私達は「らくうた」という合唱団です。2006年3月に誕生した合唱団で、福岡で活動しています。団員は九州はもとより、遠く関東、関西からも合せて歌う事を至上の喜びとする合唱猛者達が集まり、より良い音楽創りを目指して、日夜、悪戦苦闘しております。
DVD!  

第2回演奏会のDVDが出来上がってきた!

今回のDVDは、Shibata Photoの柴田氏に全面的にお願いしていました。
柴田氏はご自身も合唱人なので、映すポイントを外していません。お見事!よく、ソプラノが歌っているのに男声を映していたり、ここが見せ場だ!というところを外してしまっていたり、ということがあるじゃないですか、残念ながら。でも、今回のDVDはそれがない。素晴らしい!演奏の中身は自己責任としても、DVDの出来は最高です。
それにパッケージも素晴らしい(^0^)おまけに、集合写真を付けて下さっていて、嬉しい限り!その上に「この写真って、ハガキにできますか?」とお尋ねしたら、なんとサービスでハガキにして下さった!感謝、感謝!

この集合写真のみんなを見ていると、なんだかとっても愛おしくなってきます(^。^)
だって、皆さん背筋をシャンと伸ばして、とてもいい顔で写っていらっしゃるんですもの。谷川さんと高嶋先生と古閑先生と、譜めくりから音取りから陰アナまで全部裏方をやってくれた熊らくさんを入れた総勢66人が、凛々しくて惚れ惚れしてしまいます。あ〜、第2期を一緒に顔晴った大切な大切なお仲間だなぁ、と有り難くて温かで幸せな気分になります。

で、コレをらくうた人やお世話になった方々に発送する準備に1週間もかかってしまいました。ゴメンなさい(>_<)いやぁ、手間取った。もうすぐ皆さんのお手元に届くと思います。夢から醒めるもよし、噛み締めて思い出すもよし、どうぞそれぞれにお楽しみ下さい(^0^)/
0

お墓参り  

今日は大分のベース01番のお墓へ、演奏会の報告をしに行った。

ま、もっとも彼はどうも当日来ていたそう!??なので、報告の必要は無かったかもしれないが、まぁ、それはそれで、一応お墓に「無事終わったよ!」と言いに行った。

ご両親のおられる実家にも寄って、ひとしきりお話しもしてきた。長男に先立たれたご両親は、当然ではあるが、この2年間、ずっと悲しみに沈んでおられ、切なさや納得のいかなさ、悲しみと悔い、まだ彼が近くにいるような、不意に帰ってくるようなあきらめ切れなさ、その他言葉にならない多くの思いを抱えて生きてこられた。私たちはお彼岸やお盆にお参りさせて頂く度に、その言葉をただただ傾聴させていただく事しか出来なかった。

だから、今回の演奏会にお招きすることも、本当にためらった。この2年間、ご遺族は一切の演奏会に行っておられないことを知っていたからだ。辛い思いをさせてしまうんじゃないか。そのことだけが心配だった。でも、来て頂きたかった。私たちなりの3回忌に出席して頂きたかった。

そして今日、来て頂いて良かったんだな、と思った。お二人の悲しみは癒えるものではないけれども、少しだけ、前を向いておられるように思えた。演奏会、とっても良かったと言って頂けた。行って良かったと。寡黙なお父様が、「これで知之も天国に定住したことでしょう。」と、あの日ロビーで言って下さった言葉を、もう一度しっかり言って下さった。「知之は本当に幸せだったと思う。」と、お母様も言って下さった。

良かった。こちらこそ、本当にありがとうございました。
彼を産み育てて下さったおかげで、私たちはめぐり合うことができ、素晴らしい時間を共有することが出来ました。思いもよらぬ病で彼は先に逝ってしまったけれども、今も彼の声は心の耳に聴こえているし、いつか私達も彼のいる世界へ行ったら、必ずまた一緒にハモリたいと思っています。あんなにいいベースマンは、滅多にいませんものね(^0^)

0

大忙し!  

なんだか忙しい・・・。

第2期が終わって、第3期を始動し、でも、まだ第2期の後処理、例えば振込みとか、振込みとか、振込み・・・を済ませ、各所にお礼状を出し、出来上がってきたDVD(とっても素敵に仕上げてくれてますよ、パッケージ!中身は・・・ネ!)をみんなに送る準備に取り掛かり、CDを焼いてDVDに負けないような表紙をつけて(イヤ、負けとる、負けとる)、そしてモチロン「方舟」と「邪宗門秘曲」の音取りもやらなくちゃ・・・結構難しいよ、コレ(^。^;)

その上に高嶋合唱団「混声合唱団うたうたい」を立ち上げてしまったものだから、なんだかとっても忙しい(>_<)
やっと、うたうたいのMLを開始し、ブログも作りました!らくうたのリンクからも行けますので、どうぞ遊びに行ってやってください!おっちゃんのイメージにピッタリの壁紙を見つけたので、結構笑えます。よ〜く見ると「おいしいソース」って書いてあるんですよ(^0^)探してみてね!

とにかく、演奏会が終わってホッとする間もなく、なんだかバタバタと忙しい我家です。温泉に行きた〜い!



0

おはようございます!  

月曜日の夜、演奏会の音源を聴き、火曜日の夜、サンプルDVDを観て・・・

すっかり夢から醒めた谷口家です(^。^;)
おはようございまっす!

演奏会終了後には音源MDをもらっていたのですが、あのステキな体験の夢にもうちょっと浸っていたくて、MDはまだ聴かないっ!と言い張っていたのに、ソプラノ01番が聴こう、聴こうって言うから・・・。

アチャ〜ッ!って感じですね(>_<)

翌日、届いたDVDサンプル。アハハハハ〜♪

演奏会としては、確かに大成功だったと思います。
でも、演奏としては・・・70点・・・かな。
もっときちんとハモリたかったなぁ〜。
もっと丁寧に波うたせたかったなぁ〜。

火曜日の23:30。夢から醒めた谷口家は思いました。

「もっと上手くなりたいっ!」
そして、
「もっと上手くなれるはず!」

第2期の余韻は吹っ飛び、しっかり第3期に突入する態勢が心身ともに出来ました!
もう楽譜も届き、音取り土曜練習も始まっています。
今度はせめて、75点の演奏が出来るように、一生懸命やってみます。本山先生、4月26日からよろしくお願いしますね♪
0

レセプション  

只今、らくうたは第2期から第3期への切り替え作業中なのですが、あまりにも日曜日の経験が強烈過ぎて、いまだ放心状態、やっと全身の筋肉痛が緩み始めた我が家です(^。^;)

大ホールにもかかわらず、出演者と観客がとても一体感を持てたアットホームな演奏会の興奮も冷めやらぬまま、もう一つ大切なプログラムが!感謝を込めたレセプションです。

らくうたでは、出演者もバイト君も、舞台さんも裏方さんも、応援して下さった方、関わって下さった皆さんを、全員レセプションにご招待するのが唯一のささやかな御礼です。今回はアクロスから歩いて5分の会場が取れました(^0^)

もう、谷川さんは先に着いておられ、私たちが行った時は、会場は既に谷川さんのサイン会と化していました・・・オイオイ(>_<)

全員が揃って、おっちゃんの音頭で「カンパ〜イ!」
まずはご飯ご飯、お酒!
空きっ腹に染み渡ります〜ぅ!

しばしのご歓談のあとは、恒例のご講評。
谷川さんは「スピーチは苦手だから。」と、詩を読んで下さいました。あ〜、贅沢!
続いておっちゃん。号泣して、何言ってんのかよくわからなかった・・・おっちゃん、泣き過ぎや(^。^;)
そして古閑先生。ありゃりゃ、こちらも号泣!でも、先生の一番好きな歌詞が「世界中の道が、一本の大樹の枝々のように〜」のところだというのはわかりました。
二人とも、今生のお別れのようなスピーチでしたが、おっちゃんとは「うたうたい」で4月に会うし、古閑先生には第3期もピアノ弾いてもらうんですけど〜(^。^;)
それからゲストの皆々様の感想を頂いて、また、しばしご歓談。

そして、感動の第2期解散式!
一人ひとり、2年間つけていた名札を返してもらいます。裏には、2年間24回の練習日と参加した記しのスタンプ24個。表には名前の真ん中に「あっぱれ!」のでっかいスタンプ。これがらくうたの卒業証書です。各パートの01番から名前を呼ばれ、一人ひとり手渡されます。感極まって泣いてしまうらくうた人も多数。みんな、よく顔晴ったね!最後から二番目に、明石くんの名札。奥さんと子ども達がしっかり受け取ってくれました。それを見て、また号泣しているおっちゃんにも、しっかり名札が返還されました。本当にお世話になりました、ありがとうございました、そしてまたよろしく!

で、まだまだ泣いているおっちゃんを尻目に、会場は瞬時に、第3期らくうた募集の場に変ります。今回は楽譜も準備し、販売も始めました。次の土曜日から、早速練習始めるからね!
そして、演奏会を聴きに来てくれていた、第3期のオケ伴を担当してくれる芸工フィルの面々が、決意表明のようなご挨拶。「今日の演奏を聴いて、自分達で大丈夫かと思いましたが、頑張りますのでよろしくお願いします!」Oh〜!頼もしい!

飛行機のお時間が迫ってきた谷川さんが、一足先に会場を出られました。タクシーに乗るが乗るまで、とても楽しんで下さっていました。良かった〜!本当にありがとうございました。2年前に、いきなり3枚の熱烈なラブレターを送りつけたのに、嫌な顔ひとつされず「いいですよ〜!」と出演を引き受けてくださった、その懐の深さに感謝です。「合唱って、エンターテイメントなんだねぇ!」ですって!ヤッタ〜、褒められたっ(^0^)

最後はみんなで「未来」を歌い、万歳をしてお開き!

でも、まだまだらくうたの夜は続くのでした!





0




AutoPage最新お知らせ