2010/10/31

姪の結婚式  家族の記事

 昨日は姪の結婚式でした。当然赤ん坊の時から知っているわけで、まだまだそんな歳ではないと思っていたのですが、姪も大きくなりいつの間にか結婚の日を迎えたわけです。
兄はじっとしていられなかったようで花婿の父にもかかわらず披露宴の間あちこち動き回り、ずっと写真を撮ってました。兄も私もそしてこの日久しぶりに揃った親戚の顔を見るとずいぶん歳をとったものだと思いました。久しぶりに会った叔父、叔母などは夫婦そろって写真を撮ってくれと写真好きな私に頼んできました。
 我が家にも娘がいます。今はまだ結婚などという歳ではないのですが、そう遠くない日なのかもしれません。そんなことを思いながら結婚式、そして結婚披露宴の姪、兄を見ているといろいろと感じた一日でした。
 年月の過ぎる速さを感じる感じました。やはり一日一日を大切にしたい、そんな気がしました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/29

今夜も「星空の屋台」参加  天文関係

いやぁ、仕事今日も忙しかったです。だじげでぐれぃ・・・
ところが、金曜日晴れていると仕事を早めに切り上げ家で夕食をかっ込み、中の橋に向かう私でありました。そう今日は晴れていたので中の橋「星空の屋台」に参加です。
今日はさすがに先週のように午後8時には現地入りできませんでした。8時半頃到着すると盛天会員が5名とお客様が多数いるのが見えました。K社長さんは入手した高橋の21cmミューロンを持参してきてました。見せて貰いましたが光軸がずれているようで木星がちょっとイマイチでした。完璧な状態の時に見せて貰いたいです。(いいなぁ)
私は今回もセレストロンのネクスター6SEで参加ですが、お手軽でいいです。
そういえば、先日ビクセンのシュミカセ用2インチ天頂ミラーを取り付けた写真をのせましたが、やはりあの後天頂ミラーの裏像が気になり、結局笠井の2インチ正立プリズムが使えるようにBORGのリング等を新たに購入しました。シュミカセネジから2インチスリーブにするボーグのリング関係は持っていたのですが、これまでの手持ちのものだと天頂付近で架台に接触してしまうことが分かったので、わずか数ミリですが短くなるようにしました。日中届いたようなのでそれを付けて「星空の屋台」に参加しました。
薄雲が広がっていたので、今日は木星くらいしか見せられませんでしたが、韓国?中国?の留学生さん達も大いに楽しんでくれたようです。

そういえば6SEの気になるところ・・・。筒内のつや消し塗装がよくないようで、明るい天体を視野に入れたときや周りに明るい光源がありその光が入ったときフレア?というのでしょうか、かなり気になる光が星の周りなどに見られます。できれば補正板を外して筒内に植毛紙などを貼ると効果があるんだろうな。事実古いC8に植毛紙をはり気になる反射する場所は徹底的に黒く塗るなどしたところ、コントラストがずいぶんよくなりましたから。

写真は今夜「星空の屋台」に来てくれた、韓国?中国?の留学生?さんたちです・・・。(ちゃんと正体を聞かんかい!)

明日は姪っ子の結婚式です。早めに起きなくては。クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/27

ネクスター6SE鏡筒のケースなど  天文関係

先日の代休日にセレストロンの古いC8鏡筒をケースに入れられるようにしたのと同時に、ネクスター6SE鏡筒も2インチ天頂ミラーを付けた状態で元箱に入れられるようにした。その後やはり元箱の段ボール箱よりはケースに入れた方が頑丈なのと、現地で低いながら椅子としても使えると言うことで自動車のトランク用ケースに入れることにしました。
元箱の緩衝材が大きいので無理矢理カッターで切り取りケースの中にはいるようにしました。ちょうどいい大きさのケースを見つけることができなかったので、C8と同じ60cmのものにしたので余分な空間が大きいです。
ついでと言っては何ですが、ケースを買いにホームセンターに行くと、45cm程度の小さなケースが安かったのでこれも買ってきました。以前手に入れた90mmマクストフカセグレンを入れておくのにちょうどいい大きさだったからです。普段むき出しで埃まみれになるよりはケースに入れて保管、持ち運びした方がいいですよね。
それとこの前作ったネクスター6SE鏡筒用の自作フードです。不格好ですがガタもなくぴったりはまります。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2010/10/25

代休日いろいろと  

今日は仕事が代休でお休みでした。昨日は疲れてしまって早く寝たので逆に今朝は早く目覚めてしまいました。
のんびりだらだらと過ごしたいところでしたが、やりたいこと、やらなければならないことがいろいろあります。まずは朝一番に通信作成。文章を打ち写真を一枚貼るだけでしたのでこれは楽勝。ホントはほかにも仕事関係があるのですが、後回し。
昨日のハーモニー祭りに撮影した写真をいろんな方にプレゼントしようと印刷。まあ60枚程度だったので印刷して整理。次に土曜日の発表会に撮影したビデオをBDレコーダーにコピーしてから、SD画質にしてDVDを作成。折角なのでかっこよくDVDのレーベル作成。
そんなことをしているうちにあっという間に夕方になってしまいました。仕事で気になっていることはあるのですが、今日必ずやらなければならないことではないのでパス(笑)
好きなことならいくらでもできるので、前からやろうと思っていたシュミカセC8と、今回入手したネクスター6SE鏡筒のケースを作ることにしました。作ると言っても自動車のトランクに入れておくケースを買ってきて、内部にウレタンを部分的に貼ろうというものです。C8はこれまで布製の大きなバッグに入れていました。信じられない(笑)
60cmのケースにC8鏡筒はすっぽり入りました。ネクスター6SE鏡筒はもう少し小さなケースを探して入れようと思ったのですが、まずは購入時の元箱に入れて運ぼうかと思います。ただし、ネクスター6SE鏡筒はビジュアルバッグを外して、前から持っていたビクセンのシュミカセ用2インチ天頂ミラーを使うことにしたのと、ファインダーを付けたまま運びたいので、カッターで余分なところを切り取りました。うまい具合にできたので、いっそもう一つ自動車トランク用のケースを買ってきて内部をそっくり移して使おうかと思います。自動車トランク用のケースは低い椅子として使えるから便利です。
ネクスター6SE鏡筒は2インチ天頂ミラーを使い、「星空の屋台」では2インチのケーニッヒ40mmとハイペリオンズーム8-24mmの2本を中心に使おうかと思ってます。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/24

第8回ハーモニー祭り終了  家族の記事

今日はNPO法人、福祉作業所ハーモニーの「第8回ハーモニー祭り」でした。
朝9時のテント張りから始まり、午後5時半借りていた車の返却で終了まで忙しい一日でした。それにしても回を重ねること第8回となりました。第1回目みんなで右往左往しながら始めたのを昨日のことのように思い出します。回を重ねるたびに少しずつ勝手が分かり、今では非常に効率的に準備や片づけができているなぁと思います。
今日もたくさんの方々においでいただきました。職場の方々にも顔を出していただき本当にありがたかったです。私は今年も(あ、毎年です)リンゴ・野菜売りの担当だったのですが、すべて完売となりホッとしました。毎年秋のこの祭りが終わるとやっと一段落という感じがするんですよね。スタッフそしてボランティアの皆さん大変ご苦労さまでした。クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/23

仕事の山を一つ越え  お仕事モード

今日は土曜日ですが仕事でした。私の仕事では一年の中で大きな山場が二つあるように感じてます。その二つ目が今日でした。これまで忙しい日々が続きましたが今日無事終わりました。とは言ってもこれから仕事量が減る訳でもないのですが。
くたくたになって帰ってきてから、夕べも気になっていたNexStar6SEの補正板前に取り付けるフードを作っていました。20cmや25cmのシュミカセ用などのフードは市販されているようですし、それ以外の口径でも汎用的に使用できるものもあるようですが、手っ取り早くいつものように自作することにしました。
本体はよく利用するゴミ箱です。鏡筒先の外径は183mmでした。探してみると190mmのものがあったので利用することにしました。内側には以前購入して余っていた植毛紙を貼りました。私の自作は目的さえ果たせれば外見は気にしないので、今回のフードもちょっと不格好です。でも、これで少しでも迷光が避けられ、補正板の曇り防止に役立てば言うことなしです。

さあ、明日は一年ぶり、第8回のハーモニーバザーです。今年もいつもと同じリンゴ売りおじさんの役です。
0

2010/10/22

「星空の屋台」ホント楽しいです。  天文関係

今日は朝からとてもいい天気でした。仕事の方は一年の中でもかなり山場の行事があり忙しいのですが、なかなか順調です。
そして、金曜の夜というと天気がいい日は私の楽しみ「星空の屋台」です。
今日は先日入手したセレストロンのNexSatar6SEの「星空の屋台」でのテストの意味合いもあります。仕事が終わり家に帰って大急ぎで夕食を食べ、すぐ中の橋に向かいました。
中の橋から出ようとしている車が1台あったのですが、すぐバックして戻ってきました。
なんとその車は夏頃から「星空の屋台」のリピーターさんMさん親子でした。
モ〜さんから何度も「星空の屋台」に来てくださっていることを聞いていましたので、是非またお会いしたいと思っていたのですが、時間が合わずお会いできないでいたのですが、久しぶりにお会いでき本当に嬉しかったです。
テストの意味合いもあったセレストロンNexSatar6SEのセッティングを終え、木星や月、天王星など次々に自動導入し見ていただきました。やはり「星空の屋台」での軽量自動導入経緯台機は適していることが分かりました。盛天会員のC11Mさんや数名の方がNexSatar6SEはどんなものかと見に来てくれました。なかなか好評でした。
軽量で設置や撤収が楽、観望時にも自動導入ですぐに目的の天体を見せられ、しかも木星表面などかなりよく見えました。なまじ大口径機だとシーイングの影響が大きくてなかなか思うように天体を見せられないと思いますが15cm程度だと影響も少ないようで像が安定するのも割と早かったです。
今回購入のセレストロンNexSatar6SEの選択は間違いなかったように思います。

記念に今日はなんども「星空の屋台」においでくださっているMさん親子の写真です。(写真の掲載の許可をいただきました)クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/10/20

NexStarの経緯台活用のため  天文関係

昨日はセレストロンNexStar6SEのファーストライトでした。自動導入のTourGuideで様々な天体を次々導入して見てみました。これなら観望会で多くの方にいろんな天体を見てもらえます。
今日は仕事を終えてから、家の様々な鏡筒が取り付けられるのかちょっと試してみました。
アリミゾ式とはいえビクセンのとは違っていて、Kenkoなどの長いアリ型プレートには適していますが、アリ型の形によってはうまく取り付けられませんでした。KenkoのKDS63-540鏡筒やビクセンのアリ型プレートのものはうまく取り付けられませんでした。
一番経緯台に同架したいと思っていたKenkoのSE80EDIIですが、これはうまく取り付けられました。ただ、ドローチューブがかなり出た状態で2インチのプリズムなど使っていると高度が高いとマウントに干渉しそうです。31.7mmのプリズムなら問題ないようですので31.7mmのプリズムで使うかまたは設定である一定以上の高度には向かないようにするかのどちらかです。
次にNexStar6SEは8SEと同じマウントだというので手持ちの古いC8鏡筒も取り付けてみることにしました。私のC8はビクセンがSP赤道儀と一緒に売り出したSC200Lという形のもので、鏡筒バンドで取り付けていた本当の初期モデルです。今の状態のままでは取り付けようとするとバランスがとれません。クランプが有りませんのでバランスがとれていないと勝手に鏡筒が下を向いてしまいます。それではとアリ型プレートの穴の位置をずらしてバランスがとれるようにしました。接眼部にいろいろなパーツを取り付けたときのバランスを考えて位置決めをしました。
何とかばっちり。こちらは31.7mmのプリズムならマウントに干渉することなく使えるようになりました。クリックすると元のサイズで表示します
3

2010/10/19

新望遠鏡到着!  天文関係

先日書いたとおり、中の橋での「星空の屋台」にぴったりかと思って購入した新望遠鏡が今日到着しました。さて何でしょう?ピンときました?

きっと分かった方もいると思いますが、購入したのはセレストロンのNexStar6SEです。そうアメリカセレストロン社の15cmシュミットカセグレン望遠鏡です。
以前からセレストロン社の自動導入経緯台に興味を持っていたのですが、NexStarSEシリーズには特に興味を持っていませんでした。というのも20cmのシュミットカセグレン鏡筒を持っていたことと、結構な価格だったので買うなら同じセレストロン社の製品でもNexStarSLTシリーズと思っていました。経緯台にKenkoの8cm屈折SE80EDIIを同架して使うと使い勝手が良さそうな気がしていたのです。ところが架台のみで売っているわけではなく協栄さんで売っているのは10cmの短焦点屈折鏡筒のもので興味が沸きませんでした。同じことを考えている人はいるようで架台のみオークションにでることがあるのですが、思ったより価格がつり上がってしまいます。
どうしようかと悩んでいたところ、最近になって望遠鏡ショップ趣味人(シュミット)さんで円高差益価格でNexStar6SEとNexStar8SEが安くでているのを発見しました。特にNexStar6SEは他の販売店の半額程度です。内容を読むとアウトレット品で三脚に傷があるようなことを書いていたので店舗の展示品かと思いましたが特に問題もないだろうと在庫を確認しすぐ注文しました。
届いた品物はセレストロン製品の取り扱いをしているサイトロンジャパンからの直送でした。展示品などではなく全くの箱入り新品です。他の販売店の半額ですよ。ラッキー!
しかもこのNexStarシリーズは、6SEと8SEは架台が共通なんです。ということは、新たに15cmシュミカセ鏡筒を手に入れたわけですが、手持ちの20cmシュミカセ鏡筒も同架できます。もちろん8cmED鏡筒やその他の鏡筒も取り付けられます。焦点距離の長いものは架台にぶつかるので使えないかと思いきやどうやらコントローラーの設定項目で、見られる高度の設定ができるようです。ということは長焦点屈折鏡筒も天頂など高い高度を諦めれば使えることになります。またラッキー。
それと気になっていたこととして、乾電池で使うのは無駄と思って調べていたのですが、ACアダプタや12Vのバッテリーのアダプタ等KenkoのSEシリーズのものが使えるのではと、シュミットさんにメールして訪ねると、あっさりとそのまま使えますとレスがありました。またまたラッキー。

ということで、今日は仕事を早めに切り上げ家に帰り届いていたNexStar6SEをすぐ組み立てて設定方法を覚え、さっそくファーストライトしました。
特にこの自動導入経緯台に興味をもったのが、SkyAlign(スカイアライメント)です。これは、鏡筒を北方向に水平に向けた状態から、2.5等星以上の明るい星を3つ順に導入することによりアライメントを完了するというものです。北極星が見えなくてもいいそうなので場所によって北極星がビルの陰に隠れてしまう「星空の屋台」では助かります。
早速スカイアライメントを試してみました。日本語マニュアルを読みながらなのでちょっと時間がかかりましたが結果はばっちりです。
アライメントが終了すると25ミリや32ミリ程度のアイピースを使うと目的の天体がほぼ視野に自動導入されました。モーターの音は大きめです。でもそれほど気になるほどでもありません。メシェ天体などいかなりの数の天体を自動導入してみましたが、まず視野に入ってきます。
様々な鏡筒を活用したいため、そして何より「星空の屋台」に使いやすい架台が欲しくて今回購入したNexStar6SEですが、15cmシュミットカセグレン鏡筒自体もかなりよく見えます。私が持っている古い20cmシュミカセ鏡筒とはコーティングや補正版の材質など違い、これまで持っていた悪いシュミカセのイメージとは違っていました。いや、ホント木星の模様など私の予想以上に見えました。これなら使えます。口径も15cmといろいろな天体を見せるのにほぼ十分ですし、その取り扱いやすい大きさもいいのではないでしょうか。

NexStar6SE、これいいです。架台と鏡筒を付けたままでも運べる程度の重さですし、鏡筒を外して別々に運ぶと架台は非常に軽いです。やはりドイツ式赤道儀と違ってバランスウェイトがないこともきいています。鏡筒部分のコンパクトさと予想以上にシャープな見え味です。
なんだか一気にNexStar6SEのファンになってしまいました。中の橋「星空の屋台」以外もメインになりそうな勢いです。

実はセレストロン製品の本国アメリカでの価格を知っていますので、これまでは日本での価格との違いが大きすぎることが気になっていました。これではとてもとても買う気になりませんでした。個人輸入しようにもアメリカの販売店は日本に売ってくれないようです。
今回は市価の半額できちんとした正規ルートで買えた訳ですから非常にラッキーでした。
自動導入経緯台、予想以上にいいです。300倍程度で見ている木星の追尾も眼視では特に問題を感じませんでした。
これからどんどん活用していきたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3

2010/10/18

小さい望遠鏡を職場に  天文関係

今日は朝から天気がとてもよかったです。仕事というと猛烈に忙しいです。私も強烈に忙しくて「今日が月曜日?ああ。」という感じでした。
今日はきれいな月と木星が見えそうだからと・・・なんと,あのBORG45EDII+Kenkoの小型赤道儀一式をスぺーシア1200-Cのバッグに入れたものを朝用意し職場に持って行きました。
一応勤務時間が終わった頃を見計らって組み立て,職場の皆さんに月を見せてあげたら少しは癒されるんじゃないかと思いまして・・・。
結果・・・!皆さん月を見ると驚きの声を上げました。調子に乗って木星も見て貰いましたが結構これも大人気。ホント短時間でしたが忙しい中でも気分転換になったようです。
それにしても,見るからに小さな望遠鏡でこれだけ見えるとはと驚いていました。口径は小さいですが45mmのEDレンズは侮れないです。これからもちょっとした暇があったら,職場の人たちにも見せたいと思っちゃいました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ