2018/6/11

驚異をも超えている。<6,122本目>  ひとりごと

テニスのグランドスラム大会の一つ、
全仏オープンがパリのローランギャロスで開催されていました。

日本人女子ダブルスが決勝進出して準優勝を飾りました。
穂積絵莉選手と二宮真琴選手組は、
チェコのバルボラ・クレチコバ、カテリナ・シニアコバ選手に
3―6
3―6
でしたが準優勝です。日本人同士のペアとして、この種目の四大大会初優勝はなりませんでしたが、
見事な準優勝です。

男子のシングルス決勝では、第1シードのナダル選手と
錦織圭選手を破ったティエム選手との激突です。
ティエム選手は今シーズンのナダル選手に勝っている唯一の選手で若手で勢いもあります。
結果は
6−4
6−3
6−2
のストレートでナダル選手が優勝!
しかも2年連続11度目の王者です。

グランドスラムの4大大会で通算17個目のタイトルでもあり、
もはや“驚き”を超えて、本当に神様のようだ。

テニス界の年齢的にも決して若くはない年齢でもあり、
ケガで戦線離脱している時期も経験しているので
その復活と現在の活躍は称賛以外の何物でもない。

日々の努力がどれだけすさまじく、頑張っているのかも想像できる。
世界一流のアスリートから感動ももらうのは、
そこには目に見えない本人たちの不断の努力を感じるからだとも言える。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ