今月のテーマ 

2006/6/28

冷房病についてA  本物の健康情報

前回は、一般的な冷房病への見解を書いてみましたが、今回は筋骨格系への影響について書いてみます。



2.筋骨格系への影響
身体を冷やすパターンには

@ 冷房のよくきいた場所に長時間あまり動かずに居ることで持続的に身体を冷やす

A 野外などの熱い場所から急に冷えた場所に移ることで急激に身体を冷やす

B 運動をした後に中途半端なクールダウンをしたり、手足を露出して冷やす


などがあります。


冷えは、皮膚に近い所にある筋膜を縮んだままの状態にするので、内側にある筋肉のグループ及び血管や神経を圧迫することになり、末梢の血流傷害や神経伝達を阻害します。具体的には、冷え、しびれ、だるさなどです。

ここで問題なのは、実際に冷えて縮んで症状の原因となってしまった部位が、症状を示している部位と違う場合が多いのです。

手の症状の場合は、肩の外側の外側(三角筋)胸にある筋肉(大胸筋・小胸筋)そして横隔膜などが原因となる事が多いようです。

足の症状の場合は、股関節の付け根(鼠径部)太ももの外側(大腿筋膜張筋)ふくらはぎ(下腿三頭筋)などが原因になる事が多いようです。

これらの筋肉や筋膜を上手く緩めることが出来ないままに、使い続けると筋膜同士の癒着を引き起こし、ますます問題を引き起こします。

筋膜同士の癒着は、お互いの滑走を阻害するために、運動範囲の制限や引きつり感などを起こし、最悪の場合は損傷を引き起こします。

夏場のぎっくり腰や、肉離れの原因にはこれらの冷房病に起因するものが多いのです。
0

2006/6/19

冷房病について  本物の健康情報

最近の夏になると、冷房病と言う言葉を耳にします。

今回から、数回に分けて、冷房病について考えてみましょう。


1.冷房病って?

もともと人間の身体は、環境や季節に適応するようにできています。とりわけ四季の変化がはっきりしている日本の場合、身体はそれぞれの季節に対して準備を行っています。

例えば、冬は外気に体温を奪われないように、皮膚は毛穴を閉じ、筋肉を震わせる事で体温を上げ、内臓の温度が一定(37度)になるように機能します。

逆に夏は、内臓の温度が外気に合わせてどんどん上がらないように、毛穴を開いて汗をたくさん出し、体温を調節しています。

このように身体の機能を一定に保つ働きをホメオスタシス(恒常性)といい、体温調整を行っているのが自律神経系です。

ところが、冷房の中に長時間いると、身体がせっかく夏にあわせて機能している身体が冬の状態にあわせた機能に変わり始めます。

つまり、恒常性を保とうとしていた自律神経系が、夏だか冬だかわからなくなってバランスを崩してしまう。つまり、夏型の自律神経失調症が冷房病の正体なのです。

冷房による夏型自律神経失調症により、体の冷え、やだるさ、不眠など、さまざまな症状が引き起こされます。
0

2006/3/8

マティアス・ラス博士を知ってますか?  本物の健康情報

毎月1回、正分子療法(栄養療法)の勉強会に参加してますが、前回の勉強会の終わりに、先生がオススメのホームページを教えてくれました。

栄養学の父と言われ、ノーベル賞を2回受賞しているライナス・ポーリング博士の跡を継ぐと思われていたマティアス・ラス博士のサイトです。

9月11日のアメリカで起こったテロを発端として、様々な戦争や事件が世界中で起こっていますが、その背景には製薬業界の利権にまつわる暗躍が有ったことを2003年2月28日付のニューヨークタイムズ紙上で公開しています。

その公開状に関してのインタビュー記事をサイト上にまとめています。


「マティアス・ラス博士の告発  危機的状況にある歴史」


というタイトルで、かなりショッキングな内容ですが日本ではあまり話題になりませんでした。

日本のマスコミや政治家もスポンサーに製薬業界が付いているから当然かもしれませんが、サイト上ではその恐るべき内容を誰でも見ることが出来るのです。

皆さんも、一度サイトをのぞいてみてください。そして、世界の医療がなぜ代替医療にシフトしてきているのかを考えてみてください。

平和や健康に本当に必要なものは薬物・手術療法中心の現代医学(西洋医学)ではないことがわかってくるでしょう。



マティアス・ラス博士へのインタビュー(2003年4月)
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/matthias_rath.html



「疾病ビジネス」を禁止しよう:ケムニッツプログラム (和文:HTML)
http://www4.dr-rath-foundation.org/japan/chemnitzprogram.html



プリントアウトするならこのサイト
http://www4.dr-rath-foundation.org/ad_archive/japan.html



リンクが上手くできませんでした。コピー&ペーストでお願いします。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ