2007/3/31

ランニングエッグ販売員  移動の達人

中小企業診断士への究極の道のり。お客さまからの信頼から実現した店頭販売。イベントで大活躍でした!
クリックすると元のサイズで表示します

2007/3/31

でっかい“夢”を求めて  スポーツ

テレビ金沢で2月24日に放送された
ヤンキース松井の挑戦」のTV番組の録画を見た。(北陸の知人がDVDに焼いて送ってくれたのだ。とても感謝している。)

言わずと知れた昨年の大怪我の映像も流れ、何度観ても「痛いっ!」って鳥肌が立つ。そこから見事に復活して、今年にかける意気込みも例年以上に感じることができた。

松井秀喜選手のコメントの中で(さりげなく言っているが)
「治療やリハビリ、単調な練習は大して辛くないんですよ。
それよりも、野球ができないことのほうがもっと辛いんです。
やっぱり“野球がこんなに好きだったんだな”って改めて思いました。」

練習は負荷をかけて辛いものです。
楽な練習やトレーニングなんてありません。何度も何度も同じ練習をして改良をして
そして考えて、考えて、考えて、考え抜いて結果を求める。
まさにプロの姿です。

more的プロフェッショナルとは
「難しいことをいとも簡単にやってしまう。」
「見せている姿は“美しい”」
「お客様を感動させる」
でしょう。

この番組を見る前夜に実はを見ました。

それは「WORLDチャンピオンになった松井秀喜選手」です。
長いペナントレースには好調の時や不調の時もあるでしょうが、NYヤンキースとして、チームワークを発揮してトーリ監督が胴上げされている姿が見えます。
その傍らで松井秀喜選手も歓喜にしています。

実現しちゃいますよ、きっと・・・。

(日本のプロ野球(セリーグ)は“あの”チームが優勝します(^^)v。

2007/3/30

可能性  ひとりごと

毎日をどんな気分で過ごすか。

起きた時に「よしやるぞ!」って思えるか、何も考えないか。

「仕事は可能性の追求」だ。
何をするか、何ができるかを考えることはとても刺激的だ。
新しい発見や自分自身の気付きをどんどん生み出していくことはとても楽しくエキサイティングである。

可能性を広げることも狭めることも実は自分自身でできてしまうのである。
仕事っておもしろいぞ!

そんなことを考える“仲間”がどんどん増えていきます。
これもまた実に楽しいし楽しみでもある。

お花見”にかこつけて会って話しましょう(^o^)丿

2007/3/30

週末、月末、年度末  ひとりごと

いよいよも本番の週末になりましたね。

いつも言うように「区切り」は大切です。
気持ちの切り替えで随分と“更なる”を発揮することができます。

今日は思い切って「そうじ」をしていみてはいかがでしょうか?
「掃除」をタイトルにした本も随分と出版されていますし、買って読みましたが、
まず、「雑巾を用意してぎゅっと固く絞り、片っ端から拭き掃除をしてみる」ここからスタートです。

冬物のコートはもういりませんね、一気に春の装いにOfficeや自分のデスク周りを模様替えしてしまいましょう!

当然ですが「期末」の翌日は「期首」です。
一日(一晩)でがらりと経営の切り替えが行われるのです。
ここで“ダラダラ”時間を過ごしてしまえばまた同じことの繰り返しになってしまいます。

次のステージに行きましょう!

2007/3/29

筋肉痛  ひとりごと

赤ん坊の頃や子供の頃には筋肉は起きなかった、意識していなかったのでしょう。

赤ちゃんはお座りをしているときに前のものをとろうとすればそのまま前のめりになり胸が床にペタンとついてしまいます。
それだけ体が柔らかいんでしょうね。(お相撲さんでも同じようにできますね。)
その柔らかさがいつの間にか硬くなって胸が床に着くなんてコトは出来なくなります。
それも知らず知らずのうちです。

筋肉痛も同じです。
社会人になってから特別に習慣的にスポーツなどをしていなければチョッと運動をしただけで、翌日にはあちこちが痛くなります。その痛みが翌日だけではなく何日も続いたり回復が遅くなったりもします。

例えば腹筋などのトレーニングをして翌日に痛くなるようであればこれは「鍛えられた」と言うことになります。腹筋に負荷がかかったためにストレスとなって痛みが現れるのです。反対に痛みが現れないのは負荷が足りなかったか負荷に耐えられたかのどちらかです。

NYの松井秀喜選手は毎日2時間ぐらい腹筋などの筋力トレーニングをするそうです。松井選手が毎日筋肉痛であるはずもなく筋力が落ちないように維持しているのだとは容易に理解できます。

つまり負荷をかけなければ衰えていくのです。
筋肉痛があるのは、そこが成長しようとしたと判断できます。でも痛みをついつい避けてしまい怠けてしまいます。

毎日の活動の中で自分にどれだけ負荷をかけて、その負荷に耐えられる自分を作り出すかで結果は変わってきます。

結果はすべて自分が生み出していますね。

2007/3/28

お約束の直筆サイン頂きました。  移動の達人

(^^ゞ。少しでも、インターネットやITに関心がある経営者やビジネスマンには「おもしろい!」moreライブラリーにもおいてあります。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/3/27

バーチューブ@渋谷  移動の達人

著者の神田さんとまたまたツーショットです。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/3/27

余震が続く  ひとりごと

大切な人がたくさんいる北陸地方が心配です。
被害が本当に少ないことを願っています。

地震は目に見えるものではないので余計に不安になるのですね。

つまり先が見えないということです。

例えば電車が遅れた場合でも「復旧の目途」がわかればそれまで我慢したり対応したりできます。また、車での渋滞でも「到着まで何分」がわかれば気持ちの準備もできます。

しかし、「いつ復旧するのか」「何時に到着できるのか」がわからないとイライラします。ゴールが見えないから不安定になると言うことです。

ゴールが見えない」(=目標設定がなされていない)
今年度ももうすぐ終了ですね。

4月から「新年度」の目標設定をしなおすには今週がチャンスですよ。


2007/3/27

腕時計を忘れた  移動の達人

でも、さほど慌てない。それは困らないからだ。そうです、ケータイがあるからです。どちらの使用頻度が高いかと言えば腕時計のほうです。講演会でお話しさせて頂く時は絶対に秒針が付いたアナログ腕時計が必要ですがそれ以外はなんとかなりますねぇ。とは言っても東京出張なんですけどねぇ(>_<)。

2007/3/26

春は大好き  ひとりごと

学校では、春休みに突入している。
夏休みは冬休みととがってチョッと短い春休みですが、行事的にはかなり多い。
子供たちも昼間、街でよく見かけるようになりました。なんとなく明るい気持ちになる春はいい感じだね。

ピカピカの新一年生も期待と不安がいっぱいでしょうが、新しい芽が出てくる感じがして清々しいですよね。
今年の冬は記録的な暖冬でしたがそれでも春は待ち遠しい。
新しいことが始まる予感がします。

暖かく優しいひかりのイメージがある春は自分が生まれたシーズンでもあるのです。

だから好きななのかなぁ〜。

2007/3/25

震度「6」  ひとりごと

北陸で大きな地震がありました。

石川県、富山県、福井県にはたくさんの友人、知人がいるのでとても心配です。
北陸以外でも大きな範囲で揺れたようです。

天災は忘れた頃にやってくる」と言われますが、自然災害に対しても事前に準備できることは備えておきたいですね。

皆様の無事を祈っています。
タグ: 地震

2007/3/25

デンゼル・ワシントン  ひとりごと

いい役者さんですね。
「デジャヴ」・・・・。

映画俳優ってその人が持っている魅力が存分に発揮できるから素敵な仕事ですね。そして見ている人を一気にその映画の世界に引き込んでします。

観客としては観ている場面をその時その時の感情で観る。メンタルのコンディションによっていろいろな自分を発見する。だから映画は何度観ても感じ方が違うのだ。

好きな映画俳優は男優ばかりでなく女優でもいますが、人間の魅力っていろいろあるんだよね。いろいろな魅力が集まって組織や社会が成り立っている。

出会う人の魅力を見つけ出してそこにどんどん磨きをかけるのがmoreの楽しみかなぁ〜なんて思います。

映画でも本でも、そしてリアルでもいろんな人に出会ってみたい。いろんなところに行って体験してみたい。

ハリウッドスターに実はなりたい!?

2007/3/24

長く戦う  スポーツ

プロ野球パリーグが開幕する。
自主トレから始まり、一年間のペナントレースを戦えるだけの体を作ることがキャンプの目的です。
キャンプを経てオープン戦で感触を確かめる。
オープン戦だけ良くても長続きしなければ意味がない。

経営でも同じだ。

バーゲンだけ売れていて翌日から客足がさっぱりじゃ意味がないし、結局力がないということだ。
力をしっかりとつける。
そのためにやることは段階的に考える。

小学校一年生に一次方程式は解けないが、ひらながを書くことは出来る。
段階的に勉強をしていけば小学生が中学生になった時に一次方程式が解けるようになる。
そのプロセスをきちんとイメージして描いておくことだ。

今日よりも明日を見据えた行動が大切である。
もちろん目の前のことをきちんとこなしていくことが大事なのは言うまでもない。
それでも自分が描く姿を「結果」で示していくことが一番カッコいい!

2007/3/23

チャレンジ  ひとりごと

あるいは「挑戦」と言う言葉はとてもポジティブでよく使う言葉です。

多くの人が“チャレンジすることはいいことだ”と頭では理解しています。
ところが会社や組織の中では“変わること”に大きな抵抗感があります。もともとチャレンジすると言うことは今までにやっていなことにと組むわけですから“変わること”が大前提になるわけです。
「今まで通り」が一番ラクなんです。
だからここに落とし穴が潜んでいるのです。

結局、掛け声だけのチャレンジになっている場合がほとんどになります。
なぜ変わらなければいけないか?

人間でも世の中でも日々「変化」しています。自分たちが提供する商品(サービス)とお客様の求めているものの変化に「ズレ」があれば結果的に業績には現れてきません。

今までやってきたことが悪いわけではありません。
新しいことだけを注目すれば良いわけでもありません。

自分たちが求めている“ビジネス”をどうやってお客様に喜んでいただける状態で提供をすることができるか。この命題に向かって「チャレンジ」は続くのです。

自分を見失ってはいけません。

自分はもっともっとチャレンジできます。
しっかりとゴールを見据えましょう。
ひとつづつハードルを越えていけばいいだけです。あとは早いか遅いかの差が出ますがそれも実力で仕方がないことです。

実力アップ(=自分の成長)のためにすぐに取り組むことです。

2007/3/22

4%もいない  ひとりごと

セミナーや勉強会に行って、または本やインターネットでたくさん調べて「これはいいことだ!(やってみよう!)」と思って、継続して取り組んでいる人が成功していて、それが4%なのです。

となればセミナーにも行かず、勉強もしないで嘆いている人たちはこの4%には絶対に入れません。

情報収集して勉強して取り組まなきゃなー」と考えている人が1000人いてその半分が実際にアクション(セミナーや本で勉強)起こしたとしても500人。
そのうちの20%がいいと思うと100人。その100人のうちその良い事を継続してできるのはさらに20%で20人。
つまり1000人で20人なので0.2%だけです。

やっぱり勉強を日々して良いと思ったことを継続して取り組んでいる人は「それだけ」で成功するわけです。
既に0.2%と言う少数派であり「選ばれた人たち」(=差別か出来ている)になるのです。

本日の禁句「でもなぁ〜・・・・。」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ