2013/11/17 | 投稿者: winternovearbeit

不特定多数に業務を委託することをクラウドソーシングというそうです。
パソコン業界で最近よく効くようになったクラウドという単語と業務を外部に委託するアウトソーシングと言う単語が合体したような言葉ですね。
この様な新しい言葉を耳にするとビジネスの仕方も日々進化しているんだなと実感します。
0

2012/10/28 | 投稿者: winternovearbeit

地方公務員47都道府県「年収ランキング」
【1位】東京都 724.0万円 
【2位】神奈川県 714.6万円 
【3位】福島県 713.8万円 
【4位】愛媛県 708.3万円 
【5位】滋賀県 704.9万円 
【6位】埼玉県 703.0万円 
【7位】愛知県 698.6万円 
【8位】三重県 695.6万円 
【9位】宮城県 695.0万円 
【10位】広島県 694.6万円 
【11位】千葉県 692.7万円 
【12位】京都府 687.3万円 
【13位】静岡県 687.2万円 
【14位】兵庫県 684.2万円 
【15位】岩手県 673.4万円

Yahoo!ニュースからの転載です。
15位までランキング形式で書いてありますが
これは総務省が毎年発行する「地方公務員給与実態調査結果」をもとに、47都道府県の平均給与をランキング化したものです。
平均給与に各種月額手当を加算し、12カ月分をかけた数値にボーナスや年間諸手当を加算したものを年収として算出しています。

どれも高額ですね。
一般的なサラリーマンの年収から考えると夢のような数字です。

そのせいでネット上では
「高すぎる」
「削減は当たり前」
「国民は怒ってる」
「50%カットするべき」
などの意見が盛んに飛び交っています。

でもこれらの意見、いくらなんでも数字にとらわれ過ぎです。
この数字、このランキングが作られた根拠をよく考えてください。
例えば、一言で地方公務員と言ってもそれがないを指すのか?

問題はそれだけではありません。
東京都の公務員の給料を年間300万円にしますか?
もし公務員の給料がみなさんの要求通りの金額に下がってしまったら世の中はどうなるでしょう。
簡単に想像できますよね。

私はこのランキングに書いてある数字は妥当な金額だと思います。
とは言っても公務員を一方的に擁護するつもりもありません。
本当に解決すべきは必ずしも地方公務員の年収だけではないと言う事です。
本当に重要な事に目を向けなければ何も良くなりません。

特にネット上で批判をするだけの人達の意見は見苦しいですね。
公務員の給料を批判し、
次は一流企業の社員の待遇でも批判しますか?
他人の給料を気にするよりも自分の能力を磨いてください。
公務員試験に合格する程度の能力を身に付けたり
一流企業に就職できるような能力を身に付ければ
自分自身の待遇も違ってくるのではないでしょうか。
その時こそ本当の問題が見えてくるのかもしれませんね。

0
タグ: 仕事 公務員 年収




AutoPage最新お知らせ