(無題)  ニキビの原因

ニキビ跡が原因となって色素沈着が起こります。

お肌に色素沈着してしまう理由は、メイクの落とし残しなどによるものや、寝不足で血液の流れが停滞することによって起こるクマなどが挙げられます。

これ以外にもニキビが色素沈着の原因になることがあります。

ニキビを潰してしまうと傷になります。

傷は自然治癒力で治りますが、治った後でもその傷があった場所に傷跡が残ってしまうのです。

毛穴が広がったままになってしまったり、凹凸ができて影を作り、目立ってしまう場合もあります。

色素沈着ができてしまったら、専用の美白ケアで改善することをおすすめします。

色素沈着は、早期であれば色素沈着が薄くなる可能性も高いですので、あきらめずにケアしていきましょう。

ニキビ跡として色素沈着を残さないためには、ニキビは潰さないことです。
0

毛穴と皮脂のバランス  ニキビの原因

ニキビ跡をつくらないためには、毛穴の汗と皮脂のバランスが重要になります。

汗と皮脂のバランスが整っていると、ニキビ菌など細菌の繁殖を抑え、乾燥などからお肌を守ってくれるのです。

汗と皮脂のバランスが崩れると、皮脂が過剰分泌されます。

その結果ニキビやニキビ跡を引き起こしてしまうのです。

また、古くなった角質が皮脂によって固くなっていたり、毛穴が開き角栓ができやすくなります。

皮脂が過剰分泌する原因には、気温の上昇といった外的要因もありますが、体調や食生活も原因の一つとして挙げられます。

また、ストレスが溜まりすぎると、皮脂が過剰分泌されるともいわれています。

油っぽい食べ物や、糖分、コーヒーや香辛料といった刺激物の摂りすぎも皮脂の過剰分泌を招きます。
0

乾燥肌のニキビケア  ニキビの原因

お肌が乾燥すると、角質層がめくれてしまい、外部の刺激に対する防御力が弱くなり、お肌が痒くなってしまいます。

そのような状態の時にお肌にニキビがあるととてもやっかいです。

引っ掻かいたり触れたりしないように注意しなければいけませんし、痒みを辛い中我慢しなければいけません。

もし我慢できなくて掻きむしってしまうと余計に角質層がめくれて、痒みも増してしまうという悪循環に陥ります。

もしここでニキビが傷ついて潰れてしまうとさらに大変です。

このようなニキビを改善するためには、まずは余計な角質を除去しましょう。

例えばスクラブ入りの洗顔でやさしく角質オフするのも良いかもしれません。

そして水分補給をたっぷりと行ってあげます。例えばコットンに化粧水をたっぷり含ませ、パッティングしてから手で押し込むように再度化粧品をつける方法がおすすめです。

乾燥肌のニキビには、保湿が大切です。
0

ニキビと生活習慣  ニキビの原因

ニキビの改善・予防のためには、生活習慣を見直す必要があります。

その中でも特に改善したいのが睡眠不足です。

睡眠不足の朝は化粧ノリが悪く、肌の調子が悪くなっています。

また、肌の色が悪かったり、ツヤがなくガサガサしているなど、肌トラブルの原因にもなります。

皮膚は体の体調を感じやすい場所ですので、お酒を飲むと顔がむくみますし、寝不足ですとクマが出ます。

疲れると肌のハリがなくなるなど敏感に反応してきますので、睡眠や休息はしっかりと摂ってあげることが重要になります。

ニキビを改善するためには、服装や食事、入浴、睡眠などの生活習慣を見直し、規則正しい生活を送ることがお肌の調子を整えるためには必要なのです。
0

赤ニキビについて  ニキビの原因

黒ニキビや白ニキビが悪化した状態のニキビを赤ニキビといいます。

赤ニキビは、皮脂が過剰に分泌され、詰まった毛穴の中で皮脂が増え続けると、アクネ菌が増殖します。

このアクネ菌はお肌に常にいる菌ではありますが、皮脂を栄養として増殖するためニキビを引き起こしてしまうのです。

赤ニキビは肌の皮下組織の破壊が進んでしまっていますので、ニキビが治せた場合もきれいな元の肌に戻れない可能性があります。

赤ニキビを作らないためにも黒ニキビや白ニキビの段階でしっかりとニキビを治しておく必要があります。

赤ニキビは普段行っているニキビケアでは改善しにくく、むしろ悪化してしまう恐れもありますので、皮膚科などで診察を受ける事をおすすめします。

また、市販の塗り薬を使うとお肌への刺激が強いため、赤ニキビの炎症が進行してしまうこともありますので要注意です。


ニキビについてもっと詳しく知る
0




AutoPage最新お知らせ