私達は「らくうた」という合唱団です。2006年3月に誕生した合唱団で、福岡で活動しています。団員は九州はもとより、遠く関東、関西からも合せて歌う事を至上の喜びとする合唱猛者達が集まり、より良い音楽創りを目指して、日夜、悪戦苦闘しております。
佐野成宏テノール・リサイタル  

今日は、日本が誇る世界のテノール佐野成宏氏のリサイタルに行ってきました♪

・・・イヤ〜、良かった(^0^)
ここまでとは知らずに行ったけど、すご〜く良かった♪♪
実は彼は私の友達のマリさん@米らく応援隊の友達で、だから行っただけなんだけど。もちろん、ソプラノ01番も絶賛はしていたのだけど。まさか、こんなに良い時間を過ごせるなんて!5000円じゃ、安かったですねぇ(^。^)

所謂、近鳴りではないしっかり抜けた響く声で、某福銀ホールが豊かに響鳴しました。素晴らしいハイチェスト!鼻腔から上が思いのままに開放され、力まず、背筋からしなる様に飛んでいく声!高音の張った声もモチロン素敵なのですが(何回、ブラボー!がとんだ事でしょう!)、ソフトヴォイスなのにホールの隅々にまで届くPの声の素晴らしいこと!!!

それに、もうひとつ。
伴奏をつとめたラッファエレ氏のピアノも、この上なくブラボーでした。
彼は多分、佐野氏を、もしくは歌い手をとても尊敬し、大切にし、尊重しているのだと感じました。決して歌い手の邪魔をすることなく、それでいて巧みにリードし、時に主張し、でも、あくまでも「伴奏」に徹する。常に歌い手を見、音の行方を追うかのように時々天を仰ぎながら弾いている彼の指先からは、とても繊細で、かつ、計算された極上の音がこぼれ出ていました。

終わったあと、初めの予定では○ちゃんのみそラーメンを食べに行くつもりだったのですが、極上のイタリア歌曲を堪能したあとに、どうしてもみそラーメンがあわず、知人のイタリア料理店へ直行してしまいました(^0^)

マリさん@米らく応援隊、「武蔵野合唱団のコマリがよろしく!って」って伝えられなかったよ。ゴメンネ。
でも、いつか、佐野さんにもらくうたに来ていただきましょうね!男声のVTしてもらいましょう。せっかく同じ時代に生きているステキな音楽人ですもの、是非、お近づきになりたいワ!

(「いくらかかるんやろうね・・・」by テナー01番)
0

5月本隊練習  

本日の訪問者の数がいつもよりかなり多いのを見て、「・・・もしかして、昨日の練習風景を期待されてる?」

高嶋レッスンを4時間受けると、ヘロヘロになってしまって当日はもちろん、翌日の仕事のきついこと、きついこと!だから、早々には文章も書けないというのが実情ですが、皆さんのご期待にお応えして頑張ります!!

昨日はらくうた5月本隊練習で、第2期初のピアノの古閑先生との合わせでした(^0^)先生とは1年3ヶ月ぶりの練習です。
嬉しかった〜(^_^)
大器晩成、スロースターターの古閑先生なのですが、昨日の先生は違いました。初めっから本気モード!渾身の伴奏を聴かせていただき、思わず高嶋先生も私達も、ビンビンに刺激されてしまいました。
素晴らしい!
伴奏が入るとやっぱり違う。
音楽がどんどん立体的になっていくような気がしました。
昨日の練習会場は、たぶん福岡でも最もデッドな広い会場でしたが、みんなの熱気でムンムンになりましたね。終わってドアを開け、外に出た瞬間「あ〜、涼しい〜!」とため息が出ましたよ(^。^)

まだまだ足りないところが一杯ですが、公開練習も終わり、いよいよ煮詰めていく作業に入る直前の5月練習、中盤の締め、そして追い込みの始まりの練習としては上出来だったのではないでしょうか。
例の、4月練習のときには「まだまだ全然納得できません!」と言われた『最後にした曲』も、「うん!何とかなる見通しが出てきました!」と言って頂きました!
ヤッタ〜!
一人ひとりのらくうた人が、喰らいついていった成果だと思います。

超デッドな会場を鳴らすために、マジ歌いを続けたら、足と背中がパリパリになってしまいました(>_<)また、土練でVT受けて、トリートメントしてもらおうっと。

6月は合唱祭たけなわで、大阪府の副支部長?をしておられる先生は抜けて来れません。第2期最後の境本隊練習となります。あれやこれや、こぼれ落ちてしまっている音や人を丁寧にすくい上げて、怒涛の「残り10回練習」に備えるつもりです。

毎回空港へ先生をお見送りに行くのですが、20分ほどの待ち時間に01番と先生で打ち合わせも兼ねてお茶をする習慣があります。いつもはコーヒーの私たちですが、4人ともココアや生姜とはちみつのソーダ割りや甘くしたカフェオレなどを頼みます。「皆さん、疲れてはりますなぁ。」とアイスココアを飲みながら高嶋先生。・・・誰がここまで疲れさせてるんじゃいっ!と思いつつ、「お互い様!」と、微笑みあっております。


0

個人VT  

らくうた第2期の地道な努力の一環として始めた個人VT。
1ヶ月たって、延べ十数名のらくうた人が受けました。

一人ひとり課題が違う。
30分のVTの中で丁寧に見てもらいながら、1回にひとつ、自分の課題をいただきます。それを次のVTまでに、いろんな場所で気をつけながらやっていくわけです。

その上、自分のVTは当然として、人のVTを聞かせていただくのも、もの凄く勉強になります。自分の時はよくわからなかったことも、人のを見ているとよくわかったり、その人がどんどん変わっていくのを見て、感心したり、うらやましがったり。見る見る変わっていく様は、本人より傍観者の方がよりクリアーにわかりますね。そして耳も鍛えられます。小さな変化や良し悪しがわかるようになってきます。これがまた面白い。

そしてまた、自分もVTを受けたくなる。

土曜練習に集うらくうた人の間で、温かい良循環が回り始めています。
みんなが、その人が上手くなっていくのを応援し、そして自分も励まされ、刺激しあっていく。
合唱人1人1人が、人と比べてではなく、昨日の自分よりもほんの少し成長していくと、ひとつの合唱集団としては底力が上がって、本当の意味でのレベルアップにつながっていくと思います。

一人はみんなの為に、みんなは一人の為に、ですね(^0^)

0

美ら海  

らくうたを創ってこの方、T口家はちゃんと遊びに出かけていないことに気付いた。

モチロン、合唱はとても贅沢な遊びだし、らくうたは最高の道楽ではあるが、如何せん、ほんの少し、お勤めの部分が入る。気を回したり、準備したり、手配したりetc.etc.

な〜んにも気にせず、純粋に「遊ぶ」ことがT口家には不可欠である。

そこで、一気に沖縄へ飛んだ。コンクール以外で飛行機に乗るのは、どれくらいぶりだろう!

エメラルドビーチでボ〜〜ッ、
じんべいザメ観てボ〜〜〜ッ、
パイナップル食べてボ〜〜ッ、
西海岸ドライブしてボ〜〜〜ッ、

あいにくの天気のはずだった予報が見事にはずれてくれて、早くも夏を満喫してきました。二人とも鼻の頭が赤いですが・・・命の洗濯ができました(^0^)

沖縄は良い。特に北部の田舎の方は、時間がゆっくり流れているようで、なんでもいいさぁという気分になってくる。

さぁて、これで充電完了!
来春3月まで駆け抜けるぞ〜♪♪


0




AutoPage最新お知らせ