2014/10/31

相談事。<4,894本目>  ひとりごと

ちょっとしたひとことで救われる場合がある。
何気ない会話の中にヒントを見つけることもある。

大袈裟に相談をしているわけでもなく、
普段のコミュニケーションで気の置けない仲間がいることは頼もしい。

経営の相談受けるが、
相談をしている方は実は相談ではなく「同意」を求めている事が少なくない。
人に話をすることで、自分が言っている事を整理することができる。
だから人に話してそれが伝われば、
その時点ですでにその問題はほぼ解決している。

ところが一生懸命に相手は話しているのだが
こちらが一向に内容が、
何を言っているのか分からない場合も多い。
そんな時はやはり問題が解決しない。

相談する側が、自分を整理できていないのだ。
そんな時はじっくり話を聞いて整理をしてみる。
そしてその整理したことを相手に伝える。
すると、何が問題で、どんな方向に解決したいのかの道がパ〜〜と開けてくるのだ。

相談できることが貴重ですね。
いつでもご相談ください。

今日は名古屋市内で無料の「窓口相談」です。
毎月二日間の日程で承っています。
お気軽にどうぞ〜(でもほとんど「満席」ですけどね(^_^;)












曇@下り坂。
月末で今年もあと2ヶ月ですよーって感じて来てくれてありがとうございます。

2014/10/30

車検はないけどタイヤ交換?<4,893本目>  移動の達人

出張の時の頼もしい相棒です。

クリックすると元のサイズで表示します

もう何年もコロコロと日野の後をついて来てくれます。
決して裏切りません。

雨の日も風の日も雪の日もどんな時でもピタッとついて来てくれます。
困った時も嬉しい時も悲しい時も一緒なんです。

だから“信頼がおける”相棒なのです。
パートナーってそんな風に信頼関係で成り立っているのですよね。

自分の都合だけではなく相手のこと思いやるからこそのパートナーです。
大事にすることがこちらも大事されます。
自分都合になると、
もっともらしいことは言うけれど残念ながらその見せかけは信頼できません。

そう簡単に“交換”出来るもんじゃない!













曇@夜は静岡(牧之原市)へ。
秋深まる日々に、気持ちも冷静に深めつつ来てくれてありがとうございます。

2014/10/29

日本一がたくさん。<4,892本目>  移動の達人

最近は蛇口から出る水を飲まなくなりました。
ミネラルウォーターはガソリンの2倍の値段もするのに
みなさん平気で買っていますね。
(日野はめったに買わないけれど(^^;)

鳥取県は日本一がいくつもあります。
「日本でいいちばん人口が少ない県」
そして
「米子の水道水は日本一おいしい」ということです。
ご存知でしたか?

クリックすると元のサイズで表示します

セブンイレブンフリークの日野としては、
今までセブンイレブンが鳥取県にはなかったのですが、
出店も決まったことなので喜んでいます。

これで出店が決まっていないのは青森県と沖縄県の二県だけですね。

2014/10/28

判断のしどころ。<4,891本目>  ひとりごと

気温が下がってきました。

出張する時にちょっと悩むのが、
住んでいる場所(豊橋)と出張先との気温の差。
その温度の差は、対応していかないと大変なことになります。
考え方の“温度差”も同じでしょうかね。

雨対策などは折りたたみ傘をカバンに忍ばせておけばなんとでもなりますが、
寒さ対策となると、
薄手でもコートを一枚必要です。
それだけに荷物が増えます。

出張する時に気にしている事は
いかに荷物を減らして“軽く”するかです。
行動も軽やかになり、軽さを追求していくとビジネスで無駄が無くなります。

判断するには、“基準”が必要となります。
今回は鳥取へ出張なのですが、最高予想気温が18℃で、
20℃を切っています。
ここが分かれ目かなぁ〜と自己基準を設定しています。

この20℃を決めておかないで臨機応変なんて
一見都合が良さそうなことをすると、やられちゃいます。
ビジネスでも同じですね、その場しのぎを繰り返しても実力は付きませんから。
モノゴトは本質的に見ていかないといけません。

まぁ、やはり寒いのはひもじい思いをしますので
ここは荷物になってもコート持参が無難でしょう。













晴@午後から鳥取へ。
冬支度を始めながら気合を入れて来てくれてありがとうございます。

2014/10/27

進んでいるか?<4,890本目>  ひとりごと

モノゴトを進めるには、準備が必要だ。

その準備をするにしても考えないと準備が出来ない。
考えると言うことは目に見えないからどうってことないように感じるが、
実はとてもパワーが必要となる。

運動のトレーニングであれば、
動いただけ汗が出てきたりしてその汗を見れば動いている事が物理的にわかる。
でも考えている時は、外から見てもわからない。

また自分自身でも、
考えていないのか考えているのかの境目がはっきりしない時が少なくない。
だから、
その考えが進んでいるのか進んでいないのかも明確でない時もある。
考えなので、ひょっとしたら後退しているのかもしれない。

前に進もう。
反省をすれば後悔しか生まれてこないかもしれない。
後悔をしないことをスタンダードとするのだ。

進んでいるかのチェックポイントを
誰かと共有できればいい。
そうすればお互いの成長につながり一石二鳥だ!

社内やビジネスパートナーが最適なのかもしれない。
そんな相手なら一番、切磋琢磨できる。













曇@午後から静岡へ。
メルマガ月曜日のスタートにダッシュで来てくれてありがとうございます。

2014/10/26

痛い・かゆいなんて・・・。<4,889本目>  ひとりごと

体力は鍛えないと確実に落ちてくる。
運動能力のピークはきっと10代だろうから、
成人してからアスリートのような生活やトレーニングししていないと、
筋力は落ちる。

簡単に言えば、
“かけっこ”なら中学生には、きっと大人は敵わない。

そして年齢を重ねて運動をすると、(しなくてもだが)
あちらこちらが“痛く”なる。
それが筋肉痛のような一過性の時もあるが、
ずっと痛みが続くような場合が増えてくる。

日野の父は今年の12月に87歳になるが、
いわゆる「昭和ひとケタ生まれ」なので、
今までで「あそこが痛い、かゆい。疲れた・・・」
などの言葉をただの一度も言ったことが無い。

我慢強いと言ってしまえばそれまでだが、
本当に自分に強いのだと思う。
父のスケジュールは病院へ定期的にキチンと行くことがルーティンになっているが、
同じように頑張ってプールで泳いでいる。

その姿を見ると泳いでいるのか溺れかけて
助けを求めているのかが不明なぐらい“怪しい”(^^ゞ。
きっと泳げば疲れるだろうに、そんなことはひとことも言わない。
昔、水泳をやっていたわけでもない。

なんとか自分で自分をきちんとしようとしているのだ。
「痛いかゆいなんて言ってられない!」って言うことだろう。

テニスをしていても、肩が痛いし、足はすぐ疲れるし・・・。
そんなことを言わなくてもいいフィジカルをきちんとしておかないとな。













晴@雨上り。
1週間の残務処理も日曜日に一気に!なんて気分で来てくれてありがとうございます。


2014/10/25

お客様が味方。  移動の達人

ビジネスで必要なことは、
技術でも、品揃えでもお金でもない。

絶対ないと困るのがお客様です。
そして、お客様に買っていただく。
さらに、喜んでいただく。

だから、お客様を攻めるとか攻略しようとしてはいけない。
いつも時も助けてくれるのはお客様なのだ。

だから、お客様は味方だ。
味方がたくさんいれば心強い。

そのためにはお客様を理解しよう。
お客様に理解していただこう。











晴@高山から美濃太田へ。
快晴さわやかお天気のように、スッキリと来てくれてありがとうございます。

2014/10/24

そんな時こそ。  移動の達人

ヒット曲で
「どんな時も、どんな時も?〜」
なんて歌詞がありましたね。

何かで見た?読んだ?
定かではないですが、

「そんな時こそ、口角を上げろ!」

なかなかやってみると、
効果抜群です。

誰だって、いつだって、どこだって色々ある。

だから、楽しいんだな(^_-)。










晴@岐阜へ。
あらら、また週末になっちゃった〜って考えながら来てくれてありがとうございます。

2014/10/23

負けないぞ〜。  移動の達人

ブランドを作るには時間がかかります。

それは信用となり、
信頼されます。

本州の南先端から全国へ。


曇@冷んやり。

クリックすると元のサイズで表示します

2014/10/22

迷ったとき。  移動の達人

迷えばいい。
ドップリと迷うのだ。

迷うとは、選択肢があるということなのだ。

迷った時に、
その選択肢を決めないことが後になってあまりいいことがない。

問題の先送りだ。
迷ったままで、ついその場をかわしてしまう。
本人は上手くかわしたつもりでも、
そのごまかしは、まわりにはバレバレだったりする。

毎日、悩みの連続
迷いの連続であるが、
そこは考え方をチョット変えれば決断力を日々鍛えることが出来るということだ。

迷えることを楽しんじゃえ〜。









曇@熊野市へ。
天候不順でも素直な気持ちで来てくれてありがとうございます。

2014/10/21

中小企業大学校東京校。  移動の達人

北は青森から南は九州宮崎まで全国の経営支援担当者
(商工会議所や商工会の経営指導員や県や団体の職員)が集まってきています。

クリックすると元のサイズで表示します

5日間にわたって
「営業・販路開拓支援」のテーマで勉強しています。
クリックすると元のサイズで表示します
その初日と二日目を日野が担当しています。
・(経営指導員などの)支援担当者の視点
・効果的なマーケティング活動
・営業戦略策定の手順と実際
・販路開拓の進め方
を中心として、日野がふだんの込んだるてぃんぐで実践しているノウハウを
伝授しています。

年齢層は最年少の「平成生まれ」から
「昭和のベテラン」までまちまちですが、
地元に帰ってから“使えるマーケティング”を実践していただければ嬉しいですね。

地域には頼れる経営のパートナーが必要です。
そんな人たちがたくさん増えれば中小零細経営者も
もう少し頑張れるのです。

頑張りをやめちゃぁ〜ダメだよね。













弱雨@中小企業大学校東京校。
ぐずつき気味のお天気でもスカッと来てくれてありがとうございます。


2014/10/20

集客できればいいか。  ひとりごと

東京の街を歩いてみる。

東京駅から中央線に乗って、新宿へ。
新宿は大学生のころに、一番出没したエリアだ。

「笑っていいとも!」をやっていた、
スタジオアルタがあるので全国的にも有名なのかもしれない。

東京駅から新宿までと、
新宿の街中を注意深く観察してみると今さらではあるが、
本当に「人が多い。」

日本人ばかりではなく、中国人や韓国人もとても多い。

お店から地元の商工会議所や商業団体によく聞く要望が、
「イベントをやってお客様を集めてほしい(そうすれば自分のお店にもお客様が呼び込める)」というものだ。

その理屈から行けば、新宿は無限に人が多い。
じゃ、新宿でお店を開店すれば繁盛するか?
と言えば、
人が多いから、それ以上に(競合する)お店も多い。

ちょこっとの印象を変えるだけで、お客様が入店してくれるほど簡単ではないことが分かるはずだ。
人が多ければ自分のお店にも人(お客様)が来るなんて言う幻想を捨てなければいけない。

そのエリアに集客できても、
結局自分のお店に魅力がなければだれも来ない。

もし集客に困っているのなら
お客様が来ない理由はどこにあるかをはっきりさせよう。














晴@新宿。
メルマガと週の初めでスタートダッシュに来てくれてありがとうございます。

2014/10/19

考える時。  ひとりごと

考えるならどこまでいっても他人事ではダメだ。

人のことを考えるにしても
真剣になるのならば、「自分事」に置き換える。

それだけしても結局は他人の痛みは分からない。
それでも、どこまでその人のことを考えることができかのバロメータは、
当事者になった立場で考えるのだ。
反対の立場と考える時もあるだろう。

どちらにしても考える時に
考える余地は残してもいいけれど、
言い訳の道を残してはいけない。
それではどこまでいっても“逃げ”になってしまう。

立ち向かうのだ。
他人事をみて自分事を照らし合わせて考えて立ち向かう。

そのお手本は大人だけではない、
小さな子供たちを見ていても、その素直さに学ぶことは多い。
自分は素直か?
自分に向き合っているか?
自分を誤魔化していないか?
自分のことなのだ。

本を読みながら考えてもいい。
考える時間と行動する時間を持たないと流されるだけだ。












晴@東京へ。
秋晴の清々しい日曜日に来てくれてありがとうございます。

2014/10/18

いつの間にか22周年。  移動の達人

平成4年の秋に立ちあげた、
中小企業診断士による、中小企業診断士のための勉強会「金猿くらぶ」(コンサルクラブ)。

先日22周年を迎えました。
春、夏、秋、冬の年に4回開催しています。
季節を感じながら、お料理と会話と何よりもビジネススキルアップを目指して続けてきた勉強会です。
メンバーは全員中小企業診断士ですが、弁護士や税理士、社会保険労務士、
司法書士、行政書士、公認会計士などなど専門家ライセンスをダブル、またはトリプル持った一流のビジネスパーソンも集います。

日野が主宰し、企画をして、ご案内(出欠)をして、
受付をして、会費を集め、領収書を配布して、写真撮影をして、
2次会を設定して・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
(ご本人の了承を得ています)
始めた当初はここまで続くとはまた続けようとは思っても考えてもいませんでした。

振り返ってみると毎年必ず4回開催すると言う“原則”を貫き、
第89回目の開催となりました。
日野は「皆勤賞」です!(って当たり前です(^^ゞ)

いつもは中小企業診断士しか参加が出来ないのですが、
今回は22周年ということで会員の知人がゲストとして参加できます。

ゲストのうちの一人の女性はなんと平成5年生まれ。
金猿くらぶが始まってから生まれたと言うことになり驚愕(^_^;)。

まぁ、おっさんになるわけです。
それでも元気に続けてこれたのは、参加していただくみなさんがいたからこそ。

もちろん22年間ず―――とお付合い頂いている中小企業診断士がいます。
長くお付合い頂くことはとても“安心”できます。
とても有難いです。

お付合いは人生を豊かにしてくれます。
この写真に写っていなくても、
支えてくれる人がたくさんいることにとても感謝しています。
ありがとうございます。

金猿くらぶでイイ出会いがたくさん生まれることを嬉しく思っています。
今のところ金猿くらぶには全国の中小企業診断士が200名以上登録しています。

そこで何かを特別にやるわけではありませんが、
知り合うことが出来たことは、人生に大きな影響を与えている事になります。

たびたび「どうやって継続しているのですか?」と聞かれますが、
“イレギュラーを作らない”ことが続いているポイントだと思います。
そして鼻っから、「続けよう!」なんて考えていないことです。

3日坊主の日野が結果的に続いているだけです。
継続は力なりなんて言葉とは全く違いますね。







晴@グッと冷え込み。
穏やかな土曜日に、毎度毎度来てくれてありがとうございます。

2014/10/17

信用される時。  ひとりごと

ビジネスを始めて、
お客様から最初に得なければいけないのが、
信用です。

どこの誰かもわからないやつが売っているモノに、
お客様は不安を抱きます。

初めて入るのにそこが汚いお店なら進んで入ろうとしないのは、
その汚さがお客様に入る一番たくさんの“情報”だから。
その情報がお客様の信用度につながります。
屋台のラーメン屋さんは華美ではないけれど、
その場所で“長年”やっていれば信用を得ている事になる。

信用は積み重ねていくことで深まります。
だから時間がかかるものなのです。
そして崩れる時はちょっとしたことがきっかけでもろくも信用が無くなります。
お客様との信用をどれだけ築いて行けるかが「信頼」となります。

モノゴトはちょっとした失敗もあります。
お客様とのちょっとした行き違いもあったりします。
そんな時が自分のお店や自分自身がどれだけ信用があるのかのバロメーターにあります。

困った時や苦しい時に逃げないで、
どれだけ頑張ってそこから進むことができるかが、
その人自身の信用につながります。

信用をなくしていては、存在感がありません。
存在する意味もなくなってしまいます。
コツコツですが日々を丁寧に過ごしたいものです。












晴@最高予想も22℃と下がって。
まぁ〜週末金曜日じゃん!ってちょっと早いなぁ〜なんて感じながら来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ