こだわりのメイクアップスタジオフラウ

高橋 繭衣(MAI TAKAHASHI)主宰
メイクアップ・ヘアメイク・アートメイク・フェイシャルエステ・まつげパーマ・カラーコーディネイト・スクールとトータルビューティをプロデュースいたします。(At 横浜)

 
アートメイク・メイクアップ・エステ・ネイル・カラーのトータルビューティサロン「メイクアップスタジオフラウ」横浜市都筑区茅ヶ崎中央11-3-3F メイクアップスタジオフラウ 横浜市営地下鉄「センター南」より徒歩6分 「きれいになりたい!」「若返りたい!」「ヘルシーで!」 皆様のご希望を叶えられるサロンでありたいと思っています。 FRAUにある商品・施術はすべて私「高橋 繭衣」自身が 体験し、効果と安全性を感じられるもののみをおいてあります。 どうぞいろいろな美容情報の宝庫であるFRAUをご利用ください。

最近の投稿画像

最近の投稿画像
7/23 夏休みしかできない…

最近の投稿画像
7/22 NU-MAKEの施術例

最近の投稿画像
7/7 薄毛のカモフラージ…

掲示板

掲示板の設定が行われていません

フラウよりお知らせ

メイクアップスタジオフラウ 最新情報  脱毛キャンペーン開催中 8月末までのご予約に限り 3ヶ所選択→30%OFF 両脇 1回6000円 → 4200円 ひげ脱毛もおすすめです!

QRコード

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

ヘアーメイク

いよいよ暑さが猛暑&酷暑と、ますます厳しくなってきましたが
みなさんお元気ですか?

初めまして、frauにヘアーメイクスタッフとして入社いたしました
KAYOKOと申します。どうぞ宜しくお願い致します。

私は以前、TV、CM、CDジャケット、プロモーションビデオ、舞台、
その他いろいろなヘアーメイク経験を持つ、
フリーのヘアーメイクアップアーティストとして活動してまいりました。

そんな中、身内や、友達、そして仕事関係者の
ブライダルのヘアーメイクに携わっていました。

時折、関係者以外の方からも「普段のメイク方法がわからない」とか
「ヘアースタイルをどのようにブロー(セット)したらよいのか」?等
いろんな方の相談されるようになりました。

本当にお困りの方が沢山いらっしゃったのだと気付かされました。

そんな方々のお役に立てたら・・・
皆様の、美しさを引き出すヘアー&メイクができたら・・・と

そこで縁があり、メイクアップスタジオフラウのスタッフとして

私の願いが叶えられるようになりました。

お困りの方は、是非是非お気軽に、メイクレッスンにお越しにいらして下さいませ。

また、ブライダル、パーティー、パスポートの写真、免許の写真等、
ここぞ!!というときは、frauにヘアーメイクにいらしてくださいませ。

笑顔でお待ちしております!!


<高橋繭衣コメント>
とっても明るく、ひとなつこい性格なスタッフです。
名立たる歌手・アイドルのヘアメイクをしていた方です。
実際は彼女にメイクを頼むと高いのですが
フラウに入社していただいたことで
比較的皆様が体験していただけるようなPriceにしました。
ぜひ、プロのメイクや眉カットを体感ください。

余談ですが、
今までは裏方的仕事でしたのでKAYOKOは
油断してつい増量してしまったそう・・・

入社にあたり
現在、KAYOKOさん減量TRY中です。
皆様のお手本になれるよう、
どうぞ皆様KAYOKOさんが大幅減量しますので応援してくださ〜い!
0
投稿者:KAYOKO

男性の眉NU-MAKE

男性も眉が薄いとそれは悩みなのです。

どうしても眉のために「意思薄弱」に見られてしまいます。

責任感のある印象をもつためには

やはり眉が普通になければならない。

そこで男性にもNU−MAKEなのです。

では、どのようにするのか・・・?

女性とは基本的に作り方が全く異なります。

女性のようにきれいに整えた眉は

異様な雰囲気になります。

一時、堂本剛くんが整えた細眉で、視聴者は「???」と思われたのでは?

だから、形を作ってしまったら自然にならないのです。

まるで本当に生えているようにする。

そのテクニックはこのたび

先月末に台湾に渡り習得した「柔刺繍眉」の技法と「NU−MAKE」とのミックスで

より、自然に実現できる技法になりました。

ご主人が薄眉でお困りの方、

ご病気で抜けてしまった方

今まで男性の眉はよほどの理由でなければお断りをしていましたが

このたび、月に1度の日曜日は行なっていくことに決めました。

ぜひ、周りでお困りの方がいらっしゃったらぜひ、教えてあげてください。

福山クンにしてあげたいんですけどね・・・・

0
投稿者:MAI TAKAHASHI

(無題)

frauスタッフの平野と申します。


以前一度ブログを書かせて頂きましたが
随分前なので皆さん記憶にないと思いますので改めて自己紹介させて頂きます


私はfrauのスタッフになりもう3年目になります。
当初はまつげパーマを担当させて頂いていましたが今では
アートメイク、フォトフェイシャル、脱毛、メイクなどの施術も担当させて頂いてます。


frauのメニューはどれもオススメですが
私の一押しはNU−MAKE(ニューメイク)です


勿論私の顔にも眉、アイライン上下、ホワイトラインが入っています
そのお陰で毎朝のメイクは楽々ですし、
スッピンでもゴミ出しやコンビ二も行けてしまいます
今の時期は汗でメイクが崩れますし、プールや海に行く季節です。
そんな時、眉やアイラインが入っているととっても助かりますよ


アートメイクに来られるお客様は最初は痛みはないか?
キレイで自然な眉やアイラインに仕上がるのか?
皆さん不安を持ちながら来店されます。


でも施術後は皆さんとても喜ばれ、
次回の施術を楽しみにされお帰りになられます。
それだけ自然でステキに仕上がるのです!!


みなさんもスッピン美人になりませんか??
私、平野がお手伝いさせて頂きます

1
投稿者:r.hirano

(無題)

皆さん、はじめまして。
6月からフラウで働いております伊久美(イクミ)と申します。

まつ毛パーマ、フェイシャル、などフラウリラクゼーションメニューを担当してます。

私は過去、いろいろなサロンで働いてきましたが、
フラウはちょっと格別なのです。
美容のおもちゃ箱みたいなサロンです。
キレイの為のいろんなメニューが揃っています。
これからも私たちがいい!と思うものはどんどん増やしていく予定ですので
お楽しみにしてください。

ところでご来店いただきました方にはお分かりかと思いますが
私はアトピー体質なのです。

今現在顔にアトピーが出てしまいます。

入社以来、これはどうかあれはどうかと提案していただき、
アトピーに効果のありそうなものをいろいろと試してきました。
その結果、先週は今まで病院でも治らなかった首もきれいになってきたのです。

少し良くなったのをいいことに、ものすごく天気の良い日曜に、調子にのって帽子もかぶらず、日傘もささず、ディズニーシーに遊びに行って、まんまと日焼けしてしまったのです。

油断してしまったのです。

当然、ものすごい悪化。顔は真っ赤で、炎症や乾燥が一気におきて顔がぱんぱんに腫れてしまいました。

そんな顔でお店に立つ事に抵抗はありましたが、先生をはじめ、スタッフのみんなに、
励まされ、時に叱られ、一週間たった今は赤みも少しひいて良くなりました。

美肌への道のりは遠いですが、美肌の前に健康な肌を目指して今、がんばってます。
ここ一週間、私が特に注意していた事は、とにかく保湿!!外からも中からも!!
化粧水を常に吹きかけ、お水をよく飲みました。
化粧水は殺菌効果のある、強酸性水という化粧水を使用しました。
これはエイズも殺せるほどの殺菌効果があります。
日焼けした肌にも刺激がまったくなく、つけることでほてりも静まり、安心して使えます。

まだまだ肌がよい状態ではないのですが、
これから、いろんなモノを試して、やってみて、がんばって美肌を手に入れたいと思います!!
美肌は一日にして成らず・・・・
私が試して良かったモノ・美容法は、皆さんに紹介させていただきます。
どうぞ今後ともよろしくお願いします!!

0
投稿者:y・suzuki

同窓会のお誘い対策

いよいよやってきた

私にとっては「召集令状」のようなものなのかも。

「同窓会」の案内状

○○年ぶりに合う仲間たち

当然、私は「若さ」&「美しさ」作りに向けて仕込むのです。

期限は1ヶ月!

なぜに、そんなに同窓会に燃えるのか。

それは、同じ年齢の女性たちの中での自分の若さの位置確認なのか。

かつて恋焦がれた彼に「あの時、・・・・」と後悔の念を起こさせたいのか。

なんて心の狭い私なのか・・と思う。

純粋に昔話を楽しめば良いのに、一人意気込む。

こんな機会がなければ「美しさ&若さ」作りに本気モードをかけられない。

さあ、ではこの1ヶ月間どう、仕込む?

まず、取り組むのはどこからなのでしょう。

私は「歯」と「体づくり」から・・・

どうやって?

明日のお楽しみです。

もしくはご来店されたお客様に「勝ち組」必勝法を伝授いたします。

ちなみにフラウは勝ち組必勝美容プランを計画中

もちろん、私自身が実行していきますよ。
0
投稿者:MAI TAKAHASHI

アイライン(下)のNU−MAKE

一般的にアートメイクでは

アイラインの下はリキッドで目じりからスッと描いた様な状態が

美しいとされています。

しかし、私はこれにものすごい疑問を抱きました

本来、私たちはナチュラルメイクで下のアイラインを絶対にリキッドでは描きません。

描くときはフォーマルな状態やよほど個性的に見せたい時に使います。

ですから、アートメイクでおこなうアイライン(下)は日常的ではないのです。

ナチュラルならぼかしたようなまつげが濃く見える程度の状態なはずです。

ところが、私自身も入れていただいたアイラインはしっかりリキッド派。

メイクをしたときはきれいですが、すっぴんはいかにもメイクなのです。

私の思いを表現したくて、考案したNU−MAKEは

表現方法がナチュラルメイクの応用なのです。

下のアイラインは決して存在感があってはならないのです。

間近で鏡を見てアカンベーしてはじめて見えるくらいが美しい。

その状態なのに60cmはなれて鏡を見てもしっかり入れたことで

目は縦に幅が広がったように大きく見えるのです。

これ以上わかる存在は素顔になったときに品を失います。

私は「品」を大事にしています。

素顔になったときに「品」があるように・・・

美しくも、かわいくも、若々しくもありたいのですが

その前に「品」が良く仕上げたい・・・

これが私のテーマです。
0
投稿者:MAI TAKAHASHI
2 3 4 5 6 | 《前のページ | 次のページ》
/28 
 
AutoPage最新お知らせ