ミルクに使うお水選び  

ここまで大きな病気にかからず、
すくすく元気に育っている愛娘。


もうそろそろミルクも使い始めようと、
考えています。


今のミルクは乳幼児に対応した栄養満点のものが、
揃っていますね。


母乳に限りなく近い成分と栄養をもった、
ミルクを作ることができるみたいです。


このミルクがあれば、
泣いておっぱいを欲しがっても、
新米パパでも大丈夫な気がします。


ただ、一つ心配なのがお水です。
赤ちゃんの体はいろんな意味で未発達ですし、
その後の成長に影響を与えると思うからです。


赤ちゃんに合う水ってなんだろう?って。


今、お水もいろんな種類が販売されています。
・水道水
・浄水器
・ペットボトル
・ウォーターサーバー
など、種類が豊富です。


それだけに、赤ちゃんに合う水選びは迷います。


まずは水道水
日本の水道水の美味しさは世界でもトップクラス。
なので、水道水を煮沸して使えば、まったく問題ありません。


次に浄水器
浄水器を通しただけの水を使うことは不安が残ります。
浄水器がいつも新品ではないですし、
煮沸しないで使用する事に不安があります。


ペットボトルとウォーターサーバー
この二つは比較的安心して利用できる気がします。
ただ、軟水・硬水には注意が必要です。


軟水とは
カルシウムとマグネシウムの含有量が少ないもの言います。


硬水とは、
カルシウムとマグネシウムの含有量が比較的多量であるものを言います。


赤ちゃんの体にやさしいのは、
カルシウムとマグネシウムの含有量が少ない軟水が良いとされています。


そこで、
ペットボトルやウォーターサーバーを利用する際、
その水が軟水であるか確認する必要があります。


確認方法は簡単です。
水の成分が記載されている場所に、
「硬度40」とか「硬度30」などと書いてあります。
この硬度の数値が「0〜60」の範囲内であれば、軟水となります。


参考までにペットボトルには、
こんな感じで記載されています。

クリックすると元のサイズで表示します



赤ちゃんのミルクに合う水を軟水にした方が良い理由。


東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎教授

「赤ちゃんは大人に比べて腸管が未発達であるため、あまり硬度の高い水は飲まないことが望ましいと思います。また代謝の良さを考えても、酸性の水よりアルカリ性、それも弱アルカリ性の水が理想的です。健康な人の体液は、pHの値が7.4と弱アルカリなのでアルカリ水は、体との相性がよいとされています。」

と専門家からのお話しの通り、
赤ちゃんの体にやさしい水は軟水となります。


このような事から、
我が家でも軟水の水を選ぶことにしました。


これからも元気よくすくすくと育ち、
可愛い笑顔を家族に届けてほしいと願っているりおんパパです。


[PR]
赤ちゃんに安全・安心な飲料水を!
0




AutoPage最新お知らせ