2007/12/31

登りおさめ  中国地方


今年最後の岩登りです。
今年もいっぱいやり残した課題がある。
でもまあ、悔いのないトライはしたので良しとしよう。
来年ももっともっとパワーアップして、しっかり岩と向き合いたい。
来年はどんな岩に出会えるかな・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
ぷーマンの登りおさめ

クリックすると元のサイズで表示します
おきよの登りおさめ

来年もよろしく。

2007/12/28

原点  日々


先日、20数年ぶりに保育園時代の私の担任保母さんだった「あっこ先生」の家を訪ねた。

あっこ先生は、私が卒園して小学2年生に上がろうかという頃に旦那さんのご実家に帰郷された。
あっこ先生が大好きだった私は、それ以来、20数年間年賀状を出したり、手紙を書いたりコンタクトを続けていたのでした。


クリックすると元のサイズで表示します

会いたいという思いは常々あったものの、関西と広島という距離が足を重くさせ、恥ずかしさとか不安もあり、今までなかなか行動に移せなかった。

しかしついに、念願の再会が実現した。

顔を合わすまでずっと緊張していたけど、その場を迎えた瞬時、心の中に何かファ〜〜とあたたかいものが広がった気がした。

あの頃のまんまだぁ〜。
気構えていたものが一瞬にして溶けた。

あっこ先生も旦那さんもけんちゃんもあったかかった。
シロもクロもタローもあったかかった。
家もあったかかった。
食べ物もあったかかった。
家を囲む大自然もあったかかった。

私の心のふるさとだな。

クリックすると元のサイズで表示します


振り返ると、私は今日まで素晴らしい先生や仲間との出会いが本当に沢山あった。
その方達や両親に支えられ今まで生きてこれたこと、日々感謝している。

クリックすると元のサイズで表示します

出会いが、次の出会いへとつながり、次の出会いが、そのまた次の出会いへ・・・・
そんな出会いをさかのぼると私の原点には「あっこ先生」がある。

保育園時代に、私の運動している姿を見てあっこ先生に何気に言われたことば、「おきよちゃんなら、オリンピックに出れるでぇー」

冗談だったかもしれないのに、その一言で、私の中の何かが目覚めたのでしょう。
その後の自分への自信につながっていったような気がします。

陸上と出会い、山岳と出会い、クライミングと出会い、そしてそれぞれのシーンで沢山の恩師、仲間と出会い、一生涯をともにするパートナーと出会った。

クリックすると元のサイズで表示します

これまでの出会いは、私にとって宝物であり、ずっと大切にしたいし、心から感謝している。


「ありがとう」



そしてこれからの出会いに期待です。





2007/12/25

再会  中国地方

早朝に恩師先生宅を出発。
恩師のもとを訪ねたいというおきよの念願は20年以上の歳月を経て実現したのだった。

別れの時には、愛くるしい番犬氏と番猫氏にもお見送りいただいたのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


気温が上がるまでドライブを楽しんだ後、岩場に到着。

今日のコンディションなら問題なし。暫くして忙しい勤務の合間を縫ってドリル男氏が合流。

三人で先日登り損なった課題をやりに行く。先週の内にのぼさんが初登しているようだ。流石です。

クリックすると元のサイズで表示します

新品指皮なので、本日のイチゲキでさっくり二登を果たす。前回に泣きのトライを重ねた成果?

クリックすると元のサイズで表示します

のぼさんスラブ、課題名 「山河(さんが)」

三ツ星です。


2007/12/24

里山のなかで  中国地方

おきよの恩師宅は将に日本の原風景のなかにありました。

透き通った心の食べ物に満たされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/23

のんびり観光  中国地方

今日はエリアに着いてみると岩がびしょびしょで乾いてなかったので、クライミングは止めに。

危うく路頭に迷うところだったが、ドリル一家が来てくれて喜んで拉致される。

クリックすると元のサイズで表示します

大三島のトコロ美術館に連れて行ってもらう。展示物の芸術的価値とかそんなのは僕はようわからんが、建物と作品と自分を瀬戸内の景観と一緒にしようとする意志が面白かったなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後みんなで、温泉に浸かって今日はお別れ。

ドリル一家様、ありがとう!

またすぐ遊びに来ます。

ほんで夜は、おきよが幼稚園の時にお世話になった大恩師先生を始めて訪問して泊まらしていただくことに。

久しぶりの再開で楽しく夜も更けたのでした。

2007/12/23

クリスマスツアー  中国地方

只今、牛窓。
昨日から降り続いた雨で、大きく予定変更。
岩が乾くのを待ちつつ、のんびりドライブしながら広島へ向かってます!

クリックすると元のサイズで表示します

2007/12/17

Fish of Mountain  中国地方


岩の国、広島。

今週末も行ってきましたよ!!

前回岩探しの時に見つけられていた岩。

今日その岩に、ツジャンがまた一本新たなラインを完成させました。


まずはアップに取り付いたライン。
クリックすると元のサイズで表示します
かじかむ指に結晶が刺さる。


ぷーまんは二回でしっかり決めた。


あれ?オクラ君は??


痛さのあまり逃避。はやっっ!!


ならば私が!!!
失敗する度に、うずくまって指先に息をハーハー。



なぬ!?
三豆ちゃんは、そんな痛さを物ともせず、もっと下のスタート位置から繋げ始めている!

ひゃ〜。


痛さに負けました・・・・。


うぃーすっ!次いってみよ〜!


この岩の、のぼさん初登のカンテライン。
クリックすると元のサイズで表示します
「マウンテン フィッシュ」
(魚の横顔に見えるので。右手で持ってるカンテ部分が口、緑の苔が目。)

今度はオクラ君もぷーまんも完登!
ならば私も負けじと・・・。

左手のワイドなカンテのピンチがねぇ、とてもスィーツなんですよぉ、、。


私がスィーツと苦闘している間に、みんなはハング真正面のプロジェクトラインをトライ開始。

クリックすると元のサイズで表示します
恐ろしい乗っ越し、、、。


クリックすると元のサイズで表示します
核心部。
トライを重ねる。



「あ゛、あ゛ーーーーーーーーーー!!!」





クリックすると元のサイズで表示します

山中に響き渡る気合いの叫びで、ツジャンは見事岩の上へ。
おめでと〜!!

課題名は「あ゛ーーー!」



さて、私はこのカンテを宿題とし、みんなで少し上のエリアへ移動。

そこで待っていたのは、またまたプロジェクト。
クリックすると元のサイズで表示します

二本の細く美しいクラックが上までのびるスラブ。
誰がどう見ても簡単スラブ。

みんな口々に、一撃だとかアップだとか、なんじゃかんじゃ、、、、


いざ触ってみると、


なんじゃこりゃ〜〜!!

美しいものにはトゲがあるって言いますからね・・・。

ぷーまんが、リップまであと一手というところまで解決出来たものの、その後到達高度がどんどん下がり、無念の敗退。

結局、辺りが暗くなるまでこの課題に気力も体力も注ぎ込んでしまいました・・。


また次回の目標が出来たなぁ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

寒い寒い冬の空を眺めながら帰るとしますかぁ、、、。




2007/12/17

早く呑みたい  日々

今日は早く帰ってきたので、日の出に行ってきました。

仲睦まじいご夫婦が温かく迎えてくれます。(帰ってみると写真保存できてなかったです。ごめんなさい。)

クリックすると元のサイズで表示します

去年のお酒を今まで保存してあった一品です。

う〜ん、早く呑みたい。





2007/12/9

道場忘年会の果てに  関西

夕べは道場忘年会がありました。

普段から顔を合わす人もそうでない人も皆一堂に会して、この一年を振り返り、楽しい時間を過ごしました。

(写真撮るのも忘れて、しゃべってました。終了は3時。)

ほんで、

やっぱりしんどいので、今日は近場ということで先週に引き続き「笠置」に行ってきました。

メンバーは、オクラくんとタツーとおきよと俺。

エリアに入ると、何故か中京のニャー君がいる。来るんやったら言うてよね〜。

ほんで、きっちゃんほんちゃんご一行とも偶然遭遇。

早速みんなで上流のエリアへおっちらゴー!

オクラ君がアップもせずに前回やり残した課題にとりつく。

クリックすると元のサイズで表示します

おきよもジャムのこつが少しずつ分かってきたみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

何回かかかったけれど、オクラ君はしっかり決めてくれました。

クラックだけれども最後はマントル。

クリックすると元のサイズで表示します
盛り上がるいいトライでした。おめでとう!!


またこの岩の看板課題はカンテラインであるが、名前を「バグダッド カフェ」というらしい。今日は完登者続出。おきよも綺麗な登りで見事に手中に収めた。
よ〜やったっ!

ほんで、俺の宿題をトライ開始。

岩の状態は前回より良い。落ちれない課題だが、一目瞭然の呼ばれているラインだ。
何回かやったところで、きっちゃん、ほんちゃんもトライに加わる。

ムーブを固めるまでの緊張感がたまらない。

スポッター過剰じゃありません。すっぽ抜け厳禁。
クリックすると元のサイズで表示します
(なんで舌出しとんじゃ!)

な〜んと、きっちゃんが一抜けを果たす!
やられた〜。

しかし、いい登りでした。「五体投地」と命名。
こういう感覚久しぶり。
昔は俺達こんな感じで初登争いをよくやってたな。
なんか、懐かしい感じ。

扉は開け放たれたのだから、2登は簡単。でもミスは許されない。
クリックすると元のサイズで表示します

その後オクラ君がぶりぶりやる気満々の未登課題に河岸変えをする。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
凄い課題で昔から知っているが、ちゃんとトライしたことがなかった。どうだろうか。出だしから厳しい。
しかしこれは、トライする価値がある。

最後に右端のカンテライン(既成課題)をみんなでトライする。
簡単そうで凄いバランシー。

クリックすると元のサイズで表示します
誰も登れないまま、終了〜っ!

今日もいっぱい登りました。もうくたくた。




2007/12/8

自然の人工壁  道場ど〜ぞ〜



最近の道場こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します



われらが井の中の蛙道場は、
自然石や、珊瑚ホールドや、自然木ホールドがやたらとついています。
プラスチックホールドは断然少ない。

梅雨時期は、天上からの雨漏りで、壁にしみ出しがある。
夏場は、昼間溜め込んだ熱気で夜の練習時にはつらい。
冬は冬で、ほーるどが石だけに冷たくてかじかむし、結露もする。

と言う訳で、春と秋向きの人工壁なのだ。

でも、、。
だからといって、登らないわけにはいかない。


最近、I倉氏にご協力いただいて、マットが増えました。
以前は足場の悪い人工壁だったので、少しずつあたり前のジム化していってます。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ