2015/3/27

雪が解けたら  

標高1272メートル、八ケ岳の山麓でも
雪が急激に解け始めました。
そしたらさっそくフキノトウが顔を出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

天ぷらとフキ味噌、みそ汁の具とフキだらけの
晩飯になりました。

山の様子はこんな具合です。

クリックすると元のサイズで表示します

立場山の沢を埋めている雪型はここらでは
「シカの角」と言ってコレがくっきり見える間は
夜は零度以下まで気温が下がります。
0

2015/3/12

薪割り  

山暮らしに各戸とが出来ないのが薪ストーブです。
薪は5〜6本の束で450円から600円と、材種
によって値段は違いますが、正直言ってお金がかか
って仕方ありません。

そこで、近所の仲間と協力しあって、伐採の手伝い
をしてもらって来た材木を割って薪づくりです。

クリックすると元のサイズで表示します

はじめの頃は、斧と鉈の作業でしたが、みんなそこ
そこ寄る年波に勝てず、ガソリンエンジン付きの
薪割り機を購入し、「杣人の会」を発足しました。
ちょっと気取った名前なので、僕は「薪の会」で
どうだ、と言ったのですが、そこはみんなの思い
入れで、杣人が採用されました。この薪は来年の
冬以降、芯まで乾燥してから使用します。
0

2015/3/10

春の雪  

今朝起きると雨のはずが雪。
東側のデッキはすっかり冬に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

水気が多い雪だと木立の細い枝にも雪のはり付いて
とてもきれいです。駐車場の雪を掻いたら、普段の
2倍くらい思い雪でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/3/9

トマト鍋  

毎年3月になると八ケ岳中央農業実践大学校(八農)
の学生の卒業/進級の時期になります。

数年前から学生たちがペンションさんどりよんやって
来て、トマト鍋を囲むようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関は学生の靴で満杯になりました。

学生たちは冬の日曜日でも、酪農や養鶏など生き物の
世話があったりして、必ずしも自由に外出できるとは
限りません。非番の人が誘い合わせて来てくれます。

先行組は10時半から鍋の材料を準備!

クリックすると元のサイズで表示します

昼飯時までには2年生男子のA君お手製の卵焼きも完成。

クリックすると元のサイズで表示します

学生たち持ち込みの大学校のトマトジュース(とても
美味しい)をたっぷり入れた鍋がほどなく完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

卒業間近の学生は情熱あふれる「将来の夢」を順番に披露。
1年生からは例えば「愉快な顔した牛ばかりの牧場」を
作りたい!など新鮮な夢を聞かせてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

八農の学生トマト鍋というと何を置いても協力してきた
ペンションのメンバー(奥の3人)も圧倒されるばかり

クリックすると元のサイズで表示します

なぜかそこへ「農場を愛する会」の小林節子さんが
ご近所の健康飲料会社「ササヘルス」の誇る、
「社員マジシャン」の江原さんを連れて登場!

恒例トマト鍋の学生主体の集まりは、ここで
マジックアトラクションの場に急遽変りました。

クリックすると元のサイズで表示します

江原さんの見事なお手並みに一同唖然!
サプライズイベントで盛り上げてくれた
節子さんにも学生から大きな拍手が起きました。

クリックすると元のサイズで表示します

その一方で、手品の間に、お鍋が焦げたり、後から駆け
つけてくれた卒業生や在学生の話しを、みんなで聞く
機会を失ったりで、本当に申し訳ないことをしました。
進行係の僕はおおいに反省しています。
そして、最後までお鍋や食器を洗い、かたづけをして
くれた学生さんたちに心から感謝します。

いろいろと気を使ってくださった学校の先生方、忙しい
なかそっと気を配って下さった梶並先生。感謝しています。

みんな!良い思い出になったかな?自分の夢に向かって、
思いっきり頑張ってくださいね!期待しています。
0

2015/3/5

伊豆旅行  

1泊2日で平成24年度原村区長会のメンバーと
伊豆のバス旅行に行ってきました。

宿泊先の堂ヶ島温泉ホテルの前の海は強い風で
「春の海のたりのたり」とはいきませんが、雪の
原村からやって来た我々には夢の世界です。

クリックすると元のサイズで表示します

波打ち際で頑張っている女性がいます。

クリックすると元のサイズで表示します

採っているのはテングサでした。このテングサが
諏訪盆地に運ばれて「寒天」になると聞いて、
伊豆の海と我々の距離がいっぺんに縮まりました。

ホテルから海を右手に見ながら北上。満開の河津桜
のお花見です。

クリックすると元のサイズで表示します

花もすばらしいし、屋台が切れ目なく続いて、
お花見の気分はどんどんUP!

おっ!珍しいさんまの丸干しを発見。

クリックすると元のサイズで表示します

500円で10尾をおみやげにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

花ゆず、橙、わさび味噌、黄金柑もおみやげに
購入し、幸せ一杯で帰途に着きました。

それにしても混み合う花見客のあいだでは、
中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語・・・
いろんなアジアの言葉が飛び交っていました。
今やお花見も国際化の波が押し寄せている
というのを実感しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ