三毛猫の白玉、白黒猫のメイ、キジトラ男子コトラを中心にした時々の記録です。猫写真、陶器作りなども。

2004/7/30

トラつながり  家猫

このこはミヤと言いまして、もう15歳くらいかな…。
顔が丸くて身体も小さいのでとてもそんなお年には見えない。
性格もすっかり丸くなったと飼い主は言うんですけど、すぐ猫ぱんちが
出るあたりそれもアヤシイ。でもそこが又かわいいと♪
トラというより、イリオモテヤマネコ系の毛色。
縞柄の猫って気が強いとか聞いたことがあるような気がするんですけど
ほんとかな…?


クリックすると元のサイズで表示します
チビの頃、お風呂に入れてよく流血沙汰になったものだ…。
0

2004/7/29

とらちゃん一族?  外猫

ここでもしばしば登場するとらちゃん。
でも実は、家出騒動の時にはこんな事がありました。

夕方少し薄暗くなる頃、コナツを探して軒下をごそごそやってたら
「にゃ〜ん」と例によって愛想良く登場した、とらちゃん。
「とらちゃんを呼んだんじゃないのよ〜」(;_:)とあせる私。
でも、この日は母に待機してもらってたので、コナツを誘うつもりで持ってた
マタタビの小枝でとらちゃんを惹きつける作戦に。
で、再びごそごそしてたところ、又も隣の塀から
「にゃ〜」の声とともに降りてこようとするとらちゃん。
「あーもう…一体何してるんだか」と戻ると
なんと、母がとらちゃんを遊ばせてるじゃありませんか!
おまけに「ここを動いてない」と断言。
それじゃ、あれはダレだったの〜?とさっき猫が乗ってた塀の向こう(駐車場になってます)を見に行くと、
とら猫がにこにこ(という感じで)待ってました。
しかも、突然このコが「しゃーーー!」言うんですよ、振り返って。
で、私も一緒になってこのコが見ていた車の陰をのぞくと、いたんですねぇ、第三のとらちゃんが。

ここへきて、探索モードも完全解除しました。
まぁ、茶トラって割合よく見かける色柄ではありますが、
何もそんなに一度に出てこずとも。
…コナツの心配はともかく、妙におかしくて笑ってしまいました。

ちなみにこの話の最初に出てきたのが本物の?とらちゃんで、
2匹目が今日の写真のコ。
3匹目はあれからまだ確認できてませんが、きっとこのあたりにいるハズ。(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します
このコは近所に住む飼い猫らしく、あれからも何度か見かけてます。
今度お家の人がいたら名前を聞いてみよう。
「とらちゃん」だったら面白いんですけどね。
0

2004/7/27

久々?  家猫

…でもないですが、今日のお題はハミさんで。
コナツが帰ってきた日とその翌日は気分を害したらしく
(なんとなく阻害されたから?)
ベットの下の奥に入ったまま、出てきませんでした。
本当にスネてたのか、それよりもコナツの事を忘れて警戒してた
ような気もする…1週間たってないのに。(^_^;)
でも、今日はもう2匹とも何事もなかったような顔してましたけどね。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
お気に入りの電動ブラシでブラッシング。でもすぐストップがかかります。
0

2004/7/26

コナツの家出完結編  家猫

色々な方にご心配いただいたコナツもようやく我が家に生還しました!
飼い主もコナツの平穏な生活に戻ることができてほっとしてます。
コナツはだいぶ汚れて声もいくぶん嗄れてますが、食欲もあって元気です。

クリックすると元のサイズで表示しますそして今現在こんなかんじで寝こけております。いちお洗ってキレイなはずですが、なんとなく白くない。

が、飼い主は今も傷だらけの両手がはれてパンパンしてます…うう。実は日常のちょっとした動作をするのがつらくて、今日は仕事を休んでしまいました。ええ、上司にちゃんと言いましたよ。(-_-;)あんまりいないだろうなぁ「猫に怪我を負わされて休みます…」なんていうの。
ともあれ、これで又のんきな猫日記も書けるというものです。


まずは、コナツ生還!の日のコトを書いてみますね。

予想より早い時間に下の階のお姉さんから電話があって
「来てます」「ハ、ハイ!!行きます」
という感じでお邪魔したところ、姿はすでになく。
でも、しばらく待たせていただくことにしました。
で、ベランダで名前を呼びながら待つこと、30分くらいかな。
かすかに「にゃぁ…」という声が!
ここで又脅かしたらダメだと思って、カリカリごはんを差し出しながら
しばらく呼びかけると、今度はちゃんと声がしました。
どうやらベランダの下あたりに来てるらしいとは分かったものの、
暗くて姿は見えず、しばらく「コナツ」「にゃ」「こなつ」「にゃ」と
もどかしいやり取りを。
コナツ自身もかなり切羽詰ったカンジ。
そうこうしてるうちに隣の塀から弟が懐中電灯で照らしてきたので
ついに私がベランダから直接下に飛び降りることにしました。
それで、いったん声が聞こえなくなったので逃げた!と思ったら
しばらくすると近くでまた声が。
やぶ蚊にさされながら、草むらにはいつくばって又同じやりとりをしているうちについに姿をちらりと見せるコナツ!
お腹すいてたと見えます。カリカリに視線を感じました。飼い主への愛はあまり感じませんでしたけど。
でも、どうしても軒下から出てこず…なんで、と思って振り返るとさっきまで弟がいた塀の上に、とらちゃん?が!!だから出てこないの??
と思った瞬間にコナツがダッシュで逃げをうったので、思わずシッポをね…
つかんでしまったんですよ。(;_:)で、バトルになったという次第。
飛び散る血潮(私の)、コナツの恐怖にみちた威嚇、パニくった人間の悲鳴と、お姉さんの手助け(洗濯ネット。しかも小さいの。野獣と化したコナツにはあまりに無力でした。お姉さん…)。
ほんとに死ぬんじゃないかと思い始めた頃、よーやく弟が自分は厚い上着で防護して(だから遅かったのか)、キャンパス地かなにかの袋を投げてよこし…あっけなく?戦いは終わりました。
あとは、お姉さんとお隣の猫を飼ってる奥さん(騒ぎを聞きつけて出てきた)にお礼の言葉もそこそこに帰宅。
とりあえず興奮状態のコナツをバスルームに入れて、よくわかっていないながらも騒ぎに参加しようとするハミさんを追いやって、悲惨な状態の自分の手をともかく消毒だけはして、あと、心配してくれてるであろう皆さんに報告だけはして、と言うわけです。
ああ、やれやれ…。ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした。m(__)m
1

2004/7/22

あのシッポは。  家猫

今回コナツの件では、色々な方からアドバイスをいただいて
本当にありがたかったです。
とくに猫を飼ってる人(もしくは飼ってた人)からの経験上の
言葉はやはりとても参考になったし、力づけられました。

さて、その騒ぎの元ですが、HPの掲示板でも報告しましたが
どうやらほぼ間違いなく、まだ私の住むマンションの敷地内で
ひっそりと隠れている様子です。
実は今日の早朝に自分の目でも、ほんのちらりとでしたけど
後姿を見ることができました。先がちょっとまがったあのシッポ!
しかし猫ってやつはなんであーなんでしょう。
逃げるなよー。

そんな訳でまだまだ安心はできませんが、最悪の結果は免れたと少しだけ
ほっとしたところです。
早くここでも「コナツ生還!」と書き込みたいです。
0

2004/7/20

コナツの家出2  家猫

今夜は早く寝ないとこの暑さにこちらも倒れそう。
今日は日中、仕事中に何度か意識が飛びました。やばいです。
(仕事と言えば、今は仕事がありがたい。
なぜって忙しいとろくでもないこと考えてる余裕がないから)
今朝のことですが、まだ日が昇る前に近所をうろうろしました。
そうしたら、私の住むこのあたりって思った以上にノラ猫が多いこと。
その猫一匹一匹に声をかけて歩いていて、みなわりあいそこそこ平和な
感じで座っていたり、こちらに返事を返してくれたり…。
心配でたまらないのは同じですけど、ほんの少し気持ちが静まりました。
コナツもこんな風に少し落ち着けば、きっと又帰ってこようとして
がんばれると思ったんです。
トラちゃんだって、一日中番猫してるわけじゃないし。
あ、トラちゃんは協力をお願いして今朝早くに表に出してあげました。
この猫、ほんとにノンキな性格で、憎めないやつです。
すり寄って、甘えてくるけど、ダメよというとあっさり
「じゃ、またね〜」という感じで離れていく。
でも、又いつの間にか足元に来てごろんと座ってたり。
今回のことで、トラちゃんのこともあらためてちゃんと考えて
あげなくちゃと思いました。マンション内でもひそかに人気者。
2晩姿をみせない(うちにいたんですが)トラちゃんを心配して
色々な人がなんとなく姿を探してたり。

それはそうと、今も臆病で神経質で甘えたなコナツのことを考えるたび、
あいかわらず涙腺が刺激されていますけど、でも絶対帰ってくること
を信じてます。
そもそも家に来たのだって、道路の真ん中で車に引っ掛けられて
倒れてたんです。それがあんなに元気になって、
悪さも色々して甘ったれて、
きっとすごく強運なやつと思いませんか?

だから、早く「ちょっとはらはらだったよね」というエピソードに
なることを祈って。
クリックすると元のサイズで表示します
家出の日の午前中、ブラシをかけられてごろごろ言ってるところ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ