今月のテーマ 

2014/11/25

冬芝、今年も撒きました  

昨年、初めて冬芝の種を蒔いてからの冬中庭が緑に覆われてた幸せを思い出し、今年も冬芝を撒くことにしました。

良い思い出だけが残っていたのですが、作業が大変な事・・・すっかり忘れていました。

クリックすると元のサイズで表示します

雑草まみれの庭を2週間前から少しずつお手入れ。


クリックすると元のサイズで表示します

専用の土をほぐしの器具で土を軟らかくしてから雑草をひたすら抜きまくります。


クリックすると元のサイズで表示します

抜いても抜いてもきりがなく、やればやる程より完璧さを求めてしまい、準備に三週末を費やしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

抜いた雑草も土まみれなので、乾燥させてからふるいに掛けて土を分離します。


クリックすると元のサイズで表示します

これも大変な作業なので、途中でプロのお道具を導入することにしました。
今回はゴミ袋12個分の雑草! 凄い量でした。


クリックすると元のサイズで表示します

予定よりかなり遅れて何とか完成、約1ヶ月立ち入り禁止で発芽を待つだけですが・・・
0

2014/11/23

リストラティブヨーガ  

今日は高校の同級生のお誘いで、リストラティブヨーガの講習会に参加してきました。

一般的な可動域を広げるストレッチ系のヨーガとは少し異なり、どちらかというと「脱力系ヨーガ」と言えるものでした。

余分な負荷がかからないことで、身体の防御がはずれていき様々なセラピー効果、つまり痛みや不調を回復する様です。

私たちが行う施術でも大きく二つに分類しますと、ゆがみや緊張に対して直接力を加えていわゆる矯正を行う「直接法」と最も緊張が緩和する方向に保持して緩むのを待つ「間接法」に分けることが出来ます。

ヨーガの間接法・・・納得です!


クリックすると元のサイズで表示します

ただただ安楽姿勢で脱力、どこにもストレッチはかかっていません!


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


リストラティブヨーガでは、過剰な緊張を引き起こさずにアーサナ(ポーズ)がとれるようになるまで、タオル・クッション・ブランケットなどの身近な物を使って無理なく変形ポーズをとることを推奨しています。
0

2014/10/15

左官工事 完成!  

終末の台風、大騒ぎした割に伊丹は割と平和でした。

釣りに行く予定も無くなり朝から左官工事を仕上げます。


クリックすると元のサイズで表示します

平日の朝5時半から二時間、セメントでしっかり勾配をつける作業を3回に分けて行いました。


クリックすると元のサイズで表示します

排水溝のふた[グレンチング]を日曜のうちに買いに行っておきました。


クリックすると元のサイズで表示します

グレンチングでふたをした後に、樹脂製のメッシュを引き込みます。
これにより、土台のコンクリートから玉砂利が浮き上がり、排水が上手くいくとの考えです。


クリックすると元のサイズで表示します

玉砂利を敷きこみ完成です。

夜の大雨でもしっかり排水出来てました!

コツコツ約半年がかりでようやく完成です。
1

2014/9/30

左官屋A  

暑さもやっと落ち着いてきました。

9月に入り週末がバタバタ忙しくなってきましたが・・・
誰も知りたくない!? 左官工事の続報です。


作業日は9月の前半でこつこつメッシュを敷き詰めていき、21日にセメント工事です。
忙しすぎて更新は今日になってしまいました。



クリックすると元のサイズで表示します

鉄筋を切る道具、つなげる針金と結ぶ道具、プロの道具?がどんどん増えていきます。


クリックすると元のサイズで表示します

下地の土をならして鉄筋(正しくはメッシュかも)を敷き詰めて、コンクリートの割れを防止します。

針金をクルクル巻き付ける作業、鉄腕ダッシュでTOKIOさんがやってましたね!


クリックすると元のサイズで表示します

25キロ入りのインスタントコンクリート12袋、インスタントモルタル6袋、ひたすら混ぜては塗り込みました。

セメントの混ぜ込みは重労働、助っ人に手伝ってもらいましたが・・・




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝の7時から始めて夜の8時までかかってしまいました。

まだまだ続きますよ!




あ〜!勉強会も20日、27日に2回もやっております。

左官屋さんにはなりませんのでご安心を。








0
タグ: 症状 カイロ 施術

2014/8/25

誇張法 胸肋関節 骨盤編  手技療法総論

昨日も一宮に勉強会に行ってきました。

テーマは胸肋関節(背骨の胸椎と肋骨が背中で連結している関節です)および骨盤のなかで触診と誇張法による安定化!


クリックすると元のサイズで表示します

患者さんの症状の出ている部位とは関係なく触診により関節の可動性が過剰(要するにグラグラ、グニャグニャしている)になっている部位を見つけ出します。

多くの場合、不安定な関節を安定させるための代償作用で周囲の筋肉や筋膜などを緊張させているために本当にゆるんだ関節を見つける事を難しくしています。

先生に問題の部位とその関節のゆるんでいる方向を示されてから触診すると解ったような気になるのですが・・・

新規で不安定部位とその方向を特定するのは相当難しいですね。


勿論、問題部位が特定できなければどんな優れた治療法も意味無しです。

触診による高度な情報収集能力は本当に大切ですね!




志高く鍛練を積まなければ・・・です。
1

2014/8/25

左官屋さん入門?  

夏休み第二弾、日本海釣り三昧の予定が・・・

諸事情により中止となり自宅の排水溝の左官工時三昧となりました。



数年前に家の外構?お隣の植樹園側に玉砂利を敷き詰めたのですがそこに落ち葉が溜まりワンコのおトイレになり常に湿気た状態などの良くない条件が重なり(虫さんたちには好条件?)得体の知れない虫さんが沸き、臭いもだんだんきつくなっておりました。


クリックすると元のサイズで表示します

それが、今年に入りお隣の植樹園が地主さんの相続関係でついに売りに出され建て売り住宅が出来ることになりました。お隣との境目にワンコのトイレと虫さんのパラダイス・・・


クリックすると元のサイズで表示します

これは良くないとまずは玉砂利を一度取り除き(これもかなり重労働でした)、しっかり洗浄して干してみたら玉砂利はひとまず綺麗になったのですが、これを基の土の上に戻すと数年後には元の木阿弥。



何とか綺麗な状態を保てない物かと考え、排水溝を設けて土をコンクリートで堅め水で完全に流せる様にするしかないという結論になりました。

そこで業者さんに頼むのではなく、懲りずに自分でやってみることにしました。



クリックすると元のサイズで表示します

まずは市販のU字排水溝を埋め込む部分の土を掘り起こしていきます。



クリックすると元のサイズで表示します


つぎに土側にせり出したコンクリートの出っ張りを削岩機ではつっていき、その瓦礫と土と砂利をふるいにかけて分類します。(ものすごい量になりました。)

クリックすると元のサイズで表示します


一通り市販のU字排水溝を並べて見ますが、カーポートの柱の基礎部分はコンクリートを削ることが出来ないのでそこは現場あわせでコンクリートを流し込んで排水溝を連結しなければいけません。


クリックすると元のサイズで表示します

コンパネで型枠を作り、コンクリートを流し込むと割と上手く自作排水溝が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

曲がり角もU字排水溝を切り取り、隙間をコンクリートで埋め込み上手く外の溝まで連結することが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここまでで4日間終了!

残りの作業は週末に少しずつやるしかないですね。
1

2014/8/6

夏の北海道  

今年は夏休みを二回に分けて取らせていただいてます。

その第一弾!
夏の北海道に行って来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

一日目、伊丹から千歳空港に降り立ち、そのまま特急電車でお昼過ぎに小樽入りしたのですが、
余りにも腹ペコなので観光は適当に海の幸を堪能しました。

クリックすると元のサイズで表示します

旬の握り盛り合わせにはニシンとトキシラズが…ニシンも美味いがトキシラズは別格ですね!
今まで食べたあらゆるシャケの中で一番の美味しさ、感動しました。

北海道のシャケではトキシラズとケイジが有名ですが、此れはケイジも食べてみないといけませんね。


夕方まで時間が有りましたが観光ではなく海の視察、勿論釣竿出してみたのですが謎の小魚しか釣れず惨敗です。

話しかけてくださっった地元のおじさんに車でならいけるポイントを教えてもらったので、次回には是非ともチャレンジしたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

釣りの帰り道でお約束の小樽運河、夜は特に美しい!


二日目は昼前に札幌に移動

クリックすると元のサイズで表示します

道がわからず北大に正門以外から入ったら、いきなりクラークさんです。

クリックすると元のサイズで表示します

噂通りやたら広く緑いっぱい、札幌駅周辺とは別世界ですね!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

獣医学部と付属動物医療センター


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

大池や牧場、これも大学構内に有ります。本当に自然がいっぱい!



3日目も北大に…

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私も若い時に北大に訪れる機会があったなら、勉強がんばって目指したかも…本当に魅力的な大学ですね。

1
タグ: 症状 カイロ 施術

2014/7/28

シュナイダーD.C.の「筋膜治療の最前線」セミナー行ってきました!  

土曜日のお昼から二日間、「軟部組織の第一人者」シュナイダーD.C.のセミナーに参加してきました。

最近のセミナーでは珍しく写真撮影OKでしたので、思う存分撮影してきました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

左がノーマルの腱の繊維、
中央が損傷して放置された繊維(繊維の方向がバラバラで架橋が形成されています)
右が損傷後手技による介入後の繊維(繊維の方向がそろい、ノーマルより太く強化されています)



クリックすると元のサイズで表示します

当院の患者様には見覚えのあるテクニックの様子ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

十年ほど前にマイブームになった前腕による筋膜のリリース、間違ってなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最近のマイブームの筋膜の高密度化に対するエルボーテクニック、一部の患者さんに「肘攻撃」と名付けられたテクニックもしっかり実演されておりました。


新たなテクニックの発見は無かったのですが、ここ十年ほど独学で取り組んできた筋膜に対するテクニックがほぼそのまま実演されていたことに安心できた二日間でした。


また、「線維筋痛症に対しての新たな知見」という講義も大変興味深い内容でしたので、上手くまとめることが出来ましたら後日ブログにて紹介しますね!



1

2014/7/19

トルクリリース4回目?  トルクリリース

先週末、4回目(5回目かも…)トルクリリースセミナー参加して来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

流石に同じセミナーを4回も受講すると、驚きや感動はそれほど有りませんが確実に使えるテクニックに仕上げるためには複数回の参加は必須ですね。


クリックすると元のサイズで表示します

トルクリリースのセミナーで仲良くなった先生も増えて来ており、和気あいあいですね!


クリックすると元のサイズで表示します

無事に終了、記念撮影です。


今までにいろいろなセミナー、本当に沢山のセミナーに参加して来ましたが、「此れは使える!」と感じたテクニックセミナーにはひつこく参加して来ました。

1回目のセミナーでどの様なテクニックかを知り、2回目で内容への理解が深まり、3回目でしっかりとしたテクニックとして出力出来る(治療で確実に成果が出てくる)…といった感じです。

そして4回目は、冷静な視点でセミナーに参加出来るので細かな部分の気付きが多く、テクニックとしての精度がかなり向上したと実感しております。




意外に陽気なホルダー先生です!
クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/6/30

一宮勉強会  

暑くなってきましたが皆さんは大丈夫ですか?

割と人気の家のワンコ「もんど君」について最近の様子を良く聞かれるようになりましたので・・・

クリックすると元のサイズで表示します

順調にでかくなっており、現在52キロですが見た目通り暑さが苦手で少し食欲が減退しております。


クリックすると元のサイズで表示します

それでもこの背中とおしり・・・靴の大きさと比べて頂くとでかさが伝わるかと思います。
この大きさで毎朝見送りのハグをしてくれます。

私の肩に両手を乗せて顔なめ回してきますが重くて腰にズンズンと響いてきます。
図体は大きいくせにまだまだ甘えん坊、かなり大変です。



話は変わり、昨日愛知県の一宮まで勉強会に行ってきました。

今回は仙腸関節・恥骨・股関節の触診と誇張法!

クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず一柳先生のテクニックは神懸かっており、正しく理解し実践するのにはしばらくかかりそうですが大変楽しい勉強会になりました。

参加されている先生方の熱意も私の更なるやる気を・・・しばらく誇張法頑張ってみます。
1

2014/5/29

庭仕事  

気がつくと五月も終わりに近くになってきました。
暖かくなると、雑草がぐんぐん育ってきます。

・・・こんな所にも
クリックすると元のサイズで表示します

一応カーポートなのですが、元々は「龍のひげ」が植わっていまして割と見た目が良かったのですが、現在は雑草のプランターとなっておりました。


クリックすると元のサイズで表示します

そこで何とか見た目を改善しようとやってみました。
まずは雑草を掘り起こします。


クリックすると元のサイズで表示します

深さ10pほど掘り起こしてから、「雑草が生えない砂」なる物を厚さ5pほど敷き詰めて水をかけて固めます。結構カチカチになるのですが、水はちゃんと染みこんでいきます。


クリックすると元のサイズで表示します

そして、昨年家の中のトイレのリフォームで入れ替えた小さめの砂利を再利用してみます。


クリックすると元のサイズで表示します

こんな物をビバホームで見つけてしまったので、砂利に混ぜ込みます。かなりベトベトになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

周りのコンクリートと同じ高さになるようにしっかり詰め込んで完成です。
一見すると砂利を入れているだけなのですが、さわってみると結構カチカチになりました。

これでこの場所の雑草抜きは無くなりましたが、想像よりスッキリした見た目に・・・


なんだか微妙な出来映えですな。
0

2014/4/21

太ももの裏(ハムストリングス)の肉離れ  毎日の手技療法

太ももの裏(ハムストリングス)の肉離れ


50代男性  兵庫県尼崎市  来院患者様からの御紹介


[来院時の状態]

歩いていて左足をつまずき、右足を前に出して踏ん張ったところ、太ももの裏に激痛を感じ、そのまま激しい痛みで歩くのが困難に…

強い痛みにより右足に体重を全くかけられない状態で来院されました


[検査・評価・施術]

患部を詳しく調べてみると・・・

太ももの後ろ中央よりやや外側に縦方向に5センチ程の部位に、触れるだけでも飛び上がるほどの痛みが有りました。

まずは、痛めた筋肉に掛かっている捻れの力を緩めるために、膝から下の部分(下腿・足首・足底アーチなど)の歪みを調整します。

このが段階で、患部の痛みは少し減少しました。

次に、股関節と骨盤の歪みも同様に調整しますと、痛みはほぼ半減し触れても飛び上がらなくなりました。

ここで、肉離れを起こしている筋肉と両隣の筋肉の間の動きを調べてみると、外側の筋肉との間の動きが上手く出来ていない事が判りました。


[考察]

この筋肉間の滑走障害及び筋肉の上下のユニットの捻れなどが存在した状態で急な動作を行った結果・・・

筋肉全体が捻れた状態でさらに外側が引きつったまま収縮した為に、筋肉の中で剪断…つまり肉離れが起こったのだと考えることができます。


[施術A]

筋肉の間の滑走を手技により改善した後に、損傷部位を圧着する手技をさらに施すと痛めた筋肉の張りはかなりマシになり右足に体重をかけて歩くことが出来るようになりました。



3日後に再来院された時には、足を引きずることなく割と普通に歩けるようになっており、患部も見た目には内出血も酷く痛々しいのですが実際には押さえると痛む位で、動きの中では全く痛みは出ないようでした。


受傷後早めに来院され、また受傷のメカニズムが比較的分かり易いタイプの肉離れであったため、今回はかなり速いペースで改善しているようです。


早めの来院、有難う御座いました。
0
タグ: 症状 カイロ 施術

2014/4/7

やっぱり似合うぜ! トラクター  

久しぶりの投稿です。近況をダイジェストで!

クリックすると元のサイズで表示します

桜満開、自宅近くの土手で毎年恒例の記念写真です。


クリックすると元のサイズで表示します

芝生も青々としてきました。
冬柴の種を昨年秋に蒔いたのがどうにも良かったようで、3月末に芝がこんなに青いのは初めてです!


釣りは三月は毎年苦戦しておりますが今年も同様でした。

クリックすると元のサイズで表示します

芦屋浜でえび蒔き釣りでハネ(すずき)を狙うも丸坊主、生命反応が全くありません。


クリックすると元のサイズで表示します

六甲アイランドに友人と出かけてエビ蒔き釣り


クリックすると元のサイズで表示します

・・・やはり生命反応なし


釣れる気が全くしなくなったので・・・

クリックすると元のサイズで表示します

いつもの芦屋浜でモンド君と海辺をお散歩です。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤドカリでも捕まえてみようかと水の中を覗き込んでいるところですが、この後モンドは私の目を盗んで突然海にダイブ!

あまりにも水が冷たかったのか、大あわてで戻ってきました。


勿論、勉強もやっております。

クリックすると元のサイズで表示します

開業している先生が集まって「ポジショナル・リリース・テクニック」「膜リリース・テクニック」のお勉強会です。
やっぱり膜は面白い!
奥が深いですね。


そして先週のことです。

クリックすると元のサイズで表示します

空が虹色に輝いている日に・・・

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ついに来ました「おチヌ様」
フカセ釣りにて42、43、46センチの三枚上げさせていただきました!

いわゆる乗っ込み!こんな日もありますね。



昨日の日曜日は、前から予定しておりましたマックスのお兄ちゃん「ウインクルくん」に会いに和歌山県岩出市に行ってきました。

道中はひたすら雨で、どうなることかと心配しましたが、現地に到着するとお天気が回復!
日ごろの行いが良かったという事にしておいてください。

クリックすると元のサイズで表示します

ウインクル兄さんはマックスの1歳年上、11歳のおじいちゃんです。
オス同士なのですが10歳離れているからなのか、何故か仲良し!
安心しました。

クリックすると元のサイズで表示します

美味しいバーベキューも振る舞っていただき大満足です。
楽しい週末となりました。









おまけ・・・



クリックすると元のサイズで表示します

バーニーズマウンテンドックは本来作業犬。トラクターがよく似合います!
3
タグ: 症状 カイロ 施術

2014/3/22

坐骨神経痛と手術痕(帝王切開・虫垂炎・胆嚢摘出)  毎日の手技療法

坐骨神経痛・腰痛と手術痕(帝王切開・虫垂炎・胆嚢摘出)


60代女性   兵庫県尼崎市    来院患者様からのご紹介


[来院時の状態]

腰痛と右脚の痺れ(痛み)を主な症状として身体を起こして歩くことが困難な状態で来院されました。

整形外科でのレントゲン検査により骨の異常は診られず、坐骨神経痛と診断されております。治療は痛み止めの飲み薬と湿布が処方されておりましたが、症状は軽減せず、むしろ痺れは悪化してきたため当院にお越しになりました。


[検査・評価]

下肢症状の確認としてSLR(下肢の挙上検査)を行うと、右脚を30度挙上したあたりから太腿からふくらはぎの後ろの痺れ及び痛みが強くなります。

足の各部のアライメントや筋肉の捻れ、筋膜の緊張の状態を調べてみますと、若干のねじれや緊張は見られるが座骨神経痛の直接的な原因と考えられるような問題は見られませんでした。

そこで、見方をガラリと変えて過去の病歴でお聞きしていた手術の後の傷(瘢痕)を一つひとつ調べて行きます。

この患者さんは、子供の時の虫垂炎の手術痕、帝王切開の手術痕、胆嚢摘出の手術痕、と3ヶ所に手術痕があります。


[考察]

詳しい触診と検査により、色々なことが解ってきました。

胆嚢の手術痕が右脚の下肢症状(痛みと痺れ)に大きく関与しており、手術痕の付近の膜の緊張が緩む方向に圧を加えると下肢症状がかなり軽減します。可動域も増えました。

帝王切開の手術痕は前屈時の腰痛(仙骨付近の痛み)に大きく関与しておりました。
手術痕の付近をこの部位に対しては減圧(持ち上げるように引っ張る)と痛みを伴わずに前屈することが出来ます。



近年の欧米の臨床の現場では手術痕が運動機能に対して大きな影響を与えていることに注目して、様々な研究や技術が発表されております。

しかし現在の日本の臨床の現場ではほとんどこの事実が考慮されていないため、原因がわからないまま痛み止めなどの対症療法が行われています。

「手術痕へのリハビリテーション」プログラムを私たちが少しずつでも広めていければ多くの患者様の手助けになるかと思っております。



今回の患者さんは20年程前に私の師匠、故角野DCのところに通われていたそうです。

物凄いご縁を感じながらも、「手術痕へのリハビリテーション」をシッカリ行って問題点を解決していく所存です。


ご来院有難うございました。
0
タグ: 症状 カイロ 施術

2014/3/5

腰痛・肉離れ・オスグット  毎日の手技療法

腰痛・肉離れ・オスグット


10代男性   兵庫県伊丹市   患者様からの御紹介


[来院時の状態]

野球部に所属する高校2年生、腰痛を主訴として来院されました。

詳しくお話を聞きますと・・・
中学1年生の時に「オスグット」を発症して近くのスポーツ整形外科を受診されてます。

週2回、整形外科で電気治療を受けるのですが、安静の指示しかされず2ヶ月ほど野球をお休みすることになったのですが症状は変わらず、結局痛みに耐えながら野球に復帰したそうです。

いわゆる外野球(硬球を使ったクラブチーム)に所属していたため、痛みや故障で長く休むと居場所がなくなるので、多くの子供達は故障を隠して練習に参加してレギュラー争いをするそうです。

その後、徐々に痛みは落ち着いてきたのですが今度は同じ側の太ももの前の肉離れを何度も繰り返していたそうです。


[検査・評価]

・片足立ちでの屈伸をやってもらうと上手くできません。
特に症状が強く出ている側は足部の側方安定が悪く膝を内に巻き込む代償運動が起こっています。(この代償運動があらゆる運動障害や成長期の問題に大きく関与していると私は考えております。)

・腰の屈曲伸展(曲げ伸ばし)の動きで腰背部(骨盤の上から肋骨の下まで)に痛みが出ます。

・ひざ下の部分はオスグットによる変形の度合いもかなり酷く大きく尖った様に出っ張っています。また触ると飛び上がるほどの痛みがありました。


[メカニズム考察]

「大腿四頭筋」は太ももの前で股関節や膝関節の曲げ伸ばしのために働く筋肉なのですが、四つの筋肉が一つに集まり膝蓋骨(膝の皿骨)のすぐ下で下腿(スネ)の骨に付着しています。

成長期にはこの部分がいわゆる成長点となり骨の長さを伸ばすために増殖しやすくなっています。

この患者さんの場合は、太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」の四つの筋肉のうちの内側広筋、中間広筋が足部の動揺を抑えるために常に締まった状態をつくり代償運動を行っていたようです。(代償運動のパターンは個人差があります)

四つの筋肉のうちの二つが締まったままの状態で本来の大腿四頭筋を使う運動を行うと筋肉が捻れた動きになります。

その結果、筋肉の付着部であるスネの部分に強い捻れを伴う引っ張る力が加え続けられることが、その部分の強い痛みを伴う骨の変形(コブの様に出っ張りができる)が起こるいわゆる「オスグット」が発症するメカニズムであると考えられます。


骨の成長のスピードが遅くなってくると、今度はその負荷が筋肉そのものに掛かることになり「肉離れ」の原因になっていたものと思われます。

つまり、「オスグット」が治まると「肉離れ」が起こり、「肉離れ」が治まると「オスグット」が悪化する・・・原因である捻じれのパターンを改善しない限りこの負のスパイラルから抜け出すことは出来ないようです。


[施術の方針]

・症状へのアプローチ

初回は代償運動により起こっていた股関節や下腿の筋肉や筋膜の問題に対して手技により調整を行ったのですが、特に内側広筋、中間広筋に対して重点的に手技を施した結果、膝の下の「オスグット」の痛みは激減し、腰痛はほとんど感じなくなるまでになりました。
(ただし、足部の動揺が安定しない限り先ほど説明したメカニズムにより再発します。)


・原因へのアプローチ

今後は、足部の動揺の原因として考えられる足部の関節や筋肉のアライメント調整や筋膜の調整を行った後に、正しい起立姿勢の制御のパターン学習のためのエクササイズの指導などを予定しております。



成長期は良くも悪くも反応が早く、間違えた身体の使い方にもすぐに適応します(歪んだ使い方に合せて歪んで成長する)し、正しい道すじを示せばドンドン良くなって行きます。

今回のケースからも、成長期こそ「その場限りの対症療法」ではなく、「根本原因に対しての早めの対応」が大切だと改めて思うことになりました。


ご来院ありがとうございました。



3
タグ: 症状 カイロ 施術



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ