2008/3/7

柏木での事故について  ニュース

悲しい知らせに触れました。

柏木の岩場で事故がありました。死亡事故です。

登攀工作員さんのページでだいたいのことはわかります。残念で悲しく心晴れることがありません。
今はただご冥福を祈るばかりです。

そしてこの件より、柏木は登攀自粛となっているようです。地域の方と関係者の方、クライマーの間で整理がつく時がこない限り、柏木でクライミングができないのは当然の事です。

自分も含めて全てのクライマーは、この事故から影響を受けない訳にはいきません。この事故から何を学ばなければならないか。
クライミングは初めから、危険な遊びです。それを分かっていて、日常から飛び出しているのです。だからと言って身を潰してしまうことを目的としていないので、考えられる危険を回避して安全措置をとりながらクライミングをしているのです。
なのに何故こんなことが起こってしまうのか。どんなに安全について注意していても、ある一瞬、間が差したというのか、気の弛みがでてしまうと云うべきか、普段では考えられないミスをしてしまうことがあるのです。無いとは言い切れない以上それは自分の身にも起こり得るのです。

私たちは、この事故を経てもクライミングは続けていくのです。
どうか皆さん、
わざわざ危険な場所に身を運んでいる以上は、今回の事故と亡くなられた方の事を忘れず、吾が身の戒めとして、それぞれの道を進みましょう。

それが私たちにできることであり、ご供養になるのだと信じます。



2008/1/30

豊田  ニュース

わかばやしさんのブログ上にて、

豊田の岩場を利用するに於いての提言がなされています。

「豊田エリアを訪れるクライマーへの提案」

クライミングエリアというのは、そこで登っている人の顔一つで成り立っていると私は思います。だからエリア開拓する時は、開拓者は相当の注意(地元、地域の方々への挨拶から、開拓スタイルに及ぶまで)を払うわけで、そのような人達によって存在するエリアを、ビジターはさらに相当の注意を払い利用する責任があるわけです。

私達がビジターとして、あるエリアを利用する時は、必ずそのエリアのルールを守りましょう。エリアをより良く利用できるようにする為の提案なのですから、ビジターとしても地元の方の提言は最大限尊重しましょう。

ジョニー氏のブログ上にもあるように、
先人達が積み上げてきてくれたクライミング界の歴史を、私達を経て、必ず次の世代に残し、伝えましょう。

私達の日々の感動を、未来の若者達にもあじわってもらうために、
責任を持ちながらクライミングをすると云うことは、
そもそも楽しいクライミングのやり方の筈だと思います。




2007/11/30

笠置清掃  ニュース

当ブログでの案内が遅くなりましたが、

今週の日曜日に「笠置」で清掃があります。
皆さんこぞって参加いたしましょう。




2007/8/26

ミタライ清掃  ニュース

ミタライでクライマーによる清掃活動があります。

9月2日(日)12時から

バーベキュー等で、心無い人の置き捨てたゴミが相当にたまっているようです。
クライマーがそのような事をしないと信じていますが、普段から地域の方々に、
お世話になっている事は確かなのですから、こういった機会に可能な限り、地元に貢献できたらと思います。

その発起人である方のHPがあります。

皆さんできるだけ誘い合わせて、ご参加お願い致します。


2007/4/27

責任  ニュース

先日、日本フリークライミング協会のHPに意見を投稿しました。
当たり前の事を書いただけですが、
できるだけたくさんの人に読んでもらいたい、そんな想いです。


2007/4/25

柏木 登攀自粛  ニュース

奈良の柏木エリアに問題が発生しました。
今現在、問題が解決するまで登攀自粛になっています。

詳しい状況については、
下記、関西ボルダリングサークルを開けてください。

http://moon.ap.teacup.com/bck2006/



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ