2013/10/31

自慢話。<4,526本目>  ひとりごと

数日にわたるセミナーの場合は、
受講生同士で情報交流を促進するために、
「自己紹介」をしていただくことがあります。

もちろん会社のことや、そのセミナーに参加してきた目的などをお話しいただきます。

そしてその中に日野から提案することは、
「自分の自慢できることを一つ盛り込んでください。」です。

数十人いる中での自己紹介は、
会社の通り一遍の内容では、
なかなか相手に印象的に伝わりません。

それは、
自己紹介で「言いたいコト」と
紹介されて「聞きたいコト」が一致しないからです。

そこで、この自慢のポイントを言うと、
少し照れくさそうに
自分の趣味の事を話したり、
過去の栄光の話をしたり、
グッと自分の事を見つめてくれます。

そうすると聞いている方が
自分と同じ趣味であったりすると俄然興味を持たれるのです。

そうなると、仕事内容よりも先にそちらの話題で話が盛り上がるのです。

本来自己紹介は
「自己満足」で終わってしまっては意味がありません。

自分を知っていただき、相手とコミュニケーションをするために行うのです。
さらに、
ちょっとした“自分の秘密”などを盛り込むと
それだけで相手は随分と関心度が高くなります。

延々と自慢されても閉口しますが、
違った一面を見せることがお客様との距離を縮める場合も少なくありません。

お試しくださいね。













晴@雲あり。
月末ですね〜、って来てくれてありがとうございます。

2013/10/30

1年が落ちて行く〜。<4,525本目>  ひとりごと

世界最大の砂時計「砂暦」です。

クリックすると元のサイズで表示します

島根県の「仁摩サンドミュージアム」にあります。

出雲(温泉津温泉)に出張へ向かう時にいつも気になっている場所でした。
やっと行くことができました、と言っても10分ぐらいでしたが(^^;。

一年かけて1トンの砂が上から下にさらさらと流れていきます。

その流れは、水の流れとはちょっと趣が違って、
時間の過ぎ方が違う感じもしました。

今週で10月も終わり、
年末の文字もちらほら。

流れる砂はほんのわずかでも、止まらないことで大きな力となっていますね。
負けないで!
















晴@米子。
バリバリに張り切って来てくれてありがとうございます。

2013/10/29

宝くじアタリ 。  移動の達人

日本で最初に発売された日だそうです。

1枚10円で
1等賞金は10万円。

昭和20年のことだそうです。

20年前ぐらいは、毎回ジャンボ宝くじを必ず買っていましたが、
当たった試しもなく^^;。

数年前、
ふっと思った時にスクラッチ宝くじを買ったら
その場で3000円が最高金額です。

今年の年末ジャンボ宝くじを買うかどうかはまだ決めていませんが、
当たったたら
みなさんにコッソリ分けますからね。

楽しみにしていてください!

まぁ、そんな話題でたわいもない話をして
笑いが生まれる場があれば、
それが1番の宝物です。

自力でしっかり稼ぎましょうよ。
そのためにも努力と勉強だわ。








晴@島根県。
快晴の晴れやかな気分で来てくれてありがとうございます。

2013/10/28

カレンダー好き。<4,523本目>  ひとりごと

手帳も大好きなんですが、
カレンダーも好きです。

書店や文具店にはこの時期いくつものカレンダーが並んでいますね。

そこで勉強になるのが、
どんなテーマのカレンダーがあるかということです。

ただ単に、
「たくさんなあるなぁ〜」では自分の勉強になりません。

例えば「動物」がテーマの場合に
身近な犬や猫が多いのかまたその比率はどうなのかをカウントしてみると面白いと思います。

世の中で、何が注目されているかのひとつの縮図になっているはずです。

懇意にいている文房具屋さんの
竹内文具店さん(万年筆の品揃えは日本一クラス!店長さんの接客は間違いなく日本一!!)で
両親にカレンダーを購入しました。

それは
「3か月カレンダー」です。
一ヶ月分が縦に3カ月並んでいて一覧できます。

順番としては
一番上が3月、2番目が2月、3番目が1月になっており、
1月が終わった時にその一番下を切り取ると
そこに4月が出てきます。
表示としては、
上から3月2月4月の順番になります。

もともと父などはキチンとカレンダーに自分の予定を記入して
母や家族と共有するタイプでしたが、
最近の予定はもっぱら「病院の予約」です。(^_^;)

そこで近い将来の“楽しみ”をいくつも書き込むことで
生活に張りが出てくればいいなぁ〜と思ったからです。

まだ1月にならないと使えないのですが、
そのカレンダーの“話題”だけでも両親とコミュニケーションをとるツールにもしています。












曇@メルマガ配信日。
グッと気温が下がってもテンションは上げて来てくれてありがとうございます。

2013/10/27

10年間の歩み。<4,522本目>  ひとりごと

岡崎の経営者を中心として毎月開催してきた勉強会
「みかわ経営革新塾」が開催121回を数え、
なんと10周年を迎えた。

この勉強会は日野が主催しているわけではなく、
もともとは商工会議所の講演会で知り合った経営者たちが、
自主的に構成をしてそして運営をしている勉強会なのだ。
そして日野は皆勤なのだ〜。

そこに日野が講師役として、企画、コンサルティングしている状態だ。
この関係がすこぶる良好で、良質な情報交流を生み出している。

日野から提案の「商売繁盛」をシンプルに実践するための勉強会なので、
小手先だけの事を発言したり、考え方がいい加減であったりすると
容赦なく参加者から「指導」が入ります。

お互いがお互いを尊敬して信頼し合っているからこそできる内容なのです。

経営状態はほとんどディスクロージャーされていて、
メンバーの会社を盛り上げるための意見も一生懸命考えて発言されます。

そのディスカッションを通じて、それぞれが自分の経営状態と照らし合わせ、
「いいと思ったことは実践する」
ことができているメンバーなのです。

だから、結果的に参加者は全員いい顔をしているし、
もちろん会社業績も上がっています。

この会には、
「景気が悪いとかいい」とか
「どの業界がいい悪い」とか、
「なかなか厳しいよね〜」などと言うコメントが一切ありません。

目の前の自分の商売を真剣にそして正面から立ち向かっているのです。
だから業績が上がらないわけがありません。
もちろん一朝一夕ではないし、
すぐに上がらない時もありますが、確実に成長できているメンバーです。

この日は「10周年記念」と言うことでイタリアンレストランでの開催となりました。

指で「10」と表現しながらカンパーイ。
日野が右手で持っているのは分かりますか?
クリックすると元のサイズで表示します
なんとBaccaratの
バカラ シャトーワイングラスです。

メンバーからのサプライズプレゼントです。
感激して鳥肌が立ちふるえました。
もったいなくて自分飲みの時に使えません(^_^;)
「日野先生へのお礼」と言ってプレゼントされましたが、
こちらが感謝でもあるのです。

そして日野からの「倍返し!」
なんてつまらないので「サプライズ返し!」です。
クリックすると元のサイズで表示します
メンバーの一人一人を思い浮かべて、日野がメッセージを考えて窯に直接注文して焼き上げた、
「世界に一つしかないオリジナルmoreなマグカップ」です。

10年の歴史を
すぐには手に入らない、
出来上がるまでに手間ひまがかかる、
それぞれに個別のメッセージを伝える、
そんなことを考えて企画をしてプレゼントさせていただきました。

喜んでくれました(^_-)-☆。

日野の分ももちろん作りました。
クリックすると元のサイズで表示します
すべてのマグカップにシリアルナンバーも付けましたが
もちろん日野の場合は「8」です。

そして、テニスラケットも描かれていました。

大切で尊敬する人たちとの時間は、
自分を大きく成長させてくれます。
本当に有難いことです。












快晴@グッと気温低め。
今月も下旬で慌ただしくなりそうな日曜日に来てくれてありがとうございます。

2013/10/26

「売る力」をつけろ!<4,521本目>  ひとりごと

サラリーマン時代(イトーヨーカ堂勤務)の時に、
当時専務だった
鈴木敏文氏がよく言っていたことが「売り切る力」をつけろだった。

値下げをすればある程度売れるのだが、
それでは商売ではない。

値下げは誰でもできてしまうからだ。
小学生だってできてしまう。

そもそも「値段を下げれば売れる。」という幻想を払拭しろという意味で言っていた言葉だ。

そんな1冊。

売る力 心をつかむ仕事術
クリックすると元のサイズで表示します
鈴木敏文著

接客だけの話でもない。
お客様の「心」をつかむのだ。

今年の“脳”を揺さぶるビジネスフォーラム2014の講演テーマ
「“心”経営のススメ」
とシンクロしちゃったなぁ〜。













小雨@豊橋。
土曜日にお仕事、読書、プライベートのそれぞれでも来てくれてありがとうございます。

2013/10/25

予約。<4,520本目>  ひとりごと

暑い夏もとっくに過ぎ、
それでもクールビズの延長でノーネクタイの人もいます。

随分と涼しくなったけれど、上着を着ていない人も見かけます。
体感温度が随分と差がありますのでいろいろな人もいますね。

修学旅行や運動会、
秋の行楽もピークを迎えて“秋本番”です。

そんな中、
「シークレット日野忘年会」の予約をしました。

そう、もう忘年会を意識する時期なのかもしれません。
あと10日もすればきっと都会の街の中に
クリスマスツリーもお目見えするでしょう。

年末の慌ただしさ以前の忙しさがあると思いますが、
確実に時間は過ぎていきます。

予約をして自分のタイムスケジュールを上手に管理する。
その時は、なんと言っても「早め」がお得ですね。

後手後手にまわって
ゴテゴテにならないようしないとね(^^ゞ。

台風の上陸もなくなって、予定変更したり
心配したりとしていたので、
なんだかちょっと拍子抜けみたいですが、
自然災害の心配が無くなったので良かったですね。














曇@静岡へ。
月末が近づいた週末に、段取り良く来てくれてありがとうございます。

2013/10/24

この一杯。  移動の達人

セブンイレブン大好きな日野ですから^^;。

挽きたて、淹れたてです。

電車の中で、
ちょっとだけホッとします。

本当は
仙台の
自家焙煎珈琲 まめ坊へ
行けばいいんですけどね。

そうすれば、その日の気分に合わせた好きなカップで
ゆったりとゆっくり過ごせます。

もちろん、
マスターのステキな笑顔付きでね(^_-)。

今年はまだ行ってないからなぁ。

突撃のXデーはいつだ?




晴@満席窓口相談。
台風も気になりつつ来てくれてありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/10/23

朝の学び。  移動の達人

朝の勉強会
豊橋ブレックファーストクラブ。

仕掛けてもう丸四年になります。

参加メンバーのそれぞれの関心や専門分野の発表もあり、
新たな気づきがあります。

脳みその刺激はいつでも、どこでも可能です。



今週はランニングフォームがテーマでしたが、
どんなことにも
正しいフォームを学ばないと
我流は伸びがあまりありません。









曇@下り坂。
台風の動きが気になりつつ頑張って来てくれてありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/10/22

商売には販路開拓!  移動の達人

お江戸の中小企業大学校東京校です。

昨日と今日は終日セミナーです。

北は岩手県や宮城県、
南は沖縄県からの参加です。

各地の
中小企業支援担当者達が集まってきています。

なんだかんだ言ったところで、
お客様に来ていただかないと。
だから「営業、販路開拓」がテーマです。

なぜ、売れないかを解明して
その対策を伝授します。
そして
そのノウハウが地元に帰って活かされることになります。

日野のお得意分野だけに
熱も気合いも入っています。

今年の参加者はポテンシャルが高く
支援担当者としてのレベルの高さを感じます。

中小企業にとっては頼れる人たちですね。

より、ズバリとお伝えしよう!









曇@風なし。
秋深まり、考えも深めつつ来てくれてありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/10/21

大都会の青空。  移動の達人

西新宿の高層ビル群です。

朝日に照らされて、
キレイな秋空とマッチしています。

企業戦士は、
この巨大マーケットで日々、
忙しく活躍しているのですね。

都会でも地方でも
しっかりお仕事しないとね(^_-)





学生時代の新宿とは、
やっぱり劇的に変わっていますね。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/10/20

ちょっとじゃダメだな。<4,515本目>  ひとりごと

3週間ぶりのテニスをしました。

ここ数年、「テニスを大事」にしていますが。
先月から週末に出張が重なって
コートへ行けませんでした。

コートへ行っても基本的に90分のレッスンだけですから、
そんなにハードなわけでもありません。

コート以外でランニングや
筋肉トレーニングをしているわけでもないので、
カラダは、3週間でほとんど「ゼロ状態」になります。

こんな頻度でやっていても上手くなるはずもありません。

もう、年齢的にも自然に上手くなるはずもなく、
むしろ考えてレッスン量を増やさなければ、イメージのテニスもできないわけです。

限られてはいますが、
「質」を高めるにはやはり「量」が必要です。

ビジネスでもやはり同じで、
ちょっとかじっただけでわかったようなことではダメで、
とことん取り組まないといい結果を望めるはずもない。

どの結果を求めるかで、
自分の量もわかってきます。













雨@ミッキーマウスが今年も豊橋へ。
しとしと雨降る日曜日に来てくれてありがとうございます。

2013/10/19

金猿くらぶ21周年。<4,514本目>  ひとりごと

中小企業診断士だけの勉強会「金猿くらぶ(=コンサルクラブ)」が21周年を迎えた。
春夏秋冬の季節ごとの開催で、
年に4回実施しているので今回が第85回目だった。

このクラブは日野が21年前(独立した年)に始めた、
全く私的な勉強会だ。

参加メンバーは中小企業診断士のみ。
始めた当初は参加者が20名程度だったが、
登録メンバーは全国に200名を超える。

参加者は毎回40名から60名だから、
年間に200名程度の動員となる。

その時々の「ちょっと時代を先取りしたテーマ」で講演を聞き、
その後はホテルディナーを楽しみながらの交流会。
参加者全員のスピーチなどなど、分刻みで盛りだくさんなのだ。

「よく続きますねー」ってよく言われるが、
知らないうちに21年にもなってしまったっていう感じです。

ご参加頂いている中小企業診断士の仲間に助けられているのだ。
とても有難い。

今回は21周年だということで、
中小企業診断士以外(経営者)にもご参加頂いた。
新しい出会いもあって有意義な時間を過ごすことができました。

今回のゲスト講師は
中小企業診断士には一番なじみが深い出版社である同友館の
楢崎環編集長にご講演いただいた。
クリックすると元のサイズで表示します
テーマは
「土壇場力」。
スポーツに造詣が深い編集長から
サッカー選手から見た土壇場に強い人と弱い人について
詳細なデータに基づく分析はとても興味深い内容でした。

わざわざ金猿くらぶの講演のために東京から来て頂いた。
本当に有難い。

いつまで続くかわかりませんが、
しばらくは年に4回は続けていくつもりです。

中小企業診断士以外の方は毎年10月にご参加できますのでぜひ!

クリックすると元のサイズで表示します














曇@ひんやり。
さて、土曜日!って張り切って来てくれてありがとうございます。

2013/10/18

間にあったぁ。<4,513本目>  ひとりごと

オフィスで残業をしていたわけです。

いろいろと業務をこなし、
翌日のミーティングで使う資料を最後にプリントアウトするだけの状態になりました。

枚数は両面プリントで40枚弱。
まぁ数分で終わるなっと帰り支度をしていると、
プリンターが止まる。

「?」

「トナー切れ」です。
しかもカラーレーザーの黒。

参ったぁ。
家電量販店が当然営業している時間帯でもないし。
ヤバイヤバイ、やばい〜。

順調に進んでいたのになぁ〜、と
思いながらももう一台の複合プリンターで対応。

事なきを得ました。

でもこれを翌日の朝に「ちゃちゃっと朝プリントアウトだけすればいいや。」
と持ちこしていたら・・。
きっと間に合わなかったでしょう。

トナー切れや、紙切れ、コピーなどの紙詰まりって本当になんだか起きて欲しくない時に限って起きるような気がする。

どれもコレも起きてもいい時って言うのはないのは当然ですが、
「よりによってこんな時に」なんてタイミングで起きるのですね。

やっぱり
「アレをやらなきゃぁ。コレもやらなきゃぁ」と追い立てられるのではなく、
「次にこれしよう、その次はこんなこともしよう!」
とどんどんと先の事ができるような体制を整えておくことの方イイね。

切羽詰まった時の
“バカ力”も確かにあるかもしれませんが、
毎回毎回そんな力を出せるはずもありません。
それではただの“バカ”です。

しっかり学習して“成長”しないとな。
成長に年齢は関係ないし、ヤル気もいつだって出せるはずだ。

頑張ることが一番貴重な“底力”なんだな。
さぁ、頑張りましょう!













曇@金猿くらぶ。
週末で秋本番に来てくれてありがとうございます。

2013/10/17

「いつも通り」の落とし穴。<4,512本目>  ひとりごと

毎日、同じ時間にお店を開店して、
同じ時間に閉店する。

同じように掃除をしてお客様をお迎えする。

そんな繰り返しが商店にはとても大切です。
単純なように見えますが、そのレベルを下げずに
毎日繰り返すことがまずは大切です。

ただ、その毎日の行動の中にちょっとした落とし穴が隠れています。

お店側は
「毎日同じ」と思っているかもしれませんが、
お客様にとっては「今日は久しぶり」とか
「今日が初めて」と言う気持ちで来店される場合が少なくありません。

そんな時にお出迎えする側が、
毎日のお仕事に“流されて”いる雰囲気が出てしまうと大きなミスにつながります。

お客様がモノを買う時は
少なからず“特別な気持ち”になっているはずです。

その気持ちを十分に理解して接客なり営業なりをすることが必要なのです。

だから、「いつも通り」では不十分なのです。
お客様を“特別扱い”している事を感じていただくことがいいのです。

お客様はお友達感覚はあったとしても
決してお友達ではありません。

お客様はお客様なのです。
そこを他人行儀と感じられるかフレンドリーと感じらるかも接客のひとつの力の差になります。

お店に立つ自分が、マンネリ化してしまってはお客様が喜ぶはずもありません。
毎日を少しずつで構わないので、
「いつも以上に」意識することが必要です。













晴@最高予想22℃。
グッと冷え込んだ秋に、ブルッとしながら気合を入れて来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ