2005/5/30

「忙しさ」の分析  ひとりごと

「忙しい」が口ぐせのようになってしまいます。
例えば「最近、なかなかお会いできませんねー。忙しいですか?」
「そうですね何かと忙しくて・…。」
続いて「(あなたのご商売の)景気はどうですか?」
「いやー、あんまりパッとしませんねー…。」

こんな会話が日常的に交わされますね。
でも(ちょっと意地悪な考え方ですが)「忙しい」のに「商売はパッとしない・・」のはなぜでしょうか?
何が「忙しい(忙しかった)」のでしょうか?
自分のビジネス(仕事)が忙しかったのなら景気(業績)は良くなるはずでしょうね。忙しいのに業績が上がらないのはどうも別の理由がありそうですね。
それはなんでしょうか?
考えてみましょう。(思いつきを「コメント」いただくとありがたいですね。)



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ