2012/7/31

切り開く。<4,056本目>  ひとりごと

やっぱり「金メダル」は格別です。

女子柔道の松本選手の優勝はお見事でした。

初戦から、常に「前へ、前へ」と突き進んでいく感じです。

その顔にも気迫を感じました。
スポーツは“気持ち”が大切です。

もちろん、技術も、体力も必要なことは当然です。

いわゆる心技体が一体とならなければ一流ではないのです。

その点、
優勝した松本選手は気持ちが前面に出ていて
そして体も付いていく。

技術的にも相手にスキを見せずにしっかりと集中している。

素晴らしいです。

まわりの事に惑わされずに、
ひたすら前に進み「切り開く」感じがありました。

自らが金メダルを引き寄せたのです。
自ら勝利の扉をこじ開けたのです。

待っていても何も変わりません。

進みましょう。
そしてぶつかって乗り越えましょう!

努力していれば、
道は開けるはずです。

開くまで努力をしましょう!

松本薫選手、おめでとう&ありがとう。













快晴@最高予想31度。
も〜7月末だよ、って感じで慌てて来てくれてありがとうございます。

2012/7/30

集中を集める。<4,055本目>  ひとりごと

オリンピックで柔道の試合、
5分間が重く長い。

たった5分なのであるが、見ている方が手に汗を握る。

「金メダルのみ」を期待される日本人選手を応援するも、
その時間の“苦しさ”を感じる。

柔道は、柔を持って剛を制すのだが、
ずーっと力が入ってしまう。

そして、ほんのちょっとした瞬間、
集中がふっと途切れた1秒にも満たない瞬間を狙いすまして技がかかってくる。

見ている方が目が離せないのだから、選手はもっと気を抜けない。

一日の中で5分間をこんなにも意識する場面があるだろうか?
集中する時間を持っているだろうか?

日野は柔道はやったことはないが、
ヤワラちゃんのファンだったので注目をしている種目だ。

インタビューで「4年後はどうしますか?」なんて聞かれるが、
4年後を明確にしているビジネスマンがどれだけいるだろうか?

4年前の悔しさを晴らすほど、
ストイックな4年間を過ごせる人はいるだろうか?

本当にオリンピック選手は凄いのだ。
日本人として、日本人選手にもちろん金メダルはとって欲しい。

でもそれ以上に、
真剣に戦っている選手には惜しみない拍手を送る。

一つの事に集中する素晴らしさを見せてくれてありがとうございます。













晴@セミの大合唱は続く。
月曜日だ、張り切るぞ!来てくれてありがとうございます。

2012/7/29

悔しさがモチベーションだ。<4,054本目>  ひとりごと

「金メダルが欲しかった!」

柔道48キロ級福見選手のコメントだ。

オリンピック5大会連続でメダル獲得(銀、銀、金、金、銅)していた、
ヤワラちゃんの独壇場だった女子柔道48キロ級に
初めて出場した。

日本の期待はもちろん「金」メダル。

本人が狙うのも、もちろん「金」。

見ているファンは無責任に期待する。
そのプレッシャーは一般人では想像もできない。

それでも本人はそれを受け入れて、
必死に頑張る。

でも、メダルには届かなかった。

悔しさでインタビューも声にならない。
目は潤んでいるが、涙も見せない。

「笑わない選手」と言われていたが、
「笑顔は金メダルまで封印」とヤワラちゃんを破った約10年前から
徹底していた。

取らせてあげたかった。
それだけの実力もあったはずだ。

「これがオリンピックなんだと思います。」と
絞り出してコメントした。

本当によく頑張ったと思う。
対戦相手選手も必死に頑張ったと思う。

“世界一”を目指した努力はどのアスリートも同じだ。

金メダルは一人しかいない。

負ければ悔しい、。
見ているだけでもその悔しさも伝わってくる。
ファンも悔しい。

4年後のその悔しさを晴らすことができるかどうかなんてわからない。
でも、その悔しさや、苦しさは必ず本人を成長させてくれる。

いや、すでに成長が始まっているのだ。

「もっと自分たちは努力することがあるはずだ。」

オリンピック選手の頑張りを見ていると、
ますます、自分のお仕事を頑張らなければ!
と気持ちを引き締めるのだ。











晴@最高予想気温31度。
日曜日も蝉はお休みなく大合唱の日に来てくれてありがとうございます。



2012/7/28

陳腐化しない。<4,053本目>  ひとりごと

夏休みの朝の定番と言えば
「ラジオ体操」。

小学生のころは、夏休みの40日間全部あったような気がする。
運営する側も大変だっただろうが、子供心としては一つの楽しみでもあった。

今は7月中ぐらいしかやらないみたいだが、
実際のラジオ体操は「公開放送」として全国のいろいろな場所で開催されている。

ご承知の通り朝6:30〜6:40までの10分間である。

この10分に凝縮されている運動なのだ。

先日聞いたら北海道のある町で開催されていた。

その町は人口3,000人の町だと言っている。
地方にある典型的な小さな町だろう。

そしてその時ラジオから流れてきたコメントが
「1,000人以上の方にお集まりいただいています。」とのこと。

すげーな、この集客力。

たかだか10分間のイベントに町全体の3分の1の人たちが集まっちゃう。

ラジオ体操は80年以上も前に日本国内で実施されるようになってきた。

それが、延々と今日まで続いているのだ。

ヒット商品と言うよりロングセラー商品みたいなものだ。

シンプルでいてかつ合理性や効率性も兼ね備えている。

時間を越えても色あせていない小kだ。

変えることと変えないこと、
本質的なところは変わらないのだ。











晴@ロンドンオリンピック開幕。
セミの大合唱に負けずに来てくれてありがとうございます。

2012/7/27

「戦力」になっていますか?<4,052本目>  ひとりごと

日野がファンであるメジャーリーガー、
レイズの松井秀喜選手が「戦力外通告」を受けた。

極度の打撃不振にあっては仕方がないことなのだが、
チームが期待する結果を出せないのであれば、あっさりと切られる。

そこには容赦がないのだ。

また、その緊張感が本人のモチベーションを上げて努力を促すのだ。

努力をしても、チームに貢献する結果を生み出さないと
意味がないのだ。

それがプロなのだ。

「会社の歯車になりたくない」と昔はよく若者が言っていた。

実際には、
「会社の重要な歯車にもなれない人にいい仕事はできない。」のだ。

一つでも歯車が足りなければ上手く動かなくなるものなのだ。

自分が出来る精一杯をやることが、
一番輝ける事なのだと知っておくといい。

シーズンが始まってもなかなかチームが決まらずにやっとたどり着いたレイズでしたが、
そこでバッターである松井秀喜選手がヒットやホームランを打てなければ、
“役割”を果たしていない事になる。

今後はどこのチームに所属できるかはなかなか厳しい状況ですが、
ファンはどこまでいってもファンです。

ニューヨークヤンキースで
ワールドチャンピオンのMVPにまで輝いた松井秀喜選手が、
まだまだ輝いてくれることを願ってやみません。

自分がどれぐらいの“戦力”を持っていて、
実際に力を発揮しているかを客観的に見つめてみるといい。













晴@最高予想気温32度。
真夏本番の週末に来てくれてありがとうございます。

2012/7/26

原因追究!<4,051本目>  ひとりごと

気になっていた“困りごと”がふとしたことから原因が分かった。

原因が分かったことで、解決方法が見えてきた。

いつも「なんでかなぁ〜?」って気にしていると、
ちょっとした事がきっかけで閃く事がある。

今回は閃きではなく、
「知らない事を知った」だけなんですが、
そこがまさにポイントでした。

一番厄介なコトが「原因不明」。
これは対応のしようがない。

原因(=問題点の本質)がわかれば、あとは“対処”するだけなんだ。

それでもまだ、「そこが難しいんだよね〜。」
って言う人がいる。

そうなったら、もう“お手上げな人”でしょう。

「起きる事実には必ず“意味”がある。」
こんな風に考えているといろいろと見えてくる事があります。

のほほんと、ボーっと過ごしていてお客様にいい商品やサービスを提供できるはずもありません。

緊張感が良い結果を生み出す集中力に変わります。













晴@セミが大合唱。
なでしこジャパンも勝ったので勢いに乗って来てくれてありがとうございます。



2012/7/25

練習通りにやる!<4,050本目>  ひとりごと

今週末に始まるロンドンオリンピック。

つい先日まで、
テニスのウィンブルドン大会があったので、今年のロンドンは熱い!

そんなロンドンオリンピックを
「スポーツ観戦が趣味」の日野はとても楽しみにしている。

出場選手が口々に言うコメントが、
「大会では全力を出し切る!」
という頼もしい答えだ。

試合に出るまでにはどれだけの“苦しい”練習を積んできたかは計り知れない。

単なる観戦者には想像もつかない過酷なトレーニングを積んできているはずだ。

だから見ているものが感動するのだ。

感動をしたいわけではないが、
選手には本当に頑張って欲しいと思う。

もちろん金メダルを取って欲しいが、
それは勝負の世界。

いろいろあるはずだ。
肉体だけではなくメンタル面でもタフでなければ勝ちぬく事は出来ない。

「普段通りの力が出せれば・・。」
きっと勝てるはずなのだ。

凄いプレッシャーもあるでしょうが、
TV観戦者は“ただひたすら応援する!”

応援とは言いつつ、何の力にもきっとなれないのだろうが、
それでも応援するのだ。

充実感がある時間を迎えて欲しいと願うばかりだ。













曇@最高予想気温31度。
昼間は気温が上がりますが、元気に来てくれてありがとうございます。

2012/7/24

今さらでも期限。<4,049本目>  ひとりごと

時間も限られている。
資源も限られている。

そう考えると、人生そのものは限られているんだね。

だからって慌てる必要はないけれど、
キチンと“期限”を区切った行動をしておくことがイイね。

のんびり暮らしたいと思うならなおさらだ。

ダラダラと過ごす時間がもったいない。

ダラダラも自分にとって有意義なダラダラにしたい。

流れに逆らうことはする必要もないけれど、
ただ単に流されるのではなく、
積極的に流されるのだ。

受け入れなければいけない事に抵抗をしても仕方がないので、
受け入れた上でどうするかを自分で決めるのだ。

一日は24時間で決まっている。
じゃ、その時間の中で何が出来るのかを考えて行動をする。

睡眠時間や食事の時間は削らない方が良い。
長時間とるということではなく、
自分にあった時間を決めてしまうのだ。

それは本来“生き物”が備えている能力なのだ。

夜更かしはそう考えると一番“無駄”な癖なのかもしれない。

夜行動物ではない人間なのだから、
昼間いかに活躍できるかのエネルギーを
夜のうちに蓄える時間とした方が良い。

限られているのだから集中しよう!













晴@最高予想気温29度。
暑さを熱さに変えて来てくれてありがとうございます。

2012/7/23

相手の気持ちは?<4,048本目>  ひとりごと

父との会話で、

「若い頃は、(年寄りは)“なんであんなにモタモタしているんだろう?”
って思っていたけれど、自分がなってわかったよ。」(笑)

父にとっては自虐的なネタではありますが、
歯がゆさが伝わってきます。

同じようなことは
日野がテニスをしていてもわかります。

昔は打てたショットが打てない。
若い時は拾えたボールに追いつかない。

単純に年齢的な事だけではありませんが、
“当事者”でないとわからない事は少なくありません。

赤ちゃんの「よちよち歩き」はかわいいのに、
じいさん、ばあさんの「よぼよぼ歩き」
はかわいいとはなかなか感じない。

歩いているスピードは全く同じなんだけどね。

売る側と買う側の気持ちもズレていては買っていただくことはできません。

相手の気持ちはどう感じているのかを気にする時間を少しだけ持てるといいですね。













曇@最高予想気温29度。
月曜日は張り切るしかないよねって来てくれてありがとうございます。


2012/7/22

ズドンとくるぜぃ。<4,047本目>  ひとりごと

週末、金曜日、土曜日、日曜日は
豊橋祇園祭なんです。

金曜日の夜は手筒花火の奉納。

そして土曜日は豊川河川敷で打上花火です。

雨もパラパラと降っていましたが、
なんとか持ちこたえてちょっと肌寒い夏の夜空に大きな“花”が咲きました。

仕事もちょっと長引きましたが、何とか間に合いました。

日野が生まれたのはこのお祭りのど真ん中ですので、
子供の頃は必ず河川敷の桟敷で見ていました。

ここ数年はほとんど見ることができませんでしたが、
それでも久々に間近で見る花火はイイです。

クリックすると元のサイズで表示します
シャッターチャンスがなかなかとれませんけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
どっか〜んという感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
“早打ち”も次から次へと上がり凄いです。

クリックすると元のサイズで表示します
炎だけの“色”も美しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
“大輪”が宇宙から降って来て、
炎に洗礼を受けているような気持にもなります。

毎年、桟敷も用意してあるのですが、
姉夫婦と兄に譲って、穴場の場所で
間近で見れば音とともに楽しめました。

一瞬で消えてしまうはかなさと、
火花が目いっぱい広がる壮大さと、
腹に落ちる爆音がなんとも気持ちを落ち着かせてくれます。

その間、頭は解放されている感覚です。

消えてなくなる一過性のビジネスではなく、
ドシンと腹の底の落ちるお仕事をしたいですね。













曇@過ごしやすい。
日曜日はゆっくり目に来てくれてありがとうございます。





2012/7/21

“金猿”ってなんだ?<4,046本目>  ひとりごと

なんて読むのでしょう。

“きんさる”?
“きんえん”?

いえいえ、“コンサル”と読むのです。

日野が中小企業診断士登録したのが平成4年。
その年が“申年”でした。

そして、毎回“金曜日”に開催していたので、
“金”と“申”と“コンサルティング”をもじって、
金猿くらぶ」と名付けたのです。

これは中小企業診断士だけの勉強会では恐らく“日本一老舗”になります。

もともとは毎年新たな中小企業診断士が増える状況を見て
先輩中小企業診断士や後輩中小企業診断士と知り合う「場」があればいいなぁ〜と“同窓会”的なノリで始めました。

今で言えばFacebookが出来た課程と同じですね。

と言っても飲み会だけだと続かないと感じていたので、
必ずず勉強をする事に決めました。

毎回の演題は、“ちょっと先ゆく”テーマにして日野が勝手に決めて運営しています。

さらに中小企業診断士として
マナーを備えた人間力形成の場もありたいと思い
会場をホテルにして着席の食事もとるようにするスタイルにしました。

毎月開催ではちょっとしんどいしかと言って
年に1,2回でも寂しいので、
季節を感じながら春夏秋冬を感じる、“年に4回”にしました。

以来このペースを守りながら続けて来て
「80回」を迎えました。

こんなに続けようとも考えていなかったし、
続くとも想像できませんでした。

“何となく続けてきた結果”が80回の積み上げとなりました。
まぁ、そんなもんでしょ。

参加してくれる中小企業診断士の仲間がいるから続けてこれたのです。
今回も、愛知県だけではなく、東京、大阪からわざわざ参加してくれたメンバーもいます。

全国に会員がいて現在200名弱の緩やかな組織となっています。

毎回、スピーカーをしてくれる中小企業診断士からは
惜しみないノウハウの提供があります。

それが参加者の満足度を高めてくれます。

とても有難いものです。

次回の開催は10月19日(金)なのですが、
「20周年記念会合」として開催をします。

会員の同伴もしくは推薦であれば、
中小企業診断士以外の一般の方も参加できるようになります。

今から“企画”を着々と練っています。

自分でも楽しみにしていますのでご期待くださいね。

クリックすると元のサイズで表示します
(ご本人の了承を得ています)

志が高いメンバーとの学びの時間の共有はとても有意義ですね。
ありがとうございます。













(雨上がり)曇@祇園祭打上花火。
また週末で、早いね!って言いながらしっかり頑張って来てくれてありがとうございます。

2012/7/20

“満開”で行こう!<4,045本目>  ひとりごと

突然、花が咲きましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

豊橋三大祭のひとつ、祇園祭が始まります。

今日から3日間の日程です。

金曜日の今日は手筒花火があり、
明日の土曜日には豊川岸で打ち上げ花火が上がります。

子供の頃からその祇園祭の校区だったので、大好きなお祭りです。
小学生の頃は、お昼過ぎから河川敷の桟敷に陣取って
夜暗くなるまで花火を出していました。

間近に見る打ち上げ花火は
腹にズドンとくる大きな音とともに壮大です。

そうそう、手筒花火は豊橋(吉田宿)が発祥地なんですよ。
ご存知でしたか?

仕掛けのない単純に炎の火柱が立ちあがる手筒花火は、
とても勇壮です。

お祭りは地域の大切な季節イベント。

もともとは五穀豊穣や感謝をすることだと思いますが、
そんな気持ちはいつまでも持つことが必要ですね。

お祭りの花火もビジネスも満開といきましょう!













曇@下り坂。
すぐに週末になってしまったと思いつつも元気に来てくれてありがとうございます。

2012/7/19

東京始発の新幹線。  移動の達人

出張帰りの時間を前倒ししました。

----

暑くなりそうな日ですが、新幹線車内は快適です。

世間様はもう、かなり動き始めているんですね。


早目のスタートが一日を制するのだ。

快晴@一旦豊橋へ。
いつもありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/7/18

朝の情報。<4,043本目>  ひとりごと

目覚めてから最初にスイッチオンにするものが、
ラジオだ。

出張先のホテルにはラジオが無いこともあるが、
今ではインターネットがつながれば、
「radiko」というアプリケーションがれば聞く事が出来る。

iPhoneがあればそこから直接聞く事も出来るのだ。

その日の情報で一番気になるのは、お天気なのだ。

天気なんてどうでもいいのかもしれないが、
その日の行動を大きく左右する要素がたくさん含まれている。

今年は昨日梅雨が明けたので、もう傘を心配する事も多くないが、
その日の持ち物に影響をする。

その日に着るスーツやネクタイもお天気によって影響が出る。

売場に立つお仕事をとしているのであれば、
お天気や気温でお客様の消費者心理に変化が出ることをしておく必要がある。

その心理状態の変化に対して売り場作りをしなければ、
お客様は決して買ってはくれない。

1週間や1ヶ月の計画はもちろん立てているのだが、
日々の勝負事を決めるのは、その日の対応力なのだ。

だから、その日の動きを決めるのは“朝”であることが多い。

遅い朝を迎えてしまえば、それだけ対応も遅くなる。
早い朝を待ち受ければ、それだけ対応も早くなる。

情報と行動でその日を制するのだ。










晴@東京出張、最高予想気温31度!
日差しのようにギラギラと頑張って来てくれてありがとうございます。




2012/7/17

日焼けした!<4,042本目>  ひとりごと

梅雨の晴れ間、
ほんの1時間ちょっと外にいたのでした。

帰ってから腕を見ると、日焼けで“まっ赤”になっています。
腕時計の後はくっきりと白く浮かび上がるほど・・。

外にいるときはそんなに感じなかったのですが、
紫外線がとても強いんですね。

幸い帽子をかぶっていたので、
頭を守った感じではあるのですが、なかったらそれこそ“熱中症”になっちゃいますね。

学生時代は、
こんな暑い中の炎天下で何時間もテニスをしていたかと思うとぞっとするのを超えて
笑えちゃいます。

今ほど、紫外線の影響も少なかったんでしょうね。

熱中症は大変なことになってしまうけれど、
“熱中”することはイイよね。

この夏に熱中することが実は見えてきている。

日焼けすればこんがりと肌の色が変わります。

同じように、熱中した“結果”をお見せするようにできるといいですね。













晴@メルマガ配信。
連休明けに、よ〜っし!って張り切って来てくれてありがとうございます。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ