2006/9/30

朝練  ひとりごと

中学生、高校生の時に部活動では「朝練」(=アサレン、授業の前の練習)のためにいつも早く学校へ通っていた。朝起きるのは眠いしもうやめちゃおうかぁ〜なんて誘惑に駆られる。それでも休まずに続けてきた気持ちはなんだったのだろうか?

高校時代からテニスを始めた。授業が終わりテニスコートへ行くと先輩が「まずランニング!こいつが一番遅いから後れないように着いて行け!」と言われ校外へ走り出した。長距離が苦手だったのでとても苦しくスピードについていけないのを「置いてきぼりにされちゃかなわない。」と思い必死になって着いて行った。
やっとの思いでコートに戻ってくると先輩たちが思う存分にストローク練習からボレー練習までずーーーーーとやっている。その間1年生はボール拾いと、声出しのみ。だんだんと暗くなりボールが見えなくなると、先輩たちは程なく練習を終わりかえっていく。真っ暗になってからボールを打つことも出来ず毎日が終わっていた。

そもそも朝練を始めたのは、そんな状況ではボールが見える時にコートを使うのは朝しかなかったからだ。
自らが「ボールを打って練習をしてうまくなりたい!」と自発的に考え、キャプテンに恐る恐る「朝コートを使わせてください。」と懇願したのだ。その時キャプテンは快く許可してくれたのだが、「お前たちがやるなら俺も一緒にやってやる」と言ってくれた。それから朝練開始となったのだ。だから早起きをして電車に乗って行くことが苦にならなくなるのだ。

やりたいことをするために自分の中から決めたことはしっかりとやり通す事が可能であることをした。逆に言えば、やりたいと思ってるだけで実現できないのは周りの環境ではなく自分自身の工夫が足りないのだと考えるようになった。

もうひとつの考え方は、練習時間が足りなければ試合には勝てないというコトだ。練習時間を多くとることがまずは試合で勝つための最初に思いつく方法である。絶対的な練習量が少ない者が練習量の多い者には肝心な時に勝つことが出来ない。最後に勝つのは無意識に体が反応している方だ。その反応を生み出すのは「質ではなく量」であると言うことだ。
量が質を高める」とはmoreに会った方は一度は聞いたことがあるかもしれない。

部活動の時間は一日の中で限られている。となるとどこの時間を使えば練習が出来るようになり、試合に勝てるようになるかを必死になって考えた結果が朝練なのだ。

その朝練を許可してくれたキャプテン(ひとつ上の先輩)はmoreの人生の師匠であり今でも家族ぐるみのお付き合いをさせていただいている。moreにとってはとてつもなく大きな存在ですが、「生物(年齢)的には一年しか違わない(ただのおっさん)なんだから、そんなにたいそれた存在にするな!」と言われるがやっぱり大きな存在だ!

2006/9/29

考えろ!  移動の達人

悩むのは迷っているときだ。進むコトを躊躇しているのだ。無理やり進めてもうまくいかない。決断を先送りにすればずっと悩まされ続けるよ。悩むのではなく考えて、考えて、考えて、考えるのだ。ぼーっとではなく必死にアタマを使え!アタマを使うとお腹が空くよ。それぐらい考えろ。考え中にはメモも上手に活用すればずっとアタマも整理出来る。アクションも起こさない、考えもしないでなんとかなる訳がないじゃん。話を聞いて考えてやって、また考えて…。アタマは一番身近な「経営資源」だよ。意思決定するのは全てアタマが考えた結果。

2006/9/29

上手か下手か  ひとりごと

お好み焼き「千房」社長、中井政嗣さんの講演の中で、「今では現金で手渡しをすることがなくなったお給料なので、給料明細に毎月毛筆で書いたメッセージを同封している」と言う。

そこに書かれている文字はとても上手できれいです。(今回いただいたお手紙から推察できます)こんな話を聞くと「私は字が下手だから・・・」「文章が苦手だから・・」と聞こえてきそうですが、中井社長は言いました「(書道なんて習ったこともなかったので)最初の頃はミミズが酔っ払ったような字でした。それでも10年続けていればなんとでもなりますよ。」とさらりと言われました。

これを「(まさに)継続の力なり」。

なーーーんて、わかった風に簡単に思ってしまったアナタ!
そうじゃないのです、それでは単なる傍観者。当事者として捉えるのならそんな風に考えてしまうのではなく「何か10年以上続けてみよう!」と考えるといいのです。

素晴らしい経営者の話を100回聞いたって1000回聞いたって、自分が良い経営者やすばらしい経営が出来るとは限りません。安易に評論家のように結論付けないことです。
わかった風に思わないことです。
素直にどんどんと「聞いて」
「取り入れる」コトです。そこから成功へのヒントが生まれてくるのです。

最初っから「うまい」人はいません。
努力です。根性です。(←すっかりイマドキは流行らない言葉ですが好きです。)

「努力&根性」(=巨人の星みたいやぁ〜(>_<)、しっかりmore応援しますよ!

2006/9/28

元気な姿から元気がでる  スポーツ

松井秀喜選手が今まで通りの守備にもついた。
ヒットもホームランもあの大怪我のあとを全く感じさせない素晴らしい活躍をしている。
それだけにリハビリ中の辛さや痛みが物凄かったと想像できる。でもそんなことは微塵も出さずに自分の出来る精一杯の準備をしていたのだろう。聞いてもきっとさらりとそんなことを言うのも想像がつく。
カッコいい!

ワールドシリーズを目標としているNYヤンキースにとってやはり松井選手はなくてはならない存在であることが証明されている。
ただの一ファンではあるがとても嬉しいコトだ!活躍すればするほど好きになりファンであることが嬉しく元気になれる。

これがプロ
商売=プロ。
お客様を元気にさせられないようじゃお金はいただけない。
売上=お客様に喜んでいただいたバロメータ。

勇気づけられる松井選手ありがとう。(っ手こんな声届くわけないけど、言いたいじゃん(^^ゞ)。

2006/9/28

毛筆の手紙  ひとりごと

先日出席した、お好み焼き「千房」社長、中井政嗣さんから細筆でびっしり書かれたお手紙をいただいた。
当日は講演終了後、名刺交換をさせていただき、中井氏の「できるやんか!」の著書をその場で購入しその本にサインまでしたいただいた。もちろんお礼のおハガキは郵送してありました。その返事ではなくお互いに同時のタイミングで投函しています。

その手紙の本文の中にイエローハットの鍵山秀三郎氏が進める「日本を美しくする会」でトイレ掃除を30年以上続けている記述がありました。
「10年は偉大なり、20年はおそるべし、30年は歴史となり、50年は神の如し・・・。」のフレーズがありました。これは講演の中でもおっしゃっていましたが、小さなことを続けることの凄さを物語っています。

そして、さらに「小さなことでも20年以上続けると文化となります。食文化、芸能文化、企業文化などなど、日本文化を継承し普及させる義務と責任があります。」と続いています。

企業文化(=経営ビジョン)は社風とも表現され「らしさ」です。
自分らしさをビジネスで表現できるのは経営者です。その「らしさ」に共鳴した人がお客様となりファンとなっていただけます。

経営は利益を出すことはもちろん大切ですが5年、10年、20年と存続すること(=ゴーイングコンサーン)はとても意味があります。
経営計画を5年、10年と考えることに夢を盛り込んでいくこともポイントになりますね。

そしてこの手紙から感じることは「手書きで毛筆」だから嬉しかったのではありません、「気持ち」が伝わってきたからです。
仮にワープロで書かれていてもそこに気持ちを感じることができれば嬉しいでしょう。誰が書いたか分からない(代筆されたような)事務的な手紙は心が動きませんね。

一緒に千房でお好み焼き食べながら経営談義しません?

2006/9/27

赤ちゃん誕生!  ひとりごと

ここには「工房のオヤジ」さんとして時々コメントをくれていますが、待望の第4子が生まれました。
かわいいかわいい女の子です。
オヤジさん家族では上の兄弟3人が赤ちゃん誕生とともに成長したと出産を喜んでいます。

家族全員を知っている、こっちもとってもHappyになります。

2006/9/27

自分を掻き回せ!  移動の達人

気分転換でもなんでもいい、仕事場や読む本や移動するルート、会う人を変えちゃえ!うまくいかないと思っていたことが何も影響なかったり、反対にうまくいったりする。そこに発見がある。じっとしていることの安心なんて過信だよ。下がりはしても向上は期待出来ないね。タウンウォッチング@携帯。

2006/9/27

小さなコト  ひとりごと

「一事が事」
ちっぽけなことでもお客様にとってはとても気になることもあります。その小さなほころびが知らない間に大きくなっていき、いつの間にか取り返しがつかないようなことになります。

売上の急激な下落があった場合はその前に必ず何らかの前兆があるモノです。実はその前(業績が好調なとき)に次のステップを考えておくことが必要なのです。
そのためには今の状態がどの段階にあるかをしっかりと認識しておくことが必要です。それは「計画を立てる」と言うことになります。
計画とのズレが現状を示していると言えます。
「計画通りに行かないから計画を立てない」とうそぶく人もいますが、計画通りにいかないからこそ計画を立てて実績とのギャップに対応するすることが「マネジメント」です。

アルバイトであろうと正社員であろうとその一人がお客様に対していい加減な対応をすれば何千人いる会社であろうとその会社は「いい加減な会社」となります。
チョッとだけなら大丈夫、なんて小さなことをないがしろにしていると、とんでもないことです。

に「小さなこと」こそ大事にすればその積み重ねの信用や信頼は揺るぎないものになります。

即効性や特効薬ばかりを求めることを戒めて、今目の前にある状態をきちんと認識して「まず何をなすべきか」を経営者としては常に問いかけておきます。

2006/9/26

これは繁盛するわ!  ひとりごと

送られてきた一枚のハガキ。
紙面が限られているのでそこには伝えられるメッセージは限られてくる。それでも気持ちがあれば伝わってくる。

こちらがハガキを出すせいかよくお手紙をいただくほうであると思う。それでも飲み屋さん(いわゆる居酒屋)のオーナーからいただいたことは1回しかない。営業的な手紙や広告的なハガキは名刺を渡せばたいていの場合は送られてくる場合は多々あるが、オーナーのが思い浮かび相手もこちらの顔をきちんと認識している状況で送られてきたことは今まで1回しかない。
その1回は昨年8月に亡くなってしまった「kitchen味菜」のオーナー松原教生さんからだ。本当にこちらの客としての気持ちを理解して、察知して丁寧な対応をしてくれた方だ。(未だに亡くなったことが信じられないぐらい信頼していた人です。)何かの時に送っていただいたことを記憶している。こちらも超繁盛店でした。

そして今回2回目のハガキをいただいた。それは先週まで開催していた「おうみ創業塾」の交流会で利用していた大津駅前「もてなし家 とっくり」のオーナー坂野博志さんからだった。
一歩店内に入れば威勢の良い元気な坂野さんの対応とてきぱきと対応してくれるスタッフ。いっぺんに気に入ってしまい4週講義に行っているうち3回もお邪魔してしまいました。受講生の皆さんもお気に入りになってしまい最終回の打ち上げでも大いに盛り上がりました。
その打ち上げでは「久保田」を一升瓶で差し入れしてくれたり心憎いほどの“おもてなし”をしていただきました(moreはお酒が強くありませんがその気持ちが嬉しいのです)。まさに店名、ストアコンセプト通りでした。

手書きで書かれたハガキの文面から坂野さんの顔が浮かび、「あ〜大津へ行ってまた受講したメンバーと楽しく熱く語りたいなぁ〜。坂野さんの元気とあの“店内にあった看板”欲しいなぁ〜。」なんて思い出しました。
最初にお会いした時、時間がまだ早く5時半ぐらいだったのでお店の前を掃除して、打ち水をしていました。
「きちんとお客様をお迎えする準備をしているなぁ〜」と感心したので店内に入りました。お店のレイアウトとしては決して良い条件ではなく間口が狭く置くに長く「オペレーションがやりにくいだろうなぁ〜」と感じさせるお店でした。
オーダーを取りに来た坂野さんは初めて行った私たち(その時は5名)を暖かく迎えメニューの説明や明るさから「このお店で楽しんでください」と言うメッセージを感じました。同席していたメンバーも同様だったらしく翌日には受講仲間に広まることとなり、最終日の打ち上げはその時点で決定していたほどでした。

そんな気持ちが冷め始めた昨日に届いたハガキでした。いつも予約が入っている理由もオーナーの考えが出ている店内とこのハガキから少しわかったような気がしました。
「(電車賃を使ってでも)また必ず行きたい」と思えるお店でした。

おうみミッションインポッシブル=OMI>
イケポンどうする?

2006/9/26

文字だけではなく声から収集  Web2.0→3.0

情報は集めるのではなく活用(=発信)することが大事です。
判断力を正確にするために情報と接します。要らない情報と必要な情報とを選別する能力を身に付けることが一番のポイントでしょう。

本は(買うのが)好きでたくさん買いますがなかなか読み終わりません。でもその本に「気に入ったフレーズが一行でもあれば」買ってしまいます。そしてボールペンでガンガン線を引きながら読みます。自分の本!という気になって愛着もでますよ。

そんななかオンデマンド(=何時でも自分のタイミング)でモバイル(=持ち歩きながら)して音から本の中身を知ることが出来るサイトがあります。iPodなどを持っているととても有効な手段です。
http://www.netvoice.jp/
ビジネス書が中心ですがこれを聴きながら出来ればメモにまとめていけばとても良いヒントが詰まったエッセンスを学ぶことが出来ます。
お勧めですよ。

2006/9/25

あと98日  ひとりごと

新年まで100日をきりました。
季節も夏の暑さはすっかり忘れてしまうようになりましたね。あんなに暑かったのに勝手に忘れ去ってしまうのが人間の面白いところでもありますね。

来年の手帳もほぼ出揃ってきました。今の段階でBESTなリフィルは揃えました。でも今年あたりは今までの手帳の使い方を全面的に見直そうとも考えています。

毎年いろいろな試行錯誤をしながら自分にとって一番使いやすくそして自分のアクションを助けてくれるように手帳はポジショニングしています。常にバージョンアップしなきゃ!
でも財布よりも手帳は大切だなー。

さて、「あと98日」何をしますか?
年末まで毎日連続で出来る簡単なことをそれぞれが何かテーマを設定して、ここに宣言をしてさらに自分を高めることをしてみましょうか?

98日間、新しいことを続けられたら来年はもっと素晴らしいことが実現できるよね、きっと!

2006/9/25

来月買わなくっちゃ  Web2.0→3.0

「Web2.0が面白いほどわかる本」(中経出版、文庫本¥520)
10月にでるらしい。
著者(小川浩)は「Web2.0本的には、これですべてやり尽くしたと思う。」とのコメントである。
http://blogs.itmedia.co.jp/speedfeed/2006/09/web20_ff53.html

いろいろなことがいろいろなところで動いているなぁ〜。
「乗り遅れる」とかじゃなくて、しっかりと自分のスタンスを決めて、決めたらモタモタしてちゃだめよ!って言うことです。

「決められない」じゃなくて「決めない」人はたくさんいますね。
そんな方はご相談ください。(←ただし「本気」でね)
ズバリ言いますよ!(あれっ、どっかで聞いたことがあるフレーズ(^_^;)

2006/9/24

はがきを書く  万年筆

決してがきれいな訳でもないのですがハガキを書き始めて3年ぐらいになります。
もともとが万年筆の魅力に取り付かれて中学校以来の万年筆を手にした時から始まった。

最初の1本は「さちよスマイル」の竹内文具店さんで購入したものだ。これは極太で太い文字はチョッと筆のような雰囲気も出るしインクの濃淡が出てこれはこれで味がある。

そんな時、今のハガキの背面(実際に私が使っている何年筆の写真が載っているでしょ)にあるスイスのカランダッシュ社の「アイバンホー」シリーズをいただいた。そして、最近持ち歩いているのがウォーターマン社の「カレン」(ロイヤルヴァイオレット)です。

万年筆を使う場面は日常的には実はあまりない。それでお会いしてもう一度お会いしたいと思った方や状を中心に「ハガキを書こう」と思い立ちオリジナルハガキを作ってしまったのだ。

今のオリジナルハガキはバージョン2です。残りも数十枚になってきましたが、ひとつのバージョンが500枚セットなので今までに1,000枚近く書いたことになります。
バージョン3をそろそろデザイナーと打合せをしないとなぁ〜。年内には間違いなく新しいハガキをお見せできると思います。またその時はお知らせしますね。

でも、いいよ、万年筆。
インクの色もいろいろあって楽しめますよ。

2006/9/24

朝、ひる、ヨル。  ひとりごと

朝、目覚めれば顔を洗いPCの電源ON。
立ち上がっている間に体重計(体脂肪)を計る。そして、
PCに記録しメールチェックとささっとブログとWEBサーフィン。一連の流れは習慣となっているので全く苦にならない。

ひる、アクティブに活動。必要に応じて電車などの移動中に携帯からPC宛メールをチェック。必要であればその場で電話。(その日の用件等をPC宛にメールしてくる人がいる。なんでもメールで連絡すればいいってもんじゃないね(^_^;))

ヨル、講演等が入って遅くなってもよほどのことがない限りメールチェック(&返信)。寝入る早めにPCから目を離して読書(しながら寝ちゃうzzzz.......)。

メールに振り回されているわけではなく、メールこそ自分のペースでなおかつ短時間で処理できる有効なツールです。
インターネットを毎日のビジネスや生活の中に取り入れることが「朝、顔を洗う」のと同じになってしまえば気がつかないうちに学ぶこともどんどん増えてきます。

(人や知識、発見などと)出会い学びはとても楽しい

2006/9/23

5分で出来ること  ひとりごと

4分で出来るようになれば20%の効率アップ。
5分で出来ることを後回しにするとどんどんその5分が延びていきます。それが10個溜まると50分かけないと出来なくなります。

「50分となると1時間ぐらいの時間が必要だなぁ〜」なんて考えるとますます先延ばしになっていきます。そして「週末にでもまとめて・・・」なんて考えると今度は1時間が10個ぐらい溜まって「1日あれば何とかなるかぁー」となって「今月中には・・・・」なんてなり、結局出来ないことだらけになってしまいます。(今の時期になると「年内には・・・」なんてなるのかも)

「1日5分」の過ごし方をチョッと意識するときっと劇的に時間の使い方が変わりそうです。
3分でもいいんですけどね。
ちなみに今から原稿なしで3分間スピーチしてくださいと言われてその時間を使いきれる人はあまりいなくてほとんどが持て余してしまうでしょう。それぐらい「長い」時間なんですね。

工夫&知恵で毎日を楽しく笑顔で過ごしましょうね(^o^)丿。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ