2018/6/1

質問通告書を提出  

8時、演説。
午前、一般質問の原稿を完成させ、通告書を昼過ぎ、提出。
待っていたように相談ごとが来て、庁内を案内して対応。
質問への勉強を続けました。

…全国通学路百景・春…
残念な経緯で番組終了となってしまったNHK『Rの法則』。内容は素敵なもので、過去放送分の録画から、紹介します。
全国通学路百景、春の絶景通学路。3つの通学路が紹介されました。それぞれに女子高校生が自分のカメラを手に、現地をリポート。
まず津軽鉄道。太宰で有名、金木から隣の芦野公園駅まで、春は直線の線路が桜のトンネルに。番組では、2人姉妹の現役高校生とそのお母さんも夜桜のホームに連れ出し、背後からの列車のライトに照らし出される桜のトンネルと笑顔の3人を1枚に収める。
次は「鐘を叩いて船を呼ぶ」通学路。愛知県「牛川の渡し」。70mの川幅。鐘を叩いて向こう岸から“船頭さん”にお願いする。通学チャリをそのまま船に乗せて、5分の船旅。鏡のような川面。放課後の帰宅時刻には空も川も黄金に染まる。その入日に向かって二人の女子がVサインを元気に掲げるシルエット写真。感じが大いに出ています。
最後に弘前市の桜のトンネル。その数2500本。沿って流れる川は散る花びらで絨毯に。
高校生はここに「ハートの桜がある」という。
縁日のように賑わう桜のトンネルから外れて案内されると、夜空がきれいにハート型にくり抜かれたスポットを発見。3人の高校生が片方の手を寄せ合って二つの小さなハートを並べて、背後の大きなハートとコラボレーション。さわやか。30分の番組なのにとても大きな見ごたえ感。
ああ、貴重な番組を失ってしまいました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ