2011/11/30

ビジネスにも予防接種。<3,798本目>  ひとりごと

先日インフルエンザの予防接種をしてきました。

ここ数年は毎年接種しているのですが、
お陰様でインフルエンザでダウンすることもなく過ごすことができています。

本来なら、
予防接種を打たずに過ごせればいいのですが、
その接種を打つことで、”抵抗力”を高めているのですね。

わざと体に負荷をかけることで、丈夫になる。
免疫力を高めるのでしょう。

ビジネスでも同じなんですね。

楽な方楽な方へ向かってしまう、
「効率的」という名の
”自分だけ”(=売る側だけ)の発想の行為は、
結局お客様にとっては”不都合”になることが少なくない。

お客様がわがままを言ってくれるからビジネスとしては成立するのです。
お客様のわがままとはお客様の要望(=ニーズ)なのです。

そこに応えることが最低限のビジネスです。

そこに応えて、お客様の期待を超えると
お客様はとても喜んでくれます。

きれいに言えば、顧客満足なんですね。

厳しい経営環境があるときは、
「これから強くなるための予防接種だ。」と考えて頑張るのです。

今の状況に耐えることが、次の健康なカラダを手に入れることができるのです。

成長できるんです。

競争があるから、
”競争心”が生まれてモチベーションが上がるのです。

それで上がらないようなら、もともとビジネスには向いていないのでしょう。

頑張っている人しかビジネスではいません。
だから、自分だけの”さらなる努力”が突破口になるのです。

頑張ればいいだけの状況だけではないことを意識するのだ。












晴@気温上昇。
月末に忙しくても来てくれてありがとうございます。


2011/11/29

”おもい”カフェ。<3,797本目>  ひとりごと

今年の秋に鹿児島で開催された「経営革新セミナー」。

そこの受講生でカフェを経営している参加者がいました。

社会人をOLでスタートして、
自分探し(?)で放浪の旅。

その後スターバックスでも働き、
自分でイメージ通りのカフェを昨年オープンしたのでした。

そのお店に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
住宅街の中にある「カフェ87*87(はなはな)」です。

店名はオーナーである(ハンドルネーム)、
イエロークリフさんのお誕生日が
「8月7日」から由来しているそうですが、

日野が好きな「8」もあり、
さらに(MORE経営コンサルティング株式会社)法人登記日の「8月8日」と一日違いでもあり
とても親近感を覚えているのです。

思いがギュッと詰まった店内。
クリックすると元のサイズで表示します

スッキリとした店舗外観、トネリコがとってもキュートでおしゃれ。
クリックすると元のサイズで表示します

「黄色」が大好きで、“男前“のオ〜ナ〜。
クリックすると元のサイズで表示します


そう言えばオーナーのお名前は「大重」さんなので、
きっと「(重い)思い」がたっぷり詰まっているんでしょうね。

肩の力がふっと抜ける空間がそこにはありました。

美味しいコーヒーと、
日野がチーズケーキ好きと知っているからと、
わざわざ作ってくれたレアチーズケーキを頂いてきました。

店内に流れるボサノヴァも落ち着かせてくれる、
明るいカフェでした。

小さくても、
大きな存在感を示しているお店はとっても素敵です。













曇@気温はちょっと上がる予報。
アラアラ月末も近づいて慌ただしい気持ちでもゆったりと来て頂いてありがとうございます。


2011/11/28

さつまはやと。<3,796本目>  ひとりごと

サツマイモの話ではありません。

「薩摩隼人」です。

鹿児島県の若手経営者とのミーティング。

「鹿児島と言えば?」の問いかけに、
出てきた回答の一つがコレでした。

代表的な人物は西郷隆盛さんです。

そのミーティングでの話の中心は、
「いい国作ろう!」みたいな感じでした。

それぞれがそれぞれのビジネスで進み、悩み、戸惑い、決断しています。
大きなことはできないかもしれないけれど、最初の一歩を踏み出すことはできる。

そんな楽しい話題で盛り上がりました。
盛り上がっただけでは物足りないので、実行に移すことです。

はてなによれば(薩摩隼人とは)、

「鹿児島出身の男性をさす言葉。

隼人(はやと)とは、日本古代において、薩摩・大隅(現在の鹿児島県)に居住した人々。はやひと(はやびと)、はいととも呼ばれる。特に薩摩に居住する隼人は「薩摩隼人」と称えられ、その武勇を称えられた。

上下関係に厳しく,年長者の影響力が強い体育会系気質でもある。
利害を省みない潔さと,勇猛果敢さを兼ね備え,質実剛健を旨とする。
反面,「ぼっけもん」といわれる言葉に象徴されるように、一本気で融通が利かないともいわれる。理屈を言わず即実行に移す行動力のある人が多い。」

30代の今後の日本をしょって立つメンバーにも熱い気持ちはあります。

そんなメンバーと知り合って、勉強して
いい刺激を与えながら、いいアイディアが飛び出す。

そんな時間を共有できることはとても楽しいし、
有意義です。

ヒラメキ出まくりでした。

”芋”のお湯割りも程よく回って、頭もよく回りました。
最後にはフェードアウトしてしまいましたけどねぇ〜。

次回にまた鹿児島へ来るときは、
「大きなうねり」や「南からの風」となって動き始めている時でしょう。

楽しみ、楽しみ〜。

そして、集まってくれたメンバーにみなさん、ありがとう!











曇@鹿児島中央駅近く。
「みずほちゃん」にはまだ乗っていないけれど、ANAさんもいいですよ。
月曜日のメルマガの日に来てくれてありがとうございます。

2011/11/27

セルフマネジメント。<3,795本目>  ひとりごと

肉体的にも精神的にも
好不調の波は必ずある。

それは一日周期であったり、一日の中での時間周期であったりいろいろなパターンがある。

テニスをしていてもそうだ。

「今日はフォアハンドがいい当たりをしているな。」とか、
「ボレーの感触がいいぞ。」とか

「ボールを打つ位置が(体に)近すぎるぞ。」とか・・・。

何十年も、何日もテニスをしているのでいつも“あまり変わらない“と考えがちだが、
実際には、随分と違う。

野球で調子のいいピッチャーが打たれる時と同じなのかもしれない。

投げてみないとわからないのだ。

それでも、日常生活はは滞りなく過ぎていく。
ビジネスでも、こちらのコンディションはお客様にとっては関係ない。

だから、プロとしては自分の体調管理はきちんとしておかなければいけないのだ。

しっかりとカラダのメンテナンスをしていても、
調子が悪くなる時はある。

だからこそ、常日頃の準備が大切になるのだ。

何も特別なことをするわけではないが、
“イレギュラーな時間“を出来るだけしないように工夫することが一つの解決策だ。

学生時代に経験している「時間割」だ。

あらかじめプログラムをしておくことで、
時間に対しての制約は生まれるが、それがいいペースメーカーともなる。

体調が悪い時は、まさにイレギュラーだが、
そんな時は、“いいきっかけ”なので、
そのバックアップ体制も少し考えることができるチャンスなのだ。

“転んだってただでは起きない“たくましさが、
今までも、これからも必要だ。













晴@鹿児島へフライト。
日曜日もゆったりとして気分で来てくれて、ありがとうございます。

2011/11/26

カレンダーの行方。<3,794本目>  ひとりごと

師走が近づき、ダイレクトメールで、いろいろなところからカレンダーをいただく。

金融機関や中小企業でもオリジナルカレンダーを作ってお客様に配ったりもしている。

日野はカレンダーが好きです。
もちろんそのカレンダーの写真や内容にもよりますが、
「月」や「日」、「曜日」が並んでいるその「数字」が好きなのかもしれません。

ある時仕事でその会社の本部(中小企業)へ行った時のこと、
壁一面にカレンダーが数十種類貼ってありました。

それは、各社が作ってその会社に送られてきたモノでした。
お取引先の社名が全部入っています。

社長にその理由を聞くと、
「うちでもカレンダーを作って配ったりするけれど、
使われないことがある。
せっかくいただいたのだから、
頂いたカレンダーは全部使わせてもらうことが“礼儀“だ!」

と言っていました。

なるほどね。

ずらずらずら〜と壁にカレンダーが貼ってある姿は、
オフィスとしてはおシャレではありません。

でも頂いたものを大切にしているその会社に好感を持ちました。

カレンダーにはその年でテーマがあります。

そのテーマに自分のテーマ(生き様)を重ね合わせて、
ちょっとだけ、”時間を止めてみる”、
そんな感覚が好きなんですね。

来年はオフィスにいくつのカレンダーがお目見えするんだろうな〜。














晴@寒いね。
土曜日も充実した時間を過ごしながら来てくれてありがとうございます。

2011/11/25

慣れると早い。<3,793本目>  ひとりごと

最初は戸惑って時間かかっていることでも、
基本を押さえて、きちんと取り組めば、ずっと早くこなすことができる。

初めてのことならなおさらだ。

やったことがなければ、初めからうまくいくことは珍しい。
だから、失敗しながらも、
「どうすればうまくいくか?」を常に考えながら取り組むのだ。

その時に、”その場しのぎ”にならないことだ。

スポーツでは、基本を最初に徹底的に教え込まれる。
基本は時には単調で時間ばかりかかることがある。

そこを”横着”をして、
バッターボックスに入っていきなりフルスイングしてもヒットやホームランを打てるはずもない。

遠回りのようだが、きちんとしたフォームを身に付けてから
フルスイングした方がぐんと打率は上がる。

ちょうどワープロなどが世の中に出てきた時に、
「手書きで書いた方が”早い”」とうそぶき、
キーボードに向き合わなかった人は、
完全に取り残されたのである。

早さで言えば、数段キーボードの方が早いのだ。
しかもタッチ入力(左右の手の指5本の使う場所を基本通りに使う)
をマスターしてしまえばそれは歴然だ。

それぞれの指を使うことを
”その場しのぎで”人差し指だけで入力することが身についてしまうと、
もう治せない。

一生変えることもできなくなってしまうのである。

最初は時間がかかるかもしれない。
しかしそこで費やした時間が
近い将来に劇的に時間短縮になることを知っておいた方がいい。

効率化は最初の取り組み方でほとんど決まってくる。










曇@中小企業大学校広島校。
サーバメンテナンス中で更新が午前中出来なかったなぁ〜。

2011/11/24

熱気ムンムン。<3,792本目>  ひとりごと

先日、とあるアパレルメーカーの「バーゲン」会場へ行ってきました。

この20年、「不景気だ」「売れない」「消費の低迷だ」
などなど、小売業にとって”いい時代”を感じることができないと言われ続けてきた。

ところが、レディースが8割、メンズが2割のその会場は、
「入場制限」が出るほどの人だかり。

単発的なバーゲンではないので、
一時的に人があふれているという状況ではなく、
スケジュールに合わせてどっと押し寄せている感じです。

売場は”ムンムン”なのです。

流石にメンズの方はレディースに比べて空いていますが、
それでも、人にぶつかりながら避けていかないと通路を歩けない状態です。

売れる商品もあり売れない商品もあるのですが、
すさまじい集客力と販売力であることは確かです。

精算するためのレジは15台ぐらいあるのですが、
どれも、午前中から”大渋滞”。

レジでの精算に1時間近くも並んで待ちます。

自分のお目当ての洋服(服飾)を袋いっぱいの人も
ちょっとだけ買う人もとにかく行列です。

客単価は1万円ぐらいの人から20万円以上の人もいます。
平均すれば10万円ぐらいでしょうか。

それだけのモノを買う人が、
大挙押し寄せてくるのです。

冬物はアウターが多いので単価は上がりがちではあるのですが、
それでも”大枚”が羽をつけて飛び交っているようです。

売れない業種やお店があるのではなく、
売れる売り場があり、
売れないお店があるだけなのですね。

バーゲンで安いからだけで売れているのとも理由は違います。

自分のお店の売り上げや
お客様の動きやお客様の声を注意深く聞き取り、
すべてを受け入れて分析してみることが必要ですね。

自分のビジネスですから、他力本願で売れ始めるはずもないのです。

景気がいいという時代になっても、
今売れないお店は相変わらず売れないお店となってしまいます。

毎日毎日、頑張っているとは思いますが、
しっかりと”数字”と向き合う時間を作らないと「経営」とは言えないでしょうね。

一夜漬けも通用しないでしょう。

負けていられませんよ、頑張りましょう!











晴@広島出張。
ワンポイントのお休みが取れた人はリフレッシュで全開できますね。
来ていただきありがとうございます。

2011/11/23

早く暗くなるなぁ〜。<3,791本目>  ひとりごと

日が、日に日に短く感じますね。

もう日没時間は午後4時台なんですね。
だから5時前にはどんどん暗くなる。

ここ数日は、気温も下がっているので、“冬”って感じです。

気温が下がってくると、暖かいものが食べたくなりますね。
その代表選手が「鍋」でしょう。

鍋は一人で食べることはない。(一人鍋じゃぁ寂しすぎるでしょ。)
みんなでワイワイ、“鍋をつつく“のがいいんだな。

楽しい仲間と、
楽しい会話と、
大笑いする時間。

こんな時間が年末にかけて増えてくるんだろうね。

それは楽しみだ。

日照時間が短くなっても、
あたりが暗くなっても、

楽しい時間が長くなって、
気持ちが明るくなるのならいいね。

つまらない愚痴や、
どうにもならない不満を言っていても
ちっとも楽しくないし、解決もできない。

誰も喜ばないし、
自分自身も嬉しくない。

夜の“お座敷”予約も随分と埋まってきました。
(*お座敷=宴会のことだけではなく、夜の時間の講演会など)

「鍋やりたい!」って人がいたら、やりましょう!
もう、5時くらいから始めたら、長い時間楽しめるかもねー。













曇@下り坂。
祝日ですがアクティブに来てくれてありがとうございます。

2011/11/22

チームの力。<3,790本目>  ひとりごと

企業診断をする場合に、
複数のメンバーや専門家でチームを組むことがある。

専門家が集まる場合は、それぞれの専門パートを追求していけばいいので、
あまり心配はいらない。

中小企業診断士の資格維持のためには、
コンサルタントとして開業していない場合は、
そのスキルが錆びつかないために一定の座学と実習を受講する必要がある。

その実習の指導員を15年ぐらい担当しているが、
そこのメンバーはキャリアや専門分野もまちまちだ。

面識も実習時点での初対面がほとんどである。
最初に必要なのは、集まったメンバー同士のコミュニケーションである。

実際にはその人が持ち合わせているスキルよりも
良好なコミュニケーションから生まれる「チーム力」なのだ。

もともと、経営コンサルタントとして活躍していないメンバーが、
実際の企業の診断をするわけなので、
自分の担当分野を必死に勉強するしかないのだ。

そしての自分の責任をきちんと果たすことが、
自分自身のスキルアップに直結するのだ。

自分が自分を高めるための意識がチームに貢献できるのだ。

もたれ合いのチームでは、リーダーも大変だ。

リーダーはバラバラのチームにならず、
いかにそれぞれの力を集約するかに注力する。

自分だけの世界(考え)では不十分な部分を他のチームメイト
が気づかせてくれる。
そこに気が付く素直さが、やはりチーム力には必要だ。

チームに迷惑をかけることなく、
自分の持っている力を最大限に提供する。

そんな信頼関係がコミュニケーションの中に生まれれば、
きっと強いチームができるのだ。

診断先にも必ず伝わり、喜んで頂ける。

そんな診断が今回はできた。

参加メンバーも、診断先も、指導員としても有意義な時間を持つことができてありがたい。













晴@寒いじゃん。
コートの襟を立てながらさっそうと来てくれてありがとうございます。

2011/11/21

考えることを考える。<3,789本目>  ひとりごと

やることだけではなく、
考えることも後回しにしてしまうことがある。

最初の内は覚えているのだが、
そのうちにまた、考えることができてきて先延ばしになってしまう。

そうなると、その考えなければいけないことは
永遠に考えないこととなり、お蔵入りしてしまう。

せっかくの閃やアイディアが実現しない時の
よくあるプロセスだ。

考えることはどこでもできる。
だから、いつでもできると勘違いしてしまうのだ。

でもそれはあくまでも頭の中でだけのことだ。
アタマの中だけでは“カタチ”になっていない。

カタチにしなければ、人の伝えることはなかなかできない。
伝えることができなければ賛同者を募ることも出来ずに、
実現しないのだ。

椅子に座ってテーブルにじっくりとと向き合う時間を作るのだ。

大きな紙を用意して、そこに書き込んでいくのもいい。
「moreメソッド」の手法を応用してもいい。

考えていることをその大きな紙に書き出して、
線で結んでいく。

そうするとすぐに「マインドマップですね。」なんて言う人がいるが、
そんなことどうでもいい。

手法ではないのだ、
大切で必要なことは書いて自分の頭の中を見ることなのだ。

そこに現れた“考え“を見ることによって“新たな考え“が生まれることは少なくない。

そのための時間を強制的に
あるいは定期的に作ることが一番効果的だ。

既に来年のことを考えている経営者も多い。

そんな時に「時間がない。」なんて言っていては、
すでに“予選落ち“でしょう。

いつの時間を「考える時間」にするか、
“今”考えよう!













晴@寒いね。
さて、月曜日は張り切っていますね。
メルマガも届いていることと思います、ありがとうございます。


2011/11/20

遊んでますか?<3,788本目>  ひとりごと

きっと人生で楽しい時間はいろいろある。

「遊んで暮らす。」になんだか憧れるけれど、
それじゃ、物足りないとも思う。

やっぱり仕事が楽しいことも幸せだよね。

お休みが欲しいという発想は、
体が疲れてしまって次への体力が残っていない時に必要なのであって、
サラリーマン的な、考えでやっぱり物足りない。

仕事だって情熱を持ってもちろんするけれど、
遊ぶよ。

今年は本当によくテニスコートに足を運んでいる。

もちろん足がもつれて、つまづくコトや
思うようなショットが打てないことも少なくない。

それでも楽しいよ。

映画も何とか見ているさ。
名画に出会うなんて滅多にないけれど、見ている最中は楽しいさ。

ワインを飲む機会も増えたよね。
もともとアルコールは強くないけれど、
ワイワイ、ガヤガヤは嫌いじゃない。(煙草の煙は勘弁だけどね。)

オンとオフの切り替えなんて大げさにも考えない。

時間の「区切り」でササッーとやっちゃう。

その隙間を見つけるのもまた楽しみなのさ。

美味しいコーヒーをゆっくり飲む。
ゆっくり飲めなくてもコーヒーは飲む。

自分でいれたり、コーヒーショップで飲んだり、電車内でカップで飲んだり。
美味しい時間は楽しいさ。

それも遊んでいるんだよね。

Facebookやブログに書き込んでいる時なんて、多くの人は遊びさ。
そんなもんでもいいんだよ。

遊ぼうよ。
年末に向かって急がいけど、
仕事もバッチリやって、遊んじゃえ!

誰がご一緒してくれる?
お誘いしたら来てくれますか?














曇@雨もやみました。
日曜日はいろいろテンコ盛りでしょうが、来てくれてありがとうございます。

2011/11/19

自分をその気にさせる。<3,787本目>  ひとりごと

ヤル気があるとかないとか、
モチベーションが上がるとか上がらないとか、

ブツブツと悩む時もある。

振り返ってしまえが、
「なんであんなことで悩んでいたのだろう・・・」
なんてことがほとんどだ。

大したことじゃなかったはずだ。

大したことがなかったから、今でもこうして、
“無事に“過ごすことができているのだ。

時間が解決してくれたり、
忘れさせてくれたりすることも少なくない。

そんなもんなのだ。

悩む時は真剣に悩むのもいい、
その先にはきっと何か明るい光が見えてくるはずだ。

ただ、そんな時に一つ覚えておくといいことは、
「自分だけの内側に入るな!」
ということだ。

悩みながらでも迷いながらでも、
“外へ“出よう!

自分のことを全く知らないセミナーへ出るのなんて効果的だ。

あるテーマに集まってくるセミナー受講生は、
既にヤル気を行動に変えているからである。

その集団の中に身を置いてみれば、
きっとその気になってくる。

あぁ、自分も動き始めるといいんだな!
ってそんな風に思えるはずだ。

親身になってくれる、初対面の人なんて滅多にいないが、
初対面だからこそ、こちらのことを知らない。

相手が自分を知らないのだから、
もし、こちらが悩んでいたり落ち込んでいたりしていても
お構いなしなのだ。

そこは気が楽になるはずだ。

出ていけば自分をその気にさせることもできるぞ!













雨@土曜日。
行事やお出かけも、足元がよくないですから気をつけて。
いつものように来てくれてありがとうございます。




2011/11/18

のどに気をつけないと。<3,786本目>  ひとりごと

年間100泊近く出張します。

そうなるとホテルで宿泊するわけですが、
今頃の時期になって気をつけなければいけないことが、
「乾燥」です。

秋口までは気にしなくてもいいのですが、
これからの季節は春まで室内の乾燥が強くなります。

寝ている間に、
乾燥している部屋の中で呼吸をしているので、
朝起きると、のどがカサカサになっていることがあります。

「お話をして伝えること」も
日野のビジネスの役割の一つですので
のどをやられてしまっては怠慢なんです。

最近のビジネスホテルでは、
小さな加湿器を設置してあるところも多くなりました。

加湿器があれば必ず使いますが、ないところは湿ったバスタオル等を
ぶら下げておくのです。

これが朝になるとカリカリになっていることがほとんどですから、
いかに乾燥しているかがわかります。

乾燥するとタオルのようにカリカリ、カサカサになります。
のどがそうなると、結局”すべり”が悪くなります。

話(の内容)はすべらない方がいいのですが、
のどはすべらないと発声が困難になってしまいます。

円滑に進めるためにも、
のどは”しっとり感”が必要なのですね。

潤滑油がないとうまくかみ合わない状態です。

これは対人関係のコミュニケーションでも同様です。
関係に”カサカサ”があっては良好なコミュニケーションは取れません。

スムースにコミュニケーションをするためには何らかの潤滑油は必要なのです。

バリバリになってしまったタオルのような関係になる前に、
しっかりと湿らせておくことがいい流れを生み出します。











曇@AKB。
1週間も早いね、なんて感じつつの週末に来てくれてありがとうございます。


2011/11/17

波乗り〜。<3,785本目>  ひとりごと

一日の中で、
1週間の中で、
1ヶ月の中で、
1年の中で
10年の中で、
もっと20年、30年、40年、
そして一生の中で、

“いい時“と“よくない時“がある。

正確にはそう感じる時がある。

好不調の波があるのだ。
バイオリズムなのかもしれない。

テニスをやっていても、
コートに立ってボールを打つ前と実際に打ち出したからで
感触が違う場合がある。

フォアハンドがよい時もあれば逆にバックハンドがよい時もある。

ストロークがよく当たっている時もあれば、
ボレーのタッチが抜群に当たっている時もある。

ちょっとしたグリップの違いだったり、
体のキレだったりする。

そもそも、“毎回同じ“状態が少ないのだ。

ビジネスや日常でもそうだ。
同じお天気はなかなか続かないし、
絶好調の売上もそんなに続くものでもない。

何らかの“変化”があるのだ。

いろんな波が来る時にそこにどうやって“対応”するかの準備が必要なのだ。

乗り切るしかない。

一日の中で思うようにいかないことが2つあったとしても、
いいなぁと感じることが3つあれば、
一つお得だった、ってことです。

儲けもんです。

小さなことでもいいんです。

大きな波が来ても溺れなきゃぁいいんです。

明るく向き合っちゃいましょう!













快晴@東京出張。
コートが必要になりました、元気に来てくれてありがとうございます。



2011/11/16

【早割】「“脳”を揺さぶるビジネスフォーラム2012」  ひとりごと

18日(金)まで、【早割】です。

いつもありがとうございます。
「限定88名定員」で、
例年以上に濃密な情報交流ができます。

今年も開催します。

「“脳”を揺さぶるビジネスフォーラム2012」
毎年定員をオーバーしていますのでお早目のお申込がお勧めです。

また、今なら【早割】(11月18日までにお振込み完了特典)として
・会費が¥5000お得
・「ビジネススター誕生」に無料エントリー
です。

日時:2011年12月11日(日)16:15受付開始
場所:名鉄グランドホテル(柏の間)

<お申込み・詳細はコチラ

毎年ご参加の方や、
今年初めての方も続々とお申込中です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ