2014/6/6  14:16

プロポフォール  医療

小児に禁忌の薬大量投与で起きた事故のニュース。


小児に使用されている薬について、
指示を出した麻酔医がどうかというのが一番かと思うけど、
薬の添付文書には禁忌で表示されているのに、
オペ室からICUに関わる人達全員が誰も気にも留めていなかったということも問題なのかもしれない。


”禁忌の薬を使用した”ことだけでなく、
これを”大人の何倍もの量を投与していた”ことについては、誰かがおかしいと気づけたのかもしれない。
しかも、一度だけの使用ではなく継続的に数回使用されていたというのは、通常作業としてルーチン的に医師の指示通りの投薬ということで、確認できたはずのあらゆる機会をスルーしてきてしまったのは悲しいと思う。





ほんま恐いなぁ(/_;)

あれやなぁ、入院中に使用した薬剤って、患者家族には全然わからないよね。
あぁいうのも全て可視化していかねばいかんのとちゃうかなぁ。



勉強しなきゃや。
家族を守れるのは自分しかいない。


1

2011/5/9  21:53

皆 頑張ってるなぁ  医療

今日は夕方頃に、
卒業した看護学校に久しく顔出してきました。

事務のおじちゃん達は健在で、私の顔も覚えてくれてるようでした。
そういえば再試で何度も顔を出してたからなのかしらね…( ̄▽ ̄*)


私が通っていた頃の先生達は、
すでに教員は辞めて、大きな病院で部長をされてたり、メンバーとして働いていたり、医療でのアロマの研究をされていたりしているとのことでした。
みんな それぞれ新たな道を歩んでるんだなぁ。

ビックリしたのが、
同じ病院で働いていた人が、ここの教員になってました!
「うわー!先生になったのー!?」
なんて、
こうして”先生”と呼べる人と対等に話ができる日が来るなんて。

なんだか不思議。・


そして、皆 人に指導できるまでの能力を身につけて頑張っているのに、
私はまだ全然無知のまま。
指導できるどころか、自分の仕事に全く自信が持てません。
いつまでも学生気分、10代の気持ちのまま(*ノ_<*)
歳ばっかり重ねてます。
なんて、
落ち込んじゃうのです(*ノ_<*)



今日は、学校の図書室を借りることが目的で訪問しました。
入室時に名簿を記入したのですが、
「今日はなぜか卒業生がよく来る日だわ〜」って、図書室のおばちゃん。
私の前にも数名来ていたようです。

その後にも何人か来たみたいで、入口の方から話声が聞こえました。
「今日は卒業生がよく来る日やわー!●●さんが呼んだんかな〜?」
と、後から来た卒業生さんと名簿を見ながら会話しとりました。
今日来校した人の名簿を上から確認してるようです。
「●●さん…知らんなぁ〜」
とかとか、なんか言っとりますよ!
うおー。
ついに私の名前が読み上げられましたよ(*/∇\*)
「あいだまさん?わからないなぁ〜。あ。●期生!大大先輩やなー」

いやーん(*ノ_<*)
そうなのよ。一桁なのよ。●期生。
私は大大先輩なのだ。

しかし!

脳ミソレベルは君らより下なのよ 悲しい事にぃ(*ノ_<*)
どーして私はこんなにおバカなのー。
経験年数はあっても、なんにも成長してないのー(*ノ_<*)
な〜んて思いながら、聞き耳を立てちゃってました。






私もがんばるねん。

理論に沿った看護の視点と、根拠に基づいた看護が出来るように。
0

2010/12/30  13:59

一人で  医療

外来勤務。


ややこしい事はいろいろとうまいことスルリとくぐり抜けてきた私は、看護歴10年もありながら、まだ一人で外来についたことがありません(@_@) (病棟勤務の時は夜勤で外来一人でやったことはあるけど)


外来ナースとして、外来当番として任されて一人でつくのは初めてのことなので、ドキドキ…。

今は休憩中!

がんばろー。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/12/4  21:33

オペ室  医療

内視鏡修行中だったのですが、それも3回で途切れてしまって、
また気持ち的には@からの気分です。
せっかく今度は1人でも介助つく気満々だったのですけど。。
内視鏡の洗浄もバッチリだったのに。
っていうか、たった3回やっただけで、経鼻胃カメラ1人でできる自信がつくとかってすごいでしょ!?自分でもすごいぞ自分!って思ったんだ(笑)
なんか、カメラの構造を知れば、洗浄も検査も恐くなくなってね。

それなのに、1人でつく機会を逃し、はや数週間経過したよ。
もう無理よ。また教えてほしいよ。


今はオペ室にも入れるように…って、この間は鼠径ヘルニアオペの外回りを2件続けて入りました。
外回りとか言ったって、オペ室の物品がどこに何があるやらわかんない中でだし、ヘルニアオペの手順とかもさっぱり知らないし、(^_^)ゞいきなりだし。
一般人がオペ室に入ってみちゃったようなもんです。
麻酔は、ルンバールと局麻の2種類を見学できました。
2件目は1件目で大体流れが分かったので、気持ち的には余裕がちょっとできて少しお手伝いできました^^

直介は…、すごい!すごいよ看護師さんって!(人ごと)
キカイいっぱい、先生が必要なキカイをサッサカ手渡すの。
かっこえぇ!
外回りもすごい!患者さんのバイタルに応じて必要な薬を作って投与したり、状態を観察して記録したり。
薬とか、量とかどれだけ作ってどれだけ投与したか、計算がサッサカできない私は…、かなりパニクリそうな気がする。。
記憶力が。。。(@_@;)

開始から何時間たった?って聞かれて、計算できなかったんだもん○| ̄|_
え!?とか思って、
「15時40分に始めて…、今16時40分です」って答えた(@_@;)
1時間やったし。すぐわかるやん!
でも頭がまわらんかったんや(*ノ_<*)

そんな感じ…。


先生や直介助の看護師さんに、清潔な服を着せてあげる介助を初めてしました。
イマイチどこまで触れていいものか感覚がわからない。リボン結びする時にヒモには超触れるけど、それはオッケーなんですよね!?
今度不潔な予防衣でサッサカ手際よく出来るように練習したいな。

しかし、
このオペ介助も、今回だけでまた日が開いてしまうと思うのね。。



内視鏡もオペも全部中途半端です。
続けてやらしてくれなきゃ、全然覚えれないし、いつまでたっても独り立ちできないよ(*ノ_<*)

0

2010/11/14  16:13

術前説明について  医療

内視鏡検査につくようになって思うんですけど、

検査前にどういう流れでどういう処置をするのかということを、それぞれの看護師の経験によって違うことを口頭にて説明している状況のような気がした。

口で説明したって、患者さんは緊張してるし、いきなり言われても把握できないと思うんですよねぇ。
私もこれまで造影MRIやら受けてきたときに、点滴とか痛いし大嫌いだし嫌だし、どんな感じでどんな時に刺されるのかとか、どのくらいの時間刺されるのかとか、心の準備が必要だったし、流れを予測できたうえで検査に臨める事って大切だと思うんですよね。


一応これまで数回内視鏡検査についてみて、私も流れを把握できたので、
検査を受けられる患者さんには「今からこういう目的でコレをして、これからコノためにコレをして検査に入ります」って説明はするようにしましたけど、
患者さんは、「はいっ! はいっ!」って緊張しながら頷いているだけのような気がするし、
ちゃんとパンフレットを見せながら説明することって大事だと思うんだ。


なので、
私がうまく滑らかに説明するための目的でもあるけど、
患者さんに渡せるようなパンフレットを自作してみようと思うんだ。

がんばろーっと。・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ