2009/4/15

マタニティ最後の日  マタニティ・ライフ



2009年3月11日(水)

昼間、いつもどおり約90分位、ジョギングとウォーキングに出かけた。
ほど良い汗をかき、とても快調。

深夜、一時間にたぶん3回位の、強いお腹のハリと痛みで度々目が覚めるが、眠たさの方が勝っていたので、気にせずそのまま眠る。



2009年3月12日(木)

朝、おしるしと言われるものが見られた。

予定日は一週間後だし、おしるしがあっても直にお産につながるとは限らないと聞いていたので、ハリと痛みは続いていたが、のんきに過ごしていた。

昼からジョギングに出かけようと外に出たが、やっぱりなんか嫌な予感がしたので、何かあってもすぐに帰れる様に家の近くを歩く事に。

なんだか、お腹のハリが増してきた。

早めに家に戻るが、この時点でもまだこれが陣痛へつながるハリだとは思ってもいなかった。


20:40頃
ハリに伴う痛みに不安を感じ、病院へ電話。

その一時間後には、痛みの間隔が10分を切る。


22:00頃
もう一度病院に電話をし、
いちおう、入院セットを持って受診しに行く。
ここではじめて、これが陣痛なんだとわかる。

そのまま入院決定。

夫にもついてきてもらっていたが、助産師さんに、初めてのお産なので今から24時間はかかるでしょうと言われ、一旦帰って休息をとってもらうことになった。


しかし2:00頃
あまりの痛さに、巡回中の助産師さんに訴え、受診してもらうと、予想以上に進んでおり、そく、分娩室へ移動になる。

はずだったが、、、

なんと、私の他にも同時に5人の妊婦さんのお産が始まっているらしく、分娩室がいっぱいで、急遽手術室でのお産が始まった。


あとで分かった事だが、この日は満月だった。


2:30頃
電話を受けた夫が、慌ててかけつけてくれた。



私入れて6人のお産に臨む妊婦さんに対して助産師さんはたったの2人。
当然、手が回るわけがない。



「陣痛が来たらいきんどいてね〜」
と言われたまま、夫と私二人っきりになった。



予想もしなかった。

放置・・・。



辛い、不安、恐怖、、、。



やり方も何も分からないし、それが正しいかどうかも分からなかったが、陣痛が来たと思ったら、とにかくめいっぱいお腹に力を入れた。

時々、助産師さんがバタバタと駆けつけて様子を見にきてくれるが、5分も経たないうちにまた他の分娩室に消えてしまう。


そうこうしているうちに、陣痛が2〜3分おきの間隔に狭まり、想像を絶するほどの痛みと辛さで、途中逃げ出したくなった。
本当に辛くてめげそうになった。
あきらめそうになった。


自分の母親の顔が浮かんだ。
こんな辛い思いをして私を産んでくれたのか・・・。
私より先にママをしている友人の顔が浮かんだ。

多くの母を尊敬した瞬間でもあった。


ようやく分娩室が空き、手術室から車椅子での移動。


分娩台の上で何度も気を失いかけた。
足や腕がつりだし、思うように力が入らない。
血管が切れてこのまま私死んでしまうのではないだろうかという恐怖心。

途中、大量に嘔吐したり、いきみすぎて点滴が詰まり血液が逆流したり、心肺が弱まってきていると、酸素マスクを装着された。



こんなことなら麻酔を打ってお腹を切って出して欲しい・・・。



最後の最後まで試練は尽きなかったが、神様が私といろはの生命力を試しているのだとも思えた。



そんな時目に入ったのが、いろはの心拍数。
何度も何度も心拍数が半分以下に下がる。でもその度に、直後に力強く、もとの心拍数に戻してくる。

いろはも頑張っている。
外の空気を吸うために一生懸命頑張っている。
生きようとしいてる。


私といろはの頑張りを見てか、夫も肝を据え、ぶっ倒れずに冷静に今の状況を見て伝えてくれた。

「いろはの頭の髪が見え隠れし始めたよ。」



助産師さんは側にいない。夫を頼るしかない。
もうやるしかなかった。

夫がいきむタイミング、休むタイミングを合図してくれるので、それを信じて呼吸を合わせる。いろはを感じながら。

がんばれ!がんばれ!がんばれ!・・・・・・

私と夫といろはの呼吸が全てうまく合った時、いろはが外の世界に顔を出した。


すぐに助産師さんが来てくれて、いろはを取り上げてくれた。

か細い声だった。「ふぇ〜ん、ふぇ〜ん」

いろはの泣き声を聞いた瞬間、夫と顔を見合わせ、ホッとして涙を流した。



2009年3月13日(金) AM6:17
2725g 48,5cm 元気な女の子 誕生


最初から最後までずっと励まし続け、一緒にお産に立ち向かってくれた夫に感謝の気持ちでいっぱいになった。



あまりにも激動の時間で、いろはにかけた第一声が思い出せない。

「よく頑張ったね」だったかな。



途中めげそうになって、逃げ出しそうになって、あきらめかけて、意識を失いかけそうになって、、、

それでもよく耐えれたなぁ、、、


お産直後、ものすごい満足感と幸福感で満たされた。
きっと、子供を産んだ女性にしか味わえない気持ちなんだろう。
その瞬間、自分が女性である事を誇りに思った。
自分が自分である事を誇りに思った。

命がけで産んだ生命。

生命の重さ、生命の素晴らしさ、生命の尊さ、生命の強さを知った瞬間だった。
いろはが教えてくれた。


いろは、父ちゃん母ちゃんのところへ産まれてきてくれてありがとうね。



本当にありがとう。



いろはがこれからどんな人生を歩み、どんな事を学び、どんな人に出会い、どんな人になっていくのか。

父ちゃん母ちゃんは楽しみで仕方ない。嬉しくて仕方ない。



走っている時も思った。
登っている時も思った。
何かと真剣に向き合う時いつも思う。

自分が生きた形跡を残したい。
自分がこの世に存在した証が欲しい。
今、自分が生きている実感が欲しい。

どんなに一生懸命やっても、いつもどこか物足りなさを感じていた。


けれど、そんな思いは、今、いろはによって満たされている。




2009/3/14



昨日から沢山の方々から、お祝いのコメント、メール、電話をいただきまして本当にありがとうございます。
夫婦二人で、感激しております。

本当ならば、各人にお礼の返事をせねばならぬところを、失礼ながら皆様にこの文章をもって、お礼の返事とさせていただきます。
これからも皆様に温かく見守っていただけるとありがたいです。

本当にありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します



「念願」

自分は

独り身の期間が長かった

一人でいい景色や、いいラインを登っても心を満たされることがなかった

自分には足らないもの

一人でめしを食って、いい景色見て、いいライン登っても

いつも何かが足りなかった

そうしておきよと出会って

初めて心満たされている自分を感じた

小さな車に乗って日本中を旅をして

あっちこっちの岩を登った

二人で居る事の幸せを感じていた

それでも不思議なことに

自分達の心に新たな欲求が巣くっていた

日々の生活を家族で以って体験したい

人生いろいろな事があるけれど

自分達の時間と体験を

子供の成長とかぶらせて過ごしたい

その一念がいつも二人の心を支配した

尽くる事なき我らの自然の欲求は

溶けそうに長い日々と壮絶な一日の体験で以って

神さんは我らに一子を授けてくれて満たされた

我々の満足は同時に新たな決意を生み

これから家族の居場所を確保し

がつがつ飯を食って食わして

家族の健康を確保しよう

未だ頑強なる欲求で以って家族を守っていくことにした



いろはの満足が二人の幸せであるように

二人の満足がいろはの幸せであるように






2009/3/13

無事で何よりだった  マタニティ・ライフ

皆様、

わかっていたことですが、
昨夜急遽陣痛が始まりまして、入院してそのまま今朝6時すぎ、
体重2751グラムの元気な赤ん坊が産まれました。本当に、お陰様です!

出産は本当に凄いことです!

体調が戻ったらおきよからまた報告できることと思います。
夫より

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/10




先日、まりりんから安産のお守りにストーンアクセサリーを頂きました。


とっても綺麗な色の石です。

クリックすると元のサイズで表示します


眺めていると、なんだか心落ち着きますね。

とても嬉しいです!どうもありがとう〜!



いろんな方々から沢山の安産お守りを頂きました。
その時が来たら、もちろんぜ〜んぶ持ってお産にむかいますよ!!

とても心強いです!安産間違いなしな気がしてきましたー。

みなさん、本当にほんと〜〜にどうもありがとう。
とうとう出産予定日まであと9日になりました。
無事に産まれたらすぐに報告しますからね〜。


まだお腹の子からの合図が来ないので、もう少しの間見守っていてください。




2009/3/9

我が子へ  マタニティ・ライフ



ミシンかたかた、、、手縫いチクチク、、、。

我が子へ贈り物、いくつか完成〜!



(赤ちゃんモデルはELMOちゃん。)



その@ ブランケット

クリックすると元のサイズで表示します

裏布はオーガニックネル、肌に直接触れる首もとは三重ガーゼを使いました。




そのA 春夏用おくるみ

クリックすると元のサイズで表示します

春夏用のおくるみはあまり売ってないので自分で作成。
表はワッフル生地。肌に触れる裏布は、オーガニックWガーゼ。
女の子らしく、帽子にハートの刺繍とふちにブランケット刺繍してみました。




そのB プレイマット

クリックすると元のサイズで表示します

私の大好きな水玉模様をつなげて作りました。
かわゆいマット出来上がり!!



そのC モール

クリックすると元のサイズで表示します

きらきらビーズやボタンを麻ひもに通してプラプラ〜〜。






2009/2/28

今、わたし、強運!?  マタニティ・ライフ


妊娠して、宝くじや懸賞が当たったという話をいくつか聞いた事がある。


そして、私も妊娠してから、、、



まず、アゲハチョウやおにやんまがお腹にとまった不思議な出来事から始まり、

ある鑑賞券が当たったり、町内の商店祭のくじ引きでティツシュより良いものが当たったり、、、

考えすぎかもしれませんが、お腹の子が幸運を呼んでいるような、、、以前より明らかに運が良いのです。


先日も、近所の行きつけのパン屋さんの2th記念でくじ引きを引いたら、こんなものが当たりました。

クリックすると元のサイズで表示します

素敵な籐のかご。下段にワインを入れ、上段にパンを入れてお外でブレイクタイムを楽しむ物だそうです。
おっしゃれ〜〜!!



お店のお母さんに「景品の中で一番高価なものよ〜〜」なんて言われて、とっても気分を良くして帰りました。



ちなみにぷーまんが引いたくじは、50円引き券・・・(笑)






2009/2/27

ありがとう  マタニティ・ライフ


とうとう10ヶ月目の第一週が過ぎた。
予定通りいけば、あと三週間ほどで我が子に会えます。

生まれてきたら一緒にあんな事しよう、こんな事したいなぁ、、といろんな希望や夢を膨らませています。


先日、かよさんからこんな本を贈っていただきました。


クリックすると元のサイズで表示します


優しい気持ちになりました。
嬉しい気持ちになりました。
泣きそうになりました。

とっても素敵な本です。どうもありがとう。





心の準備は出来ています。

今は、お腹の子が「出たいよー」という合図をくれるのを静かに待っています。



2009/2/5

両親学級  マタニティ・ライフ



とうとう、9ヶ月目の半分が過ぎた。


母子共に元気です!!
母子共に順調に成長していますよ。(母も?ってか!?笑)


私は毎日胎動を感じながら幸福感に満ち、生命の力強さに驚き、神秘に感動しています。

もちろんこれからの不安もあるし、うまく出来る自信も無いですが、今はそんな気持ちよりも、楽しみな気持ちの方がずっと大きいですね。



ぷーまんはというと、健診で女の子だと分かった時からデレデレさがさらに増し、暇あればお腹に話しかけております。



思い返せば、妊娠初期の頃が懐かしい、、。
出産までの10ヶ月はとても長く感じるけれど、親になる心の準備をするためにはきっと必要な時間なんだろうなぁ、、と今は思う。
1、2ヶ月で急に子供が産まれていても、きっとどうしていいかわからなくなるだろうし、、。



私が最近登れないので、週末によくぷーまんとジョギングや散歩に出かけるようになった。

我が家のすぐ近くには、中山寺へ続く巡礼道がある。

クリックすると元のサイズで表示します
こないだはその巡礼道に趣のある神社を見つけ、立ち寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここ最近の春のような暖かさのせいで、梅の花がチラホラ咲き始めていましたよ。


そして、この日は午後から、市が催している両親学級に参加してみることに。

クリックすると元のサイズで表示します

妊婦体験をしているぷーまん。
8ヶ月目の妊婦さんを想定して7、5sのおもりをお腹につけている。

「こんな負荷を付けて登ったり走ったりしているの?」とぷーまんに感心された。


そう!この負荷が外れたときにゃあ、スーパーおきよであ〜る。


お次は、沐浴の練習。
50cm3s、かなりリアルな赤ちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します

父ちゃんの一生懸命な姿がちょっと微笑ましかったです。



いやぁ〜、、、とうとう!ついに!?来月、家族が一人増えるんだなぁ、、、。




ニヤけてしまう、、、。





2008/11/19

インフルエンザ予防接種と運動  マタニティ・ライフ


先日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。
ペアで受けると少し安くなるのでぷーまんも一緒に。

妊娠中の予防接種は胎児に悪いと思っていたのは間違いだったようで、先日ママクライマーのかよさんに聞いて初めて、受けた方が良い事が分かり、産婦人科に行ったらやはり勧められ、受けることにしました(妊娠初期は相談した方が良い)。

妊婦のインフルエンザ感染は肺炎の重症化や母体死亡の危険性が高くなるらしく、タミフルの使用も出来ないという事です。

→「妊娠中の予防接種について」


とは言っても、私もぷーまんも予防接種は小学生以来。
めっちゃ細い注射なのにちょっと緊張しました、、、。

注射して約2週間後位から効果が出て、4〜5ヶ月間効果は持続するらしいです。

私達もそろそろ効果が出る頃かなぁ〜、、なんか無敵になった気分です。




それはそうと、前回の健診で、わたくし、母子手帳に「体重コントロール」というハンコを押されてしまいました、、、。
1ヶ月に1kgの体重増加が望ましいとされているところを、なんと一気に3kg増!
ヤバイですわ、、。
自分では積極的に運動してたつもりなんですが、良く食べる私にはまだ足りないようです、、。


で、翌日からジョギングを始めました!!(お医者さんの承諾済み)
時々歩きも入れて、約1時間ゆっくり走っています。

クリックすると元のサイズで表示します

まさか妊娠してジョギングが出来るなんて思ってもみなかったなぁ、、。
しかもクライミングを始め、走ることから5年間も退いていたのに、こんな時期に再開するとは、、。


母や友人にその事を言うと、たいていは、「大丈夫なん?走って良いの?」と驚かれ、反対されます。
私もずっとそう思い続けていたので、以前メディアで、出産直後に復帰してオリンピックで活躍されている選手が、出産2日前まで走っておられた事を知った時は本当にビックリしました。


私達の親の時代までは、運動や振動が早産や流産の原因と考えられていたらしく、妊娠したら安静な生活指導をされていたようです。
でも近年では、超音波機器などによる診断技術の急速な進歩によって、流産の90%が初期に起こり、それは病的卵の起因によるもので、運動や振動による外的な要因で起こるのではないということがわかったようです。
そして飽食時代の今、栄養の過剰摂取により急激な体重の増加で、腰痛や妊娠中毒症、難産が増加しているということです。

→「妊婦と運動について」


前回の記事で、出産後私はクライミングを続けているかわからないと言っていたけど、最近は、やはり出産後は出来るだけ早く復帰して良いパフォーマンスがしたいなぁ、、と思うようになりました。

人工壁を触ったり(常にお腹の子を気にしながらね!)、ジョギングをして体を動かすことで、自分の心が前向きになり、体力や身体作りへの意識が高まってきたように思います。




次は水泳に挑戦かな、、!?




2008/10/29






「ものすごく自然体になったんだと思う。心が。」

こんなふうに、粒ちゃんがお便りに書いてくれた妊娠体験談。





「こういう時期にしか気付かないこともたくさんあると思います!」

と、加トちゃんがくれたコメント。






今、私は穏やかに流れる時間の中で、自分の感情にとても素直に過ごしています。


クリックすると元のサイズで表示します


いつもの時間にいつものように散歩に出掛け、いつもの場所を通っているのに、不思議と毎回風景が違う。

毎日、些細な発見があって、その度ニンマリとしてしまう。
例えば、隅の方に小さく咲いている花とか、一瞬一瞬変わる雲の形とか、飼い主の言う事を聞かないいたずらな犬の行動とか、子供の無邪気な動きとか・・・。


こんな事もある。
テレビを見ていて、人間や動物ドラマがあると妙に涙もろかったり、誰かが思いやりの無い行動をすると妙に腹立ったり・・・。


クリックすると元のサイズで表示します



こんな感情、慌ただしく送っていた生活の中では、気付かなかったなぁ、、気付いてはいても浸る余裕が無かったというか、、。



その中でも私にとって気付いた一番大切なことは、人のあたたかさでした。
たくさんの人が私達を祝福してくれて、体を心配してくれて、いろんな事を気づかってくれる。
その度にとても感激しています。
本当に心から感謝しています。
ありがとう。




今のこの時間をめいっぱい楽しみたいし、すごく大切にしたいと思う。




そして、良いのか悪いのか、、、最近食べ物が美味しくって美味しくって!!
味覚まで敏感に、、、!?


近年、妊婦の体重管理はけっこう厳しいのです。
母の時代と同じように、お腹の子の分と二人分食べなさい。ではないようで、、。
体重が増えすぎるとお医者さんに怒られます、、。
妊娠高血圧症候群や糖尿病、難産などの危険が生じるので、だいたい妊娠前の体重よりプラス12s以内位に抑えなさいと言われています。


とはいっても、食べ物が美味しくて仕方がない。
しかも、実家に帰った時にゃあもう、、、!!

き「ごちそうさま〜。」

母「この残ってるの食べてしまいぃ。」
 
き「もういらん。」

母「あんたに、とちゃうの。お腹の子に。」

き「は、はい、、。」


という感じで、その後もお菓子やケーキやフルーツがどんどん出てきて私を誘惑する。


いつの間にか、これは子供の分!と口癖になっている自分が恐いです、、。

クリックすると元のサイズで表示します

退職する時に、妊娠中の体重管理にどうぞ!浅田真央ちゃんがCMしてたやつよ〜!と、職場の皆から頂いた体重計。

BMI、内臓脂肪、皮下脂肪、体年齢、、、などなど多機能過ぎて、日に日に体組織が変わっていくのがもろに見えて恐いです、、。

今じゃあ、体脂肪も体重も今までに体験したことの無い未知の領域に入っておりますが、、、私はこの先どこまでいってしまうのでしょうか、、、。



これも、「今だけしか出来ないこと」ですかねぇ〜〜。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ