2015/11/30

忘年会シーズン。  移動の達人

年末になると、やっぱりなんとなく普段会っていない人の顔が見たくなる。

実は忘年会でなくてもいいのだが、この時期は格好の理由となる。

会って特に話があるわけではないが、とりとめもない時間が貴重なのだ。

会話を楽しむということが1番の目的かな?
それでも、ちょっと美味しい物も食べたいね。

実際には日野の忘年会は大した回数があるわけではありません。
イメージと実態は往々にして違いますね^^;。


















晴@メルマガ発行日。
週始めだけど月末なんだ!っいまさら気がついて来てくれてありがとうございます。

2015/11/29

リノベーション。  移動の達人

10月に
オフィスを完全にリニューアルしましたが、
出張が重なりほとんどいません。

だから、日曜日に改めてお仕事に来ています。
「サービス残業」だわなぁ。
^^;。


クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/28

真剣に!  移動の達人

moreメソッドと格闘(^_^)v。

頑張ってくれています。


クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/27

「”悩”を揺さぶるビジネスフォーラム2016」  ひとりごと

【満員御礼】12月6日(日)12:00〜<定員108名>
”悩”を揺さぶるビジネスフォーラム2016
ありがとうございます。
第4回「ビジネススター誕生!」は「予選会」が終了し、3名のファイナリストが決定しました。

2015/11/27

次世代の頼れるメンバー。  移動の達人

中小企業大学校瀬戸校で2日間の講義です。

受講生は地域の「経営指導員」です。
若手も多く、自分の息子と同じ世代もいます。

うちの息子なら、日野の言うことを聞かないだろうな^^;。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/26

それもアリ?  移動の達人

アタマは良くなかったが、
視力だけはズッと「2.0」だった。それが
10年くらい前から、
小さな文字は手元から離さないと読みづらい状態になってきた。

いわゆる老眼です。
まぁ、それは仕方がないのですが、
同じくして遠くもピントが合わなくなりました。
近視ですね。

だから、ちょっと離れた人の顔がわからないのです。
「なんで近寄ってくるのかなぁ〜。」
って思っていると知人だったり^^;。

焦点が合わないジレンマもありますが、
「見なくてもいいこと」が見えないのなら
それはそれで煩わしい感情が起きなくて、
それもアリかな?
って思うようになりました。

キチンと見るものだけは見逃さないように集中力が上がりました。











曇@中小企業大学校瀬戸校へ。
もぉ〜11月も終わっちゃうなぁ〜と感じながら来てくれてありがとうございます。

2015/11/25

少しガマン。  移動の達人

新作が届きました。

読みたくて仕方ありません。
学生時代の試験前日の気分と同じです。

でも、10日間寝かせて熟成させます^^;。


クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/24

困った時。<5,280本目>  ひとりごと

追い詰められたり、
直前で計画がずれたり、
予期せぬことが起こったり、
日常の中で困ったことがある。

ビジネスでも同様に困ることがある。

ただ、よくよく考えてみると、
思い通りになることの方が少ないのだ。

困った時にどうするかでその人の実力がわかるのかもしれない。

順調な時こそ、細心の注意と配慮が必要なのだ。

調子に乗ってはいけない。
いつでも謙虚に感謝の気持ちが大切なのだ。

なかなか実際に出来ていないことが多いのだが、
意識して行動を変えてみることから始めるのだ。

そんなことを考える火曜日だけれど週のスタート。

















曇@メルマガ発行。
来年のカレンダーが気になりつつ、テキパキと来てくれてありがとうございます。

2015/11/23

半世紀。<5,279本目>  移動の達人

大学時代のテニス仲間と「50周年記念」に出席しました。

学生時代は4年間しかないし、
学部やクラスが違うので大学での目的も違う。

卒業してしまえば、それっきりの人が多い中で、テニスを通じてつながっている“仲間”がいる。
この年齢になったからこそ分かる感覚です。

企業でもなかなか50年続くことは多くはありません。
どこか“根っこ”がつながっていないと分解してしまいますね。
一番多感な青春時代も“思い出”として大切な宝ものになっていますね。

仲の良かった同期と。
クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/22

トヨッキー。  移動の達人

豊橋市のゆるキャラもイルミネーションになって。

クリスマスを、意識し始めますね。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/21

レジェンドのリアル。<5,277本目>  ひとりごと

男子テニスの“超”エリート大会。
ロンドンで今年の獲得ポイント上位8選手が出場している
ATPツアーファイナルトーナメントを録画で観戦。

ATPファイナル14年連続出場の
ロジャーフェデラー選手対2年連続出場の錦織圭選手です。

錦織圭選手が子供のころからあこがれていた選手と現実にコートで試合ができる、
もの凄いことなのです。
それは見ているほうも同じです。

映画で憧れているハリウッド俳優と共演しているようなものです。
まさに夢のような時間。
(トムクルーズと共演したい日野(^_-)。)

それでも錦織圭選手は決して臆することなく正々堂々と渡り合っています。
スーパーショットという平凡な表現では言い表せないような
神がかり的なショットの応酬です。

錦織圭選手は第1セットを5−7と落として、
次の第2セットも1−4とリードされる。
でも次の第6ゲームから、神がかり的な粘りを見せて積極的に攻めた。
そして5ゲームを連取して6−4と大逆転。
もうしびれる!
運命の第3セットも粘りのテニスで1−4から3ゲーム連取で4−4。
何とかなるかな?と思わせたが、
2ゲームを連取され、4−6と力尽きた。

今大会1セットも落としていないフェデラー選手から1セットをもぎ取りファイナルで負けてしまいましたが、
それでも世界中にその存在感を十分に見せてくれました。
あこがれの選手と対等に試合がリアルにできるほどの努力を積んできた成果です。

フェデラー選手も34歳というテニスの世界では今までの常識ならば
とっくに引退していてもおかしくない年齢ですが、
その集中力とテニスへの情熱は全く衰えもスキもありません。
それこそ素晴らしいです。

ビジネスでも全く同じだなぁ〜と感じています。

伝説にしていしまうのではなく、現実に取り組むコトですね。

















快晴@最高予想21℃。
深秋の中、穏やかな気持ちで来てくれてありがとうございます。







2015/11/20

またまたまた〜見つけた。  移動の達人

一つひとつのキーワードにやられます^^;。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/19

根元。  移動の達人

善光寺も松本城も行けなかったけれど、
これからのビジネスに必要な「根っこ」の勘どころを伝えるセミナーでした。

ありがとうございます。また、改めて来ますね。




寒ぅ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

2015/11/18

積極的な睡眠。  移動の達人

眠くなったら寝る。
とは自然の流れかもしれませんが、
もう少し「眠る」ことを意識して大切にしたいと考えています。

眠い時に寝るから、起きなければいけない時間に眠いのです。
起きたい時に起きれば眠くないのはそのためです。

眠るのを自然に任せて、起きる方だけを自分で設定しているのだから当然なんです。

だったら、眠る時刻も起きる時刻同様に設定しておけばいいですね。
だから、積極的に眠る!
なのです。

でも、電車内でのウトウトは気持ちいいんだよなぁ〜(^_-)。













小雨@松本へ。

2015/11/17

チャンピオンは進化する!<5,273本目>  ひとりごと

ロンドンで開催されている、テニスの最終戦、今年の上位8選手しか出場できないプレミアムな
ATPツアーファイナルトーナメントの初戦を録画で観戦。

第1シードのジョコビッチ選手(世界ランキング1位)対錦織圭選手(世界ランキング8位)だ。
昨年の全米オープン準決勝で錦織圭選手がジョコビッチ選手を破ってから
一気に“錦織圭選手ブーム”が到来した。

その期待に応えるかのように錦織圭選手の活躍は目覚ましい。

それでも今回のATPファイナルの試合を見ていると
ものすごくハイレベルな戦いであるがチャンピオンは強い。

第1セット第2ゲームがすべてを集約しているように見える。
1−0で迎えた錦織圭選手のサービスゲーム。
ここをキープしなければ一気に劣勢になってしまうが、
15−40と早くもブレークポイントを迎えた。

錦織圭選手はピンチだ。
ここからスーパーショットの応酬で40−40のデュースに持ち込む。
このあたりが世界一流選手の凄いところだ。

またまたスーパーショットでアドバンテージになるが、
ここからジョコビッチ選手のまたまた超スーパーショットで再度40-40となる。
ものすごいストロークのラリーが続く。
その一つ一つがすべてスーパーショットの連続だ。

錦織圭選手が打ち込む、決まった!
かと思うとそれ以上のショットが切り返されてくる。
手に汗握る攻防が序盤から迎えるが残念ながらこのゲームをとれず、
錦織圭選手の0−2となる。

結果は
6−1
6−1のストレート負け。

力の差はほんのわずかであるが、勝負の強さはチャンピオンが一枚も二枚も上手だ。
ATP4連覇を狙う実力は迫力がものすごい。
むしろ相手が錦織圭選手だからこそ「打ちのめしておかねば」と感じていると思うほどだ。
それにしてもレベルが高い試合はそのショット一つ一つが美しい。

チャンピオンはそのポジションに安住することなく
ドンドン、どんどん上を目指していく。
ジョコビッチ選手を見ているとどこまで強くなっていってしまうのか?と思うほどだ。

日野のテニスもしっかり練習して上手になりたい!
って、サンデープレイヤーなりに思ったのであった(^_^;)

















曇@下り坂。
風も無く静かな日に、内に秘めた情熱を持ちながら来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ