2013/1/31

アイディアが溢れる。<4,246本目>  ひとりごと

アタマって24時間考えているんですね。

寝ている時も夢を見たりして、
その夢が何かのヒントになったりそれ以上の閃きになったりする。

いろんなアイディアは思いつくけれど、それを実行している人は多くない。

結果的にに実行して、
試行錯誤を経て成功へとつながっている。

ヒントが出てきたら考えて考えて、
ちょっとだけやってみて、そしてまた考える。

考えている時に必要な事が、
メモだ!

閃いた時に書きとめておかないとたいてい忘れてしまう。

「忘れる程度の事だからいいのさ」
なんて自己防衛しながら自分を慰める。

何度してきたことだろう。

「忙しいからこのアイディアはまたじっくりとあとで・・・」

そして、結局それも忘れてしまう。

同じことの繰り返しだ。
せっかくの“脳”を活かせていないんだな。

こんなことを書いている間にもアイディアが浮かんできている。

今年は“急いで”実現させますよ。













晴@最高予想11℃。
ほら、1年の12分の一が終わっちゃうよ〜、慌てて来てくれてありがとうございます。

2013/1/30

かみ合う歯車。<4,245本目>  ひとりごと

「2013年はコレをやるぞ!」って決めて
過ごしていますが、
毎回毎回、もとのもくあみ〜。

情けない限りですが、
そんな状況の時は自分の周りに共通点があることを見つけました。

それは例えば
「早寝」をすると決めているのにそれが出来ないと、
翌朝の「早起き」が出来ない。

「早寝」をしない時は
夜遅くに何かを食べる可能性が高いので、体重も増加傾向。

つまり、「早起き」が出来ていなと「体重増」という“歯車”が回り出すのだ。

もっとも、日野の場合は“夜のお仕事”も少なくないので
定刻通りに就寝ということもスケジュール的にできないこともある。

それでも、
時間軸と体重軸に何らかの関係があることは確かなような気がする。

そうなると、
同じように、“自分が望んでいる歯車”も回すためにはどうすればいいかを考える。

そうか!

うん、見えてきたぞ!













晴@週末までは最高予想も10℃を超える。
おおお〜1月も終っちゃうぞ〜、焦らないと、
って来てくれてありがとうございます。

2013/1/29

「慣れ」と「油断」<4,244本目>  ひとりごと

最初はモタモタしていたことが、
何度も何度もやることで、素早くできるようになる。

例えば、お料理なんかもそうだろう。

日野は結構「キャベツの千切り」に憧れる。

トントントントーンと包丁を使えたら、
さぞ気持ちが良いだろうなぁ〜なんて想像だけする(^^ゞ。

まぁ、それはさておき。

なんでも最初は不慣れなのである。
その不慣れを乗り越えないと上手にできることはない。

アスリートの練習でも全く同じだ。

上手くいかない“情けない自分”に向き合うことが出来れば
次のステージに上がれる。

そこを“逃げる”といつまで経っても成長もない。

ただ、一旦ステージに上がっても
ちょっと気を抜いたり、手を抜いたり、
怠けていることがあるとそれは「油断」となって痛い目に会う。

実際には怠けていないつもりでも、
何気ない“慣れ”が落とし穴なのだ。

緊張感を持つことや集中力を高めることが大切なのだ。

それは日々意識することなのだ。

「忘れ物」などをちょくちょくする人や、
「探し物」が多い人は特に注意が必要だ。

実際には忘れ物をする人も探し物をしょっちゅうしている人は、
いつも同じ人だ。

ビジネスではおっちょこちょいでは済まされないことも少なくない。

まさに、油断大敵だ!













晴@夜は岐阜へ。
寒くてもシャキッとした気持ちで来てくれてありがとうございます。


2013/1/28

“起業”の楽しみ。<4,243本目>  ひとりごと

防府商工会議所(山口県)で開催された
創業支援セミナーin防府」の初日が無事に終了しました。

1999年から「創業塾」や「起業家セミナー」
「女性塾」や「経営革新セミナー」などを全国で講師としてお手伝いさせていただいているが、

そこにいらっしゃる皆さんは、不安と期待と二つの顔を持っています。

やはり、お客様に買っていただけるかどうかという不安が一番大きく、
自分の思い通りのお仕事ができるという期待です。

その両方が混ざった表情をして受講されていますが、
日野がお伝えしたいことは、
「お客様が喜ぶことが自分の喜びになればいい。」と言うことです。

そのバロメーターが売り上げでもあるのです。

資金があるとかないとかの気にはなりますが、
お客様がいなければ商売ではありません。

そしてそのお客様が長く続いていただけることが必要なのです。

お客様に自分の提供した商品が買っていただいた時の”喜び”、
これは企業だけではなく、
お仕事をしている時の醍醐味です。

ビジネスの楽しみはたくさんあります。

どうか、しっかりと儲けることを考えていただきたいものです。

そのために必要なことは
惜しみなく、どんどん突っ込んでお話しさせていただきます。

来週もまた第二日目で登場しますが、
お仕事で悩みの方はいつでもご相談くださいませ。

すっ飛んでいきますよ(^_-)。











晴@防府から豊橋へ。
月曜日、そろそろ月末、メルマガ配信…。
いろいろあったっていつも来てくれてありがとうございます。



2013/1/27

「ごちそうさま」っていいじゃん。<4,242本目>  ひとりごと

出張のホテルの朝食バイキング。

ビジネスホテルなので日曜日の朝は閑散としています。

それでも受付の
若いにーちゃんが、「おはようございます!」と元気で言い、
ブスッとして食べていたおっさんが、
帰り際に
「ごちそうさま〜」と言う。

ハッキリ言って特別おいしいとか、
珍しい食材があるとかでは全くない。

それでも、そのひとことでまた若いにーちゃんが、
「いってらっしゃいませ〜。」と応える。

お客様がほとんどいないだけに、
なんだか白々しい感じがするかと思えば、
何となく気持ちはホンワカだ。

ちょっとした、普段のあいさつが、
どれだけ生活の中に潤滑油として大事なのかを思い出させるシーンです。

「いただきます。」
「ごちそうさま。」

何かを食べるときにそれを必ずいう“習慣”だけで、
きっと素晴らしい食べ物に出会うことができる。

そして笑顔もあふれるだろうね。












晴@防府の朝。
日曜日でも変わらずに来てくれてありがとうございます。




2013/1/26

日野もヤル気が出るわぁ。<4,241本目>  ひとりごと

先日夜間3日間のスケジュールで
商いのイロハ塾
〜ステップアップ商売繁盛編〜(豊橋市主催)が開催された。

毎年のセミナーでもう7年目ぐらいになるかなぁ。

30以上のご参加で、盛り上って無事に終了したのですが、
その直後に頂いたメールの一部をご紹介します。

退職者の方からは
--------
「商いのイロハ塾」に参加させていただいた○○と申します。

3日間のセミナーどうもありがとうございました。

現在、退職後の次ステップ進路の方向を模索中で、起業もひとつの
選択肢としのヒントを得るために参加させていただきましたが、
有料セミナーも含めここ1年以内に私が受講したセミナーの中で、
一番有意義なものであったと思っております。

起業化という観点ではありましたが、「いいものが売れるのではなく、
売れるものがいいものだ(故 松下幸之助 氏 も同じ様なことを
おっしゃっていた様な気がします)」、などなど、企業を含めた働く者、
ビジネスマンなどにとっても得ることは多かったと思います。
---------


また、現役大学生からは
-------
日野先生の話は非常に分かりやすく、
気付かされることがたくさんありました。

今まで何度か起業支援セミナーに参加したことがありましたが、ここまで知見の多いセミナーは初めてでした。

今回、先生の考案されたmoreメソッドが深く体験できなかったのが残念でしたが、
教わった方法でmoreメソッドを使ってビジネスプランをよりブラッシュアップしていこうと思います。

「課外講義」へ移動する最中に、
お話しましたが中小企業診断士の勉強をしてみようと決意しました。
先生の監修された参考書を片手に、しっかり勉強して合格を目指そうと思います。

最後になりますが、こうして日野先生と出会えたことに心より感謝いたしております。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
--------

どちらも、嬉しいことを言ってくれるじゃないですか!

大袈裟なメールではありませんが、
終了直後にこんなちょっとだけ気持ちを伝えてくれることって
ビジネスシーンでもとても大切な“気持ち”です。

参加された方が、何らかの“商売繁盛”につながることに喜びを感じています。

だから全国どこへでも飛んで行ってしまうのですよ(^_-)。













晴@冷っ!夕方には山口県へ〜。
イイ週末を過ごしましょうって気持ちで来てくれてありがとうございます。

2013/1/25

「価格」の価値。<4,240本目>  ひとりごと

たまたま、「価格.COM」で、興味がある中古車を検索していました。

別に車を買うわけでもなく、何となくの検索です。
そこでお目当ての車種を見つけました。

ただ初年度登録が平成10年で今から15年前の車になります。
でも、走行距離が7万キロ程度で
修復歴もなく
見た感じは「良好」です。

もちろんシートなどは年月とともに消耗しているので
たかだか数枚の写真を見ただけでは判断できないことはあります。

それよりも驚いたことはその価格です。

車体価格ではありますが、なんと16万円です。

実際に乗るためには車検費用や登録などの手続きもありますのでプラスして費用がかかりますが、
それにしても普通乗用車が20万円以下なのです。

今使っているノートパソコンはレッツノートなのですが、
2年ほど前に購入した時にやはり16万円ぐらいでした。

今欲しいレッツノートの新製品は
スペックによっては20万円近くなります。

乗用車とノートパソコンが同じ「価格」かぁ〜。
って感じです。

車は日々ガソリン代などの毎回の費用がかかることに比べ、
ノートパソコンはいったん購入してしまえば新たな費用はかかりません。

そんな違いも確かにありますが、
どちらの商品も同じ16万円なのです。

大きさも使用目的も違いますが、
1万円札が16枚必要な事は同じです。

「値段が高いとか安い」とかいうことではなく、
お客様にとっては、
「価値があるかないか?」って判断になりますね。

そこを間違えてしまうと、
売る側の発想と目線になってしまい、
買う側には響きません。

つまり売れません。

自分が売っている商品の価値をしっかりと伝えましょう!













曇@最高予想6℃。
う〜、週末だ。
遅くないぞ、今からねじ巻いても、
って来てくれてありがとうございます。

2013/1/24

なんの暗示だろう?<4,239本目>  ひとりごと

久しぶりに明け方、夢を見ました。

夢の設定はオフィスです。

そこに大学時代のテニスの後輩が5人きました。
30年ぶりに会う後輩が2名、そのうちの一名は顔が見えないので
名前がわかりません。

昨年30年ぶりに会った後輩が3名でした。

部屋に入ってくる前になんだか
「ゴーッ、ゴーッ」ってスケートボードが滑るような音がしていたのです。

ふと見ると部屋の中にあったのは、
掃除機でした。

その掃除機をスケボーのようにして“乗って”来たらしいのです。

そして彼らは、
部屋を“物色”しています。

そこには、ちょっと見られたら“恥ずかしいモノ”
も散乱していて
慌てて片づけたりする日野がいます。

ビジネスシーンでは
「夢を持って取り組みましょう!」
なんてことがよく聞かれますが、

今朝見た“夢”は何だったんだろうなぁ〜?

夢判断の専門家っていませんか(^^ゞ?













晴@冷たいね。
ほらほらほら、うかうかしていると今月も終わっちゃうよ〜、
なんて気分で来てくれてありがとうございます。


2013/1/23

モーレツに本が読みたい!<4,238本目>  ひとりごと

小学生の頃は、
「図書館で何冊借りているかグラフ」が教室に貼ってありました。

そこにいつも上位にいる人は決まっていて、
日野の場合は決して1位にはなれず、3以下4位。

奥ゆかしいでしょ(^^ゞ

それでも伝記とか、読み漁っていたような気がします。

伝記はやはりその人の生き様がひしひしと伝わって来て、
なんだか感動をたくさんしたなぁ〜。

最近はもっぱらビジネス書関連が多いですが、
ご存知の通り数年負けから東野圭吾作品をほとんど読破。

その勢いで、ミステリー小説も読むようになりました。

どちらにしても、
たくさん本が“読みたい!”って思います。

「時間がある時に・・・」なんて考えていると読めないので、
とにかくたくさんの本を“買います”。

自分の周りに本があるとなんだか心地良ささえ感じます。

本を読むのはとてもパワーが必要です。

アタマをフル稼働しなければなりません。

それがまた気持ちがいいんでしょうね。

「どんな本を読めばいいですか?」
ってよく聞かれますが、
とりあえず5冊ぐらい気になるタイトルを買ってみればいいんだと思います。

自分に合わない本もあるでしょうが、そんなのは当たり前。
著者が一生懸命に書いた本には何らかのヒントやメッセージがあります。
がっかりする必要も非難する必要も無用です。

それを受け取るのは自分なのです。

「本談議」がいつもどこかでできたらいいですね。

そう言えば昨年沖縄出張の時に、
カッコつけて
海が見えるホテルのベランダで気取って読んだ時間は
嬉しかったなぁ〜(^_-)。

今みたいに寒いから、余計に沖縄行きたくなった!













晴@気温上がらず。
風もありチョイと寒いですが、元気に明るい笑顔で来てくれてありがとうございます。


2013/1/22

紙は神かも。<4,237本目>  ひとりごと

今年に入って3週間が経過しましたが、
年が改まっても日本の場合は「年度」の始まりは4月となります。

そんな中、春以降の予定が随分と決まりつつあります。

もちろん手帳は新調しているのですが、
そんなに書き込みが多いわけでもないので今一つペースに乗れていない感じです。

今年はこれをやろう
あれをやろうと頭の中でシュミレーションはたくさんしているのですが、
実際にそのスケジュールを手帳に落とし込んでみると
初めて気が付くことがたくさんあります。

例えば「毎月コレをやろう」と思っていると、
すでに「毎年やること」が決まっていたりするのです。

やっぱり書いてこそわかることが少なくありません。

「カミ」が大事だな。











小雨@そんなに寒さは感じない。
今月も下旬に突入して、ちょっと慌ただしい感じでも来てくれてありがとうございます。



2013/1/21

わがままな自分。<4,236本目>  ひとりごと

「あ〜、寒い、寒い。
あの暑かった夏ぐらいの方がいいなぁ〜。」

なんてついつい考えてしまう。

夏の暑いときには、
全く逆の事を考えていたはずなのに・・・。

自分が都合がいいようにだけのことを考えています。

自分勝手ですね。

寒くても、暑くてもそんなことはコントロールできなはずなのに
わがままなんですね。

そんな状態の時は、
だいたい少し怠けているというか、
自分に甘えている時です。

やっぱりもっと自分にキチンとしなければいけません。
厳しいのとはちょっとニュアンスが違います。

「キチンと」なのです。

むくむくと顔を出した
わがままな自分とにらめっこします。













曇@下り坂。
さぁさぁ月曜日のスタートに来てくれてありがとうございます。
メルマガも配信されていますか?




2013/1/20

「私もあんな42歳になりたい」。<4,235本目>  ひとりごと

全豪オープンテニスで、
クルム伊達公子選手が3回戦で敗れました。

それでも本選を2回勝っているのです。
これは大会最年長勝利記録でもあります。

負けた相手は21歳の伸び盛りの選手。
そしてその選手が試合後に言った言葉が
今日のエントリータイトルです。

自分の年齢の半分の選手と体力が必要とされる勝負で互角に挑む。

しかも10年以上のブランクを経ての“チャレンジ”なのだ。

世界中のアスリートを探しても、
こんな選手はいない。

日本ではテニスがそれほどメジャーではないから話題も限定的ではあるが、
地球規模で見ればテニス界だけではなく
全スポーツの、ミラクルなのだ。

勝負なので、どんなことがあっても勝たなければいけない。
そこを貪欲に追い求める姿が
見ている方にとってはとてつもない魅力となり感動する。

真剣勝負の相手から、
「あんな○○になりたい。」なんて言われるほど尊敬されるのは素晴らしことだ。

年齢がことさら強調されて報道もされるが、
実際にはその中身なのだ。

「クルム伊達公子選手なら“やってくれる”!」
そんな期待感を持たれる人物になれれば最高だ。

ビジネスでも、
お客様から期待をされているだろうか?

そしてその期待に応え、
期待以上の対応をするために努力をしているだろうか?

物足りない自分を奮い立たせるために、
本当にいいお手本が同じ日本人の中にいる。

日本アスリートの誇りだ!

まだ男子のエース錦織圭選手が残っている。

南半球での戦いにしばらく目が離せない。












晴@北風〜。
日曜日だってお仕事ですよ!って来てくれてありがとうございます。







2013/1/19

快進撃の裏。<4,234本目>  ひとりごと

テニスの全豪(オーストラリア)オープンが
真っ只中です。

日本男子のエース
錦織圭選手は昨年の成績ベスト8以上を目指して現在ベスト16です。

ミラクルな快進撃を続けている
日本女子のかつての世界ランキング4位
クルム伊達公子選手もシングルス、ダブルスともに2回戦突破の偉業です。

42歳をことさら強調されていますが、
コートに立つための努力や道のり、
その苛酷なトレーニングは表面的には伝わってきません。

単純に20年の体力差はそう簡単に埋まるものではありません。
対戦相手は10代や20代の選手がほとんど。

それでもひたすらチャレンジしている姿に感動を覚えます。

試合は一つの“断面”でしかありませんが、
その裏というか陰にはとてつもない時間が流れているのです。

気持ち、体力、技術どれをとっても世界一流が集まっているのです。
その中での一つの勝利がどれほど大変か。

比較もできませんが、
自分たちはどれだけチャレンジして、努力をして工夫をしているのか?

もし先に愚痴ってでもしているとしたら、
人生なめているということですね。

小手先のテクニックなんて通用しないのです。

最大限のパフォーマンスを
出す努力を惜しまないことが充実した人生を過ごせるのです。

応援だけは最大限にしていきます。













晴@昨日よりちょっと気温上がりそう。
穏やかな土曜日に穏やかに来てくれてありがとうございます。

2013/1/18

安全運転でスピード上げろ!<4,233本目>  ひとりごと

やることはたくさんある。
でも“時間がない”と感じている人は少なくない。

やるコトや、やりたいコトを止めてしまえば、
それで自分が満足できるかと言えばそうではないこともわかっている。

結局、やってしまうしかないのだ。
それでもやはり怠けものが顔を出す。

「やらないことを決める」
と言うやり方はすでにお伝えしたとおりです。

次に取り組むことは、
“時間内に決着する”というスピードアップです。

この時に気をつけることは、
自動車の運転と全く同じで、無茶をしないということです。

スピードを上げて信号無視をして事故をしてしまったら
何の意味もありません。

安全運転をすることが大切です。

そうなるとルートをあらかじめ決めておいて、
不測の事態のために準備をしておくことが必要なのだと気がつきます。

ガソリンが十分にあるのか、バッテリーなどの調子はいいかなど
日頃のメンテナンスも大切なのです。

急にはできるようにはなりませんが、
目先の事ばかりに追われていても実際には何も進んでいないことに早く気が付く事です。

“追いかけられる”
のではなく“追い越して”いくことが必要です。

スピードアップを具体的に考えてみましょう。

30分かかっていたことを27分で出来るように意識してみてください。
10%もスピードアップ出来たことになります。

出来そうですね。













晴@寒いよ〜。
オッと週末の金曜日だ、頑張んないとな〜って来てくれてありがとうございます。

2013/1/17

火花が散る!<4,232本目>  ひとりごと

今では、連絡をしたり打合せをしたりするのに欠かせないのが、
メール。

かつては固定電話が主流であったが、
それが携帯電話へと変化して、
さらに、メールの活用へと変化している。

距離が離れていたり、
時間的なすれ違いをなくすためにとてもメールは重宝する。

そんな中でも、時間を作って
新幹線を使って人に会う。

そこで気が付いたことがある。

それは、
メールでは話題に上らなかった話が、
会って話をすることで突然湧き上がるということである。

そしてさらに、その話題に対してのアイディアはどんどんその場で出てくる。
ということである。

メールの場合はなかなかこうはいかない。

ひとつのテーマについてだけの話で終わってしまう場合が多いのだ。
話の広がりはほとんど期待できない。

相手の顔を見て、
表情を見て、
相手がこちらの表情を感じながらコミュニケーションする。

その時間が貴重なのだ。

石と石がぶつかって
まるで火打石のようにバチッと火花が出る。

その瞬間がたまらない。

スゴイことになりそうな予感がある。

大事な人との時間は
会ってこそその大事さがもっと貴重な存在になる。











晴@東京(半蔵門)からいったん豊橋へ。
早くしないと1月も終わっちゃうぞ〜、なんて感じながら来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ