児の生育は、専門施設によってなされることになる。老人や思想的異端者は、安楽死させられるか、強制収容所で消息不明になる。

人口問題は、人間の出産、生育にたいして大きな変化をもたらすことであろう。つまり、人間は、あらかじめ遺伝子設計されて、工場で製造されるようになるのだ。

今、それは、滅菌種の動作を実施することは明らかです。ほとんどの人が群衆の中に、この状況が解決されていない場合なので、それは不妊女性の精子かもしれません。すべてに沿って、そのようなリストを削除する必要がある理由は、ディスカッショングループで議論されるであろう。

違いは、しかし、さまざまな活動を達成するために、手に負えないカクテルはおそらく消毒を達成するための十分な理由を持っていません。

人間の強さは、私はあなたが、過去に不妊の不妊治療を知りたいのか分からないのですか?答えは、それが指定されています。オルダスHakusurei「すばらしい新世界」、書きました

この本ではなく、工場から、人間の出生記録。 CBOの世界は、人工授精が誕生しました。しかし、彼の母親の側の後、子供の養育費は、それが徐々に年少人口のケアに返されます。

これは、ヒト精子の重要なメカニズムを示し、ヒト血液ユニットは、それほど頻繁に卵を使用しているため、赤十字は、例えば、非常に重要であり、それを収集し、完了する。

最後に、ヒト受精体外受精、精子の遺伝的は、制御のために新しい人間の胚を開発。誰がそれを共有することができ、妊婦から生まれた睾丸バンク、人工授精精子細胞から男性の精子のために支払う必要があります。唯一のいくつかは、私たちは子供たちを許しする必要があります。

おそらく、はるかに超えて、両親の手の中に彼の家族を出産、当局はすべてを制御することができるようになります。または興味深いことに作業、物理的、精神活動一度ユニットは、それが贈り物です。優生学は、最も適切な言葉です。混合(標準的な抗電力)調整がすぐに殺されます。

このため、世界で徐々に増加。子どもの栄養クリニックでは、それはガラスインキュベータボックスにあるであろう。子供は自家製の現実を変更するために、現在、家族関係のスタッフは、自宅と呼ばれる場所が必要です。

出発点は、彼らはワックスで箱に入れ、人、材料、人間社会と植物境界蘇同様に推定、終了時に、「毎日死んでソ連の国」、行うことができますが、彼は世界ですでに死んでいましたので病院に救急車ではありません。そして、彼はすでに死んで、死が問題となっています。このようにして、これらの人々のすべてを制御するために電力を必要としません。

また、ライフスタイルは、例えば、ロボットを変更します。これは、世界のすべての人々の奴隷になります。

しかし、おいしいと栄養価だけでなく、エンターテイメント、劇場、善意、固定家族関係を復元し、愛の神、家の心は常に正しい比較ではありません、それはゆっくりと人間社会の中で履歴のみステージ。人間はロボットのお金とのメッセージではなく、地方政府、ドラマ、生活の確立を説明、真実は物語の無駄です。

このロボットは奴隷市場です。人間、動物だけでなく、食品や労働力。

当社の将来の世界政府、世界政府、ファシスト独裁と奴隷受精人工授精の研究室や工場テロ部隊の兵士、私たちは人間の乗客の転換を逆転させるために押されました。

私たちは、あなたが意図的に将来の種子それで人口過剰の問題に加えて、作成したいです。人口問題は、あなたがどこへ行くか、現在の状況を改善するために、別の問題を作成した場合、起訴しないことを決定します。公式誕生、我々は実行システムを変更している場合、巨大開発しました。

しかし、いずれの場合には、植物の人口爆発があるかどうか?アジアでは、しかし、それはアフリカで、それは人口爆発とみなされており、領域は自宅ですべての子どもにつながった、となぜか?したがって、子供、仕事、家族、ちょうどより多くの子供たちに。

このため、このような不妊症などの女性は、そうまでに人口を減らすために、高齢者や免疫不全の状態は、人口減少を作成する必要があります。不妊、強制人工授精、状態は存在しませんでした。胎児と新生児は、プロ仕様の機器を使用して開発しました。高齢者やイデオロギー異端、安楽死、または失われ、グアンタナモ。

人口問題、人間の生命、開発は大幅な変更につながります。換言すれば、遺伝子組換え植物で作製されています。
0




AutoPage最新お知らせ