2007/4/29

LLT  関西

昨日はコブラさんの結婚パーティがあり、その後二次会、三次会と続き、笑い過ぎて顔とお腹の筋肉がパンプしてヨレヨレになった頃、帰らねば!と気付いたが、、、
気付いた時はすでに遅し、、、
終電が無い、、、。
なんとかかんとか、タクシーやらを使って親方家に辿り着き、快適な部屋に泊まらせて頂きました。
就寝三時。
今朝は、寝不足とアルコールで頭グ〜ルグルでした。
で、今日は近場のエリアを紹介してもらいました。
私は初めてでした。
すごく明るい山で、綺麗なかぶった岩がポコポコ。
ホールドもしっかりあって、紹介してもらったどのラインも面白かったです。
で、今は京都の北部にあるエリア、経ヶ岬にかって移動中。
噂ではクラックのハイボルだらけらしい。
見る前からビビッてます、、、。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/27

責任  ニュース

先日、日本フリークライミング協会のHPに意見を投稿しました。
当たり前の事を書いただけですが、
できるだけたくさんの人に読んでもらいたい、そんな想いです。


2007/4/25

柏木 登攀自粛  ニュース

奈良の柏木エリアに問題が発生しました。
今現在、問題が解決するまで登攀自粛になっています。

詳しい状況については、
下記、関西ボルダリングサークルを開けてください。

http://moon.ap.teacup.com/bck2006/

2007/4/25

けものの会  道場ど〜ぞ〜


今日は、久々に沢山集まってくれて賑わいました。
ブロー出発直前のUスケ君が来てくれて、紹介した課題を次々と完登し、気合の入った登りを見せてくれました。
そして、未登課題の置き土産もしてくれました。
今日は課題が充実して面白かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/23

雨、、、  日々

今日は雨がシトシト、、嫌〜な天気だった。
外岩はあきらめ、朝は選挙、昼から人工壁へ。
約4年ぶりに京都クラックスへ行ってきました。さすがに雨の週末とあって沢山の人でにぎわって室内の湿度もかなり高かったのか、スローパーがすごく気持ち悪くてなかなか厳しかったです。
いつもうちの道場ばかりで登っているので、久しぶりにいろんな人の課題が触れてムーブがとても新鮮で面白かった。
井の中の蛙もたまには外に出て広く勉強しないとなぁ、、。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/21

オカンとボクと、時々、オトン  日々

今日久々に映画を観に行って来ました。

「東京タワー」
クリックすると元のサイズで表示します

人間臭さ、家族の絆、親が子を想う暖かさ、子が親を想う優しさ。
胸が熱くなりました。
本当に良い映画でした。


2007/4/20

和菓子  美味いもん

先日、京都の実家に帰った時にゲットした高級?和菓子。
鶴屋吉富さんの「白雲竜」
今回食べたのは白あんを巻いたお菓子。
「雲竜」といって、普通のあんこを巻いたのは食べた事があるのだけど、白は今回初めて!!
あっさりした甘さで、お茶によく合います。
疲れが癒されるわ〜。
あんこ好きにはたまらないよぉ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

2007/4/19

課題  道場ど〜ぞ〜

今日は道場の日なのに、だ〜れも来なかった。
私とマーシーだけ。
よく自分の作る課題を打ち込んだり、お客さんに登ってもらったりするのだけど、たまには人の課題が登りたいので、お願いしてマーシーに作ってもらった。
一手一手遠いのびのびとした課題。
自分で作るとどうしても小さな動きになってしまうので、いつもと違う筋肉を使ってるなぁと感じながら登れ、いいトレーニングになった。
いろんな人の課題をいっぱい登りたいなぁ、、、。

クリックすると元のサイズで表示します


2007/4/17

再会  日々

昨日、メチャクチャ久しぶりに大学時代の同じ部活の友人と大阪で会う約束をし、一緒に晩ご飯を食べに行った。
大阪の街に出るのも久々で、なかなか待ち合わせ場所も見付からず、人混みの中をウロチョロウロチョロ、、、

「もう今日は会えないかも、、私迷子です、、、」

半泣きになりかけていたが、なんとか電話で連絡を取りながら無事合流出来た。

「久しぶりー!!!もぉーーしんちゃん(昔のあだ名)何処に居たん!?大阪の宝くじ売り場って言うたらここしかないやろ。これが分からへんかったらあかんやろ!!」

「はぃぃ、、、」

相変わらず明朗爽快元気モリモリー!ハイテンションの彼女と再会。
そして彼女のオススメの牛タンの美味しいお店へ。

「かんぱーい!」

聞くまでもなく元気そうだ。
それから私と彼女は延々話し続けた。近況報告、思い出話、恋話、噂話、、、。
気付いたら店内満席になっていた。煙草の煙りに耐え兼ねて店を移動。
近くの喫茶店で珈琲一杯注文して、さらに喋りしまくった。

昔のまんまやぁ、、大学時代、よくこうやってたわいも無い話を何時間もしたなぁ、、。
懐かしくて、楽しくて、嬉しくて、途中、今彼女と話してるこの空間が京都の繁華街に居る様な不思議な錯覚を起こした。
今昔にトリップした!?

そしてそんな楽しい時間もあっという間に過ぎ、帰る時間になった。
彼女は来月から一年間オーストラリアに行くそうだ。帰ったらまた会おうねと約束をして電車に乗った。

どれだけ時間が過ぎても、昔と変わらず会える友達って本当にいいもんだなぁ〜有り難いなぁ〜大切にしたいなぁ、、と改めて思った。
ありがとうね。

クリックすると元のサイズで表示します
めっちゃ美味しかった牛タン

2007/4/17

豊田  くま  マーシーのシビれたライン

豊田で初めて「くま」に遭遇したのは、

豊田のハマさんに大田エリアの課題を紹介して戴いた時だ。

ホールドが欠けて難しくなっているということだったが、
この課題は、
モン氏夫妻共に登っているとの事。
モン氏の実力は想像できるが、奥方も大した人なんやなあと、
スラブ面を見ながら感心したのを覚えている。

その日は、出だしから手こずり中間部までで敗退した。

その後ずっと他の課題に明け暮れていたが、
ほぼ2年ぶりにその機会はやってきた。

しかし、
前回見出したムーブを全く思い出せず、
前回と同じ時間をかけて
ムーブを再構築せねばならなかった。

また敗退したが、次回はやるぞっ!と意欲をかきたてられて、
夫婦共にやる気満々になったのが収穫だった。


その次に くまを訪れたのは、前日に雨が降った日曜日だった。
この課題の為にやって来たのだ。
しかし基本的に他の岩は乾いていたのだが、くまは森の中にある為に、
上に被さる木々から落ちる滴に、全く乾く気配が無かった。

最近はトライする者があまりいないのだろうか。
森の中のこの岩は、少しずつ自然に回帰しようとしているかの如く、
たっぷり水を含んだ苔がのっていた。
ただ見上げるだけで、引き返さざるを得なかった。


そして、四度目の正直でくまを訪れたのは、
おきよがBセッションに出場する為に、山梨県まで出かけた帰りだった。

嫁の応援とかこつけて、小生の本番は帰り道の豊田詣。

今年は暖冬であった為に、真に指先が岩に吸い付く日が少なかったと思う。
そしてこの冬のおそらく最後の寒波であろう今回を逃しては、
もう機会は無かったかも知れない。

くまの前に立つと、今までに無い程に、
岩の状態が良いのが一見して見て取れた。

この乾き具合なら苔が生えていても気にならない。

さすがに出だしのムーブも忘れておらず、
核心の中間部を何度と無く試すことができた。
しかしスタンスが悪いので指先への負担が大きかった。


実は俺はこの2週間前に、右手中指を完全にパキってしまい、
リハビリに励んでいる途中である。
駄目なら駄目で仕方が無いが、ホールドを持てるなら、
どうしても登っておきたかった。

俺とおきよは、代わるがわるトライをかさねた。
しばらく続けると指先から汗が出て、
皮が柔らかくなるようだ。指先を乾かす為に、
小さなレストも入れなければならない。


あれっ、、、
おっ!

おきよが一手ならぬ一足上げてムーブをさぐっているではないか。


その姿は俺の心に火をつけた。と同時に解決策がひらめいた。

二人であれこれ試したムーブを着実につなげていくおきよであったが、
右手に力の入らぬ俺には、そのムーブは厳しかった。

そこで初めてくまをトライした時に考えていたムーブでトライしてみた。


するといつも落ちていたポイントからひと足上がったではないか。

着実に身体を上げていくが、
何故か考えていたムーブの逆手逆手にホールドしてしまう。

その修正を、スタンスが悪い為なかなかできずに、
一手一手進むしかなかった。

抜けが悪いかも知れぬということは、
上部を掃除した時に確認していたので警戒して突っ込んでいった。

のっこしの時に、右手のカチをためらう瞬間があった。
しかし、おもいっきり握りこんでやった。

持たなければ登れないのだ。

ようやく最後に手順を戻せて、成功した。

おおー、出来た! やったぜぇ!



下を見ると、おきよが少し困惑した顔で見上げていた。
俺の逆手逆手ムーブの奮闘登りに戸惑っているようだった。
指先は腫れあがっているが、なかなかの満足感である。





しかし、

話はこれで終わらない。

おきよも少しのトライの後、核心を越えて上部に到ったのだ。

彼女は二人で考えたムーブで、核心を着実にこなしたのだ。

「やるやんけっ!」

上部のスタンスはほぼ全て苔むしている。

俺は

「落ち着いていけっ」

とアドバイスを送るが、当の本人の方が落ち着いていた。

手順も俺の失敗を参考?にして綺麗なムーブで登っていった。

のっこしも足が砂利ついているのに、確実にこなした。
おきよは、そういうところでパニくらないのが良い。



かくして、  くま、、、

夫婦して登らせてもらいました。夫婦第2登になりますか。

豊田ありがとう。モン夫妻ありがとう。

俺たちも会社休んで来た甲斐がありました。



クライマー、
夫婦ふたりで、だれてしまっては、もったいない。

俺たち二人はなかなか良い関係だ。
この日このトライ、夫婦の思い出となるいい一本だった。














teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ