2009/1/31

凄い雪です。  

これが1月の天気だろうかと思うほど暖かく,雪が全くなかったのですが,夕べから雪が降り続いています。朝起きた時点でもう15cm以上は積もっていました。
久しぶりに自宅前の歩道と駐車場前を雪かきです。非常に湿った雪で重く腰に来ます。日中も降り続き明日まで降り続くようです。
そんな天気だったので,今朝雪かきと娘を送っていってと買い物以外はずっと家でのんびりしてました。レッドドットファインダーをカメラのシュー部分に取り付ける工作もめどが立ったので明日あたりサクッとやってしまうつもりです。
それと,先日オークションで手に入れたコンデジ用ワイドコンバーターをいろんなコンデジに付けて遊んでました。
Canon純正なのでPowerShotG3で試してみると,一番広角側では画面端がケラれます。ちょっと意外。試しに付けてみたSONYのDSC-F707だとアダプタも必要なくそのままレンズ先の58mmフィルターネジに取り付けられました。しかも広角端側でもケラれはなし。画面のゆがみとか収差もあまり感じられません。広角側が38mm(35mmカメラ換算で)からだったので,ワイコンを使うことにより約27mmの広角と言うことになります。
手持ちのコンデジはどうも広角側が35mm位からのものが多くあともう少し広角が欲しいと思っていたので使えるかもしれません。他にも37mm径のレイノックスのワイコンも持っていますが,性能があまり良くありません。
それと,今日は前に使っていたP型鏡筒をいじりながら,SE赤道儀でカメラレンズやBORG45EDII+レデューサで写真を撮るためにいろいろやってました。SE250NやSE200N鏡筒で直焦点撮影時は今後も親亀子亀方式で撮影したいので,ガイド鏡は軽いKenkoのKDS鏡筒を使いたいですが,SE赤道儀ではカメラレンズ等を使って撮影と考えるとP型鏡筒を使いカメラを同架する方が良さそうです。
そこで,問題になるのはやはりGPUSBやインターバルタイマー装置を入れたボックスをどちらにもすぐ付け替えられるようにすること。明日はそこら辺を工作してみようかと思ってます。
0

2009/1/29

カメラレンズ撮影用に  天文関係

今日もいつものように帰りはカメラのキタムラに立ち寄りました。最近面白いものが全くありません。でも,今日はジャンクかごの中に古いストロボ発見。
というのも,カメラのレンズで星野写真を撮影する場合にファインダーでは星がほとんど見えず構図が決められないので,手元にあるレッドドットファインダーをカメラのシューに取り付けて写野の中心が分かるようにちょこっと工作しようと思ってました。
そのためには,古いストロボでも分解してその根本部分を利用しようと思っていたのでこの古いストロボジャンクは好都合です。しかも,ただの縦型のだと工作が難しそうですが,今日見つけたストロボは根本部分だけネジで外せそうなのでいい感じです。
今度の週末にでもちょこちょこっと工作します。クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/27

様々なコンデジでPartII  天文関係

続いてPartIIです。ほとんどがカメラのキタムラジャンクで買ったデジカメですが,やはり天体写真撮影もできるのでは?と思われるようなマニュアル撮影ができるカメラや拡大撮影アダプタに繋げるようなネジのあるものを買ってきたように思います。
そこでいつも利用しているケンコー光学ショップのアウトレットにデジカメ専用アダプターチューブが1つ200円程度で売られているのを前からチェックしてたので,手持ちのコンデジに使える3点と,今後使うことがあるかもと手持ちのデジカメ用とは書いていない2点の合わせて5点,そしてステップダウンリングも買いました。
届いたものを全てチェックしましたが,うまくいきました。

手前のデジカメはSONYのDSC-S75です。僅か330万画素ですが,レンズがいいのと発色も自然です。これは37mmと52mm両方で使えるようにアダプタチューブを買いました。
画面左上はこの前手に入れたNikonCoolpix880の300万画素コンデジです。昔新品で購入しずっと使っていたお気に入りCoolpixE950と発色など似ている感じです。
画面右上は奥さんが使っている古いPowerShotoA520という400万画素のコンデジです。これはまったく今回考えていなかったのですが,たまたま購入したPowerShotoA60,A70用のアダプターチューブがそのまま使えました。このA520はコンパクトできちんとマニュアル撮影ができるのでこれも試しに月の拡大撮影に使ってみようかと思います。
これだけのコンデジとビデオを拡大撮影に使えるようにしてみたので,比較して遊んでみようかと思っています。完全に私のおもちゃですね。クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/27

様々なコンデジで  天文関係

これからは,直焦点による星雲・星団の写真だけでなく,月や惑星の拡大撮影にも挑戦してみたいため,BORGの拡大撮影アダプタSD-1Xを購入したことを書きました。
そのほかにもいろいろなコンデジやビデオカメラで撮影できるように小物をいろいろネットで買いましたが,今日揃いました。
まずは,画面右下は昨年購入したハイビジョンのデジタルビデオCanonHF10です。月を撮影してみたいと思っていますし,もしかして惑星も撮影してRegistaxで画像処理したらもの凄い写真になるかもです。
画面左下はSONYのDSC-F707です。2/3インチCCDに500万画素ですので,無理をしてません。おまけに手持ちのコンデジの中では一番レンズがお気に入りです。もちろんこれも拡大撮影に使えるように,SD-1X→52mm→58mmとBORGのリングやらステップダウンリングなども揃えました。
それと画面上がCanonのコンデジG3です。1/1.8インチCCDで400万画素,ワイヤレスリモコンで撮影もできますし,USBで繋げばPC上からコントロールして撮影することができます。拡大撮影に使いたいために,実は先日ヤフオクでコンバージョンレンズアダプタLA-DC58Bを落札しました。アダプタだけでなくワイドコンバージョンレンズWC-DC58Nとセットでの出品を狙ってのゲットです。(こういう抱き合わせのものは,逆に安く落札できるんですよね)

まずはこれらで撮影する場合にはミラーショックがないので拡大撮影したときのブレがなくシャープに写るのではないかと期待してしまいます。クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/27

ケンコー光学ショップジャンクで  天文関係

今日午後にちょっとケンコー光学のジャンクを覗いてみると!!
お!いろいろなジャンクが久しぶりにアップしてありました。

SE300の30cmドブソニアンは初めて見ましたし,EQ6ProやらSE250Nやら
SE80ED,SE120などもありました。気がついて個数はいくつくらいと
確認している間に,あれよあれよと売り切れたようで,どんどん画面
からなくなりました。結局今回は何も買わずじまいでした。くやしい。

もし残っていたら焦点距離的にSE80EDも欲しいような気がしてましたし,
スカイメモRなんかも欲しかったし(今回はなかったかも)残念でした。

ケンコー光学のジャンクは忘れた頃にやってくる・・・。おそまつ
0

2009/1/25

コマコレ3等購入  天文関係

天体写真撮影時にコマ収差を補正するために,これまでビクセンのコマコレ2か,KenkoのAC4を使っていました。知っている方が多いと思いますが,コマコレ2では視野に輝星があるとゴーストが発生してしまいます。輝星が無い場合はいいのですが,何とかならないかと思っていました。
そこで,ビクセンから新しいコマコレ3が発売になったのを知っていましたが,果たしてゴーストの問題が解決しているのか情報がなかったのでそのままにしていました。新しいのを購入しても同じ結果だとつまらないですから。
先日ある方がブログでコマコレ2とコマコレ3の比較を行っていて,どうやらコマコレ3だとゴーストは発生しないようです。ということでコマコレ3を購入してみることにしました。ついでなのでコンデジ等でも月の拡大撮影をしてみようとBORGのSD-1Xやその他必要になりそうなリング関係など数点をあわせて購入しました。
楽天のネイチャーショップKYOEIでは,現在10000円以上の購入で送料無料と言うことでそれも少しラッキーでした。
晴れたらコマコレ3のゴーストの件を確かめたいと思ってますし,コンデジでの月の拡大撮影をいろいろ試したいと思っています。月の拡大撮影に使うコンデジは今のところ4台で比較したいと思っており,そのためのリング類をケンコー光学のアウトレットで注文したところです。
こうやっていろいろ試して遊んでいるのが,私の最近の楽しみかな。クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/23

いやぁ,疲れました。  お仕事モード

やっと金曜日が終わりました。この一週間の長かったこと長かったこと。仕事でもうへとへとです。ちょっと細かくて大きな仕事が二つ重なってたので大変でした。
まあ何とかなりそうな気配がしてきましたのでやれやれです。

それにしても,この冬の天気はやはり異常ですね。この1月後半に東北地方で雨が降るとは・・・。やはりかなり地球温暖化が進んでいると言うことなのでしょうか。通勤や雪かきがないのは非常に助かりますが,仕事関係ではちょっとまずいのと,何より夏になってからの異常気象につながりそうで怖いです。

本当に地球は大丈夫なんだろうか・・・。あれ?仕事の事書いてて急に話題が飛んでいる。やっぱトシか。
0

2009/1/19

今年のセンター試験問題  家族の記事

昨日下の娘のセンター試験が終わったのですが,どうも今年の問題は過去問に比べてとんでもなく難しかったようです。数学や理科関係も模試や過去問でかなりの点数がとれていた生徒も愕然とするような点数だったみたい。
うちの娘も今日学校で採点したようですが,狙っていた点数よりかなり低かったようです。
あぁ,これがうちの娘だけではなく全体的に平均点が低いといいんですけど。
それにしても,試験問題の傾向が年によってかなり違いすぎるのも問題のような気がします。どの生徒も必死にこれまでの過去問題などを解いて勉強しているのですから。

ああ,まずはセンター試験は終わったので,ここはライスとスパートで二次試験に向けてがんばって欲しいと思います。娘に限らず受験生に「がんばれ!」のエールを送りたい気分です。
0

2009/1/17

今日明日はセンター試験  家族の記事

今日明日が下の娘のセンター試験です。娘以上に緊張している私でした。
そろそろ一日目終了ですが、結果はどうだったでしょうか。
今日、明日と今までの力をすべて出し切ってほしいです。
がんばれ〜、がんばれ〜。
0

2009/1/15

Remote Captureで遊んでみました。  カメラ

Canonのデジ一関係で、天体写真の撮影データ転送等にこれまではEOS Utilityを使っていました。EOSKissDigitalも対応していたので、これまでRemote Captureというソフトは使ったことがなかったのですが、試しにインストールするとそのDocファイルにデジ一だけでなくCanonのPowerShotなどのコンデジも対応していることを知りました。今までまったく知りませんでした。(興味がないといったほうが正しいか)
個人的にPowerShotはG3,S45,S50の3台持っているので、転送ということではなくてインターバル撮影等の機能を確かめてみました。まずはPowerShotS45のドライバをインストールしてテストです。すんなりと認識されました。
いろいろテストして驚きました。なんとPCでリモートライブビューと同じようにカメラの画面が見られます。ズーム自体をPCからもコントロールできました。もちろん絞りやシャッタースピード、撮影のモードなども切り替えることができます。
試しに空に向けインターバル撮影で遊んでみました。5秒間隔で撮影していくと雲の動きが分かります。これは面白いとJPGファイルからAVIやMOVファイルに変換するフリーソフトで遊んでみると雲の動きが動画で見られました。これは面白い。

昨晩AstroArtsの流星写真を見ていて、流星観測をしている方がこのインターバル撮影を用いてるようで興味をもったわけです。もちろんEOSKissなどのデジ一でもいいわけですが、コンデジを使っても面白いかも。
PowerShotはマニュアル撮影もできるので、例えば一番の広角でF2.8で30秒露出、それでインターバル撮影を繰り返せば流星写真も撮れるかもしれませんね。今度遊んでみようかな。
ちなみに今日遊んでみたS45は例のキタムラジャンクかごで以前100円で手に入れたものです。ボディーにかなりの傷がありますが不具合はまったくなし。100円でこんなに遊べていいのだろうか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ