2007/6/30

セミナー  移動の達人

真剣!
クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/30

ペースをつかむ  ひとりごと

マラソンを見ているとついつい最後まで見てしまっている時がある。

子供の頃マラソンはつまらないスポーツと感じたときもある。野球やテニスのようにボールや道具を使ってやるスポーツのほうが楽しい感じがしていた。
「マラソンなんてただ走っているだけじゃん」と思ったものだ。

ところがいつからかマラソンが好きになった。
(似ているが全く違う競技の“駅伝”も同様だ)

それは「走る」だけと言うシンプルさにそのスポーツの凄さや奥深さを感じるようになったからだ。

間差損では最初にトップを走っていた人が必ずしも優勝するとは限らない。逆にトップを大きな差があってもじりじりと追い上げ最後のトラックで抜いていしまうときもある。

42.195キロと言う決められたきょるをは知っている2時間ちょっとの間にいろいろな状況が変化しランナー自身も状態がどんどん変わってくる。
そこにドラマがありおもしろさがあるのだ。
スタートから一気に飛ばしても最後にはパワー切れになってしまうし、相手に合わせてオーバーペースになれば同じように肝心の勝負どころで力負けしてします。

振り返ってしまえば短いのであるがレース中の長い時間を以下に自分のトレーニングしたイメージを自分のペーストして守り、維持していくかにかかってくる。

人にはそれぞれその人の「ペース配分」がある。そのペースが乱れれば少なからず動揺する。
あまり周りに一喜一憂するのではなくゴールを目指して自分のペースをつかんで着実に足を進めていくことが一番大切なことである。

2007/6/29

神風が吹いた?  ひとりごと

何本も所有しているわけではありませんが、万年筆好きはご存知の方も多いと思います。

使わない人は全く関心がない万年筆ですが今「売れて」います。おもしろいことに30年以上前に老舗と言われた万年筆屋さんは苦戦しています。
同じようなことが眼鏡屋さんや宝石屋さんでも言われています。

売れていると言っても当然マーケットは縮小しています。その中でシェアを伸ばしていると言うことです。過去の成功体験から抜け出せずに廃業しているお店もありますので「残ったら勝ち」なんですね。

やはり経営は「継続企業」が目標です。

そんなある意味で地味な万年筆を扱って頑張っているのが「竹内文具店」さん(岡崎市)。ここの竹内さちよ店長さんの笑顔はとびっきり素晴らしい!と何度かご紹介済みですね。

でも旧商店街の中にあるお店ではなかなか思うような来店客数が稼げず今月の24日(日)には「お店の最低売上」新記録を達成、と不名誉な記録にかなり落ち込んでいたのでした。

ところが閉店間際(午後6:30頃)、ふらりと来店された中年の女性がシャープペンシルを購入された。その時に振り返って竹内さちよさんがここ数年で本気で取り組み一生懸命作り上げてきた万年筆の陳列を発見。

「あら、ここにあの雑誌に載っていた万年筆があるわ。」
「ここにも欲しかったあの万年筆があるわ。」
「こちらにも・・・・。」

と言いながら数本の高級万年筆を一気に購入。
なんとひとりで50万円以上購入していただいたそうです。

竹内さちよさんも、何がなんだかわからず信じられない気持ちでいつもの通り「抜群のスマイル」で接客をし気持ちよく買っていただいた。

最後のお見送りは車が走り去っても何度も何度も最敬礼をして感謝を表した。
その日の最低売上記録は「(お一人様)最高売上」となって記録された。

これを聞いて「決してまぐれではない。」と確信しました。
かつて、改装当初にもフラッと来店した男性のお客様が25万円のヘラクレスと言うペリカンの素敵な万年筆を販売した実績があるのです。

このときも今回も
・きちんと売場を作り
・丁寧な接客をし
・万年筆の良さを伝え
・何よりもお客様の喜ぶお顔が見たくて
そして達成された素晴らしい売上です。

これは神風なんかじゃなく「実力」です。
しっかりとタネをまき、そのタネが芽を出し花を咲かせ、その花をちゃんとお客様は見ていてくださったのです。
しっかりと育てたさちよさんの功績でしょうね。

「いろいろなことがって・・・、」とチョッとウルウルしながら話してくれる報告を聞きながら
“やっぱりお客様はお店の味方なんだなー”と強く感じました。

まだまだ、これからのお店作りには課題がいっぱいですが、お客様から「もっともっと、がんばって」と励まされた気分になりました。



2007/6/28

よく言われることかな?  ひとりごと

あるニュースかメルマガか定かではありませんが、こんな言葉にフンフンその通りだね、と思いました。

「過去と他人は変えられないけれど、未来と自分は変えられる。」です。

よく聞く内容ですね。

コンサルティングで経営者のパートナーとしてお付き合いをしていると2種類の経営者に分かれると思います。
やはり将来に気持ちが向かっている経営者は“どうすれば今よりも良くなるか”と常に考えているのですね。
そしてそのために自分がやることをどんどん変えて(挑戦)しているのです。

うまくいかなかったらそれは「発見」として捉えれば次の手段やアイディアを生み出すチャンスとなります。

そんな考え方ひとつで何年も経った時に会社のは大きくなるのでしょうね。

2007/6/27

シロサイ  移動の達人

飼育係のお兄さんが幼稚園児に「どんなエサを食べるかなぁ?」と目の前で解説。キラキラと輝いた目が興味津々。是非とも行って欲しい「旭山動物園」です!
クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/27

話題の秘密を探る  移動の達人

移動の隙間時間を活用して「旭山動物園」。開園前に長蛇の列。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/27

絶対的価値。  ひとりごと

大リーガーのイチロー選手は血のにじむような努力と、誰から何を言われても決して曲げない信念を貫いて、メジャーリーグの偉大な打者になりました。

彼はあまり記録や数字のことを言いませんが、年間最多安打に対しては強いこだわりを持っているそうです。
なぜなら打率は、規定打席に達すれば、出場しなくてもその打率を維持できるからです。最多安打は、休めば増やすことはできなくなります。

つまり「絶対数」と言うことに価値があるのです。

イチロー選手を応援にシアトルのセーフィコフィールドで見たときに262本の世界記録を達成しました。
ヤンキースタジアムで今年はイチロー選手を見ました。直接見たのでまた、なにか記録を達成してくれるはずです。

NYの松井秀喜選手はもちろん大ファンですが「世界一」を達成する人はとても尊敬ができます。

2007/6/26

旭川校  移動の達人

経営トップセミナー、無事に終了しました。熱心な受講生で感謝しています。いくつになっても勉強する貪欲さは強い経営者の共通項目ですね!

2007/6/26

6月号の寿命  ひとりごと

先月下旬にご紹介した50年続く老舗全国誌、月刊「企業診断」(6月号)も、そろそろ7月号の発売です。
(先月↓の書き込み)
------------
経営コンサルタントとして独立をして15年が過ぎました。
その間やはり多くの先輩友人家族に支えられてきています(いかにもありきたりな表現できれいごとのようですがめったにみせないmoreの“側面”です(^_^;)。

「企業診断」2007年6月号(同友館)

↑写真、出ちゃってます。
-------------

書店で購入していただいた方、アマゾンmoreなLibrary)で買っていただいた方、たくさんの方からいろいろな感想をいただきました。

「仕事に対しての情熱がわかりました」
「いつもスマートな先生ですがとても努力しているのですね。」
「大変な苦労をしてきたのですね。」
「真剣な話をしてくれる理由がわかりました。」
・・・・・。本当にたくさんの愛情あふれるご意見をいただき感謝しています。
ありがとうございます。

でも・・・、
月刊誌のサガ(既に書店にも陳列されていないかもしれません)、最新号が出ればバックナンバーとなってしまいます。

本日あたりが書店で買える最後かなぁ〜。
プロフェッショナルを目指す方」「more秘密」を知りたい方はぜひお読みくださいね(^^)v。



2007/6/25

どちらか答えて!  移動の達人

あなたの目の前に、一度だけ使える「タイムマシン」があります。「今直ぐに使います。」か?それとも「これから先に使う。」か?

2007/6/25

110,000アクセス  ひとりごと

今日中に達成しちゃうかなー。

クイズやらなかったけれど、「111,111」はいつになりそうですかね?

旭川へ飛びます!

2007/6/25

竹島(蒲郡)  移動の達人

中小企業診断士の宿泊研修が終了しました。「朝の散歩」30分。神社でみなさまの「商売繁盛」祈願しました。石段は結構、堪えました(^^ゞ。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/6/24

相手を知る  ひとりごと

自分の考えていることを整理するときに紙に書いたり、誰かに話すことではっきり見えてくることが多い。

また、誰かの話を聞いたときにその話と自分の考えをくらべて、それが自分を整理するときに役立ったりします。

知識を吸収するのであれば単純に入ってくる情報を自分に取り入れていけばいいだけの話ですが、受験勉強や何かの資格試験ではなく経営は知識で成り立っているものではありません。

自転車に上手に乗るのに「取扱説明書」や「乗り方本」(そんなのあるのか(^_^;)をいくら読んだって乗れるようにはなりません。そんなことわかっていますよね。

「人の話をよく聞け!」とはよく言われていることですがこれには聞くときのポイントがあります。

それは「自分の主張をしっかりもって聞く」
と言うことです。
話を聞くことは受動的なイメージがするのですが実はかなり能動的でなければなりません。自らがアクションを起こすことが相手から学ぶことができるのです。
そしてその学びは「(聞いただけの)知識」で終わらせてはいけません。
しっかりと「知恵」にまでもっていきたいのです。

だから、
「お客様のニーズを知る」なんてことだけで売れるわけではありません。
そんなこと当たり前です、逆を考えればわかることで「お客様のニーズがわからないで売れるわけがない」でしょう。

つまり、自分たちが「何を、どうやって売って、お客様に喜んでいただくか」をまずはっきりと主張することです。
そこにお客様が共感してくれなければ「売れない」事実が残るだけ。そうしたら次はどうすればいいか考えるだけ。
それだけです。

なんだってヒントは自分の中にあります。

2007/6/23

もう夏!  ひとりごと

快晴の良いお天気です。
お出かけする方も多いのでは?こんな日は外で過ごすの気持ちがいいものですが、女性のみならず日焼け対策が必須ですね。

何気ない毎日ですが、季節を感じることは消費動向に大きな影響を与えます。
それは知らない間に気温やお天気が自分に与える影響を及ぼしているからです。

お店を構えている場合は来店したいただくお客様の要望に応えようとするのは当然ですが、もう一歩進んで来ていただいたお客様に「季節感」を感じていただくことが大切でしょう。

全国的に梅雨の時期なのですが意識は「夏」あるいは「夏休み」と言うように先へ先へと目が行きます。
楽しいことをイメージするのですね。

気温が消費には大きな影響を与えることはいつもお話していますが、何も食品や衣料品ばかりではありません。
直接的間接的の別はありますがどんな商材でも気温は影響するのです。

年中「同じこと」ではお客様は新鮮さを感じません。
チョッと先取りをして自分のお店ならではの先取りをして見ましょう。

そのヒントが思いつかなければ、ささーっに飛び出してみましょう!
道行く人たちのスタイルや表情からきっとひらめきを見つけることができますよ。

2007/6/22

広島を後にして。  移動の達人

中小企業大学校広島校の講義も無事に終了しました。真剣に取り組んで頂きありがとうございました。広島に来たなら「あなご」もぜひ、食べてみてと言われましたので、めったに食べない「駅弁」です。
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ