今月のテーマ 

2011/3/27

放射線  正分子講座

こんにちは。

震災から早くも3度目の日曜日になりました。

改めて、

東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。皆様の日常が一日でも早く復旧されること心よりお祈り申し上げます。


今回の地震は、地震による直接的な被害、津波による被害だけにとどまらず、原子力発電所の事故による放射能問題、電力供給の不足による計画停電などの問題が次々に起こり、東日本にお住まいの皆様は大変なご苦労を強いられていることと思われます。

これだけの大きな災害は、もはや東日本だけの問題ではなく日本全体にも大きく影響してくると思われます。

震災前の日本は、政治や経済など様々な部分で「何かがおかしい」「何かが足りない」、でも「どうしようもない」「どうせ変わらない」というような諦めや閉塞感から国全体が重い空気に包まれていたように感じていました。

そこに来て、今回の地震によりあらゆる想定や常識が一気に覆されました。

被災地の出来るだけ早い復旧は勿論大切なことなのですが、「日本」が今回の震災をきっかけにして小手先だけの改革ではなく、今までにない規模の大きな変化遂げる必要があると考えています。

というか、もう変わるしか道は無いんですよね!

今回、私たち西日本に住んでいる人たちは幸いにも震災の影響を直接受けずに済みました。

今私たちに出来ることは、東日本でここ数年の間に計画停電などの影響により低迷するであろう経済活動を私たち西日本でしっかり支えていくことだと思います。

何でもかんでも「自粛」するのではなく、毎日の生活で「今まで以上に仕事に取り組み、しっかり稼いで、しっかり使う!」

そして今まで以上に「西日本全体に活気がみなぎる」ようになる事が今の日本を支える力になると思っています。

日本に住む皆様のがんばりに期待しています!



今日は、私の立場から出来ることとして、少し情報を紹介します。

Radiation Worrying You? Take a Vitamin.
(あなたを悩ませている放射線? ビタミンを摂りましょう)


宇宙飛行士は、原子力発電所の労働者よりも多くの放射線を浴びます。
それに対して、「NASA」はあらゆる潜在的な副作用を軽くするためにビタミン剤の服用を薦めています。(いつもブログで話している必須栄養素であるビタミン・ミネラルです)

国立宇宙生物医学研究所の「放射線影響チーム」やペンシルバニア大学医学部の放射線腫瘍学の教授も同じ見解です。


詳しい話はまた今度にしますが、
「放射線」は「紫外線」や「たばこ」、「食品添加物などのいわゆる発ガン性物質」と同様に、人間の細胞を壊す「活性酸素」を多く発生するのです。

勿論、運動で呼吸数が上がれば「活性酸素」は増加します。

そして壊された細胞が作り替えられる時に希に出来る奇形細胞が腫瘍(ガン)になるのです。

若い人の方がガンなどの進行が早いのは、細胞の増殖(入れ替え)のスピードが早いからであり、ガンの発生確率は作り替えの回数が多いほど増加します。


外部から放射線や紫外線、発ガン性物質が体内に侵入することを出来るだけ防ぐことは勿論大切なのですが、そこだけに敏感になりすぎてもいけません。

壊れた細胞や寿命が来た細胞をしっかりとした新しい細胞に作り替える場面で、全ての材料(タンパク質・脂質・必須ビタミン・ミネラルなど)がしっかり揃っていれば、細胞の奇形の発生率も低下します。

正しい栄養学の知識があらゆる病気の予防に繋がるのです。

3

2006/6/7

ビタミンA  正分子講座

ビタミンAには

レチノール
レチナール
レチノイ酸


の3種類が存在し、なかでもレチノールが大多数を占めます。

レチノールは動物性食品にのみ含まれていて、植物性食品にはありません。

ビタミンAという言葉と同時によく耳にするβ-カロテンと呼ばれる物質ですが、これもビタミンAの一種です。

そもそもカロチノイドと呼ばれる色素のひとつでカロテンがあり、

α-カロテン
β-カロテン
γ-カロテン


があります。なかでもβ-カロテンが大半を占めていて、主に緑黄色野菜などの植物性食品に含まれます。

β-カロテンは体内でビタミンAのレチノールに変換されるため、プロビタミンAと呼ばれています。



1.皮膚や粘膜を正常に保つ

人間が外部に接する部分、目の角膜、鼻や喉、口や肺、消化器系や肛門などは、粘膜等の上皮細胞で覆われています。

皮膚も上皮細胞のひとつです。粘膜をはじめとした上皮細胞は、外部からのウイルスや病原菌の侵入を防ぐ働きがあります。

ビタミンAが不足すると、目の潤いがなくなって乾燥したり気管支の粘膜が薄くなってウイスルや菌に対する抵抗力が落ちて病気になりやすくなります。

消化器系の粘膜が不足すると消化吸収が悪くなり下痢になります。

口の中の粘膜が不足すると口頭炎ができたり、それから皮膚が乾燥して荒れたり、白く粉をふいたようになったりします。

ビタミンAは粘膜等の上皮細胞の新陳代謝を促し、正常な働きを維持するのに役立っているのです。


2.眼の明暗の感受性を維持する。

ビタミンAはそもそも夜盲症と呼ばれる光感受性が落ちて、あたりが薄暗く見えてしまう症状の対策として発見されました。

しかし現在では過度に不足することはまれです。それでも不足気味だと暗順応が低下します。暗順応とは暗闇に入った際、しばらくして目が慣れる反応のことです。これが低下すると暗闇でなかなか視覚が取り戻せません。

眼は光の強弱を網膜の上にあるロドプシンと呼ばれる物質で感知して、ロドプシンより明暗の刺激として神経に伝達されます。

ロドプシンはビタミンAとたんぱく質によって作られますのでビタミンAが不足すると、弱い光に反応できなくなってしまいます。その結果暗闇でなかなか目が慣れない暗順応失調にかかってしまうのです。
1

2006/4/13

腕のしびれとビタミンB12  正分子講座

左腕が自転車のハンドルを持つ角度になるとしびれが出てくる患者さんが来院されています。

年齢は50歳代後半の女性で、体格は中肉中背、スポーツも何もしていません。

左腕のしびれ以外では、肩こりや腰痛がありました。

数回の施術で、身体の捻れもずいぶんとましになったので、肩こりと腰痛はほとんど感じないようになりましたが、しびれは相変わらず感じる様なので一度首の(頚椎)レントゲン及びMRI検査を病院で受けるようにお願いしました。

はじめに行った病院では、頚椎には異常なしと言われ、MRIも必要ないと言われ、湿布が処方されました。

しばらくしてから別の病院でもう一度調べてもらうと、今度は5方向からの撮影を行い、「横突間孔の形がいびつになっている事が原因」と診断されたようですが手術などは出来ませんとも言われたそうです。

ビタミンB12(メチコバール)が処方され、3日後くらいから少ししびれがましに感じるようになったそうです。


この患者さんは、症状はましになったけれども、骨の変形でしびれていると診断されたのに、ビタミンで症状変化が出るのは何でだろうと疑問に思ったようです。


ここでビタミンB12についてお勉強してみましょう。


ビタミンB12は、葉酸とともに、遺伝子を構成する核酸の合成に関わっている栄養素です。

そのため、脊髄で赤血球を作る働きを助ける作用があり、葉酸とともに「造血のビタミン」とも呼ばれています。

ビタミンB12が不足して起こる貧血は、「悪性貧血」として鉄分の不足による貧血と区別されています。

また、神経内細胞の脂質膜の合成にも関与していて、傷ついた末梢神経の回復に効果があり、腰痛や肩こり、手足のしびれを改善する事が判っています。

さらに、中枢神経や脳への作用も認められていて、不眠症時差ボケにも効果を発揮します。

このほか、動脈硬化や心筋梗塞の原因物質として最近話題のホモシステインというアミノ酸の代謝にも関わっている事がわかってきました。


ところが、
食品中のビタミンB12の含有率を見ると、肉・魚貝類・卵・乳製品などの動物性食品に多く含まれており、植物性食品にはほとんど含まれていないのです。

菜食が多い方は要注意です。


ビタミンB12の必要所要量は、厚生労働省によると、成人で1日2.4マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1グラム)とされています。

これは悪性貧血を起こさないための最低量で、少し余裕をみて、必要量を1日5マイクログラムとする説もあります。
 
これらは「欠乏症を防ぐ」ための摂取量ですが、栄養療法を提唱している研究者によると、1日に3000マイクログラムのビタミンB12をとる事により、様々な作用が起こると述べています。

ビタミンB12は、体内のすべてのたんぱく質を修復する働きを持っていますが、特に脳や神経の修復には、ビタミンB12が不可欠なのです。
 

元京都大学医学部の亀山正邦教授は、健康な老人の脳と比較して、老人性痴呆患者の脳では、含まれるビタミンB12が4〜6分の1に低下していたと報告しています。

老人性痴呆とビタミンB12との深い関係を示唆する研究結果といえます。

6

2006/4/10

葉酸の働き  正分子講座

葉酸とは

葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間です。
ほうれん草など緑の葉の中に多く含まれるためこの名前が付きました。


葉酸の働き


1.葉酸は細胞の生成

葉酸はDNAの生成、修正に大きく関与するだけでなく、DNAの正確な作成にも関係しています。

DNAのコピーが活性酸素などの影響でミスコピーになった場合に、素早く修正する必要があります。

この修正に働く酵素は、葉酸により反応します。つまり、葉酸が不足すると十分に酵素が働かずにミスコピーがそのままになって細胞を形成してしまいます。

赤血球のDNAがミスコピーを起こした場合、巨大な赤血球を作って悪性貧血を引き起こします。

また腸内の粘膜等は新陳代謝のサイクルが早いので葉酸不足の影響がでやすく、ミスコピーが発生すると潰瘍を招きます。

同じ理由で口内炎にもなります。

またガン細胞もミスコピーされた細胞がもとになっているので酵素によって分解されずにそのままだと、どんどん増殖してしまいます。

葉酸はがん予防にも効果的なのです。

成長期の子供や妊婦のように成長著しく、細胞分裂が盛んな時期には特に必要とされる栄養素です。



2.貧血予防

葉酸はビタミンB12と協力して、赤血球の生成に深くかかわってます。葉酸は赤血球内の核酸(DNA)の合成に必要で、ビタミンB12は葉酸の働きを高める補酵素の役割をします。どちらか1つが不足しても十分な働きは期待できません。

悪性貧血の症状は、頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れ、舌の痛み、味覚の低下、食欲不振、消化不良、下痢などです。



3.神経細胞の働きを維持

脳内では神経細胞同士が信号を伝達しあうことで、全身に指示を出しています。

神経細胞はリン脂質(約33%はコレステロール)で覆われていて、これにより正常な信号伝達が保たれています。

しかしリン脂質は活性酸素の影響で破壊されてしまうことがあり、そのままだと信号の伝達が不十分となり、最悪痴呆症や、うつ病を招く可能性もあるそうです。

破壊されたリン脂質は、たんぱく質と結合して血管を通って脳へと送られてきた葉酸の働きで、新たなに生成されて、神経細胞が補修されます。

葉酸が不足するとリン脂質の修復が遅れ、さまざまな神経伝達障害が発生してしまいます。



4.動脈硬化の予防

最近の研究では、葉酸が不足するとホモシステインという物質が増加することがわかってきました。

ホモシステインはビタミンB12の説明でも出てきました動脈硬化や心筋梗塞の原因物質として最近話題のアミノ酸です。

動脈硬化とは血管が硬化したり、狭くなったりして、血液の流れが阻害されてしまう病気です。脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因としても知られています。


通常ならビタミンB6、B12、葉酸の働きでもとのメチオニン、あるいはシステインへと変換されるのですが、これらが不足するとホモシステインの量が増大し、血中のホモシステイン濃度も上昇してしまいます。


ホモシステインが増えると

まず第一に、ホモシステインは血中の水や酸素と結びついて活性酸素を形成します。

活性酸素は不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質となり、過酸化脂質が血管に付着して動脈硬化の引きがねとなります。

またホモシステインには血管をしなやかにする血管拡張物質の生成を抑制してしまう働きもあります。

他にも血管を修復する血小板の凝集機能を狂わせることも知られており、これにより傷ついた血管を修復する際、多量の血小板が集まって血管が詰まってしまう恐れがあります。

このようなことから葉酸の不足は動脈硬化を引き起こす要因として注目されています。
0

2006/3/17

エネルギーの合成に必要な栄養素  正分子講座

昨日も月1回の栄養学の勉強会に行ってきました。

前半は、前回紹介しましたマティアス・ラス博士の公開状についてのお話でした。

インフルエンザの治療薬の「タミフル(リン酸オセルタミビル)」の製造販売元である製薬会社が、ウィルスの増殖を抑えるのに必要な栄養素のビタミンCの原材料を買い占めていること 等を話されました。

本題の栄養学の内容は脂肪の吸収からエネルギーの合成までを生化学的に説明していくものでした。

その中のポイントを紹介します。

まず糖質が血液により肝臓に運ばれます。

そこでビタミン(B3)、ミネラル(Cr K Zn Mg)によりピルビン酸に変化します。

次にビタミン(B1 B2 B3 B6 Pa)、ミネラル(Mg)によりアセチルCoAに変化します。

そしてビタミン(B3 Pa H)により脂質になります。


脂質はビタミン(A B6)と コリンにより VLDL に変化してから血液中に戻り脂肪細胞に運ばれます。

そこで、ビタミン(B3 H Pa)、ミネラル(Zn)により再び脂質にもどり貯蔵されます。

この脂質をエネルギーとして使うには、血液中にFFA(遊離脂肪酸)の形で戻しAlb(アルブミン)と共に筋肉(骨格筋・心筋・臓器等)の中でビタミン(B2 B3 Pa C)、ミネラル(Fe)によりβ-酸化します。

次にTCAサイクル電子伝達系でビタミン(B2 B3 B12 葉酸)、ミネラル(Se Mo Fe Cu Mn)を用いてATP(エネルギー)を合成します。


これ以上、簡単には出来ないのですいません!






と、思いましたがそこを何とか簡単に説明すれば、

食事で摂った糖質のうち、ぶどう糖は脳細胞でエネルギーとして使われて残ったものが、果糖は食事で摂ったほぼすべてが肝臓で脂肪に作り替えられて脂肪細胞に蓄えられます。

食事で摂った脂質は、細胞膜などの材料になった残りが脂肪細胞に蓄えられます。

そして必要なときに、TCAサイクルと言うシステムにより脂肪からエネルギーを合成して筋肉で使います(燃焼します)。

糖質から脂質を合成・脂質の貯蔵や運搬、エネルギーの合成などにはすべての場面でビタミン(A B1 B2 B3 B6 B12 C Pa 葉酸 H )やミネラル(Mg Fe Cu Mn Zn Se Cr Mo K)の働きにより行われています。

このことから、エネルギーの代謝の仕組みだけでもこれだけたくさんの種類の栄養素が必要であることが判ると思います。

仮にこのうちのどれか1つでも欠乏もしくは必要量が摂れていなかったら、このシステムはどこかで止まってしまいます。

あなたは栄養素をきちんと摂れていますか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ