2012/4/30

眠る前に。<3,961本目>  ひとりごと

積極的に「寝る」ことを意識している。

眠たくなったら寝る、のではなくて
「さぁ、寝よう!」って感じだ。

そして、まず変えたことが
「眠る直前までにPC画面を見ないこと。」です。

眠る前の“画像“は「活字」にしています。

ベッドに既に何冊か本は持ち込んでいます。

そしてその日の気分に合わせて“新刊“を持ちこみます。

ベッドサイドのランプにして
ゆったりとした気分で読み始めます・・・・・・が、
すぐに“夢の中〜“
って感じです。

先日は久しぶりに
“馬車がかぼちゃ“になってしまいましたが、
滅多に“シンデレラタイム”を過ぎることはありません。

“出来たらやる“とか
“時間がある時にやる“じゃなくて、
昔から言われているコト通り

「規則正しい“生活“」って言うのが一番“効率的“なんだな。
時間管理なんて考えなければいけないから上手くいかないんだ。

管理なんてしなくて
「決めた通り、そのまんまの時間割」で動く方がよっぽど簡単なのだ。

“自由裁量”ぐらいマネジメントが必要なことはないね。

今週は、早朝から出掛ける仕事もないから、
敢えて“早寝“をしてリズムを作ります。

そうそう、毎週月曜日発行のメルマガ
「“脳”に聞くビジネスサプリ」は今週はお休みで
次回は5月7日(月)に発行しますからね。













曇@餃子ウィークかな。
曇っていますが、晴れ晴れした気分で来てくれてありがとうございます。


2012/4/29

生き様を学ぶ。<3,960本目>  ひとりごと

ビジネス書はたくさん買うし、
たくさん読む。

でも、それを実践しないと何ら役に立たない。
読んだだけ、インプットだけでは結果が変わることはない。

キチンとした成果を出すためには、実践だ。

そんな意味で、
過去の経営者の行動はとても参考になる。

今ではビジネスモデルとなっていることが、
その経営者がゼロから作りだしているところが興味深い。

その姿に自分を照らし合わせてみる。

小倉昌男 経営学
クリックすると元のサイズで表示します
「クロネコヤマト」の生みの親です。
1999年初版ですが、ベストセラーでありロングセラーです。

コンサルタントや評論家が書いているのではなく、
本人が、本人の言葉で書かれているのが良いです。

手法ばかり学んでも、
基になる“自分の考え“がなければ意味がありません。

しっかり勉強しろ!













晴@ゴールデンウィーク。
いいお天気で気分よく過ごしながら来てくれてありがとうございます。

2012/4/28

“違う“人と会う。<3,959本目>  ひとりごと

日野は仕事がら、たくさんの人と会う。

年間の名刺交換は約800枚ぐらいだ。

その中でも
もう一度会う人はそんなに多くない。
さらに、何年もお付合いがある人はもっと少なくなる。

仕事上で会う場合は、もちろんその人のビジネスを通してとなり
年齢的にもそれほど大きな差はない。

しかし多くの刺激は、
それ以外の“違う“人と会う方が大きくなる。

仕事上では、その社会的地位とか役職などによって
本人そのものと違う価値観が存在してしまう場合がある。

反対に
(日野の場合であればテニスであるが)
スポーツなどを通して知り合う場合は、
年齢や性別や仕事などを意識しないでコミュニケーションできる場合が多い。
(いや、性別は“意識”するかなぁ(^^ゞ)。

基準が自分がやっているスポーツとなるからだ。
そのスポーツのキャリア(上手さや強さ)を通してのお付き合いも楽しいのだ。

異なった刺激を受けることが“脳”の活性化には有効だ。

出掛けて行って、
“ちょっと変わった人”ぐらいの人とのコミュニケーションを楽しむ日があってもいい。













快晴@土曜日。
ゴールデンウィークが始まった人もお仕事の人も、明るく元気に来てくれてありがとうございます。



2012/4/27

兆候を感じろ!<3,958本目>  ひとりごと

今朝からブログがメンテナンスでした。

お昼過ぎには、メンテナンスも終わったみたいです。

思い返せば、昨日このブログの動きが悪かったのですね。
その時から、予感と言うか兆候があったわけです。

ちょっとしたその兆候を見逃さないでおくと
対処もできます。

人間の体も、お店の売上も会社も
その兆候を見つけて備えておけばパンクしないのですよ。












晴@気温上昇。
気分もも上昇しながら来てくれてありがとうございます。

2012/4/26

毎日のニュース。<3,957本目>  ひとりごと

ラジオを聞いていると毎日毎日いろいろなニュースが飛び込んでくる。

滅多にTVを見ないので、
ニュースはもっぱらラジオか新聞、インターネットだ。

そのニュースも何だか、
「イイこと」が少ない。

「よくないコト(悪いわけではない)」がクローズアップされている。

もちろん、普段何げない日常では
ニュース性が無いのだろう。

うんざりするニュースなんて聞きたくない。

そうではなくて、
「こんなにイイことがありました。良かったね〜!」とか、

「そうだったんだ、おめでと〜!」とか、

「小さな親切に出会いました、ありがと〜!」とか、

ばかりも流すニュース番組があってもいいのになぁ〜。

ただただやじ馬根性だけの視聴者でもいいけど、
もっと楽しくなる、明るくなる、
思わず笑ってしまう“話題”がたくさんあるといいよね。

商売人はそんな話題をもっともっと振りまこう!

そうすれば商売も、お客様も喜ぶでしょう。













雨@風はないね。
大型連休目の前に慌ただしく過ごしながら来てくれてありがとうございます。










2012/4/25

それでも応援する。<3,956本目>  ひとりごと

大好きな大リーガー
松井秀喜選手の所属チームがやっと決まりそうだ。

日本での実績も申し分なかったわけだが
名門ニューヨークヤンキースから始まって
ワールドチャンピオンシリーズで(もちろん日本人初)MVPまで獲得した。

ただ大ケガのために途中からは、思うような活躍ができなかった。

そのヤンキースも3年前に離れ
エンジェルス、アスレチックスへ移籍をして「野球道」へ突き進んでいる。

今回はレイズというチームに決まりそうだ。

それでも、マイナー契約だ。
メジャーとマイナーでは、とてつもない「格差」が待ち受けている。

実力の世界とはいえ、日本のビジネス界では想像できないほどの”差”なのだ。

年俸で言えばたぶんかつての10分の一以下になるだろう。
日本のサラリーマンでお給料が10分の一なんてありえない。

そして背番号「55」もすでに先発投手がつけているので、
つけることもできない。

実績を持ちながらもプライドなんてズッタズタだ。

そんな状況でも一切愚痴を言わない。

そこが素晴らしいし、カッコいいのだ。

もちろんメディアを通しての”断片的”な情報しかないのだが、
毎年球場へ”応援”に行っている日野が見る松井秀喜選手の姿は

”ただひたすら野球と真剣に取り組む”ことを感じるのだ。

グランドに立ってヒットを打つ、
ホームランを打つ、
チームの勝利に貢献する。

すべてはファンが喜ぶ。

その喜ぶ姿が自分でも嬉しいと感じるのだ。

マイナーの試合でも、
もちろんメジャーに昇格したのなら
密かにその試合を見るチャンスをうかがっている。

背番号「55」のユニフォームは3つ持っているが、
違う番号のユニフォームがもう一つ増えそうだ。

どんな時だって応援するのが「ファン道」だよ。

そんなお店を作り上げることもビジネスには通じるね。











快晴@イイ春。
ゴールデンウィーク前にチャチャチャっと仕事を片付けながらも来てくれてありがとうございます。



2012/4/24

それだけでも嬉しい。<3,955本目>  ひとりごと

よく晴れたお天気です。

気温も上昇、風もなく本当にすがすがしい季節です。

いつものアングルですが
クリックすると元のサイズで表示します
これだけで何となくウキウキする。

お天気が自分の体に影響する大きな要因であることは間違いないですね。

反対に、のんびりしている場合じゃないな。

こんなに素晴らしいお天気を
実感できることに有難さを感じつつ自分の仕事をしっかりしないとね。

働く事、
それが大人になって一番の楽しみのはずなのだ。

働ける事、
必要とされているのだ。

不満や愚痴を言っても
何〜も解決や前進はない。

そんな時間はもったいないので封印しちゃおう!

しんどい仕事があれば、
それは自分が挑戦できる、“進化”出来るチャンス到来だ。

まだまだ、これからだ。
そして、今からだよ!













快晴@爽快。
ようこそいらっしゃいましたね、来てくれてありがとうございます。

2012/4/23

リズムを刻む。<3,954本目>  ひとりごと

時計の針が、正確に時を刻むように、
一日の流れ、
一週間の流、
一ヶ月の流れ、
一年の流れと
同じ間隔で流れている。

ところが自分の中の”感覚”では、

長かったり、短かったりするのだ。

そこには一つのリズムがあることを意識してみよう。

音楽ではリズムが崩れれば、曲そのものが台無しになってしまう。

体調もリズムが崩れれば、何となく不調になる。、

上手くリズムに乗ることが必要なのだ。

良い意味で“流れに身を任せる“感覚だろう。

その前には、常日頃から
イレギュラーを作らずに、リズムを作っておくことだ。

言い方はいろいろあるが、「ルーティン」とか「マニュアル」って表現してしまうと、
何となく“やらされている感”が出来てしまうだろう。

自分から、良いリズムを刻んでみることだ。

それは自分のペースでいいのだ。

ただ、「今回は“特別”」なんて勝手なリズムを刻んでしまうと、
それ以降がガタガタになってしまうことも知っているはずだ。

鼻歌が出るぐらいで仕事をしていると、
きっといい仕事ができそうだ。

そんな時はきっと自分の顔も笑っているね。













小雨@晴れ間も見えてきたかな。
月曜日はメルマガ発行のリズムです。来てくれてありがとうございます。







2012/4/22

日曜日の1冊。<3,953本目>  ひとりごと

テニスファンでなくても、
”美しさは強さ!”って感じるはず。
クリックすると元のサイズで表示します
進化する強さ」クルム伊達公子 (著)

クルム伊達公子選手が復活する時には
彼女の最愛のパートナーであるミハエル・クルムさんが

「チャレンジしたいなら楽しめばいい。
人がどう考えるかなんて関係ない。
結果がどうだろうと、以前のキャリアが消えるわけではない。
やることに意味があるよ。」と。

カッコいいぜ、二人とも。

元世界ランキング4位のプレーヤーが
過去のキャリアに関係なく挑戦して、現在84位(それも凄いこと)。

親子ほど年の離れた選手と“互角”に戦って、
世界の大会に年間30試合(大会)以上出場する。

一年は50週しかないので、ほとんど休みなく動き回っている計算だ。

“移動の達人”と言っている日野の移動距離なんて
足元にも及ばない凄まじい世界だ。

試合に出ていれば、最愛のパートナーとも会うことは出来ない。
ミハエルさんもレーサーとして世界を転戦しているのだから。

それでも、3時間でも会えるとなれば、
30時間ぐらいかけてでも飛行機で試合の応援に駆けつけて、
そしてまた自分の仕事に戻る。

イイね、イイね、イイねー!

体も心もタフでなければ出来ない。

だから、ファンとしても応援したいし力をいただく。

-----
日曜日だから、こんなテーマも”パラ読み”で。
クリックすると元のサイズで表示します
世界一受けたいソーシャルメディアの授業」松宮義仁 (著)













パラ雨@サンデ〜。
スッキリ目覚めて、楽しい日曜日に来てくれてありがとうございます。



2012/4/21

コトバが入ってきた。<3,952本目>  ひとりごと

ラジオから流れてくる音楽は、
必ずしも流行りの歌ではなくハッとする
あるいは、何かを思い出させる曲がかかることも少なくない。

リクエスト番組ではないから、
番組ディレクターが選曲をしているのだろう。

今朝流れてきた歌の歌詞が
・負けない事
・投げださない事
・逃げ出さない事
の3つでした。

そして
・信じ抜く事
と続きます。

チャレンジとは、最初かか勝つかどうかは分からない。
でもチャレンジと言うアクションを起こさなければ進歩もない。

進歩がなければ成長することも出来ない。
成長できないとなると衰えるしかない。

向かっていくことが一番いいんだね。

負けないとは、自分に負けない事だ。
投げだすのも自分だ。
しっぽを巻いて逃げるのも自分だ。

一瞬でも「ヨ〜シッ!」って気分を持てれば
それもまたヨシ!













曇@風なし。
土曜日はウキウキしながら張り切る時間があり、そんななか来てくれてありがとうございます。

2012/4/20

白熱教室。<3,951本目>  ひとりごと

こんなテーマでした。
クリックすると元のサイズで表示します

こんな雰囲気でした。
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋商科大学での「キャリア形成総合講座」の一コマです。

大学1年生から4年生までの約150名でした。

将来の日本を担う若者とも時間は、
経営者に対しての講演とはまた違った”楽しさ”がありましたよ。

「どんどんやっちゃえ!」
って講演テーマ、どうよ?

ハーバードのサンデル教授は
実は日野のマネをしているのです(ってホントです。アハハ)











雨模様@金曜日。
週末をしっかり過ごしていい1週間にしながら来てくれてありがとうございます。


2012/4/19

バリウムがおいしい!?<3,950本目>  ひとりごと

年に一度の健康診断でした。

体調管理はビジネスマンにとって重要なスキルとなります。

健康そのものは人生にとっても大きなテーマではありますが、
突発的な事故と違って、
自分の考え方と行動次第で随分と結果が変わってきます。

ここのところ毎年欠かさず受診をしているので、
“一年の変化”を振り返るのにはいい機会となります。

ただ、健康診断をしたからと言って
健康を手に入れることができるわけではありませんが、
大事なポイントは問題点の「早期発見」なのです。

これはビジネスでも全く同じ。

風邪をひけば、お医者さんへ行って薬をもらい静養する。
無理をすれば長引いてますますひどくなる。

経営でも年に1回の決算があります。

企業の目的は利益を生み出すことは間違いなのですが、
もう一つが「経営の継続」です。

継続的に企業が”存続”することが社会貢献になるのです。

決算の結果が芳しくなければ翌年の事業計画は十分に検討して見直さなければいけません。

ただ、出てしまった結果は直すことができないので
「これからどうするか?」がテーマになります。

肝心なことは、“日々の小さな変化”に気が付くことです。

まさに健康診断のテーマである早期発見ですが、
会社の業績がちょっと悪くなった時は、
早めに”医者”に見てもらうことです。

経営相談でもいいし、信頼できる経営コンサルタントでもいい。

何もしないで治る病気は、
自分の免疫力がよほど強くないとすぐには回復しません。

不調が長引けば、それだけお客様にもスタッフにも迷惑がかかる。

ビジネスではそんなことは避けなければいけません。

人間の体は加齢とともに筋力などは衰えるかもしれませんが、
企業の力は、年々成長できるものなのです。

そのためにも常に“自分の状態”を客観的に見つめることができる環境にしておくことが良いですね。

胃カメラ検査のためにゴックンするバリウムの味は、
劇的に美味しくなっていました。
(って、”おかわり”はしませんけどね。)













晴@大学生150名の前で楽しみな講義。
いいお天気でイイ気分で来てくれてありがとうございます。




2012/4/18

ビジネスのレベルアップのために。<3,949本目>  ひとりごと

「知っていること」より「知らないこと」の方が多いのは当たり前だ。

だから、「知りたい」と思う気持ちも起きる。
それが好奇心となり、
学びとなり、
結果的に自分の成長を促す。

自分が成長できるとどうなるか?

成長すればその周りにとっては
”頼れる”存在になっていく。

人は頼られると俄然頑張ることができるのだ。

誰かに必要とされていると感じれば、
自分の存在価値を感じることができる。

学ぶことで自分以外にも良い影響を与えることになる。

本を読んで、そこから自分の関心があるテーマを選んで調べる。

そして、そのテーマについて発表をするという勉強会が始まった。

それぞれが感じたことや、
そのテーマを選んだ理由を発表しながら、
自分の考えをまとめていく。

その発表に対して、日野も事前に調べたり考えをまとめておいてディスカッションをする。

そのディスカッションから、またまた新しい発見や気づきを得られる。

一方的に日野からの情報提供ではなく、
参加者が主体的になって進んでいるというところがポイントだ。、

ビジネス経験が少ない時は、学ぶことがいっぱいある。
それだけ”楽しみ”があるということだ。

まだまだ手探りの勉強会ではあるが、
参加者の好奇心が幅広くなっていくことを感じることが
一緒に学ぶ”仲間”としても嬉しいことなのだ。

一緒にもっともっと成長できれば、
たくさんハッピーが訪れる。











晴@気温上昇。
いいお天気、いいテンション、いい気分で来てくれてありがとうございます。

2012/4/17

うれしいFAXありがとう。<3,948本目>  ひとりごと

2012/4/15のエントリー、
期待を持たせる。
の中で
「あなたのお店に期待されていること」を
FAXどうぞ。

と投げかけたら、
やっぱりしっかりと経営されている方は何人もいらっしゃって
本当(^_-)に送信されてきました。
(愛知県外からばかりです。)

そのうちの一つに、
「おかげ様で昨年本年と順調に推移しています。」とあり

そこには22年と23年の売上金額が記されていました。

22年対比の23年は年商で111.7%の二ケタ増です。
24年3月までの三ヶ月も昨年対比113%とこちらも二ケタ増です。

絶好調のようです。

「(平成)22年のセミナー以来、日野先生にヤル気に火をつけて頂いた気がします。」とありました。

嬉しいですね。

たった一度のセミナーから
たったひとつのブログ記事から、
たった1枚のFAXです。

ただそれだけのアクションが実は大きいのです。

「やった方が良いな。」と思ったことは
「すぐにやる!」といいのですね。

お送り頂いたFAXには
簡単ではありますがすぐに返信させていただきましたよ。

直接会うことが無くてもしっかりとコミュニケーションできますね。
ありがとうございます。













晴@気温上昇しそう。
いつも来てくれて本当にありがとうございます。





2012/4/16

しばらく楽しめます。<3,947本目>  ひとりごと

相変わらずの東野圭吾、
ナミヤ雑貨店の奇蹟」。

東野圭吾作品は文庫本しか買わなかったのですが、
我慢できませんでした。

やっと手にした
1Q84」(前編
1Q84」(後編)、ご存じ村上春樹作品。

文庫本で(2012年)4月10日に出た東野圭吾作品もう一つ、
聖女の救済

クリックすると元のサイズで表示します

先月仙台へ視察に行った時に地元の本屋さんで買って読んでいなかった
少女」湊かなえ著

もう一度(何度目かな?)学び直したい
論語」です。

バッグに忍ばせちょこちょこと読もうと目論んでいます。

楽しみ、楽しみ〜。













晴曇@月曜日。
週初めは気持ちよくスッキリと来てくれてありがとうございます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ